第2弾開始3日めなのに

第2弾が始まってまだ3日めなのに、既に重圧で潰れそうな私がいます。

先程50時間ぶりにまともに食事が喉を通りました。
胃薬も睡眠導入剤も必需品。

ただ、ここ数日困っていることが、眠れたとしても「形だけ」寝ていること。
「見た目」は寝ているのですが、脳や心身は寝ていないのか、ある程度の時間が経ち目が覚めても、心身共に疲れが取れず、寝た気がしないのです。ただ、悪夢を見ない限りは、「何も考えていない」という意味で現実逃避なり余計なことを考えないメリットはあるかもしれません。

父や弟との連絡は、基本メールやLINEですが、連絡を取る度に、重圧が増すと言いますか、抱えているものの多さと重さが増えている感じさえします。

比較的無意識にできていた「笑う!」ことすら、今は自分に言い聞かせています。
さて、次の手を考える時なのでしょうか?

名前の呼び方

名前の呼び方(含む書き方)で、相手との距離感がわかると思っているのは私だけでしょうか?

呼び方とは、苗字さん(・ちゃん・くん)、苗字呼び捨て、名前さん(・ちゃん・くん)、名前呼び捨て、渾名…といったあたりでしょうか。学校等では先輩なる言葉もありますね。

私は今までずっと気にしてきたことですが、皆が皆そうではないのかも?
不安になりググってみましたが、結果的に、私の抱いていることは標準的な範囲だろうと感じました。

呼び方で距離感が近くなったり遠くなったりしませんか?
苗字+さんが渾名になったり、公的な場と私的な場で呼び方が変わったり。
一般には名前呼び捨てあたりが一番近いのかな?
学生の時、相手が彼氏の時は名前呼び捨てになり、別れたら皆と同じ渾名に戻ったり…。
結婚前まで、苗字+さんor先輩呼びだった方々は、結婚後にどう呼ぶか悩んでみたり…。

渾名って便利だな、と思ったこともあります。
特に学生時代からの今でも連絡取るぐらいな距離感の方なら、結婚前でも後でも、皆揃って渾名呼びですからね。良い意味で便利だなぁ…と思ってしまいます。逆に渾名が浸透しすぎて、距離感を近くしたいのか否かわかりにくかった方もいましたね。(過去形…笑)

ここ数日、このようなことを改めて考えていました。

最近、私の呼び方が変わった方がいました。
必然なのか偶然なのか。
必然ならば、それが今後取りたい距離感なのでしょう。相手に何か悪いことでもしたのか?何か迷惑かけたのか?言葉に厳しい方なので偶然とは考えにくく。

今後、私はどう接していけば良いのか、距離感に悩んでいます。
まずは相手に真意を聞いてみるしかないのかな。
拒否されるのが怖くて聞けない私です笑。

2ヶ月ぶりの再会

6/17日曜、3月末に引っ越してしまった、一番話したい方、大切な友達に2ヶ月ぶりに会いました。

4月後半に「1ヶ月ぶりの再会」というタイトルで書いた時と同じ方です。4月後半に会って以来、2ヶ月ぶりということです。

元々は3月まで勤務していた職場で、2年間一緒に仕事をしていた年下上司です。最後1年は、時に秘書として時にビジネスパートナーとして仕事をしつつ、本気で様々なやりとりをしてきました。お互い抱えているものもあり、途中から、仕事を離れると「職場事情がわかる相談相手」の如く、私的な話もしていました。喜怒哀楽、本当に沢山の事がありました。
家族以外で、この1年で1番一緒に食事(カフェも夕飯も飲みも含む)をし、時に食事や職場で話しすぎて終電になっていました。だからこそ、この1年の私のことを一番知り理解している人でもあり、逆も然り…と「私は」思っています。

事情は異なるなりに、揃って3月末でその職場を離れました。だから今は、正確には元上司部下なのかもしれません。ただ、その言葉では収まらないほど、この1年は公私とも本当に様々な話をし、共有していたこともあり、今は友達、いや、大切な・特別な友達という表現が一番近いのかな、と思っています。

昨年1年でLINEのやりとり(仕事連絡も含む)を一番多くし、その中で「LINEでは感情が通じない」ということを学んだのもこの友達です。だからこそ、引っ越した今も、LINEではなく、上京した時に直接顔見て話して初めて通じている!と実感するのかもしれません。

今回は、お互いのプライベートな話半分、友達の仕事の話半分…。

お互い環境は全く違うけれど、ベクトルは似ています。
(この1年で私は随分修正されたかな、少なくとも修正する努力はしましたよ。)
相手は転籍なので、仕事内容はガラッと変われど、親会社は今までと同じ。だからこそ、今の仕事そのもの、今の仕事と今までの仕事との関わりを聞いたところで、私の経験(それ以前の仕事・3月までの仕事両面から)新しく知ることも理解できるところもある感じです。今回は仕事の話から派生して、新しい企画でもできそうな勢いでした。物理的に無理なのに、それに参加したい!と思ってしまう私は何なのだろう…と思うほど。

基本的に相手は「今の」自分のことを知って欲しい気持ちが強いと思っています。私もそれを知りたいと思うから話が尽きないのでしょうね。
そして、いつも私自身を見つめ直す機会を与えてくれます。本当に感謝しています。

公私とも充実しているようで、本当にいい顔していました。
ただ、いま、仕事もプライベートも充実できている根本的な理由を常に忘れないで欲しいな、と。
4月から地元に戻った理由の1つである「ご実家事情」が落ち着いているから…という現実を。。
前回会った時は浮かれているように見えて言えませんでした。いや、言うのをためらいました。幸せに浸る時間も必要なのかな、と思ったので。でも、本人にいつか伝えたいので書き残しておきます…。

次はいつ会えるかな?

E54869a2272c4e6b9163ac5f5b17c97b


大阪北部の地震から…

大阪北部で大きな地震が起きてから24時間が経ちました。

昨日の今頃は、iPhone片手にテレビの前から動けずにいました。

友達の無事、夜には住居の無事連絡も届き、本当にホッとしました。
ただ、今日も朝から余震があり、震度の高いところに友達の地域が表示されると心が痛いです。
大阪府内でも震源地に近い地域に住んでいるので、余計に心配でなりません。

東日本大震災を思い出します。
交通網もですが、停電や計画停電を経験しているので、電気ガス水道も気が気ではありません。
昨日のニュースで、病院で断水があり、透析入院患者の転院という話も聞きました。これも我家には切実な話です。夫が透析必要、弟が入院というのが現実ですので。

いまこちらで大地震が起きたら、子供達それぞれの対応含め、私は何をどう対応すれば良いのだろうか?日頃から考えているとはいえ毎回悩むところです。

大阪地区での地震が収まることを願いつつ、他の地域で大きな地震が起きないことを祈るばかりです。

我家もこれを機に、災害備品の見直し等が必要かもしれません。

朝から夕食作り

昨日書いた通り、「私にとっての戦い第2弾」か始まりました。

昨日予定通り弟が再入院し、福祉手続きも早速急遽増えました。
昨晩になり、今日の勤務が1時間早くなりました。

今日は、

怪獣2号送り→私自身の歯医者→小学校授業参観→怪獣2号迎え→仕事

です。ただ、歯医者から後、隙間時間とれるかどうか?になったため、朝食を作った後、そのまま夕食を作りました。隙間時間がとれれば食事とるなり休息したいのもあり。。
暫く「夕食を作る時間がない!」パターンも出てきそうです。
生活時間の組み立てが必須事項になりそうです。

大阪北部の地震…

朝7時58分に大阪北部を震源とする地震が発生しました。

朝、怪獣3号が登校し、ふぅ…とひと休憩しようとした矢先に、TVが一斉に地震速報になり…。

昨日2ヶ月ぶりに会った友達、今朝の飛行機で大阪に戻る予定なのは知っていたので、速攻でLINEしました。伊丹空港着陸直後に地震速報だったそうで、滑走路走行中の機内からの返信でした。
あと少し遅かったら着陸できず、上空待機だったかもしれなかったと思うと、着陸時間も連絡取れたのも、本当に恵まれていたのだと思います。

その後も適宜連絡とっていたのですが、交通網が完全にマヒしたため、陸の孤島となった伊丹空港から出ることもできず、結局6時間近く経ってリムジンバスが動いたそうです。伊丹空港から職場直行予定でしたが、それどころでなく自宅へ。結果的に帰宅難民にもならずホッとしました。

自宅も実家も震度6地域でしたので、私も自分の事のように心配でした。
どちらも人も建物も無事だったようで何よりです。

実は私にとって、身近な方のいる地域での大地震は初めてでした。本当に焦りました。
ただ、LINEもFacebookも使え、特に私の場合は地震直後に連絡取れたので、それだけが救いです。

東日本大震災の時、横浜は震度5弱と記憶しています。我家(当時マンション)は大丈夫でしたが、隣町の保育園は停電しました。ネットも唯一Twitterが使え、それで連絡をとったことも覚えています。それからすると、今回は通信手段は恵まれていたのかな、と思われます。ただ、通信の専門家ではないので詳細はわかりませんけれどね。

今回の地震で被害に遭われた方々をお見舞いすると共に、我家も非常時の対策などの見直しが必要かな、と思った1日でした。

第2弾の始まり…

16日土曜に誕生日を迎え、無事家族揃って過ごすことができ。。

17日日曜は2ヶ月ぶりに大切な友達と再会し、公私とも色々な話を共有でき。。

今日から私にとっての戦い第2弾の始まりです。

家族のこと(家族それぞれ対応・溜まった福祉対応たくさん・送迎・PTAほか)、実家のこと(弟の再入院・父と妹の対応)、私の仕事と勉強などなど。

私が抱えているものの多さと重さを改めて感じたら、それでまた朝から大泣きしてしまいました。
でも、時間は過ぎていきますし、抱えたものが減るものでもありません。

心が整理しきれていませんが、今日の仕事時間までには整理したいと思います。

私らしさ

…って何だろう?

夫には「一言で表せない」と言われた。
昨日会った友達には「諦めないところ」と言われた。
(私に対して想う事の1つだと捉えているけれどね。)

昨日言われた「私らしさ」「私らしく」って何だろう?
今朝になり改めて考えたらふとわからなくなって、起きてから大泣きしてしまった。。

だって、私、色々な事、諦めてきたよ。
そのとき置かれた環境の中でどうしていくか、それしか考えられないし。
家族一番という軸はブレていないけれど。
今は、置かれた重圧から

「悩まず考えすぎず笑って前を向いて行くこと」

しか考えていないよ。

朝から「世界に一つだけの花」を聴きながら、目指せ「only one」と🎶。

療育手帳最終判定(その1)

本日、怪獣1号の療育手帳(知的障がいの手帳)の最終判定が行われました。

療育手帳の場合、年月と共に状態が変化するため、原則として、10歳までは2年に1度、その後18歳までは3年に1度、再判定を受けることになっています。ここまでは管轄の児童相談所で発達検査を受けます。そして18歳4か月に最後の発達検査を受け、この結果が将来的な数値(区分)として確定します。最後の判定は更生相談所になります。

怪獣1号2号とも、2000年2月生まれのため、18歳4か月である2018年6月が最終判定となります。

最初の判定こそ同日に行ったのですが、諸々の事情で判定時期が少しずつずれて、気づいたら2人の更新手続きは何故か1年単位でずれていました。そのため、毎年交互に児童相談所に行くような状況になっていました。ところが、最後は年数に関係なく年齢で区切られたため最後になって同時ということです。

とはいえ、2人の程度が全く異なるため、当然、検査内容や時間も異なります。(発達検査の種類も異なるはずです。)そのため、同じ6月中とは言えども、2人の検査日時は別にしてもらいました。怪獣1号は本日、怪獣2号は月末です。

手帳更新のための発達検査の場合、検査結果(正確なIQ)は教えてもらえないため、正誤状況などはわかりません。ただ、子供だけで検査を行った後、親からの生活面の聞き取りなどが行われるのですが、その時の話では、「全体としてバランスよくできていた」ということでした。

自閉症の子は、得手不得手の差が大きい場合も多く、検査の種類によっては、怪獣1号もバラツキが出やすいものもあります。ただ、前回再判定の発達検査後にも同じようにバランスの良さは指摘されていました。前回詳しく説明していただいた内容からすると、

・典型的な自閉症の思考回路ではない
・通常の思考回路で正解に辿り着こうとしているが知的面の弱さで答えに辿り着かない

ということだそうです。要は通常発達の方の思考を右回り、自閉症の方の思考を左回りとすると、怪獣1号の場合、少なからず自閉症はありつつ、基本的に右ルートなものの、その少し手前で止まって正答に辿り着かないということが多いそうです。正解かどうか、という見方とは別に、どちらのルートで考えているか、そのルートでどこまで進めるか、という点をみていくのが本筋のようです。怪獣1号には「じっくり考える時間を与えてください」と。前回は中3の半ばにこのこの検査を受けたこともあり、高校進路については本当に悩みました。既に卒業しましたが、結果として、高校は本人の適正に合っていたのかな、と思っています。

今回も同様な意見をいただきました。
怪獣1号は、親がレールを敷いてしまえばその通りできるのはわかっています。
しかし、普通の同年齢の方より考える力が少し弱いのも明らかです。
だからこそ、「自分で考え判断する力」を身につけていけるよう、その結果「自立」できるよう、親や周囲の「ヒントの与え方」がポイントなのかな、と改めて感じたところです。

これからも、彼のペースなりに1つずつ一歩ずつ進んで行って欲しいです。

更新後の免許受け取りって…

今更ながら知ったことPart2。

今日、県収入証紙の購入で「交通安全協会」に行った際、免許更新の方とスタッフとの会話がヒートアップしていて丸聞こえだった。

その内容は、更新後の免許の受け取りについて。
丸聞こえな内容は、

・受け取りに来る場合は1ヶ月後
・郵送の場合は2週間だが書留で送るので1000円かかる

というもの。
これ、本当?
まあ嘘ではないのだろう…とその時には思ったものの、念のためググってみたら本当だった。
しかし、1ヶ月後に受け取りに来る方がどのぐらいいるのだろうか?これでは、実質上郵送しか選べない方も多いだろう。いや、郵送にさせるための業としか思えない。郵送の場合に書留になるのは、免許という重要物上仕方ないとしても、何故1000円もかかるのか?いや、寧ろどうしたら1000円もかかるのか?手数料?人件費?どう考えても高すぎるでしょ?

更新手数料自体も根拠不明だが、この郵送方式も郵送代も意味不明。

そんなに時間も費用もかかるなら、私なら二俣川(運転免許センター)まで行こうかと思ってしまう。
免許更新ハガキが来ている身としては、マジメに耳を傾けてしまう出来事だった。

より以前の記事一覧

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30