「風紋」のエレクトーン譜発見!

2_20200703184701

エレクトーンで吹奏楽作品を弾きたくて検索していたら…この楽譜を発見。
タイトルの通り、吹奏楽で有名な曲をエレクトーン用に編曲されたものです。
今回購入したものは『吹奏楽作品集2』ですが、1から4まであります。

私が高校時代に指揮をした「風紋」、同じ年に男子部が演奏していた「宝島」、社会人になってから演奏経験のある「ホルストの第一組曲(のマーチ)」が収録されています。

5曲中3曲も知りすぎている曲が入っていたらポチっとするでしょう…ということで衝動買い。

問題は、私のエレクトーン演奏レベルが6級なのに、5~3級レベルしかなく背伸び承知で購入したこと。
※一般に初級9~8級、中級7~6級、上級5級以上

5~3級レベル(上級)になると、曲がほぼほぼカットされず原曲に近いものが多いので、その点では大変満足なのですが、マジメに練習しないと弾けない…。

まずは自分が学生指揮者時代最後に指揮をした「風紋」にチャレンジ予定。
エレクトーンを習い始めた4年前から「楽譜があるならいずれ弾いてみた曲」の1つだったので、気合だけは充分!
長期戦覚悟で頑張ります♪

早速レジストデータも購入しました。(楽譜の他に音色やリズムの入ったものを購入する必要があります。自作できないので。)

ちなみに、このシリーズのうち「吹奏楽作品集1」には、私の大好きな「アルヴァマー序曲」が載っています。
そしてその本、エレクトーンを習うどころか全く弾いていなかった「10年前!」に購入していました。
当時の楽譜はそのまま2年前に再販されたので、実はそのまま使えます。
(エレクトーンのレジストがStagea対応に変更しただけで、楽譜はそのまま使えるとのことです。)
唯一の難点が、原曲と比べるとカット含め、編曲が…。

余談ですが、エレクトーンの場合、1曲演奏するために、その楽譜とレジストデータ両方購入すると合計約1000円。
やはり楽譜だけのピアノより割高になりますね♪
(最近の私の巣ごもり消費=ネット購入はほとんど楽譜がデータのような気が…)

親子初連弾♪…髭男「イエスタデイ」

今日初めて、怪獣3号と連弾合わせました。
GW前に少しだけ合わせたことはあったのですが1曲通して合わせたのは今日が初めて。

遂に「親子初連弾」です(^^♪

曲は怪獣3号大好きなヒゲダンこと「official髭男dism」から「イエスタデイ」です。
レベルとしては中級です。(『ぷりんと楽譜』による。)
原曲ママな変ト長調(♭6個)と長さになっているため、音符の量や複雑さからすれば中級なのですが、いざ弾いてみると結構大変です。

♭6個な曲は日頃あまり弾かないため、お互いどうしても♭を落としてしまうなどまだまだミスはあります。
♭♭(ダブル♭)なぞ出てくるともう頭混乱。

ただ、全体を通してみると、ピアノを1人で弾くより音の幅が広がり、4分半近い長さがあり、なかなかの弾きごたえ、達成感があります。
あれだけ連弾に後ろ向きだった怪獣3号も、達成感満載だったようです。
すっかりエレクトーンな私も、4分以上のピアノ曲は久々で、最後まで弾いたら心地よい爽快感!

あとはお互い細かいところをもう少し練習しましょう…という感じでしょうか?

-----

この曲ですが、私は連弾の他に、エレクトーンソロでも弾いています。(先の『ぷりんと楽譜』にありますし本も出ています。)
ちなみにこの曲の伴奏進行を分析するととても面白いです。
異様にIV度やⅥ度がが出てきます。
メインのところ…3つめのメロディーのところでは
Ⅳ→Ⅴ→Ⅵ/Ⅴ→Ⅵ→Ⅱ→Ⅵ/Ⅴ→Ⅵ→Ⅴ→Ⅰ→Ⅳ/V→
と続きます。
こういうところにばかり目が行ってしまう私です…。

アンパンマンのマーチで運動と音学を

皆が良く知る「アンパンマンのマーチ」♪

何故か、怪獣3号くんがこの曲をちょっと歌いながら踊っていました。
踊って体を動かすのは勿論、声を出すことで発散になります!

更に「歌いながら踊り続ける」と意外と体力消耗します。
しかも飛んだ跳ねたりすることを入れると更に消耗。
歌詞でもドレミでもラララでも良いかと思います。
声を出しながら体を動かすことに意義がある!ということです。

-----

我家はここで終わらず音楽ならぬ音学をやってみました。
簡単に言えば、曲の構造や伴奏について考えるということです。

①何調何拍子

②全体の構成:基本3部形式(A→B→A)であること
※前奏や後奏を除く※

③伴奏
例えば歌の開始4小節の伴奏を一般的?簡単に考えると
Ⅰ→Ⅰ→Ⅳ→Ⅰ→Ⅳ→Ⅰ→Ⅴ→Ⅴ
となると思われるのですがこれをちょっと工夫なり複雑にしてみると
Ⅰ→Ⅴ→Ⅳ→Ⅰ→Ⅵ→Ⅰ→Ⅴ/Ⅴ→Ⅴ
かつこれを展開型を用いることでベースの音が
ド→シ→ラ→ソ→ファ→ミ→レ→ミ(ソ)
と順に下がる和音で表すこともできます。
※あくまで私の創作で公式なものではありません※

怪獣3号はグレード6級まで持っているのでこのぐらいは解釈できるかと…。

-----

こんな感じで、身近なアンパンマンのマーチでも、歌って踊って学んで…と頭も体も使ってみました。
ここで音楽ならぬ音学にしてしまうのが我家なのかもしれませんが…。

ネットで楽譜購入♪

昨今の新型コロナ疲れで、いまいち弾く気分にはならないのですが、少しでも気分を変えたく…。

最近続けて楽譜を購入。ネットで。

ヤマハ「ぷりんと楽譜」

ここ1か月以内で、怪獣3号お気に入りの official髭男dism さんの楽曲から

・イエスタディ:ピアノソロ(上級)/エレクトーンソロ(6級)/ピアノ連弾(中級)
・Pretender :エレクトーンソロ(6級)

2曲4種の楽譜とレジスト2つ購入しました。

イエスタディはフラット6個(変ト長調)のため、見た目で難しく感じるので、ピアノ上級は練習しないと難しいそうです。
逆に弾きこなせたら「気持ちいい!」となるかと。
ちなみにこの曲、連弾も変ト長調、エレクトーンソロはト長調です。

怪獣3号と楽しむために購入したので、私は「ヒゲダン」の曲をこの機会に聴いています。

私の場合、相変わらず歌詞は覚えないですが、コード進行はどんどん変化するので楽しくて楽しくて。
2曲を弾くだけでも「同じ人が作ったなぁ」と感じながら。
Ⅳ/Ⅴ→Ⅳ、Ⅵ/Ⅴ→Ⅵなど「ブツブツ」言いながら和音だけ弾いていると家族の目が…(^^;)

スクラッチ:音楽を奏でる♪

先に書いた通り、今週に入ってスクラッチプログラミングにチャレンジしていますが、その本の中に「曲を作ってみよう♪」というものがあり早速チャレンジしてみました。

拡張機能で「音楽」を選ぶと「演奏に関わるブロック」が追加されます。

・1拍の速さ
・音
・その音の拍数

等を設定できます。

簡単に説明すると、音符の1つ1つを「〇の音を△拍」という形で指定していきます。
つまり音符の数だけブロックが必要です。

-----

今回チャレンジした曲は「きらきら星」
最初の「ドドソソララソー」の場合、「〇の音を△拍」のブロックを音の数、つまり7つ並べます。
ここに繰り返し等制御を加えて作成します。

-----

ちなみに「音」は数字(中央のド=60)で表します。
ただ、ブロックの音の数字(先のブロックの「〇」)のところにマウスを置くと、鍵盤が出るので、1つずつ数字を入れなくても、鍵盤を見ながら選ぶこともできます。

-----

スクラッチで出来る事として「キャラクター(スプライト)を動かすこと」しか考えていなかったので、音を奏でることは他にどのような使い方があるのかな?と思っているところです。

SPICY4のLIVEへ

2日前ですが、12/26、ヤマハのEL仲間と「ヤマハの発表会ではない」演奏会を聴きに行ってきました。


クラリネット3人+アコーディオン1人の4人組ユニット「SPICY4」
41thLIVE@大田区民プラザ小ホール


作曲編曲かつアコーディオン奏者の岡田先生が、怪獣3号と私が通う「ヤマハ日吉センター」の先生で、他に大学で教えたり、コンサート活動もされています。このLIVE、半年に1度ペースで開催されており以前から仲間に誘われていたのですが、この1年ドタバタで、今回やっと行けました!
先生には親子とも習っていないハズなのに何故か顔パスです(^^;)


クラリネット3人とアコーディオンってどんな集団?と思って始めて行きましたが、内容がユニークで、音楽って何だろう、エンターテインメントって何だろうと改めて思いながら楽しませてもらいました。
アコーディオンの音色、久々に聴いた気がしますが、改めて聴くと心地よかったです。
ゴタゴタな今年からちょっと逃避できたかな?


https://www.facebook.com/spicyfour/

毎日練習すれば…と思いつつ♪

私自身のエレクトーンレッスンは月2回なのですが、最近、どうも練習が進みません。


9月中旬のフェスティバルに出る!と決めた後に弟が急逝し、一時期とても弾ける状況でなかったのですが、ちょうど1か月経ったあたりから毎週レッスンになったので、どうにか自分を奮い立たせてそれなりに弾いて本番を迎えました。


ただ、その反動の如く、フェスティバルが終わってから、いまいち、エレクトーン含め弾くことが心情的に辛いことも多く、10月のレッスン2回も、全く弾けずに行ったり当日にちょっと弾いただけという、丸1か月レッスンの時しか弾いていないような状況が続いています。


明日は11月の1回目のレッスンがあります。今週はどちらかというと体調と忙しすぎて弾けなかった…が大きいのですが、今日夕方は久々に2時間ぐらいみっちり弾きました。


2時間でこれだけ弾けるようになるなら、毎日とはいかなくてももう少し弾く日数増やせればもっと弾けるようになるのに…と思いつつ。


明日やる予定のことを明後日にずらしてでも、明日昼間もう少し練習してみようかな?
レッスンは夜なので♪


心身滅入っていても、センターに行って、メンバーや先生に会って、(練習不足でも)ソロやアンサンブルを弾いたり、皆の曲を聴いたりしていると帰りには復活できるので、この「私にとって貴重な時間」が欲しくて続けているのだと思います♪

音楽仲間と:TERME日吉東急店

20191017_115636451_ios


既に10日経ってしまいましたが、10/17(木)夜、音楽仲間で集まりました。


今回のメンバーは、ヤマハ音楽教室日吉センター「大人のエレクトーンコース」で一緒に活動している3名と、この4月までお世話になっていた先生です。先生が4月で日吉センターを辞められ九州に引っ越されたのですが、月に1度、こちらに上京されているので、今回そのタイミングで会えることになりました。


SNSな世の中なので、引っ越されてからもフラッと連絡は取っていましたが、直接お会いしたのは約半年ぶりです。また、今のレッスン仲間も、皆、仕事や家庭に追われ、レッスン以外で会う事ができずにいたので、本当にちょうどよい機会でした。


私は3年弱この先生にお世話になりましたが、昔も今も、何かと私の母親の如く「ちゃんと食べている?」と心配してくださる先生であったので、先生と直接お会いした途端、この約3~4か月の実家のドタバタ(弟の付添や逝去)を思い出して泣き出しそうになりました。


今回は皆の移動範囲を考慮して、日吉駅付近かつ駐車場ありな場所ということで、日吉東急3回のTERMEにしました。イタリアンなお店です。
(私がお気に入りなので、ランチでは何度と利用していますが、ディナーは初めてです。)


今回はコースにせず、色々頼んでシェアしました。おかげで、前菜にサラダにパスタにハンバーグに一品ものに…そしてアルコールにデザートに。少しずつ様々な味を楽しめました。19時から閉店22時前まで様々な話をしました。先生の新しい生活のこと、5月に先生が変わってからのレッスンの様子や9月のコンサートの話、様々な雑談。生徒3人どころか先生含め4人で集まったのも初めてでしたので、本当に様々な話ができました。おかげで、時間だけがあっという間に過ぎて行きました。


仕事に家庭に追われる主婦なメンバーでは、何か理由がないと夜に集まるのもなかなか腰が上がらないので、良い機会だったかな、と思っています。受験生のいる家庭があるので、次このメンバーで外で集まるのは半年後かな?もちろんエレクトーンレッスンでは集まりますけどね(^^)


画像は取り損ねたので最後のデザートだけ。

遂に専門コース上級へ

現在、ヤマハ音楽教室に通っている怪獣3号。
コースが変更になるため、昨日、その手続きに行ってきました。
(レッスンある土曜は仕事で私が付き添いできないため。かつ締切が迫っており。)


現在、「ジュニア科専門コース専攻クラスstep2」に在籍していますが、11月から「専門コース上級」に進級します。現体制のコースでは、ジュニア科専門コース(小学生の6年間)修了後の、中高生コースになります。怪獣3号は旧体制最終学年だったため、今では聞きなれない「専攻クラス」(step制なので2~3年)に中学生になっても居ましたが、今回、遂に切り替えることになりました。


専門コース上級になると、グループ・個人併用が基本ながら(正確には片方でも可能)、レッスン回数がグループ・個人それぞれ選択制になります。今回のコース変更に伴って、グループレッスンは月2回と決めたそうです。(現在グループメンバーが中1中2のため、やはり部活に塾に多忙なこともあるようです…。)個人レッスンの回数は、正式には決まっていませんが、元々本人は減らす希望はないので、現行のまま月3回の予定です。


コースが上がる度に月謝が少しずつUPするのはいつものことですが、上級になる際は、通常以上に一気にUPします。今回は、各レッスン1回あたり1000円程度上がるため、現状の回数だとグループ個人併用で6000円程度上がります。今回、グループレッスンが月3回から2回に減る分、トータル2000円UP程度になりました。(親としては正直ちょと助かりました…。)


コースが上がったところで、何かが突然変わるわけではありませんが、今まで通り、楽しみながら進んで行ってくれたら…と思っています。
しかし、中高生になっても専門コースが続けられ、希望すれば楽典やソルフェージュのような、将来音楽の道へ進むために必要な勉強もできるようになり、当時個人的にそれらを学んでいた私としては羨ましい限りです♪

全日本吹奏楽コンコールのライブビューイング

吹奏楽経験者ならばご存知の方も多いであろう『全日本吹奏楽コンクール』。


高校野球でいう「甲子園」と同様、吹奏楽といえば「普門館」で開催されていたが、耐震の都合で会場が変わったしまってから既に?年経ってしまった。


今、お子さんの影響で、吹奏楽の演奏会にハマっている友人がいる。
その方から「全日本吹奏楽コンクールのライブビューイングがある」と聞いた。
いつの間に「ライブビューイング」やるようになったの?


知らなかったのもショックだったが、よりによって自宅からの最寄会場が、私の職場の入るショッピングモールの中のイオンシネマだったことが悔しい。前日21時まで職場にいたのですけど…。


どちらにしても昨日は演劇鑑賞があったので行かれなかったが、次回から「これもチェック!」と思った私であった♪。

より以前の記事一覧

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31