台風24号の影響

台風24号、現在、大阪付近を通過中らしいです。
今年は、地震も台風も、大阪直撃が続きますね。

さて、この台風の影響で、首都圏もJRが20時以降運転見合せになりました。
私鉄は会社に寄るようですが、我家最寄りの東急東横線は23時で運転打ち切り予定だそうです。

今日、私は仕事だったのですが、台風の影響で、センター北(横浜市都筑区)にあるノースポートモール(=職場の入るショッピングモール)、18時で閉店となりました。他の店舗はわかりませんが、職場であるスクールは、幸いラストのレッスンが17時10分終了予定でしたので、レッスンは予定通り行われました。私も17時半まで職場にいました。ただ、いざ帰ろうとしたら、傘必要?というぐらい小振りでした。

台風何号か忘れましたが、首都圏がもっと影響を受けた時すら起きなかったことが起き、不思議な感じです。前回の台風時に起きた、関西圏のJR全面運休と同じ発想なのでしょうか?

現在、風の影響は受けていますが、関東に直撃するわけでもなく、夜のうちに通り過ぎるようで、明日の朝には晴れるようです。通勤通学に影響なければ良いのですが、なんだかなぁ…。

連休だから考えること

2週連続、世の中は3連休らしいです。

ただ、私には全く関係ないです。
土曜も月曜も、普通に仕事でして。
しかも、先週月曜は8.5時間勤務、一昨日の土曜は9.5時間勤務。

昨年度は日曜祭日が仕事、土曜がオフ、日曜は基本フルでした。
今年度は土曜祭日が仕事、日曜がオフ。
だから、家族も「祭日は仕事」という状況に慣れてしまったような感じです。

土日祝は休みたいな、と思うことは多々あります。
そのような職種に変えたいな、と思うことも多々あります。
しかし、現在、平日に次男の通所先への送迎含め、複数の制約がある中で仕事をしようとすると、どうしても妥協せざるを得ない事が発生します。

家族各々の事情を鑑みれば、私の生活は「家族フォロー」を軸に組み立てないと、家庭が成り立ちません。その中では、「仕事をする」というだけで、かなり厳しいものがあります。いま、私がやりたい仕事をするには勤務時間がネックになります。勤務時間を考えれば、仕事内容を妥協するしかありません。

結婚や出産、家族を取り巻く環境で、今までも様々な制約の中で取捨選択してきました。
「いま」の状況で、本当にやりたいことと勤務時間と家族フォローに必要な時間を天秤にかけています。
何をどこまで妥協するか。
いや、逆ですね。
何をどこまでなら希望が通せるか。

日々の生活に追われつつ考えている最中です。

半年ぶりの長時間勤務

半年ぶり、4月に今の職場になってからは初めて、今日8.5時間勤務でした。

実は、3月までの前の職場では、週1ぐらい当たり前のようにあったことなのですが、休憩時間が曖昧なところがありまして。。

今の職場、通常は夕方から4〜4.5時間勤務のため、今日は約2倍。
昼間がどんな状態なのか、どのぐらい疲れるのか、想定できずにいました。

終わってみての感想は、「思ったより疲れなかった」「8時間働くためのon-offの必要性」「2倍働いたことでの達成感」というあたりでしょうか。

同じく昼から8時間勤務のフリーターの方と休憩時間が一緒だったこともあり、休憩時間をしっかり取り、お昼をしっかり食べた事も大きかったかもしれません。

長時間勤務、家の都合で今はなかなかできませんが、月1ぐらい、たまには申請してみようかな?
昼間に仕事することで、普段見えないことが見えたり、気づきもありましたからね(^^)。

8月を乗り切るには

昨年はじめ、毎年8月には何かが起きる。
それを吹き飛ばすように、思い出さないように、思い込まないように。

予定を詰めれば良いわけではないのはわかっている。
本を読む時間や勉強する時間、そして頭を整理する時間を作りたい。
ただ、作ると、日頃の睡眠不足含めボーッとしてしまう自分がいる。

公私ともこの状況を少なからず変えたい。
ただ、私を取り巻く現状を鑑みれば、より良い解が見えない。
新たな道を見つけるのか、新たな道を作るのか、今ある道を舗装し直すのか、来た道を戻るのか。

日頃の環境、仕事に関わる人や内容、様々な人と様々な話をする中で。
今月は意識しているにも関わらず、いや、意識しているからからこそ、「形にならないモノ」がどんどん膨れ上がっているように感じる。

いま冷静な判断ができる状況でないことはわかっている。
だから決断はしない。
しかし、打破するには、現状から時間や距離を取るのが良いのだろうか?

初仕事?のスクール概要説明

今日は臨時で、スクールの仕事でした。

スクールではこの1週間、今日まで、体験レッスンを行っていました。
通常のレッスン時にもレッスン体験はできるのですが、各シーズンに一度、1週間単位で体験レッスン期間があります。今回のような後者では、体験生だけのレッスンになるため、通常とは対応が異なる…といった基礎知識もなく通勤。行ってから全て教わるという事態に。。

体験レッスンの時は、最初に子ども達が教室に入り、保護者の方々にはその後の様子を窓越しに暫く見ていただきます。その後、保護者の方々を前に、スタッフがスクールの概要・配布資料の説明・この教室ならではの決まり・体験生特典などの説明をします。

受付対応の私にも、保護者への説明対応できるようになって欲しいから…と言われ、(言われなくても聞くつもりでしたが)その日の初回レッスンの際に、教室長が説明するところを少し離れた場所で聞いていました。個々の内容は知っていることでも、系統立ててまとめて説明するところを聞き、なるほど!と保護者目線で聞いて軽くメモとっていました。

…で今日は終わると思っていたのですが…

今日は4回説明する場面があったのですが、レッスン時間の都合で、そのうち2回は早々に私が担当することに。1回めは最低限のことは言えたものの、系統立ててないなぁと。もう一度教室長の説明後に2回めだったので、話す内容をもう一度確認。2回めは配布資料の順に説明していったので、漏れなく話せたかな、と思っています。あとは方針など大切なところをもっとプラスアルファな言葉と説明ができたら…と。

今まで塾事務時代にも、塾の概要やコース説明など行ってきたので、説明自体初めてではないのが幸いだったかもしれません。無意識に置き換えて話していたかな?と思うところも。咀嚼して説明できること。これからの課題でもありマスターしたいところです。

体験レッスン中の保護者対応は、レッスンを持っていない今の私なりにできたかな?と思っています。自身が説明の機会を与えられたこと、体験レッスンで初めてなことに取り組む目のキラキラした子ども達を見ることができ、緊張するなりに私自身いい勉強になったな!と思えた1日でした。

画像は仕事帰りのスタバにて。

28a25443c061413faf0cd4d965b15162


挨拶だけでも…手話

先日、聾のご夫婦が買物にいらした。
レジにいた私には手振り、ご夫婦は手話でやりとりされているのを見て気づいた。

私の伝えたいことは、幸い、手振りや図を指したり口をゆっくり動かすことで理解してもらえた。

最後に「ありがとうございました!」だけでも手話が使えたら…と思った瞬間であった。

迷走台風

昨日、7/28土曜未明から29日曜未明にかけて、迷走台風に振り回される1日になりました。

東京に向けて北上し、西に進み三重県に上陸するという不思議な進路の台風。

横浜は28日に日付が変わったころから雨が降り出し、朝に一旦止み、午前中は雨が降ったり止んだり、午後から豪雨になりました。職場(スクール)では、朝からレッスンが通常通りあるかどうかの問合せに始まり、遠くから通っている方は午前のレッスンへの振替希望・自主お休み連絡など、朝から電話ラッシュでした。教室長もレッスンより早く来てくださり、社内メールや電話対応に。よくわからないけれど忙しい…という1日となりました。(結果的に全レッスン実施でした。)

夕方になり小康状態と豪雨という極端な降り方になり、一部のスタッフは勤務切り上げに。夕方の生徒数が激減したこともあり、私の勤務も30分切り上げになりました。確かに駅までの距離ですら豪雨で焦りましたが、いざ電車に乗ったら意外と空いていました。

ただ、私の場合、土曜日がダブル勤務でしたので、そのまま次の職場へ。
30分早く移動できた上、電車バスが時間通り動いていたので、移動は問題なく済みました。

21時が雨のピークと出ていたものの、いざ、仕事が終わって21時半前に外に出たら普通の雨でした。おかげで無事自宅に辿り着きました。

昨日は三男のヤマハも、13時まで通常、それ以降は休講になりました。

その後、夜中に再度大雨になり、今日29日の朝には警報注意報も完全に解除され、朝から晴れています。

東から西に進む台風そのものも不思議なものですが、久々に台風情報に錯綜される1日でした。だからというわけではないと思うのですが、今日は、疲れが出てすっかり休息モードです。もちろん洗濯物だけはしっかり干しましたけれどね。

昨夏を振り返りつつ

今日、7月第4月曜の23日が終わろうとしている。
昨年の7月第4月曜は1日ずれて24日。この日の朝、全く起きられなくなり仕事を休んだ。

夜まで飲まず食わずで寝倒し、23時頃ようやく口に何か入れたらしい。

これが私の昨夏の休職騒動の始まりだった。

あれから1年。
昨年の葛藤は活かそうと思う。職場での立場と、個人的な考えをどう両立するか。自責だらけだったあの頃。病院漬けになった自分を思い出すのは辛いが、同じ道を歩かないようにしたい。そのためには、あの頃置かれていた立場や環境を含め、当時の想いを教訓として思い出すことも必要なのかと。。

午後、当時の記録に目を通してみた。
何がそこまで深刻にさせたのか、何故そこまで思い詰める前に手が打てなかったのか。
自分の視野を自分で狭くしているかの如く。

今日はそんな想いを心の隅に持ちつつ仕事に没頭した。幸い、仕事が妙に忙しく、でも(自分としては)笑顔を忘れずに走り切った。今、身体は疲れているのに眠れない程度に興奮しているのかもしれない。このターゲットな日を無事終えたことに対して。

昨年と今年の忙しさは内容が異なるので比較できないが、昨年の経験があるから今年は少しでも強いのだと思う。

8月のシフトが出た。7月8月とも、結果的に、昨年のフルで働いていた頃と大差ない日数・時間数になった。正直、私を取り巻く現状からは絶対的に多い時間数。それでも7月も下旬まで来た。仕事内容も負荷も全く異なるから比較はできない。今も食事や睡眠に波がある。それでもここまで来た。

今、置かれた環境の中で、自分は何が出来るのか、何なら出来るのか、何をしたいのか。
昨夏の反省も含め、この夏は、「歩きながら」目の前の事を1つ1つこなしながら、考えていけたらいいのかな、と思う。

火曜水曜は、今月初の仕事2連休。緊張の日が無事終わり、2日間心穏やかに過ごせるかな?

7月10日

昨年の7月10日は月曜日。仕事後、精神的に喜怒哀楽大きい事があってから丸1年経った。

この日を境に、仕事に対しての考え方、人に対しての考え方が少なからず変わった。
側から見たら変わっていないかもしれないが、私にとってはキーとなった日の1つ。

相手はそんなこと覚えていないだろう。きっと何事もなく過ごしていたと思う。
私だけずっと思い続けていただろうと思うと、心が整理しきれない自分自身に嫌気がさす。そんなこと気にしていたの?と言われるだろう。でも仕方ない。それが事実なのだから。

良い悪いでなく、今までにないこと、インパクトがありすぎたことだから、忘れたいのに忘れられないのだ。事実は変わりないので「こんなことがあったな!」とサラッと笑って言えるようになりたい。それだけかな。。

昨日は職場の人手不足で、仕事中は否応無く目の前の事に没頭できたのが幸いだったかな。帰宅したら思い出しちゃったけれどね。

職場仲間と食事

今日(日付変わっているので正確には昨晩ですね)の仕事終了後、今の職場になってから初めて、仕事仲間と食事をしました。

…とはいえ、仕事終わりが21時半になったので、それから近くのファミレスへ移動。
22時から26時過ぎまで居ました。
夜メンバー(昼から夜のフルタイム勤務を含む)は大学生2名フリーター3名に主婦は私のみ。その中の今日勤務一緒だったメンバー3名で行きました。(日に寄って異なりますが毎日3-4名、土曜は5名が一緒です。)

私は17時から勤務なので、昼メンバー(開店時間から14時まで・17時までの方がいます)とは挨拶程度にしか勤務が重ならないのですが、今日一緒だった2人は、12時から・15時から勤務なので、昼メンバーとも重なっています。雑談半分、仕事の話半分でしたが、仕事の話で1番多かった内容が、昼と夜の違いだったかもしれません。

昼と夜で、仕事内容が同じものもあれば違うものがあるのは当たり前ですし、私は以前同じお店(ただし店舗は違う)の昼メンバーだったのでわかる部分もありますが。。
働く方々の人柄や、昼全体の空気感は、夜とはかなり異なることがわかりました。

夜メンバーでは「年齢だけなら」私だけちょっと離れているものの、職場空気だけなら昼は無理…と思ってしまいました。昼はほぼ主婦なのですが、それだけが理由ではないと思っています。夜組の方がフットワークが軽く、それぞれに協力し、助け合い教え合い、得手不得手もそれを業務分担として各々の役割をこなし、全体として積極的で無駄なく上手く回っている感じがしました。

メンバー違えばカラーが異なるのは仕方ないのですが、予想以上の違いに驚く話もたくさんありました。

結果論ですが、私は夜メンバーで良かったのかもしれません。メンバーに恵まれたかな、と。夜組メンバーは、仕事に対して各々なりに「自分の軸」となるものを持っているからかと思います。皆が年下なりに、些細な事も含め「なるほど!」と思うことが多いのです。
私は当初、1人主婦という現実を気にしていましたが、私の年齢を初対面で実際より8-10歳下だと思っていたこと(今も少し誤魔化しています笑)やフットワークの軽さなどから、最初から構えず私と接してくれたようです。そもそも、仕事後だと夜中になるというのに食事に出かけた事もそう驚かれず笑。

やはり、年齢に関係なく、行動や考え方の近い方々と仕事するのは楽しいですね。
久々に、職場の人間関係や仕事のやり方考え方について振り返り、気か楽になりました。


より以前の記事一覧

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31