羽田空港へ飛行機撮影

20190915_001458847_ios 20190915_002704484_ios 20190914_230522132_ios
20190915_002911957_ios 20190915_000624722_ios

朝早々に目が覚めて、眠い~のですが、夫の飛行機撮影に付いていきました。

土曜日が丸1日仕事なところに、昨日はかなりドタバタしていて、22時以降記憶がなく。
夜中にふと目が覚めた時には、リビングでテレビも電気も点けたまま、手帳も広げたまま、携帯も広げたまま…
それから布団に移動して、爆睡したからか、眠いのにふと目が覚め、そのままフラッと。

今日は羽田空港第2ターミナルへ行ったのですが、連休中日なのに人だらけ。
駐車場も第1から第3まで満車、第4併設の別棟のみ空いている状態。(ここも帰りには満車手前の大渋滞。)

朝は南側(海側)は雲だらけでやっと太陽が見える程度でしたが、時間と共に雲がなくなり、久々に太陽が光の環と共に拝めました。

夫は超望遠レンズで場所を移動しながら飛行機撮影していましたが、私はiPhone8plusで撮影する程度です。
私にはこれで充分。

先週日曜に逗子・江の島へ行った時に、今季初めて海を見て「夏!」を感じたと思ったのに、今日の空はすっかり「秋」。

世の中は気づいたら「中秋の名月」も過ぎ、9月も半ば。最高気温も30度を下回る日も出てきて、本格的に秋の到来ですね。

最近、土曜日ヘトヘトの割には、日曜早朝の軽いドライブが日課になっているような気がするような?(笑)

本日のお気に入り画像は、3枚目の「東京スカイツリーと飛行機」です。

交通マヒ…台風15号

一昨日9/8日曜は近隣の電車は22時頃から運休になり始め、昨日9/9月曜の明け方に台風15号は逗子から千葉にかけて過ぎ去りました。

結論としては、
・夫は徒歩で透析へ⇒出社(予定が体調不良で帰宅)
・怪獣1号は電車が混乱していたため有給休暇
・怪獣2号は車なので通所
・怪獣3号は休校…朝7時で暴風警報が出ていたため横浜市立学校は休校
となりました。

東京神奈川の各社の電車は8時~8時半頃に動き始めましたが、SNS等で見る限り、駅で入場規制や乗れないなど、混乱している様子がたくさん書き込まれていました。その影響か幹線道路はじめ至るところで道路も渋滞しているという情報があり。怪獣1号と2号の動きは最後まで迷いまいした。
状況判断が少なからず弱い怪獣1号をこの混乱の中1時間かけて行かせるにはもう少し待たないと厳しいそうなので、職場と相談し、有給休暇を充てる事にしました。怪獣2号は着替えて行く気満々だったので、それでもネットで渋滞情報を確認しながら現地時間ギリギリ着見込みで出たのですが、予想以上の渋滞。同じ施設に1年半、臨時も含めれば10年以上使っている施設ですが、こんなに渋滞し時間がかかったのは初めてでした。

東横線に並行して走る綱島街道は上り下りとも大渋滞し、そのに繋がる各道路も(そこに入れないための)渋滞になり、結果的に、駅方面と、大通りに出る道が軒並み全滅でした。行きはそれでも半分渋滞を抜ければ裏道なのでどうにかなりましたが、戻りはナビに従って住宅街の中を横切るような道を抜けて家まで辿り着きました。

夕方の迎えの時には全て解消されていました。

今思えば、綱島街道に限れば、東北の大震災の後や、事故で東横線が止まった時も、このような大渋滞なり駅での混乱がありました。
通勤や通学はその時の状況判断しかありませんが、「不要不急の外出は控える」しかないですね。

しかし「現地情報はニュースよりSNSの方が早い!」というのも凄いですね…。

私の夏休み?逗子江の島散策

先に書いた通り9/6金曜に弟の四十九日法要が終わり、昨日9/7土曜は丸1日仕事で、葬儀後以来の山場1週間からやっと解放された。
久々に朝から夫とドライブ。逗子で朝食をとり、逗子海岸を眺め、江の島へ移動し、散策してきた。(横浜は当初10時から雨予報だったのでその前に帰宅…ということで。)

よく考えたら、今季初めて海を見た!

もう9月だし今日1日とはいえ、やっと私に「夏休み」が来たような気がした。海を見たり花火を見たりすると「夏休み」と思える私は単純すぎ?(笑)

ただ、7月下旬から張り詰めていたものが、やっと、少しずつ解放され始めたような気がする。

今更ながらの余談だが、江の島・片瀬江ノ島(小田急線)・江ノ島(江ノ電)・湘南江の島(湘南モノレール)など、何故カタカナ表記と平仮名表記があるのだろう?

画像1枚め:なぎさ珈琲店からの逗子海岸
画像2枚め:なぎさ珈琲店のモーニングセット
画像3枚め:江の島北側から江の島大橋
画像4枚め:江の島南側から三浦半島方面
台風が近づいているからか、晴天だったり雲が多かったり、ちょっとした場所や時間の違いで空が変化していました。


四十九日法要と納骨式

昨日、亡き弟の納骨式と四十九日法要が無事終わりました。


東京は久々の30度越えでしたが、途中曇が出たり晴れたり風があったりと、どうにか凌げました。


私は結婚直前に(祖父母への報告で)来て以来でしたが、意外と道や風景は覚えていて、サクッと辿り着きました。以前より道や緑が整備されているのか、綺麗な感じすらしました。


やはり自分より1つ下の弟が先に亡くなり、お墓に入るという現実は、言葉に表すことのできないものがあります。その反面、病気と闘う姿・苦しむ姿を見てきた身としては(最期は急変だったとは言え)痛みから解放されて良かったのかな、と思うことにしています。


終了後、久々に妹とゆっくり話しましたが、弟は私の前では最期まで「姉ちゃん!」と頼っていたけれど、妹の前では逆に「兄ちゃん」で居たかったのか?と感じました。それが弟らしいね、と。。。


昨晩、私がお世話になっている福祉・心理の関係者から、
「きょうだいは去る時に『自分』を見つめ直すキッカケを置いていってくれるのではないか。」
「墓石の前に立った時、悲しみと一緒に、何か未来へのキーを託されるかもしれない。」
と言われました。今はまだモヤっとしていますが、弟の死が何を伝えたかったのか、これから数ヶ月、1年、数年…どのぐらいかかるかわかりませんが、考えて向き合っていきたいと思っています。


両親の都合でまだ手続きの終わっていない現実と、私の性格で「グリーフ」ができていません。今までの諸々の事情から、自分で泣くことをギリギリまで我慢して、泣くことに蓋をしてしまっているようです。その「泣かない状況」を、夫の入院先や自分が入院した際に、医療チーム看護チームスタッフから心配され続けてきました。今回「泣くことの必要性」を感じながら最近やっと少しずつ泣くことが出てきました。ゆっくり時間をかけて向き合っていきたいと思います。


長くなりましたが、今の気持ちを備忘録的に書かせていただきました。


画像は霊園最寄の日暮里駅(東京都台東区)からのスカイツリーです。


20190906_005725659_ios

フェスティバルの練習と衣装

…と1つ前に書いていながら、やることは山積みです…

16日のフェスティバルを前に、練習が毎週になっていることも体力消耗の1つかもしれません。
実は、心身的に家ではほとんど弾くことができません。
弾くこと=弟とのヤマハ通いを思い出してしまうのもあります。
その代わり、毎週月曜の2時間半練習の時に全力投球している感じです。
グループ仲間といる時はしっかり弾けるのが不思議です。
私はアンサンブル大好き!と実感しますし、その時だけは全てを忘れられるのかもしれません。

さて、本番まであと1週半となり、衣装を用意しなければなりません。

私の分は、既に案を提示していたので、フェアを待って(笑)昨晩ネット注文しました。
問題は怪獣3号の分です。
本人からは「こんな感じ」と画像を見せてもらっているものの、検索してもそれが出てこない。はて?
ネット注文しても数日内には到着するので、リハーサルに間に合わなくても本番には間に合うのですけどね…。

心と身体の疲れで、弾きたいと弾けないが格闘するのもいつまで続くのか…。

怪獣2号の第七感?

施設通所の怪獣2号(重度知的障がい)、1人通所ができないので、火曜日の朝は隔週でガイドボランティアさんと出かけて行きます。
(正確には行く・帰る「だけ」ならできるのですが、イレギュラーがあった時に1人で対応ができない…です。)

先週火曜日、事故で9時半頃東横線が一時止まりました。
私は実家行きの日だったので情報収集する間がなく、菊名~横浜間が止まっていることしか気づいていませんでした。

今朝、同行してくださるガイドボランティアさんから聞いて知ったのですが、実はちょうど2人が最寄駅に着いた時、事故直後で東横線がホームに停車して発車できずにいたそうです。それを見て、怪獣2号はパタッと動かなくなったそうです。いつもより静かに様子をうかがっている感じ。菊名止まりながら発車することになってからも暫く様子を見ていたと。そしてボランティアさんに促されて電車に乗り、施設最寄駅で降りてからはいつも通りに戻ったそうです。

そのボランティアさんとの通所時の交通エラーは初めてだったので、その方も怪獣2号のそのような様子は初めて見たと。
視覚情報は強いのですが、アナウンスを聞いて理解はしていないと思われるので、電光掲示板を見て単語を繋いで解釈したのか、周囲の様子を見て何かを察したのか、第七感が発動したのか?

予定外の事が起きると、通常は声が出たり、落ち着かなくなったりするタイプですが、今回は、真逆だったようです。
…というか、公共の場でのイレギュラーは意外と落ち着いている気がします。

第七感か視覚情報かはわかりませんが、察して動く力がついてきたのなら嬉しい限りです。

朝からふむふむ…と思ったので、備忘録的に。

9月になりました

20190827_053202345_ios 20190827_053333166_ios

お盆明けから仕事復帰し、26日から三男の中学校が始まり、たまにUPしているとはいえ、日にち曜日感覚が鈍いまま2週間経過。

そして気づいたら今日から9月!

だから昨日8/31は某アイスクリーム屋さんが31%オフだったのか、と、今更気づきました(笑)

実家通いは週1になりました。いや、現実的に無理やり週1にしました。

でも行くと必ず予定が増えています。

未だに、ほぼ毎日、実家からメールか電話が来ます。弟の手続き関係が進まない(両親では進められない)のもあるので仕方ないとはいえ、自宅に居ても何か落ち着きません。本来10日後の四十九日および埋葬は都合で5日後ですが、それが過ぎたら少しは落ち着くのでしょうか?
…と思いたかったのですが、私が両親の代行で出向いて行う手続き等は、四十九日すぎまで一旦止めているので、まだまだですね。

こうなったら気長にやるしかないですね…。

9月は三男の前期末試験に始まり、弟の四十九日法要、三男と私はヤマハのフェスティバル練習・リハーサル・本番、三男の部活の外部発表…あとは何だっけ?と続きます。私自身は、心身ともこの1か月の疲れがジワジワ出ているので、維持なり回復なりさせたいところです。
食欲は一応あるのですが、普通量では多くて胃腸がダウンするのが難しいところです。とはいえ、元々水分摂取量が少なめで脱水になりやすいので気を付けなければならず…。やることは減らせないので、疲労回復系のドリンクか錠剤かサプリで補充しようかしら?

画像は8/27火曜に行った、亡き弟の職場建物からの景色。(職場荷物の確認と引き取りに行ってきました。)

経路開拓大作成?

毎週のように、日吉の自宅と、相模原の実家を往復していますが、どうしても国道16号線に渋滞ポイントが何か所か…。

そしてもう1つ気になることが「どのルートが最短距離なのか?」ということ。

直線で行く道がないため、少なからず右回りか左回りか…それに平行する道が数本ずつ…と、私の勘とナビのおかげで「新しい道」を開拓してきました。多少混んでいても国道の方が動き出したら速かったり、住宅街の中のような道は信号多いし平均速度も遅いけれど混まない分淡々と走っていたら速かったり、よくわからないです。

今日は開拓した道を組み合わせて、「距離的には最短ではないか?」と思われる道で移動してみました。
…といいながら、スタート時とゴール時の距離を見ていないので、最短かわかりません(-_-;)
しかも帰りは、街灯少ない住宅街を走ることになり、「ここ曲がるの?」とナビと格闘(-_-;)

今日はいつもコースの1/3は占める国道16号をほとんど通りませんでした。往復とも何故か渋滞がひどくて。
それでも往路1時間25分、復路1時間20分だったので、まあ悪くはない数値かと。

道のバリエーションが増え、点と点が繋がり、運転する際に「他の道もある!」と思うと気分がかなり楽になってきました。

…それでも運転が「好きではない」私には片道30㎞の運転は私には疲れる…

初の月命日

20190825_052951948_ios

本日は弟の月命日。亡くなってからちょうど1か月経ちました。
そして葬儀から4週間経ちました。

今朝3時36分に目が覚めました。
亡くなった翌日以降、実家から電話のあった朝5時半に目が覚める日が続いていたのですが、こんな時間に目が覚めたのは初めてです。
諸々の状況から朝3時~4時頃に息を引き取っていたとみられるので、もしかしら「この時間だよ!」と弟が起こしてきたのかな?霊感はないのですが、1か月前も含め「ふと目が覚めた時に…」という経験が多々あるもので…。

今日で三男の夏休み終了。
この夏は本当に弟のことだけで終わった…。
ただ私の実家通いもそろそろ週1で済みそうです。いや、息子の学校も始まり、仕事も復帰したので、週1より減らしたいところです。

画像は、慶応大学日吉キャンパスの銀杏並木より。本日午後撮影。

今週から仕事復帰

弟が亡くなってから(週2とは言えども)仕事休んでいました。

葬儀はともかく、その後の手続き等で私が親の代わりに出向くことが多すぎて、予定未定状態でした。
さらに我家も(障がい児がいたり)そう簡単に空けられる状況でないので、仕事の日=家を空けられる日という感じで、仕事の代わりに出向くことも多く。とは言え、レッスンを担当しているので代講含め他のスタッフに迷惑をかけているのも事実なので、私なりに悩み、お盆休み明けから復帰することにしました。

21水曜は、初日からイベントあり、書類配布あり、カリキュラムミーティングあり。
浦島太郎状態なのに、やることだらけで、ペース疲れかの如く…。

翌22木曜は、休んでいた間のレッスン準備やレポート作成で、半日無休で職場でした。

そして、今日24土曜からレッスン再開。(今は土曜のみレッスン持っています。)
朝から1時間✖2コマ連続、昼食休憩後、1時間半✖2コマ連続なので、元々週1といえども1日5時間レッスンやることでヘロヘロなのですが、今日は終わってからの疲労感が半端なかったです。

まだ勘が戻っていないところはありますし、でも前期で終了するクラスもあるので、あと4週、しっかりこなしていきたいと思っています。

仕事できるのも、念願のプログラミング教育に関われる事も、生きているからできること。
正直イマの(まだ後処理の続いている)状況では色々大変ですが←昨晩も実家から戻ってから予習したら26時でした、生きているから~ってことでなんとかなるでしょう。

----------

しかも後期(10月)から担当レッスンが一部変更し、増えることになりました。
事務かミーティングだけだった水曜に1.5時間(新)、土曜は1時間(同)+1.5時間(新)の2コマ連続、昼休憩後1時間半✖2コマ連続(同じ)。
トータルすると2コースから3コースに増えトータル5クラス7時間、レッスン時間は今までより2時間増えることになります。

通常は1レッスン1時間、プログラミングクラスだけ1.5時間なので、
「通常1レッスン+プログラミング低学年用2レッスン+高学年用2レッスン」
通常が1レッスン減る代わりに、低学年用プログラミング2クラス分増えます。
1.5時間を週に4コマ持つ先生はパートでは(代講などの臨時を除けば)いないです。

さて、益々多忙になる私。これからどうしましょう!?

より以前の記事一覧

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30