支援学校高等部選抜の時

最近、私のブログのアクセス数で、連日上位に入るのが以下の2つ。

横浜市立高等特別支援学校(高等特支)の選抜ー備忘録
神奈川県特別支援学校高等部(B部門)の選抜ー備忘録

今回の選抜の日程、実は調べていません。
卒業してしまったので、わからないのが事実です。

ただ、例年、
前者が12月第1火曜水曜の2日間
後者が12月第1木曜の1日間
に行われているので、そろそろかな?とは思っています。

既に4年前の内容なので、現在の状況はわかりません。
ただ、アクセス数の多さから、情報収集する方の多さを感じています。

我家にしてみれば、受検=大騒ぎしかありません。
夫が緊急搬送、入院中。
父も緊急搬送、受検直前に退院。
あの時は、乗り切れたのか、無理矢理乗り切ったのか、未だにコメントできません。
当然、受検しましたが、付き添う私の心は、受検どころではない、と、受検放棄できない、が葛藤していました。ただでさえ双子2人分、3日連続受検。よく重なったなぁ…と。

受検する皆様の進路が無事決まることを願っています。

22nd anniversary!

C2c0d44f8ce9464d9c677a5c2bc7109f

今日は「結婚記念日」。
22年経ちました。
早いものです。

この1年、家族全員、色々有り過ぎました。
一言で言い表せない喜怒哀楽?でした。
更には、現在、私の実家まで大騒ぎです。
本来ならば毎日顔出さないと…な状況ですね。
無理なので行きませんが。

今年は土曜日になってしまいました。
夫は透析で大学病院、私も土曜の仕事休めず。
代わりに?昨日11/30に仕事休み、夫婦でドライブしてきました。
半年ぶりに箱根方面へ。

私が前述のコンサート後から体調を崩し、まだ本調子ではないのもあり、ゆっくり過ごしました。
4年前の経験があるからか、「2人で一緒に過ごせる」だけで幸せです。

また1年、時に共有し、時に個々で。
2人、そして家族にとって充実した時間を送りたいと思います。

暮コンサート2018(EL発表会)

20181125

ヤマハ日吉センターの「大人のエレクトーンコース」の発表会である「暮コンサート2018」無事終わりました。

私は3回目の参加です。14時から始まり3時間。アンサンブルは当日リハもあり昼からセンターに居ました。
22組の演奏(うちアンサンブル7組、講師演奏2組)、途中ビンゴ大会もあり「年末お楽しみ会」的なもの。高校生から60代の方、アンサンブルもソロもあり、両方演奏の方も4名いました。
夫と三男は勿論、今回は三男のグループレッスン仲間(その子はエレクトーン専攻)も聴きに来てくれました。

私が習い始めて2年5ヶ月。grade8級レベルからスタートした私も、どうにか6級レベルまで来ました。今年は初めて、アンサンブルとソロ両方に参加しました。
この1年の私を取り巻く環境を振り返り「弾ける時に弾けるうちに弾きたい!」の想いだけでのチャレンジでした。
11月に入り仕事が6連勤の中どうにか練習し、この1年の私を取り巻く環境や喜怒哀楽を想いながら演奏しました。
無事総括できたかな?と思っています。

ソロで弾いた「未来予想図Ⅱ(オーケストラバージョン)」を練習していると、今置かれた環境を思っては無意識に泣いてしまうことが続きましたが、今日は笑顔で弾くことができました♬
アンサンブルの「Neo Japanesque」は、いつもミスするところをクリアしたものの、逆に本番に初ミスしたところがあり、やはり力尽きた感かありました。この曲は楽しくカッコよく…と思いつつ、音が多く、最後まで弾くのに全力投球でした。

子供の頃からピアノの発表会(グループ・個人含む)が年2-3回、その後も吹奏楽部や合唱サークルで年1回以上はコンサートに参加していました。そのためか、コンサートで人前で演奏することは、程よい緊張感と目標設定のためにはちょうど良いのかもしれません。今回も仕事と掛け持ちながら、一昨日昨日と日吉センターへ練習へ行きました。心身的には大変ですが、当時が懐かしい、当時できたのだからやってみせる!というのもあります。

10/30から時が止まった状態が続いていた私ですが、11月の勤務23日のうち、昨日までに21日終わりました。そして今日コンサートが終わり、やっとひと段落した感じです。今、達成感と疲労感がごちゃまぜです。

さて、来年は何を弾こうかな?
初参加の一昨年は「My favorite things(ジャズバージョン)
2回目の昨年は「オペラ座の怪人」
でした。来年こそ情熱大陸?

重…強者でも大変でもなく…

よく「大変」「強者」と言われる私。
私を取り巻く環境は、決して楽ではなく、普通でもなく、ある意味例のない状況であることは確か。
同じ境遇の方に会ったことはありません。

実父の難病
弟の癌再転移ステージ4
夫の透析
長男の軽度発達障害
次男の重度知的障害自閉症
(長男次男は双子で出生児のトラブル)

ただ、私は自分を強者とは思っていないし、そもそも大変という表現も何か違うと思っている。

私には病や障害と共存しながら生きていく本人たちを支えることしかできない。
それが重なっただけのこと。
その中で、私にとって必要な事とやりたい事をすることで私自身を守り、前例や情報がないから発信する。
そのために仕事をし、演奏をし、文字で表現し、画像で表現する。それだけのこと。
これらに強さは必要なのだろうか?

私にとっては「大変」というより「重い」という表現が近い。
物理的に色々あるのは事実。
やらねばならぬことがあれこれあるのも事実。
だが、
1つ1つが重い!
フォローの必要な方々が多くて重なる!
要は、ドッシリ降りかかってくるのだ。

重いと大変とは比べられないのかもしれない。
でも、今の私に適した表現は「重」。

これから逃れることはできないイマ。
私にとっては「重」と共存しながら生きていかなければならない。
その中で、いかに進んでいくか。
環境に縛られることも多いが、それを打破する方法を考えたい。
まだまだ貪欲さが足りないのだろうか?

「今」だからこそ全力で!

今月の勤務日数が23日。
そのうち、今日11/24までに6連勤含め勤務21日終了。
今月勤務残り2日。
おかげで、既に「今月終わったー!」状態な今。

仕事休みの日も、毎週エレクトーンレッスン。
明日がコンサートなので、レッスンも時間が長い日もあり。

昨日、今日は、仕事と練習の掛け持ちでした。
昨日は、午前中にヤマハ日吉センターへ行き、夕方から仕事。
今日は、朝から6.5時間仕事してから、夜にヤマハ日吉センターへ。
帰宅してヘロヘロです。

仕事と練習の掛け持ちより、今回は曲の演奏そのものが体力勝負なのです。
ソロとアンサンブル、2曲演奏すること自体も、
その2曲が真逆な曲であることも、
アンサンブルのソロ演奏とレジスト変更が半端なく忙しいことと。

明日はコンサート本番。
リハーサル込みで昼前から夕方までセンターです。
エレクトーン習い始めて2年5ヶ月。コンサートは3回め。

今季最大級のエネルギーとテンションで臨みたいと思います♬
今、この時間を大切に!
弾けることに感謝して!
様々なことがあった、いま起きている、この1年を振り返りつつ。

仕事帰り、17時50分、横浜市営地下鉄センター北駅前(横浜市都筑区)にて夜景を撮影。

Dc0e612d364b462dbd67b3b04f57bbfc

23回忌と22周年と

ふと気づいたことがあったので、備忘録として。

私は12/1が結婚記念日(挙式・披露宴・入籍全て同日)で、次が22nd anniversary。
…ということは、祖母が亡くなってから今月で22年、23回忌だったことに気づきました。

私が生まれた時には、父方の祖父母は既に亡くなっており、母方の祖父は小2の冬に亡くなりました。
昼前に親戚一同呼び出されれ、当時の祖父宅に集合、その日の夜に亡くなりました。
亡くなった瞬間、その部屋には祖母と私の両親含むおじおばだけで、孫である子供達は隣の部屋で過ごしていましたが、当然ながら全てが聞こえるので、その時のことは小学生ながらに漏れ聞こえる音で理解していました。母は5人兄弟なので、従兄弟も10人以上いますが、従兄弟で1番下、当時1歳前だった妹は多分記憶にないだろうな?と思います。

そして祖母は、足腰はすっかり弱り入院生活をしていましたが、頭は元気な状態で突然亡くなりました。
それが22年前の11月のことです。

身体の状態から、結婚式に来てもらうのは厳しかった祖母。
11月初め、祖母に結婚することを伝えに、夫になる彼と一緒に、祖母に会いに行きました。
久々に会った祖母は、ギャグを言えるほど元気でした。そして、弱った手で自分の名前を書いたご祝儀袋をいただきました。元気じゃん!これで披露宴の報告もできる!と思ったのも束の間、その1週間後、突然亡くなりました。信じられないまま葬儀告別式が行われたのが結婚式の2週間半前!葬儀場と祖母宅と自宅(要は私の実家)が全て市内、かつ私の父母は葬儀にかかりきりで、自宅はとりあえず私が回さなければならない事態。そんなドタバタな中、結婚式は延期か?と覚悟したものの、長男な伯父の一声で、結婚式は予定通り行われました。

後から聞いた話では、祖母は、ご祝儀袋の名前を書くために、弱った手で何度も練習したそうです。
直筆を進めたのは伯父だったようです。
私の手元にある祖母からのご祝儀袋の字は、祖母の最期の直筆となりました。
22年経った今でも、引き出しに大切に保管しています。

最期は看取れなかったけれど、元気で笑顔な祖母に会えたこと、最期の直筆の品を持っていること、それが私の宝です。

結婚してから何年経っても、結婚記念日が近くなると思い出すこの光景。
毎年、結婚周年と同時に、祖母の回忌も1つずつ増えていきます。

おばあちゃんに、結婚するよ!と報告できたこと。
夫になる人を会わせることができたこと。
それが亡くなる1週間前にできたこと。
あと1ヶ月生きてくれたら式の様子が見せられたのに!
私達の顔を見て安心して天国に行ってくれたかな?

22年経っても、色々な想いが交錯する11月半ばです。。

6連勤ではないが第3弾終了

前々回・前回の6連勤ではないものの、1日あたり4.5時間〜6時間、先週木曜+土曜から今日火曜まで4連勤の週5勤務でした。

とは言っても、先週金曜も、次男の療育で15時から19時まで潰れていたので、感覚としては、6連勤第3弾…です。今月初のフリーのはずだった18日日曜が急遽勤務になった影響も大きいです。

疲れが抜けないうちの第2弾の続きで、本当に疲れが溜まってきました。
隙間時間の昼寝でも凌げなくなり、頭痛が辛くて鎮痛剤のお世話になり続けています。

毎週水曜は休みと言えども、エレクトーン発表会前練習。
結局、発表会当日25日までオフなしです。
でも、ここ2日、昼間調子が悪すぎて、練習できていません。
本番まであと4日。
仕事も木金土と3連勤。
どうにか乗り切らないと…。

今月20日までに17日勤務(正確にはダブル勤務1日あり)。
ここまで来ると走り切るだけ。
自分に喝!です。

私の夢は?

先日、小学校の学習発表会で、三男の将来の夢・やりたいことを初めて知ることができました。
それについて思うところは書いた通りです。

さて、そこで改めて。
私の夢は?

夢というのはオーバーですが、
やりたいこと・やっていきたいことは何ですか?
再び自問自答しています。

やりたいことと、現実の狭間で、進めずにいる私。

殻を破って進むか。
殻を破れるか。

私を取り巻く現実が重すぎるのか。
重いと思い込んでいるだけなのか。
保身に走っているのか。

でも、いま、何があっても、
私が倒れるわけにはいかない。

その中でどう進んでいくか?

仕事をすればするほど、家族を見れば見るほど、悩みが深くなるこの頃です。
もっとシンプルに考えれば良いのでしょうか?
自問自答。

クリスマスへ向けて進む時間

Bff48ff0236c4febb16723b8f9489888_2

早いところではハロウィンの終わった11/1からと思われますが、11月半ばな今、どこでもクリスマスモードになってきましたね。

10月末から時が止まり、再び時を刻み始めたばかりの私。
時が一気に15日ほど進み、未だに、心も身体も追いつかないものがあります。

でも、時は止まってくれません。

今日は仕事帰りに、某ショッピングモールの入口で、クリスマスツリーを見つけました。
きっと11月初めからそこに居たのかもしれません。
でも、何故か全く気づいていませんでした。
きっと周りが見えていなかったのでしょう。

今日、改めてクリスマスツリーを見て、日付を見て、11月も2/3が過ぎようとしていることに気づきました。この20日間、私は何をしていたのでしょう。不思議な感覚です。

まだ、突然、時が止まる時があります。
日にちがわからなくなることが多々あります。
それでも世間はクリスマス模様。
12月に向けて、年末に向けて、時間は確実に進んでいます。

あと1週間でエレクトーン発表会。
あと2週間で結婚記念日。
あと5週間でクリスマス。

今、この瞬間を大切に。。

三男の将来の夢…学習発表会

今日、小6の三男通う小学校で、「学習発表会」が行われました。

といっても、この小学校の場合は、中学・高校の文化祭のような感じです。
まず、学年ごとにテーマが決まっていて、学年ごとにクラス関係なく「同じ内容で活動したい・調べて発表したい」メンバーが集まり、活動をします。

ざっくりまとめると、
1.2年生は遊ぶ場の提供
3.4年生は体験学習から得たものの発表や実践披露
5.6年生は調べ物の発表
といった感じです。

6年生は、毎年ながら「将来の夢」がテーマです。
様々な職業の方をゲストに招いて、仕事の内容・その仕事に着くまでの過程・やりがい・大変なこと等の話を聞くことに始まり、同じ仕事を目指したい者同士でグループになり、更にネット等で調べ、掲示物の作成から発表文章まで考えます。そして最後に、「各自の将来の夢」「どんな人になりたいか」を発表します。

多分、6年生全体を見れば、一通りの職業が出ていたのではないかと思われます。

我家の三男は、今までずっと、将来のことについて具体的な話をしたことがありませんでした。
ずっと「優しい人になりたい」とだけ言っていました。
小6になっても具体性が全くなく、私が心配になるほどでした。

そんな中で迎えた今回。

本人に聞いても、何について調べ発表するか、全く教えてくれませんでした。
ただ、「将来やりたいことは見えた」と言っていたので、あとは本番に聞くのみ。

そして今日。

自分がやりたいことについて、具体的にスピーチしていました。
細かいことは書きませんが、三男にとっては日頃見る機会のある仕事でした。そして、その仕事について、表面的なことだけでなく、裏方として何をしているかまで含めて話せていました。

今まで具体的なイメージがない!と言い続けていた三男が、具体的な職業について話したことは勿論、その仕事内容について表裏合わせて具体的に網羅していたことの方が驚きました。表向きなことは勿論のこと、裏方の必要性についてしっかり理解できていたこと、それを堂々と話せたことに感動しました。

まだ小6なので、私は、「今の時点での夢」と捉えています。
これからの経験でどんどんアップデートしていけば良いと思っています。

夢そのものではなく、今の時点で、その職業についてそこまで理解して発表できたことが嬉しかったです。帰宅してからプラスαな話をしましたが、今の彼なりの「軸」があることもわかりました。

実際にどの道に進んでいくかはこれからです。
ただ、今日の発表までに調べたことや、本人が軸としているものを大切に、これから進んでいって欲しいと思います。想像以上に軸がしっかりある上で描いていることに、初めて聞いた私が涙したのは言うまでもなく…。

これから様々な経験をして、更に様々なことを考えて、進んでいって欲しいと思います。

小学校最後の学習発表会、平成最後の学習発表会、長男から数えて12回目の学習発表会。
これで小学校行事がまた1つ終わりました。

親が出向く「大きな」行事は残すところ卒業式のみ。
小学校卒業式まで実質4ヶ月少々。
何事にも精一杯過ごして欲しいと思います。

より以前の記事一覧

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31