LoveLoveLoveへの想い♪

昨日、フェスティバル後、初めてのエレクトーンレッスンだった。

フェスティバルが終わって、「燃え尽き症候群」の如くエレクトーンの弾けない日々を過ごしていた。
そもそもフェスティバルに向けて練習が本格的になった矢先に弟の死があり、(かつて一緒に通っていたので)弾くのが辛いのに「弾くことが供養だ!」と自分をかなり追い込んでいた反動かと。

昨日はフェスティバル前にやっていたアンサンブル(君の瞳に恋してる…が途中になっていた)を合わせた後、それぞれのソロを弾いた。

私は、ドリカムの「LoveLoveLove」(1996年)を弾いた。
5月終わりからレッスンでは1~2回やったところでフェスティバル練習のため中止していた曲。
この曲を選んだ理由は、昨年末のコンサートで引いた、同じくドリカムの「未来予想図Ⅱ」の続き的な感覚。
※コンサートで未来予想図Ⅱを弾いた理由は(以前にも書いたが)障がいや病気の家族が1日での長く一緒に暮らせますように!

「LoveLoveLove」には、曲そのものが好きなこと、結婚した年に流行ったこと、病状が着々と進行している弟に向けての想い、があった。

だが、ソロを弾かないでいる間に弟が亡くなった。
弾くのが辛い。
でも弾ききって終わらせたい。

両方が交錯する中、先生に「上手く弾けなくても今日で終わりにしたい」と伝えて、皆の前で1回精一杯弾いた。
この曲を選んだ理由は先生も仲間も知っているから。

細かいミスはあったけれど、それなりに弾けた。弾ききった。
ピアノと違って電子音のエレクトーンに感情を込めるのは難しいとずっと思っていた。
先生には、最後まで弾けたことを褒められ、細かいミスをカバーするだけの感情が入っていたと言われた。

大好きだけど、ドリカムの曲は暫く弾けないかもしれない。
ただこの2曲を弾くときだけは泣けるので、自分のグリーフのためには必要な曲かもしれない。
感情の沢山詰まった曲がまた1つ増えたことには変わりない。

さて、次回から何にしようか?
ピアノ曲やクラッシックだと、弟と一緒にピアノ通って一緒に弾いていた頃思い出しちゃうんだよね♪

しかし、8月9月、私にしては、そんなに口数少なかったのかな?
コンサートに向けての練習が追い込みの頃、私の口数が少なくて心配だった、と、今更ながら先生に言われた。
自覚はないが事実なのだろう。コンサートがなければレッスン1~2か月休んでいただろうし。
逆にコンサートがあったからこそ、過密スケジュールと不安定な精神状態なりに、弾くときは気分転換できただろうし♪

まあ音楽と私は切り離せないので、これからも色々な感情を持ちながら進んで行くのでしょう…と改めて。

10月になりました

2019年も10月になり、あと3か月となりました。
年度で言えば、後期のスタートです。

私の場合、何故か3月の年度末と同じかそれ以上に、9月前期末の方が「何かが」起きるので、9月が無事終わりホッとしている反面、疲労困憊です。単純に月命日2度目が過ぎ、心身中から疲労なのか不明なものが湧き出ているのも事実です。

明日から仕事も後期になり、内容が少なからず変わるので、明日の準備をしなきゃVS今日まで休憩、という思いが交錯しています。

マイナスな感情や体調しか出てこないこの頃。

まず後期初日の今日は、明日の後期スタートに向けて、半分休息、半分準備で整えていきたいと思っています。

あまりに心身疲労が湧き出ているので「宣言」も兼ねて!

Facebookの追悼アカウントに思う

Facebookの設定機能の中に「追悼アカウントの設定」というものがある。

実は弟が亡くなった後に偶然知った。

要は、亡くなった後のこのアカウントの管理人となり、管理するも削除するもその方に任せるというものである。
この管理人に指定された方が、「本人が亡くなった証明」を送ることで、本人のアカウントは「追悼アカウント」という扱いになる。そしてその管理者が指定された方に移行する。
当然そう簡単に申請できるわけはなく、亡くなったことを証明する画像を送信し、それから半日ぐらいして承認された。
(本来何で証明するのが妥当かわからなかったので、私は「弟の戸籍謄本」の本人部分だけを写メして送った。死亡日時が書かれているから。)

この手続きが終わった今、亡き弟のアカウントは「○○さんを追悼」と書かれている。

ちなみに最初から「亡くなったらアカウントを削除する」という設定もできる。これは誰かが亡くなったことを知らせた時点で、ということらしい。(これも誰かが「本人が亡くなった証明」を送付して認められる。)

このシステムがいつから存在したのかはわからない。
ただ、老若男女問わずSNSを使う時代、こういう仕組みも必要なのかもしれない。
実際、亡くなった方のサイトがそのままずっと放置されているのはどうなのだろう?と思う時もある。

私の周辺でこのシステムを知っている方がいなかったので、実際どの程度の方がご存知なのか全くわからない。
ただ、この設定は「本人が」ログインした状態でできること。
第三者が削除等できたら「乗っ取り」なので、本人が管理者を指定すること自体は良いのだが、今回のように当初設定をせず突然亡くなった場合、他の手段があるのだろうか?

ネット社会な現在、友人関係は住所より電話、電話よりSNS。
実際亡くなって2か月経った最近になり、弟の学生時代の友達から連絡があり、対応をしている。
本人のSNSアカウントに対して「遺産」という表現は正しくないのかもしれないが、情報という産物に対して付けるなら、これも一種の「遺産」なのかもしれない、と思うこの頃である。

増税前の駆け込み需要?

10月からの増税を前に、増税前最後の週末な昨日今日。

昨日は実家付近で、今日は自宅付近で買物をしていたが、どちらも「増税前の買い溜め」と思われる光景がある。

やはり気になるのが、ティッシュペーパー・トイレットペーパーなどの紙類、嗜好品にあたるアルコール類。

「定価であっても」お店によっては10月以降の方が還元があったりすると思うのだが、という思いを持ちつつ。

ただ、消費税導入時の3%をはじめ、5%、8%と上がるタイミングでも同じようなことが起きていたのだろうか?

私自身は記憶がほとんどないので、多分、買い溜めというほどのことはしていないのだと思う。まあ、買物ついでに1つ多く買っておこう…ぐらいのことはしたかもしれないのだが?

いま慌てて買うより、10月以降の「特売で値引きしている時」に買う方が安いし、同じ価格なら10月以降の「5%還元」のお店等で買う方が安くなるのだ。昨日買い溜めしている人を見て驚きつつも、今日行ったお店の方が元々安いじゃん…などと冷静に見まわしている自分がいる。

消費税が上がるのを機に、買い溜めより、買い方や使い方の見直しの方が必要ではないかと思うこの頃。

黙っていても自動的に上がってしまう「子供の月謝」や「必要交通費」の方がどうしようもないと思うのは私だけだろうか?

2度目の月命日

昨日は弟の2度目の月命日。亡くなってから2か月経ちました。
もう、なのか、まだ、なのか…。


先月とはちょっと異なり、夜中2時頃から全く眠れず、気づいたら朝。


珍しく、朝からパニック症状予兆かの如く、頭痛・倦怠感・食欲不振・そしてフラフラ感と誰にも会いたくない感が酷く…。
家の中すらフラフラ歩いていて、「これで家から出られるのか?」「電車に乗れるのか?」状態。
仕事の研修があったので、自分に暗示をかけるような感じで出かけて行きました。
でもやはり頭の回転はイマイチで、研修中もどこかボケっとしてしまいました。


帰りにスタバで1人ホケーっとして「人に会った疲れ」をちょっと解放させてから帰宅しました。
昨夕もやることがあったのですが、どうにか乗り切りました。
夜は記憶がありません。


2か月経ち、どこからかジワジワ出てきているのか、急に悲しくなったり、でも泣きたくても泣けなかったり、些細な事がトリガーになって不安定になります。
ただ、自分で、何が悲しいのか、何に疲れているのかよくわからないのが難点です。
様々な事が消化できていないことだけは確かなのでしょう。
「風船が破裂する手前」という自覚はしています。
自覚しているうちは大丈夫!という心理関係者の言葉を信じて。


今週は、前期レッスンと後期レッスンの狭間で、1週間仕事休みです。
仕事の予習も止めて、ここ数ヶ月・半年・1年?、やらなきゃ!と思いながら放置してきたこと、いい加減にリミットが!というものから順に片づけている毎日です。今日は朝から家事だけやり、頭を空っぽにしています。読めなかった本を読んだり、昼寝したり、休息・充電日にしようと思います。

EFアンサンブル2019終了

20190916_084548802_ios

エレクトーンフェスティバル(EF)アンサンブル部門・日吉センター大会
(↑正式名称は長い…)

9/16月曜(祭日)に無事終わりました。

2部構成で各部約20チーム、合計37チーム。
今年は初めて大人だけチームも参加。
(大学生や社会人なったばかりな方々はいるのですが、いわゆる主婦だけチームの出演は初めて。)
そんな貴重な大人だけチームの1つが私のクラス。

大人のエレクトーンコースから2チーム、各部1チームずつ参加しました。

専門コースに属する我家の怪獣3号は当然の如く出場しており、今回、同じ2部、そして同じフリースタイル部門にエントリーしたため、出番がラス2とラストという親子で連続する事態に…

怪獣3号のチームは1人は10年目、1人は5年目という長い付き合いな同じグループクラスの仲間、中1と中2。
アラジンの寸劇→「フレンド・ライク・ミー」を演奏。エレクトーン2台+ユーフォニアムで。

怪獣3号のチームのような寸劇をするチームは日吉センター初だったらしく、先生方も恐ろしいぐらいノリノリでした。
実際、怪獣3号が演劇部、ユーフォを吹いた子は吹奏楽部。

親としては「専門コース通っているんだよね?」と心配になりますが、楽しいこと楽しませることが大好きな集団なので、このシリーズが続くのではないか?と思う程です。しかし演劇部な我が怪獣3号、セリフはもう少し聞こえやすいように言って欲しいな~(演劇部だからこその意見といいますか…。)

私のチームは働く主婦3名。
吹奏楽と高校野球応援でお馴染みの「アフリカンシンフォニー」を演奏。
まあ演奏自体は「ベースの音が何故弱い!」と後からビデオ見てかなりショックでしたが、全体としてはそれなりな仕上がりだったかと。
途中で私の無茶ぶりもありパフォーマンスも入れたのですが、主婦チームの盛り上がりに、こちらも先生方の中では「チームワークの良さ」に評価が高かったそうです。先生の編曲も吹奏楽に忠実で、カットもなく、エレクトーンという鍵盤楽器なのに、本当に吹奏楽で演奏しているような不思議な感覚でした。(そもそも吹奏楽もオーケストラもできるからエレクトーンを始めたのですけどね!)

親子でヤマハに通っている人自体どのぐらいいるのかわからないのですが、少なくとも、今回のフェスティバルに親子それぞれのチームで出場したのは私達だけで、そういった意味でも目立ってしまったような?習っていない先生方にもしっかり覚えられてしまいましたが、怪獣3号繋がりの中学生たちの反応も凄かったです。出演者手続きを済ませたら「何でココにいるの?」とキョトンとされたり、演奏後に私の衣装を見て「あれ?出ていたってこと!?」と驚かれたり。そりゃ怪獣3号のクラスは私が習っていることも出る事も出番が続くことも知っていたけれど、他の方は「習っている」とは思っていなかったようで。

エレクトーンでの大きいステージは小学生以来、私自身が専門コース以来でしたが、まあ、懐かしいというか、なんというか。
当日と翌日は楽しかった!より、それまでの疲れでヘロヘロ~の方が大きかったです。

正直このフェスティバルまでは大丈夫と思っていた弟が、フェスティバルに向けて練習している最中に亡くなり、実際、四十九日が終わったばかりで、私自身、予想以上に溜まっていたのかもしれません。

楽しかったのだけど、それより疲労感の方が酷いので、少しペースダウンで過ごしていこうと思います…
…と言いたいのに、終わった今週に限って仕事漬け…

羽田空港へ飛行機撮影

20190915_001458847_ios 20190915_002704484_ios 20190914_230522132_ios
20190915_002911957_ios 20190915_000624722_ios

朝早々に目が覚めて、眠い~のですが、夫の飛行機撮影に付いていきました。

土曜日が丸1日仕事なところに、昨日はかなりドタバタしていて、22時以降記憶がなく。
夜中にふと目が覚めた時には、リビングでテレビも電気も点けたまま、手帳も広げたまま、携帯も広げたまま…
それから布団に移動して、爆睡したからか、眠いのにふと目が覚め、そのままフラッと。

今日は羽田空港第2ターミナルへ行ったのですが、連休中日なのに人だらけ。
駐車場も第1から第3まで満車、第4併設の別棟のみ空いている状態。(ここも帰りには満車手前の大渋滞。)

朝は南側(海側)は雲だらけでやっと太陽が見える程度でしたが、時間と共に雲がなくなり、久々に太陽が光の環と共に拝めました。

夫は超望遠レンズで場所を移動しながら飛行機撮影していましたが、私はiPhone8plusで撮影する程度です。
私にはこれで充分。

先週日曜に逗子・江の島へ行った時に、今季初めて海を見て「夏!」を感じたと思ったのに、今日の空はすっかり「秋」。

世の中は気づいたら「中秋の名月」も過ぎ、9月も半ば。最高気温も30度を下回る日も出てきて、本格的に秋の到来ですね。

最近、土曜日ヘトヘトの割には、日曜早朝の軽いドライブが日課になっているような気がするような?(笑)

本日のお気に入り画像は、3枚目の「東京スカイツリーと飛行機」です。

交通マヒ…台風15号

一昨日9/8日曜は近隣の電車は22時頃から運休になり始め、昨日9/9月曜の明け方に台風15号は逗子から千葉にかけて過ぎ去りました。

結論としては、
・夫は徒歩で透析へ⇒出社(予定が体調不良で帰宅)
・怪獣1号は電車が混乱していたため有給休暇
・怪獣2号は車なので通所
・怪獣3号は休校…朝7時で暴風警報が出ていたため横浜市立学校は休校
となりました。

東京神奈川の各社の電車は8時~8時半頃に動き始めましたが、SNS等で見る限り、駅で入場規制や乗れないなど、混乱している様子がたくさん書き込まれていました。その影響か幹線道路はじめ至るところで道路も渋滞しているという情報があり。怪獣1号と2号の動きは最後まで迷いまいした。
状況判断が少なからず弱い怪獣1号をこの混乱の中1時間かけて行かせるにはもう少し待たないと厳しいそうなので、職場と相談し、有給休暇を充てる事にしました。怪獣2号は着替えて行く気満々だったので、それでもネットで渋滞情報を確認しながら現地時間ギリギリ着見込みで出たのですが、予想以上の渋滞。同じ施設に1年半、臨時も含めれば10年以上使っている施設ですが、こんなに渋滞し時間がかかったのは初めてでした。

東横線に並行して走る綱島街道は上り下りとも大渋滞し、そのに繋がる各道路も(そこに入れないための)渋滞になり、結果的に、駅方面と、大通りに出る道が軒並み全滅でした。行きはそれでも半分渋滞を抜ければ裏道なのでどうにかなりましたが、戻りはナビに従って住宅街の中を横切るような道を抜けて家まで辿り着きました。

夕方の迎えの時には全て解消されていました。

今思えば、綱島街道に限れば、東北の大震災の後や、事故で東横線が止まった時も、このような大渋滞なり駅での混乱がありました。
通勤や通学はその時の状況判断しかありませんが、「不要不急の外出は控える」しかないですね。

しかし「現地情報はニュースよりSNSの方が早い!」というのも凄いですね…。

私の夏休み?逗子江の島散策

先に書いた通り9/6金曜に弟の四十九日法要が終わり、昨日9/7土曜は丸1日仕事で、葬儀後以来の山場1週間からやっと解放された。
久々に朝から夫とドライブ。逗子で朝食をとり、逗子海岸を眺め、江の島へ移動し、散策してきた。(横浜は当初10時から雨予報だったのでその前に帰宅…ということで。)

よく考えたら、今季初めて海を見た!

もう9月だし今日1日とはいえ、やっと私に「夏休み」が来たような気がした。海を見たり花火を見たりすると「夏休み」と思える私は単純すぎ?(笑)

ただ、7月下旬から張り詰めていたものが、やっと、少しずつ解放され始めたような気がする。

今更ながらの余談だが、江の島・片瀬江ノ島(小田急線)・江ノ島(江ノ電)・湘南江の島(湘南モノレール)など、何故カタカナ表記と平仮名表記があるのだろう?

画像1枚め:なぎさ珈琲店からの逗子海岸
画像2枚め:なぎさ珈琲店のモーニングセット
画像3枚め:江の島北側から江の島大橋
画像4枚め:江の島南側から三浦半島方面
台風が近づいているからか、晴天だったり雲が多かったり、ちょっとした場所や時間の違いで空が変化していました。


四十九日法要と納骨式

昨日、亡き弟の納骨式と四十九日法要が無事終わりました。


東京は久々の30度越えでしたが、途中曇が出たり晴れたり風があったりと、どうにか凌げました。


私は結婚直前に(祖父母への報告で)来て以来でしたが、意外と道や風景は覚えていて、サクッと辿り着きました。以前より道や緑が整備されているのか、綺麗な感じすらしました。


やはり自分より1つ下の弟が先に亡くなり、お墓に入るという現実は、言葉に表すことのできないものがあります。その反面、病気と闘う姿・苦しむ姿を見てきた身としては(最期は急変だったとは言え)痛みから解放されて良かったのかな、と思うことにしています。


終了後、久々に妹とゆっくり話しましたが、弟は私の前では最期まで「姉ちゃん!」と頼っていたけれど、妹の前では逆に「兄ちゃん」で居たかったのか?と感じました。それが弟らしいね、と。。。


昨晩、私がお世話になっている福祉・心理の関係者から、
「きょうだいは去る時に『自分』を見つめ直すキッカケを置いていってくれるのではないか。」
「墓石の前に立った時、悲しみと一緒に、何か未来へのキーを託されるかもしれない。」
と言われました。今はまだモヤっとしていますが、弟の死が何を伝えたかったのか、これから数ヶ月、1年、数年…どのぐらいかかるかわかりませんが、考えて向き合っていきたいと思っています。


両親の都合でまだ手続きの終わっていない現実と、私の性格で「グリーフ」ができていません。今までの諸々の事情から、自分で泣くことをギリギリまで我慢して、泣くことに蓋をしてしまっているようです。その「泣かない状況」を、夫の入院先や自分が入院した際に、医療チーム看護チームスタッフから心配され続けてきました。今回「泣くことの必要性」を感じながら最近やっと少しずつ泣くことが出てきました。ゆっくり時間をかけて向き合っていきたいと思います。


長くなりましたが、今の気持ちを備忘録的に書かせていただきました。


画像は霊園最寄の日暮里駅(東京都台東区)からのスカイツリーです。


20190906_005725659_ios

より以前の記事一覧

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31