その8:保育士試験-試験勉強再開に至るまで(2011年5月)

(その7)にも書きましたが、養護原理については、学習方法を改めて再挑戦しようと思っていました。1年目に落とした時は『覚え方が足りない』と思っていたのですが、同じテキストを読み直しても、それなりに何度も読んでいるからか『覚えた気』になってしまい、学習がはかどらないのです。 あとは単純に、今までの通信講座(ユーキャン)の期限が2010年10月で切れたから、というのもあります。同じ講座で期間延長することも可能だったのですが、上記理由で『別の教材で1から勉強し直す方がいいだろう』と判断しました。

2回目も同じ点数で落としたという事実は私なりにショックだったこともあり、結果が出てからすぐに次の教材を検討し、今回は別の教材(四谷学院)を購入することにしました。決め手は、
 ☆科目ごとの受講が可能なこと
 ☆DVDやCD-ROMなどテキスト以外の学習方法があること
です。実は9月上旬には既に教材の申し込みをしていました。今回は再受験の『教育原理・養護原理』と、筆記が終わらないと受験できない『実技試験対策』のみの受講です。

筆記科目については科目ごとに
 ☆テキスト ☆講義DVD ☆演習トレーニングCD-ROM
 ☆添削課題 ☆どこでもチェックBOOK(要点本)
実技については
 ☆実技対策試験CD(音楽) ☆実技対策DVD(音楽・言語・絵画) ☆バイエル解説書
が添付されます。

問題は、教材を9月前半に受け取っていながら、その後今日まで本棚に眠っていたことです。

一応自分の中では、3月にPTAの仕事がひと段落、4月は新学期早々のドタバタ劇があるため、5月のGW明けから取り組むと決めていました。震災等の予定外ドタバタもありましたが、4月中旬に願書取り寄せ、試験料振込を済ませ、5月初めに受験申込を送付し、ついに勉強再開です。

今回の受験申込みでは、『残りの科目をしっかり取り組む』という宣言も兼ねて、不合格であった『教育原理・養護原理』のみの受験にしました。自分としては元々3年で受からなかったらやめようと思っていたからです。その意味では今回がラストチャンス。ここで落としたら、2年前に合格した7科目も無効になるので、1からやり直しになります。これが自分へのプレッシャーです。

『あと1科目というプレッシャーに負けないの』が今回の目標だと思っています。

今日は最初に
 ☆学習の手引き ☆保育士講座ガイダンスDVD ☆演習トレーニングCD-ROMマニュアル
についてチェックし、耳慣らしに『講義DVD』を見ています。これは概要を思い出すのが目的です。

長くなりましたが、これから学習を始めるぞ!という宣言も兼ねて更新してみました。

ちなみに2011年の保育士試験、筆記は8/6(土)・7(日)、実技は10/9(日)です。

(2011/05/09記入)

« その7 | 保育士試験トップ | その9 »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31