LoveLoveLoveへの想い♪

昨日、フェスティバル後、初めてのエレクトーンレッスンだった。

フェスティバルが終わって、「燃え尽き症候群」の如くエレクトーンの弾けない日々を過ごしていた。
そもそもフェスティバルに向けて練習が本格的になった矢先に弟の死があり、(かつて一緒に通っていたので)弾くのが辛いのに「弾くことが供養だ!」と自分をかなり追い込んでいた反動かと。

昨日はフェスティバル前にやっていたアンサンブル(君の瞳に恋してる…が途中になっていた)を合わせた後、それぞれのソロを弾いた。

私は、ドリカムの「LoveLoveLove」(1996年)を弾いた。
5月終わりからレッスンでは1~2回やったところでフェスティバル練習のため中止していた曲。
この曲を選んだ理由は、昨年末のコンサートで引いた、同じくドリカムの「未来予想図Ⅱ」の続き的な感覚。
※コンサートで未来予想図Ⅱを弾いた理由は(以前にも書いたが)障がいや病気の家族が1日での長く一緒に暮らせますように!

「LoveLoveLove」には、曲そのものが好きなこと、結婚した年に流行ったこと、病状が着々と進行している弟に向けての想い、があった。

だが、ソロを弾かないでいる間に弟が亡くなった。
弾くのが辛い。
でも弾ききって終わらせたい。

両方が交錯する中、先生に「上手く弾けなくても今日で終わりにしたい」と伝えて、皆の前で1回精一杯弾いた。
この曲を選んだ理由は先生も仲間も知っているから。

細かいミスはあったけれど、それなりに弾けた。弾ききった。
ピアノと違って電子音のエレクトーンに感情を込めるのは難しいとずっと思っていた。
先生には、最後まで弾けたことを褒められ、細かいミスをカバーするだけの感情が入っていたと言われた。

大好きだけど、ドリカムの曲は暫く弾けないかもしれない。
ただこの2曲を弾くときだけは泣けるので、自分のグリーフのためには必要な曲かもしれない。
感情の沢山詰まった曲がまた1つ増えたことには変わりない。

さて、次回から何にしようか?
ピアノ曲やクラッシックだと、弟と一緒にピアノ通って一緒に弾いていた頃思い出しちゃうんだよね♪

しかし、8月9月、私にしては、そんなに口数少なかったのかな?
コンサートに向けての練習が追い込みの頃、私の口数が少なくて心配だった、と、今更ながら先生に言われた。
自覚はないが事実なのだろう。コンサートがなければレッスン1~2か月休んでいただろうし。
逆にコンサートがあったからこそ、過密スケジュールと不安定な精神状態なりに、弾くときは気分転換できただろうし♪

まあ音楽と私は切り離せないので、これからも色々な感情を持ちながら進んで行くのでしょう…と改めて。

EFアンサンブル2019終了

20190916_084548802_ios

エレクトーンフェスティバル(EF)アンサンブル部門・日吉センター大会
(↑正式名称は長い…)

9/16月曜(祭日)に無事終わりました。

2部構成で各部約20チーム、合計37チーム。
今年は初めて大人だけチームも参加。
(大学生や社会人なったばかりな方々はいるのですが、いわゆる主婦だけチームの出演は初めて。)
そんな貴重な大人だけチームの1つが私のクラス。

大人のエレクトーンコースから2チーム、各部1チームずつ参加しました。

専門コースに属する我家の怪獣3号は当然の如く出場しており、今回、同じ2部、そして同じフリースタイル部門にエントリーしたため、出番がラス2とラストという親子で連続する事態に…

怪獣3号のチームは1人は10年目、1人は5年目という長い付き合いな同じグループクラスの仲間、中1と中2。
アラジンの寸劇→「フレンド・ライク・ミー」を演奏。エレクトーン2台+ユーフォニアムで。

怪獣3号のチームのような寸劇をするチームは日吉センター初だったらしく、先生方も恐ろしいぐらいノリノリでした。
実際、怪獣3号が演劇部、ユーフォを吹いた子は吹奏楽部。

親としては「専門コース通っているんだよね?」と心配になりますが、楽しいこと楽しませることが大好きな集団なので、このシリーズが続くのではないか?と思う程です。しかし演劇部な我が怪獣3号、セリフはもう少し聞こえやすいように言って欲しいな~(演劇部だからこその意見といいますか…。)

私のチームは働く主婦3名。
吹奏楽と高校野球応援でお馴染みの「アフリカンシンフォニー」を演奏。
まあ演奏自体は「ベースの音が何故弱い!」と後からビデオ見てかなりショックでしたが、全体としてはそれなりな仕上がりだったかと。
途中で私の無茶ぶりもありパフォーマンスも入れたのですが、主婦チームの盛り上がりに、こちらも先生方の中では「チームワークの良さ」に評価が高かったそうです。先生の編曲も吹奏楽に忠実で、カットもなく、エレクトーンという鍵盤楽器なのに、本当に吹奏楽で演奏しているような不思議な感覚でした。(そもそも吹奏楽もオーケストラもできるからエレクトーンを始めたのですけどね!)

親子でヤマハに通っている人自体どのぐらいいるのかわからないのですが、少なくとも、今回のフェスティバルに親子それぞれのチームで出場したのは私達だけで、そういった意味でも目立ってしまったような?習っていない先生方にもしっかり覚えられてしまいましたが、怪獣3号繋がりの中学生たちの反応も凄かったです。出演者手続きを済ませたら「何でココにいるの?」とキョトンとされたり、演奏後に私の衣装を見て「あれ?出ていたってこと!?」と驚かれたり。そりゃ怪獣3号のクラスは私が習っていることも出る事も出番が続くことも知っていたけれど、他の方は「習っている」とは思っていなかったようで。

エレクトーンでの大きいステージは小学生以来、私自身が専門コース以来でしたが、まあ、懐かしいというか、なんというか。
当日と翌日は楽しかった!より、それまでの疲れでヘロヘロ~の方が大きかったです。

正直このフェスティバルまでは大丈夫と思っていた弟が、フェスティバルに向けて練習している最中に亡くなり、実際、四十九日が終わったばかりで、私自身、予想以上に溜まっていたのかもしれません。

楽しかったのだけど、それより疲労感の方が酷いので、少しペースダウンで過ごしていこうと思います…
…と言いたいのに、終わった今週に限って仕事漬け…

フェスティバルの練習と衣装

…と1つ前に書いていながら、やることは山積みです…

16日のフェスティバルを前に、練習が毎週になっていることも体力消耗の1つかもしれません。
実は、心身的に家ではほとんど弾くことができません。
弾くこと=弟とのヤマハ通いを思い出してしまうのもあります。
その代わり、毎週月曜の2時間半練習の時に全力投球している感じです。
グループ仲間といる時はしっかり弾けるのが不思議です。
私はアンサンブル大好き!と実感しますし、その時だけは全てを忘れられるのかもしれません。

さて、本番まであと1週半となり、衣装を用意しなければなりません。

私の分は、既に案を提示していたので、フェアを待って(笑)昨晩ネット注文しました。
問題は怪獣3号の分です。
本人からは「こんな感じ」と画像を見せてもらっているものの、検索してもそれが出てこない。はて?
ネット注文しても数日内には到着するので、リハーサルに間に合わなくても本番には間に合うのですけどね…。

心と身体の疲れで、弾きたいと弾けないが格闘するのもいつまで続くのか…。

未だに血が騒ぐ甲子園

テレビを点けたままにしていたら、甲子園のニュースが流れていた。

これだけで血が騒ぎ出す私な何なんだ?と自分で感心してしまう。

私自身が高校生の時、春の選抜で「応援団(吹奏楽部)」として甲子園へ行った。
大学生の時は、母校吹奏楽部OBとして夏の甲子園にも楽器持って行った。

応援が連日になって泊まりになり、空き時間に大阪城に行ったり、京都嵐山を散策したこともはっきり覚えている。
新幹線で日帰りしたこともある。

それだけ甲子園での応援は、インパクトありすぎたイベントだった。。。

高校野球そのもの、相手校との応援団同士の関わり、そしてこの応援ツアーそのもの。
どれも貴重で、大事で、大切で、様々な想いや感情があるものだった。

今でも思い出すこと、想うことは沢山あるが、あの頃のことは色褪せる事なく覚えている。
大切にしたい想い出の1つである。

しかし、今も昔も、応援では必ず「アフリカンシンフォニー」が使われるなぁ…と最後は応援曲に耳が…♪

その後の初レッスン♪

私自身のレッスンは隔週なので、昨日が、弟が亡くなってから初のレッスンでした。

実際問題として、この2週間全く弾いていません。
物理的なのもありますが、やはり精神的に弾けませんでした。
弟と私も、実は三男が現在通っているのと同じヤマハのコースに、2人で片道30分かけて通っていました。
時間がないなりに少しでも弾こう…と思っても、無理でした。

でもフェスティバルまで1か月半を切り、練習回数も限られているのもあり、気分転換も兼ねて行くだけ行ってみよう…と。
弾いていないとはいえ、幸い自分のパートは一応弾けるので、皆と合わせることがメインです。

皆で合わせていると、どこか泣きそうな自分が顔を出します。
その反面、当時のようにアンサンブルを楽しむこと、自分達の納得いく演奏することが「私なりの」供養の1つの形なのかな、と思うようになりました。

まだまだ忙しい日々が続き、心の整理以前な状況ですが…
今回大人クラスとして初めて大きいステージに立てること、これも何かの縁だと感謝して、本番に望みたいと改めて思った昨晩でした。

ピアノソロ発表会2019終わる

20190802_124123949_ios

UPがすっかり遅くなりました。

三男のヤマハ日吉センターの「ピアノ個人レッスンの発表会」が無事終わりました。

今回弾いた曲は、ダカンの「かっこう」です。

結果から書けば、先生評価も、本人感想も、私の感想も「粒が揃ってよく弾けていた!」です。
ソロの発表会は4回目ですが、一番堂々と、安定感と余裕をもって弾けていたと思います。

-----

この曲、発表会には比較的使われ、名曲集のようなテキストにはよく載っています。
最初から最後まで、全体、主に右手に16分音符が続き、その伴奏の中に逆手にメロディーが入るような曲です。
如何に16分音符が均等に綺麗にメロディの邪魔なく弾けるか、その16分音符にアクセントがつけられるか、その中で逆手のメロディーが出せるか…
譜読みは一見楽なものの、弾きこなすとなるとポイントが多くてなかなか難しいです。

私は直接レッスンではやっていないのですが、誰かが発表会で弾くと後から初見で弾いてみて曲を把握する子供時代でしたので、当時から曲は知っていて一応弾けますが…だからこそ簡単に弾きこなせないことも把握していました。

-----

三男、小6の後半から殻を破ったかの如く、ピアノへの意気込みが変わっていました。
その中でのソロ初の発表会。
中学生になり、部活後毎日18時すぎ帰宅、それから勉強して、ピアノ弾いて…
中学生になってからの方が私が感心するぐらい毎日良く弾いていました。
だからこそ本番を楽しみにしていたのですが…

実は先に書いた通り、その直前に弟が亡くなり、本番と告別式が重なってしまいました。
本人と話した結果、本人が「1人で発表会に出る!」という決断をしました。

毎日「疲れた~」と言いながらも練習を続けた姿を見ていたので、本番を1人にしてしまうことが本当に心が痛かったです。
重なった事に弟を恨みましたよ。。。

個人レッスンの先生は勿論、グループレッスンの先生(もピアノ専攻なので当日会場にいる)にも事情を伝え、そして三男には内緒で私の知人に撮影部隊&見守りを頼みました。みなさんに見守ってもらいながら、堂々を弾きこなし、本当に逞しく感じました。本来はあり得ないのですが、グループの先生(4歳からお世話になっている)が動画撮影と、終了後に先生方と撮影した画像を送ってくれました。私の知人は、三男を撮影していたことで逆に様々な方に声をかけられたそうです。(私が発表会に行かない…こと自体が今まで1回もなかったので…。)

-----

知人や先生方に見守られ、無事終了したことにホッとすると共に、皆さまへの感謝でいっぱいです。
(私は2人の先生だけしか伝えなかったのですが、発表会にメインで関わる先生方だけは事情知っていたようです。)

何より、1人で乗り切った三男の成長が嬉しいです。
実家泊りで当日会えなかった三男、私が朝連絡したら、「相模原に届くように弾くからね!」と返信が来ました。
それだけで泣ける私は親バカ!?でも私が喪主代行頑張れたのもそのおかげです。

年3回発表会のある三男、次の9月半ばのエレクトーンフェスティバルへ向けて始動しています。

発表会が続きます♪

怪獣3号、7月末にピアノ発表会(ピアノソロ演奏)を控え、練習に追われているのですが、続けて9月半ばにエレクトーンフェスティバル(エレクトーンによるグループ演奏)にも出るそうで、いま、グループレッスンも個人レッスンも発表会練習です。

更に来年3月にグループ発表会(エレクトーンによるグループ演奏)があるので、小3から発表会が年3回ペースで続いています。

中学生になったので1つぐらい減るかな?と思いきや、本人達は全て出る気満々。

(正確には3月の発表会がどうなるか先生からの話はないのですが、本人は出るつもりでいます。)

私自身も、中1の4月までグループレッスンと個人レッスンを併用していたので、発表会は年に2~3回出ており、何も言えません。。。

まずは7月末の発表会に向けて…なのですが、実は部活の大会がその前日で、いま、どちらも休めません。週末の方が部活とレッスン綱渡りで忙しくしています。

更に言えば、9月中ばのエレクトーンフェスティバル、私も参加することになりそうです。

(今回は怪獣3号クラスの助っ人ではなく、私自身が通っているエレクトーンコースのグループ3名で参加予定になりまして…。)

とはいえ、急に決まったので、本当に出演ならば私自身が真面目に練習しないと間に合わないのです。昨年11月の発表会(ソロとアンサンブルで2曲出演)以来、久々にプレッシャーを感じています(-_-;)

同じ曲を3演奏パターンで

ピアノをグループレッスンで習っていたので、ピアノ曲であっても、ソロだけでなく、連弾やピアノ2台で弾くこともある。

今回、ソロと連弾で弾いてきた曲を、エレクトーンで弾くことにした。

エレクトーンレッスンで弾くソロ曲は、基本的に、自分のレベルを考えつつ自分で弾きたい曲を決めるスタイルになっている。

1月~4月は、ジブリに関わる曲を弾いていた。次は久々にクラッシックを!と探していたら、ピアノで弾いたことのある曲があったので、今回選んでみた。

ピアノソロと連弾では、編曲上そう違いはない。むしろ連弾の方が手が4本ある分、音が増え、曲の幅が広がる。

元々、エレクトーンになると、編曲の際にどうしても変わってしまう。
演奏のレベルによって曲の長さが変わることは多々ある。フージョンやバンドの曲だとソロの部分がカットされることは多々。

ピアノ曲がエレクトーンに編曲される場合、ピアノ右手メロディーはそのまま右手で、左手の伴奏部分が左手とベースになることが多い。
今回の曲も、簡単に言えばそのパターンになっているが、音が色々カットされている。
連弾でもソロでもピアノで弾いていたので、そのままの感覚で16分音符で右手を弾こうとしたら違っていたり、単純にカットされていたり…

ただ、エレクトーンだと、ピアノと違い、リズムが入り、音色がどんどん変化する。
音の並びだけでなく、レジストの変化も含めて捉えると、同じ曲でもこんなに変わるんだ、という点でそれはそれで面白い。

ちなみに今弾いているのは、シューベルトの軍隊行進曲です。さて、ちゃんと練習しますか♪

本棚まわりの大掃除その1

最近、ピアノの楽譜とエレクトーンの楽譜が着々と増え、専用棚(A4サイズを縦に入れられるもの2段)が遂に満杯になってしまいました。

見直す事はないであろう、ヤマハのジュニア科(小1.2年)のテキストまでは処分したのですが、
(←現在のジュニア科アンサンブルコースか総合コースグループレッスンの小1.2に相当すると思われます)

それよりもテキストが固定されていない「個人レッスン」のテキストの増え方が早く…といったところです。

実際、購入もしていますが、使うテキストを実家から(私が使ったものを)持ち込んだり、これから使いそうなものを(実家に置いておいても誰も使わないので)持ち込んだのも一因かもしれません。←30年前で1500円や2000円のものもザクザクあり、ふと怖くなります。

不要なものを処分してもどうやっても片付かないことが判明したので、リビングの本棚を大きいものに買い替える予定にし、ついでに使い勝手の悪いカラーボックス等の変更も含めて、第1弾として、一部のボックス変更と中身を(暫定含め)入れ替えました。

先に空にする方は軽いもので良かったのですが、ピアノとエレクトーンと合唱の本が重くて重くて…。

A4サイズで積み上げたら約90cm分!(ボックスの幅45cmを2段分)

運ぶ距離たかが2mされど2m!

しっかり片付いたものの腕が…ただ仮置きなので買い替えたらまた入れ替え…とほほ

ラストレッスンは笑顔で

私が通っているヤマハの「大人のエレクトーンコース」。

レッスンスタートしてからずっと、2年10か月お世話になった先生のレッスンが本日で最後でした。
先生がご都合でセンターを辞め、実家に帰られることになりまして…しかも九州で…

3か月前には聞いていたものの、月2回のレッスンなので、あっという間にその日が来てしまいました。

グループメンバー3名とも主婦かつ仕事しているので、練習は一夜漬けだったり、仕事で間に合わなかったり、子供達や親の介護で休んだり、まあお互い色々ありましたが、4月の2回のレッスンは無事生徒3名揃いました。

通常、各自のソロ曲と、アンサンブル曲と…なのですが、アンサンブルはキリ良く今回で終了すべく、それなりな演奏ができたと思っています。
今回、試しに、iPhoneのボイスメモを使って録音してみました。アンサンブルなので、どこで録音するかでピアノとエレクトーンのバランスが心配でしたが、バランスよく、録音も問題なくできていました。
アンサンブルは私の希望で、先生も含め皆の門出を祝うべく「栄光の架橋」です♪

そして先生が「これで終わり~」というところでサプライズ。
以前に演奏した「手紙」(これもピアノとエレクトーンのアンサンブル)を弾きつつ、この後にグループメンバーになった方には歌を歌ってもらい…。エレクトーンのレッスンながら、初めてピアノ&エレクトーンのアンサンブルを演奏させてもらい、先生も「いいねぇ!」と言ってくださった想い入れのある曲を最後に再度演奏し、先生にカードとプレゼントを渡して…。このカード作成と演奏練習で今日は1時間早く集合して作業していました。いつも笑っている先生なので、しんみりでなく、最後まで笑顔笑顔で終わりました!

私達のレッスンがこのサプライズで5分延びてしまい、次のレッスンの先生と生徒達が通路で待ちぼうけ。
次のレッスンの先生は(私達のレッスンが最後なのを)ご存知なので一言「お祭りしていて延びました~」と伝えたら、中2な生徒達は???状態。サプライズしていました、って公表するのもねぇ…。

プレゼントは今日昼になって買いに行くし、カードの用紙は昨晩プリントするし、まあドタバタしましたが、サプライズが上手くいくと疲れを忘れるから不思議ですね。30分で絵や言葉を加えて手ごろな「写真入りカード」が完成できて、先生にも喜んでもらえて満足しています。
発表会の時に先生入れて4人で撮影したものが唯一の全員集合写真です。この時は、先生が4月までとは知らなかったので、偶然だったものの撮影できて良かったですし、この写真をアレンジしてカード作りました。

そしてこれを書きながら、今日録音した「栄光への架橋」を聴いています。
ピアノ&エレクトーンのアンサンブルなので、珍しいとは思いつつ、探せばもっと上手な演奏はあるかもしれないけれど、やはり自分達で演奏したものが一番好きです。想い入れがありますから。。。

追伸)本日と書きましたが、既に「昨日」でしたね。4/15の話です。

より以前の記事一覧

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31