同じ曲を3演奏パターンで

ピアノをグループレッスンで習っていたので、ピアノ曲であっても、ソロだけでなく、連弾やピアノ2台で弾くこともある。

今回、ソロと連弾で弾いてきた曲を、エレクトーンで弾くことにした。

エレクトーンレッスンで弾くソロ曲は、基本的に、自分のレベルを考えつつ自分で弾きたい曲を決めるスタイルになっている。

1月~4月は、ジブリに関わる曲を弾いていた。次は久々にクラッシックを!と探していたら、ピアノで弾いたことのある曲があったので、今回選んでみた。

ピアノソロと連弾では、編曲上そう違いはない。むしろ連弾の方が手が4本ある分、音が増え、曲の幅が広がる。

元々、エレクトーンになると、編曲の際にどうしても変わってしまう。
演奏のレベルによって曲の長さが変わることは多々ある。フージョンやバンドの曲だとソロの部分がカットされることは多々。

ピアノ曲がエレクトーンに編曲される場合、ピアノ右手メロディーはそのまま右手で、左手の伴奏部分が左手とベースになることが多い。
今回の曲も、簡単に言えばそのパターンになっているが、音が色々カットされている。
連弾でもソロでもピアノで弾いていたので、そのままの感覚で16分音符で右手を弾こうとしたら違っていたり、単純にカットされていたり…

ただ、エレクトーンだと、ピアノと違い、リズムが入り、音色がどんどん変化する。
音の並びだけでなく、レジストの変化も含めて捉えると、同じ曲でもこんなに変わるんだ、という点でそれはそれで面白い。

ちなみに今弾いているのは、シューベルトの軍隊行進曲です。さて、ちゃんと練習しますか♪

BluetoothマウスにHDMIケーブルに

私が使っているPC、最近は、親機なASUSノート(A3サイズ)より、専らsurfacePro。

4月以降、仕事で持ち運ぶことが増えたことも大きい。
タブレットとしても使えることや、小スペースで使えるのが何より助かる。

唯一の?難点がUSBポートが1つ、ミニディプレスポート1つ、しかないこと。

仕事上、surfaceのディスプレイを別モニタに出力することが出てきたり、USB(メモリスティック)が必要だったり、(Bluetoothでも使えるが)基本USBで使う別ケーブルが必要だったり…

ポート追加用のハブでも良いのだが、そもそもコードは最低限にしたいのもあり、今回、
・HDMI凸←→ミニディスプレイポートのコード(HDMI凸←→凸・HDMI凸←→USBコードは持っている)
・Bluetoothマウス

を今月続けて購入した。まだ色々お試し中だが、USBポートを空けておくのが何かと一番便利かな、という結論になり。

今まで無線マウス使っていたが、Bluetoothマウス、意外と使いやすい。勝手ながらもう少し反応遅いかと思っていた。

さて、次の購入は、surfaceのケースか?

令和の表記に慣れない5月中ば

元号が変わってから2週間を超えました。

皆さんは「令和」に慣れましたか?

私は正直なところ慣れません。元号が変わると決まってから、西暦で表記するものも増えたように思います。

この4月に入学した怪獣3号の中学校の入学時提出書類は、西暦と和暦が混在していました。まあちょうど新元号が発表される前でしたから、仕方ないというか当然というか…

職場の書類も、西暦と和暦、どちら記入かわからないものもあります。逆に平成と書いてあるものは二重線引いて令和と直して使っています。どうしても違和感のあるものは「令和1年」と書かれたものです。「令和元年」ではないのか?と素朴な疑問です。

まあ元号が変わって、お祭りムードもありますが、2019年には変わりないので、書類だけ暫く違和感が続くのかな?と思っています。

今日は母の日!

今まで「母の日」に特に何か起きた記憶のない我が家。

最近はカレンダーに書いてあるわけでもないし、元々日曜は夫が夕飯作ってくれることも多いので、正直自宅では気にしていませんでした。

とはいえ、私にも親はいるので、実母と義母には、気持ちばかりの品は送りました。

いざ外に出れば、カーネーションはじめ、スーパーではパーティーかの如くお惣菜系が沢山。

夕飯終わりまで家の中では、母の日の「は」の字も出てきませんでしたが…

その後になり、よくわからないBGMの歌と共に三男が現れ、プレゼントをくれました。

まあ素直すぎて、プレゼントに至るまでのカラクリはわかりました。ただ、仕掛け人(夫)がいたとはいえ、所用で夫婦不在の時間を使って買物に出ていたり、彼らなりにバレないように行動していたようです。

その「気持ち」が嬉しいですね!
ありがとう!
怪獣ども&仕掛け人な夫(^^)

*子供達に言われて気づいたのですが、今のカレンダーは「父の日」「母の日」という記載が無いのですね。常識として覚えておいてね…と伝えました。これで父の日は自主的に動くかな?

ちょっとだけガーデニング

4f7db1735c7f42bbb55455cd0fcab855

我家は庭はないのですが、少しだけガーデニングしています。

玄関周りに少なからずスペースがあるので、プランターを使って、です。

春先に木製のプランター2つ分だけ白い花と緑を植えていたのですが、物足りなかったので、今回は「色味」と「木」を増やしました。
…といってもちょこちょこ手入れする程の手間ヒマはかけたくないので、1年草は避け、初心者に育てやすいものを選びました。

50cmぐらいの「木」とそれ用に丸型の深めのもの、「花」3株用に細長いプラスチック製のプランター、そして石と土も購入。
(今まで木製のプランターを使っていましたが、雨で木が腐って、1番古いものが崩壊しました。現在あと2つは使っていますがタイミング見て植え替えが必要かもしれません。)

買ったのは5/4金曜でしたが、帰宅早々夕立になってしまい、植え替えは5/5昼間に。
残っていた古い土と新しく購入した土を混ぜつつ植え、従来の2つのプランターの土も(支障がない程度に)新しい土を混ぜました。

さて、ちゃんと根付いてくれるかな?

(花と木の種類は忘れたので後日補足で。)

「令和」始まる

令和元年5月1日

ついに令和初日を迎えました。

静かに厳かに始まった平成のスタートを経験し、感謝とお祝いムードで迎えた令和を経験すると、こういう改元も良いのかな…と思います。

昭和は、生まれてから勉強や遊びや音楽ばかり好き放題やってきました。
平成は、高等教育に就職に結婚に出産に育児にとにかくフル稼働してきました。
令和は、地に足を着けこれまでを振り返り様々な経験を総括していきたいですね。

昭和とは違いすぎる平成の終わり方

平成が残りわずか(これを書いている時点であと27時間)となり、テレビも連日「平成を振り返る」ようなものが続いていますね。

特に4月に入り、新元号が発表されたあたりから、カウントダウンの如くご公務の様子が度々放映されています。
これを目にする度に、80代な天皇皇后ご夫婦にとって公務が多すぎるのではないか?と益々感じるようになりました。
体力勝負な世界だなぁ…と。

今回の天皇陛下の退位は、言うならば「現役引退」で、日付も事前に決まっているので、直接面識のない私でも「お疲れさまでした」的な感覚になりますし、少なくとも報道されている範囲では、私のみならず全体としてそういう雰囲気が感じらます。
その様子を見ていると、今回のような引退方法もありなのかな、と個人的には賛成です。
事前に決まっている方が、お役所的な事も(今回のような新元号を事前発表するなど)時間的余裕がありますし、感謝を伝えたいなり一目見たいという方々もいるでしょうし、まあ突然変わるよりは心構えもできますし、少なくとも日常生活においてデメリットはないのかな、と思っています。明日は最後のお言葉があるようですし、アイドルなりスポーツ選手なりの「現役引退」「引退会見」みたいな感覚です。
私は直接お会いしたことも接点もありませんが、年齢的な事も含め、ただただ「お疲れさまでした」「ごゆっくりしてください」という感じですね。親が定年退職したときの感覚が一番近いかもしれませんね。

----------

体調を崩されて、いつ崩御されても不思議がないような報道の中、「亡くなる」という形で天皇が交代する状態だった昭和から平成。
私は当時学生(年齢がバレるので何年生かは秘密)で1/7は冬休み最終日。
この日は冬休み最終日で塾だったので朝早くから家を出ていて、崩御されたことは着いてから知りました。

新元号「平成」の発表はテレビで見たような記憶があります。(当時の小渕官房長官が額を掲げる図は記憶にあります。)
元号が代わることだけは明らかなので、塾帰りに(当時和暦表示でしたので)昭和最後の日の切符を買いました。昭和64年1月7日。
そして次の日、平成最初の日の切符も買いました。平成元年1月8日。元年という表示はないから01年だったのでしょうね。多分…。

※買ったことは覚えているのに、それがどこにあるかが思い出せないのです。今度真面目に探してみようかな?ちなみに今の切符等は和暦でなく西暦表示です。※

私が子供ながらに一番覚えていることは、塾に行く朝は普通だった駅構内が、天皇の崩御が流れた後に駅構内のポスター類が全て外されコンクリート壁むき出しのような超殺風景な状態になっていたことです。塾の授業が終わって最寄駅に戻ってきて「この駅のうす暗さは何???」と辺りをキョロキョロしたこと、駅は実は照明やポスターだらけなんだ!ということに気づいた瞬間でもありました。今時のような小学生でもスマホを持つ時代だったら、その駅構内の景色を速攻で撮影していたでしょうね。きっと駅が廃業でもしない限り見ない二度と見る事のない景色だと思っています。

----------

新元号の発表の時には「お祭りムード」になっていた日本。
平成最後の4/30、令和最初の5/1、どんな感じになるのでしょう?
日本も最近は何でもイベントになるので、年末年始のカウントダウンの如くお祝いムードになるのかな?と想像しています。
さて、どうなることやら…。

夜のドライブ@東京タワー

20190427_124917694_ios 20190427_125201800_ios

昨晩ですが、私が仕事で疲れていたからか、夫が夜のドライブに連れ出してくれました。

今回は「海ほたる」経由「東京タワー」です。
東京タワーを見てホッとするのは日本人ならではなのでしょうか?

季節柄か、東京タワーの下に「鯉のぼり」がたくさんいました。
鯉のぼりもライトアップされていました。ピンク・青・緑…と色が変化していました。

以前も思ったのですが、東京タワー周辺は外国人観光客とタクシーが多いですね。

運転手には申し訳ないと思いつつ、疲れ切っていた私は、帰りほとんど寝ていました…。

早朝ドライブ@赤レンガ倉庫

退院早々、赤レンガ倉庫へ早朝ドライブへ。

急遽退院で体力はイマイチのはずなのですが、夫にとっては、運転は、別腹ならぬ別体力なのでしょうか?

赤レンガ倉庫はお花でいっぱいでした。

20190420_223301540_ios 20190420_223124218_ios

予定よりかなり早い退院

退院まで術後1週間が目安だった夫ですが、何故か、術後3日で退院となりました。

早すぎてこちらが???状態です。

術後の状態が落ち着いているのは事実です。
ただ、ここまで早いと「大学病院のベッド数が足りないので追い出されたのではないか?」と思ってしまうほどです。

無事退院できるのはありがたいのですが、術後、病院内を歩くなど、体力を回復する間もなく退院となり、夫自身はちょっと大変そうです。

より以前の記事一覧

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31