その1:保育士試験の内容(2009年1月)

保育士試験は年1回、筆記が8月上旬、実技は10月中旬に行われます。2009年の場合は、筆記が8/8(土)~9(日)、実技は10/11(日)です。筆記試験の8科目全てに合格すると、実技試験2科目が受けられます。合格ラインは各科目6割です。受験手続きのための書類は4月から申請ができ、5月中旬が締め切りです。

筆記試験は
 1日目:①社会福祉②児童福祉③発達心理学④精神保健⑤小児保健
 2日目:①小児栄養②保育原理③教育原理④養護原理⑤保育実習
※①②⑤は1時間で100点満点、
   ③④は30分で50点満点。ただし2つで1科目扱いで各々6割できて1科目合格となる。
筆記試験は1度合格するとその科目は3年間有効です。
マークシート方式で四者一択、①②⑤は20問×各5点、③④は10問×各5点です。

実技試験は下記から2分野選択
 音楽(弾きながら歌う 課題曲2曲)
 絵画制作(保育園での子どもたちと保育士との活動の一場面を表現 内容は当日発表)
 言語(各自があらかじめ用意した話を3分以内にまとめて口演)

保育士試験トップ | その2 »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31