日頃使わない頭を使ってみた

楽しかったー!頭使ったー!

毎週土曜日は『昼まで寝倒す日!』と決めて毎週「確実に」実行しているものの、かつ今朝に限れば三晩連続イマイチ眠れなかったのに、実行できず。
平日と変わらぬ、いや、平日より早く家を出て、某機関の研修センター@大井町に籠っていましたtrain

幸い、眠くなる暇もないほど、時に楽しくワクワク、時にマジメな講義で、あっという間に時間が過ぎていきました。頭の「日頃使わない部分」を使って、ちょっと興奮している感覚もあり、今の仕事内容なり取り組み方なりを考えさせられる感覚もありflair

筆記用具使用禁止で、広く浅く的な内容でしたので、のちほど振り返りをしたいところです。

しかし、無事終わった安心感なのかわかりませんが、建物出てからあくびが止まりません。とりあえず電車で寝過ごさないように気をつけますsweat01

…と書いてから、やはり眠すぎるので、諦めて休憩することにしましたcafe

スタバ休息とチャレンジと!

20180203starbacks

今日夕方、急遽(昨晩急に決まり今朝時間変更あり…)打合せが入り、久々に大井町に出没。

終わってからスタバで休憩。バレンタイン…(正式名称忘れた)にしようと思ったものの、軽減しつつも未だ歯に違和感はあったため朝抜き昼軽すぎにしたら小腹が減り、今日は店員さんオススメのスコーンを。(ここの店員さんはサジェストが上手い!)

画像の通り、ドリップコーヒーとアメリカンスコーンキャラメルトフィー。
コーヒーは温度的に問題がないらしく、歯にしみることなく飲めるので助かる。

次回は来週土曜。詳細はまだ書けませんが、新しいことにチャレンジすることになりました!

そのため、大井町には当面、週1程度で出没予定に。時間をどうやりくりするか、心配はありつつ、忙しさを楽しみたいと改めて。しかし、現実問題、どこに時間があるのだろう…。

生徒間のトラブルに思う

昨年11月12月から、職場内(塾)で、受験クラス(小6・中3)では、少なからず生徒間トラブルは起きていました。単に年齢的に男女間で喧嘩しやすい時期なのか、受験が近づいてきて皆が少なからずイライラピリピリしているのか、どちらもなのか。

同じ仕事をしているのに、1年前の同じ時期には感じなかった、気が付かなかったことに、今回は気づき、少なからず関わっています。単なる偶然なのか、(他のスタッフから見てでなく私自身として)昨年よりは生徒保護者に近い位置で関わろうとしているから見えたことなのかはわかりませんが、今は、私なりに色々思うところ、考えることが多いです。

そんな中、今回、他の学年で、生徒間の喧嘩が起きてしまいました。

今回は、休み時間、かつ、スタッフの目の届かない場所で起きてしまったため、現場を見た方がいませんでした。休み時間が終わり生徒達が教室に戻ってきた際に、その続きのような言い争いが起き、その声でその授業担当および周囲のスタッフが気づいた状態です。

休み時間に起きたことなので、当事者から話を聞くしかなく、かつ、1人は(病院に行くほどではなかったものの)少なからずケガをしてしまったので、ご家庭にも説明しなければなりません。その役を、その時の諸々の事情で、私が担当することになりました。その時の他のスタッフの状況からすれば、私が担当するしかない、と頭でわかっても、生徒達から話を聞き出すのは初めてのことで、さすがに戸惑いました。

とはいえ、自分しかいないのも事実なので、私なりに双方から聞き出す、話してもらうことだけを考えて対応しました。幸い、我が家の怪獣3号に近い学年でしたので、先生半分、親半分のような感覚で。最初はプライベートスペースを考え、対面で話そうと思ったのですが、対面になると、どうも先生と生徒の距離感になってしまうのです。それに気づき、隣に座って良いか確認した上で、隣に座って話しました。

双方の言い分は異なるのですが、喧嘩してすぐの状況なので、私は状況を聞き出すだけ、わからないところは聞き直してみるだけにしました。あくまで聞き出すだけ、自分達が思っていること、覚えていることを話してもらうだけに。注意も何もしていません。怒られると思って話さなくなることを一番避けたいと思いまして。

結果的これが奏したのかはわかりませんが、その状況で聞き出せることは聞き出せたと思っています。勿論、もっといい方法はあったかもしれませんが、最低限のことはできたかな、と。

それを踏まえ、双方の親御様にも、私から伝えさせていただきました。

とはいえ、不安でしたので、帰宅してから、プライベートスペース含め、私の対応にどう思うか、怪獣3号に聞いてみました。怪獣3号は、私の話に納得してくれたので、ちょっとホッとしていました。

その後、教室長が生徒達と話し、保護者とも話したそうですが、特にトラブルはなかったとのことで、正直ホッとしました。保護者対応等、初期対応が大切なのは私なりに経験しているので、やはり不安でしたからね。

その生徒の1人が、先日、授業がない日なのに、塾に寄って、私に話をしに来てくれました。その喧嘩から数日経ち、落ち着いて話せば、彼なりに反省し、私にもしっかり話してくれたことに、小学生の素直さを感じました。

この役を振られたときは、どうしたものかと私なりに困惑しましたが、今となっては、私なりに貴重な経験をさせてもらったかな、と思った出来事でした。

誕生日と仕事とケーキと

20180102cake

新年2日め。今日は仕事でしたpc

事務と言えども、塾で仕事をしていれば、大晦日と元日に休めるだけ平和なのかもしれません。2日3日は受験生対象の特訓ゼミです。勤務1年めはなかったのですが、昨年は3日、今年は2日に勤務となりました。企画もの初日でしたので今朝はそこそこドタバタしましたが、いつもと違うスタッフや生徒と関わるからこそ得るもの見えるものも多々ありました。今の私にとっては、イチ教室のスタッフと居るだけでは物足りないのかもしれませんcoldsweats01

ちなみに、昨日1/1は、夫の誕生日でしたshine
今年はケーキを作らなかった代わりに、仕事帰りに可愛いケーキを買ってみましたcake
それがこの画像。「ケーキのおせち」という名のケーキ。
普通の誕生日ケーキはいつでも食べられるから…ということでhappy01

世間は仕事納めのようですが

一般企業的には、28日が仕事納め、29日から年末年始休暇に入るところが多いのかな、と思っています。

実際、夫の職場はカレンダー通り、12/29~1/3が休みです。(1/4.5を休みにして1/8まで連休の方も多々いるようですが…。)

私の職場の休みは、12/30~1/1のみです。

塾という場所柄当然というか何というか。

教室によっては1/3まで休み、1/4から冬期講習再開ですが、私の勤務地は拠点校のため、1/2.3は受験生向けの正月特別講座なるものがあり、諸事情が重なり、新年は1/2に勤務することになりました。まあ、私の場合、帰省するわけではないので、可能な人間が動くしかないかな、という感じです。

今日はこれから勤務です。
当然ながら年内最後の勤務です。昨日は昨日中の業務に追われ、通常業務がほぼできず。今日も大掃除と年明けの特別講座の準備で終わってしまうような気がします。やることは多々あるのですけどね。変に細かく残っているので、締め切り順に片付けるしかなさそうです。

仕事でSNSを使うこと

最近の素朴な疑問。

仕事でLINE等SNSを使うことはどこまでOKなのでしょうか?

仕事の欠席や遅刻連絡は、事前なら直接、急ぎなら電話でするものだと思っています。

今回はふと気づいたことを伝える手段としてです。

私は技術屋時代にずっとメールでやりとりしてきたので、休日や勤務時間外は避けたいと思いつつも、文章でやりとりすることは時間外でも元々あまり抵抗がありません。勤務時間内ならまだしも、時間外ならば正直なところ本当に不可能な時は返信できないのですから。

今は、メールよりLINE等SNSが主流であり、今の職場でもメールアドレスはありません。(当然ながら正社員はそれぞれアカウント持っているようですが非正規は持っていません。)そうなると、休日や時間外にふと思い出したことや、忘れないうちに伝えておこうと思ったことを伝えようとすると、どうしてもLINEになってしまうのです。

次の勤務までメモに起こしておいて質問すればいいとも思うのですが、職場環境的に、皆が忙しくしていて『聞きにくい』環境もあり、それなら最初からLINEで、と思ってしまうのです。

これを『時間外労働』という方もいます。

何か休日に仕事の依頼をしているなら否定しませんが、事務連絡的な事に使うのもNGなのでしょうか?

私自身は、時間外や休日に仕事のLINEが来ても、『私の勤務が毎日でないから』と割り切っています。当然、LINEである以上すぐ読める、対応できるとは限りませんし、急ぎなら電話が来ると思っていますからね。

メールを多用してきたからかもしれませんが、その代わりにLINEしかないんだから、と思ってしまうのは私だけなのでしょうか?最近わからないことの1つです。

眠すぎて午前様

元々残業していたところにpc
職場の休憩室で寝落ちしてsleepy
更に思うところあってwobbly

通勤30分なのに25時に帰宅shock

真夜中の空を見上げながら歩いていたら、家の近くでやっと雲が消えて月を見ることができた。月を眺めていると心が洗われる気がするから不思議moon1

明日明後日は連休だけど、のんびりできるかなsign02

人事異動

組織に属して仕事している以上、少なからず人事異動というものに巻き込まれる。希望でないところに配属されたり、配属後に想定外の事が多々起きたり…。

私がM菱電機の技術屋を退職してから今月末で20年経ちます。院卒かつその分野を専攻してきた方ばかりのところに、学卒かつ専攻ではない私が配属され、私は戸惑う事ばかりで、最初2年は課の人間関係も含め、居るのが辛い日々でした。質問したいのに直属の先輩方は忙しすぎて聞くに聞けない、代わりに関連部門の方々に聞きに行ったり…新人らしからぬ無茶無謀をしていましたし、部長にも直訴しましたね。ここに居たくない、とか、職場環境とか、やりたいことなどなど。。
3年目に大型改造があり、仕事は基本同じながら部も課も上司もとりまく環境もガラッと変わりました。環境が変わった事で、同じプロジェクトながら、いちプログラム製作者から、研究所と接点をもちシミュレーションする側に。勉強する時間も取れ、大変なりに充実していました。
ただ連日終電のような生活に、結婚後は流石にきつく、自宅に少しでも近い勤務地で、内容も終了時間の見えるところへの異動を希望しましたが難しく、最終的に辞めることにしました。

人事とは最後までもめたのもあり、このことは未だにひっかかることもあります。ただ、今、非正規雇用ながら、扶養を出てそれなりの時間数を働き、社員の方々と接する機会が増え、当時の諸々を思い出し、比べて考えることも増えました。

人事は会社都合で決めることだから、必ずしも全員が納得するものは存在しないのです。だからこそ、その与えられた環境の中で、自分の立場なり立ち位置なりを作っていくしかないのかなと。仕事上支障のないコミュニケーションが取れれば、それ以上を望むかはその時次第。いくら居にくいと感じたとしても、どんな場所であっても、その環境にいたからこそ出会えた方々もいるのですから。あの仕事をしていたから出会えた方々。私の場合は、最初の配属先の同期、異動後の課の上司先輩方、そしてあの仕事をしていたから出会った夫やその仲間たちなど。。その後の職場でも、その仕事をしたから、その場所に配属されたからこそ出会えた方々、今でも繋がっている方々がいると思っています。

仕事も人間関係も大変、と思うことは今も昔も多々あるけれど、それがあったからこそ「大切な方々に出会えた」ということに感謝したいな、と思うのです。私の柄になく悟ってしまいました。長くなりましたが、20年の節目だからかな?ということで。。。

検査終了と経過観察と復職と

…8月振り返りそのX…(2017/08/22火曜日)

21日22日と続いた通院でしたが、どちらも大きなトラブルなく終わりましたconfident

検査結果が良かったことは良い事なのですが、結果として、重度貧血に至った原因はわからないままです。そこはもどかしいのですが、まあ、あとは経過をみるしかありません。現在、鉄剤はずっと服薬しているので、それで改善されるのかどうか、です。次回内科通院は1か月後ですhospital

貧血の改善と共に、身体は動くようになってきましたが、やはり約2週間の寝たきり生活が影響しているのか、食事がままらなかった影響なのか、体力が戻りません。そして周囲からは多くの方に痩せたと言われます。確かに食事も通常以上に食べらなくなっていたので、痩せたのは事実です。ただ、どちらかというと頬がこけただけではないか、と私自身は思っていますcoldsweats01

仕事も、24日から通常勤務に戻る事になりました。教室勤務は実質1か月あいてしまったので、浦島太郎なところもありますし、些細な事を忘れているのではないか、(仕事に対しても職場の人間関係に対しても)不安が不安をあおってパニック症状を起こさないか、と心配は尽きないのです。幸い、その辺りは上司が理解してくれているので、私なりに開き直って、自分の心身管理をしつつ、再出発していきたいと思っていますshine

頑張れ私、ならぬ、落ち着け私、かなgood

復帰第一弾出張が終了しました

…8月振り返りそのX…(2017/08/21月曜日)

5日間の出張、無事終わりましたconfident

今回初参加の企画で、わからない事もたくさんありましたが、一緒に勤務したスタッフに恵まれ、生徒達に恵まれ、日々得る事だらけの中、トラブルなく無事終了してホッとしていますshine

通常の教室勤務では得られない、レベルの高い先生方の授業を見学できたこと、その先生方と話すことから得られたこと、各教室から参加してくる初めて会う生徒たちとの関わり、本部スタッフとしての自分の役割や必要性とは何か、様々なものを見て感じて考えて、本当に得ること刺激の多い日々を過ごすことができましたhappy01

昨晩の打上げ時には更に、スタッフと様々な話ができましたbeer。都内や千葉の教室の方々ばかりで、今後なかなかお会いする機会がないのが寂しくもありweep

スタートは厳しかった私の体調も、幸いなことに、日々身体が慣れていき最終日まで乗り切れました。代わりに、帰宅時にはOffモードでボーッとしていましたがsleepy

色々な意味で大変な5日間でしたが、その分、得るものが多く、終わってしまうのが寂しくて仕方ありませんでした。ご一緒した皆さまへの感謝は勿論、前日まで参加可否が判断できない中、参加を認めてくださった企画責任者や教室責任者にも感謝でいっぱいですconfident

そして終わった途端、今日明日は通院ですhospital
この5日間は通院も休みましたが、まだ経過観察なり検査中なので、今日から通院も復活です。今日の通院と5日間の疲れで、午後は爆睡してしまいましたsleepy

より以前の記事一覧

2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28