夜のドライブ@東京タワー

20190427_124917694_ios 20190427_125201800_ios

昨晩ですが、私が仕事で疲れていたからか、夫が夜のドライブに連れ出してくれました。

今回は「海ほたる」経由「東京タワー」です。
東京タワーを見てホッとするのは日本人ならではなのでしょうか?

季節柄か、東京タワーの下に「鯉のぼり」がたくさんいました。
鯉のぼりもライトアップされていました。ピンク・青・緑…と色が変化していました。

以前も思ったのですが、東京タワー周辺は外国人観光客とタクシーが多いですね。

運転手には申し訳ないと思いつつ、疲れ切っていた私は、帰りほとんど寝ていました…。

早朝ドライブ@赤レンガ倉庫

退院早々、赤レンガ倉庫へ早朝ドライブへ。

急遽退院で体力はイマイチのはずなのですが、夫にとっては、運転は、別腹ならぬ別体力なのでしょうか?

赤レンガ倉庫はお花でいっぱいでした。

20190420_223301540_ios 20190420_223124218_ios

面会に行くと燃費が上がる

夫の面会に行くと、うちから大学病院まで約25km、通常1時間から1時間半かかります。
(時間帯でかなり変わります。)

今回は、結果的に比較的渋滞を避けて移動することができたのもあり、車の燃費だけは順調に上がりました。
大学病院往復は、昨夏の緊急入院以来でしたが、面会の度に、煽る車が減っている気がします。
私と同じように、燃費走行の如く、スピードの上げ方下げ方が似た車が前後にいると走りやすいですね。

…ということで、今回、車で2往復、約100㎞の運転で、燃費が以下のようになりました。
一般道でも走り方次第で上がるものですね。ビックリ。

4/16自宅出発21.2km/L→自宅帰宅21.8km/L
4/19自宅出発21.8km/L→病院到着22.0km/L→自宅帰宅22.4km/L

横浜に雪!

F524cb51019748e09906b1a3fa082a99

今日2/9の横浜、最高気温2度、最低気温1度。

天気予報通り雪が降りました!

当初は明け方から夜6時ごろまで降る予報でしたが、気温が高めだったのか、低気圧が弱かったのか、予想ほどは降らず。薄っすら積もる程度でした。

今日は仕事(スクール)でしたので、昨晩は、予定通りレッスンできるか、生徒達は来ることができるか心配していたものの…
いざ今日になったら心配は全く不要。幸い交通機関や運転に影響のない程度で済みました。

子供達は雪が積もらず残念がり、親達は無事通えてホッと一息のような。

画像は仕事帰り18時ごろ撮影。
街灯で見える雪の降る様子、玄関前のプランターと自転車の雪を。

寒くて寒くて、帰宅して速攻でお風呂入りました。

彩雲

B455873cae3046a992817b8266cf444c

2/3日曜の14時ごろ、自宅前から撮影。
太陽の光で、雲が虹色になっています。
初めて見た美しく不思議な光景に、速攻で撮影しました。
iPhone8でこれだけ綺麗に撮影できることにもビックリ。
調べたところ「彩雲」でした。

彩雲の意味としては、
・吉兆の前触れ
・縁起の良い現象
・転換期が来る前触れ
などあるそうです。

吉兆が現れることに期待‼︎

Instagramを見る限り、同日何枚も同様の画像を見ました。
皆さんの地域はわかりませんが、広い範囲で見られたのかしら?

恒例の初詣〜鶴岡八幡宮

我家必須の「鶴岡八幡宮」へ初詣。

1/4だから落ち着いているだろう…という予測は見事に外れ、満員御礼な混み具合。
途中ロープで入場制限していた程。
さすが鎌倉、さすが鶴岡八幡宮!
昼頃着いた私達は、まだマシな方だったように思います。
帰る頃には規制も人の波も拡大していましたからね。

参拝の後は、これまたお決まりな「いも吉館」でソフトクリーム「あじさい」を。
紫芋と抹茶のミックスです。

帰りは、江ノ電を端から端まで、鎌倉から藤沢まで乗り、光る海や江ノ島を眺めていました。
幸い先頭席に座れました。

天気はとても良く、快晴で、暖かく、お散歩日和でした。

9a3d36999a2645dbb13e2b2a33660185


今日は11月10日

気づいたら11月の1/3が過ぎていました。
早かったのか遅かったのか、よくわからない感覚です。

この10日の内訳。
時間数はともあれ仕事9日。
寝倒して(正確には寝落ちして)エレクトーンレッスン行って1日。

10/30から時が止まっているような気がします。

ふと気づくと、世間はハロウィンが終わり、クリスマスモード。
(そもそもいつの間に、ハロウィンの翌日からクリスマスモードに切り替わるようになったのか?)

木々をよく見ると、紅葉が始まっていたことに今更気づきました。
10日間、毎日外に出ているのに、景色を見る余裕もなかったのでしょうか?

今思えば、昨年の今頃は、毎日、自宅最寄りの東横線日吉駅前の慶應大学日吉キャンパスの銀杏並木を見ていました。
通勤が電車だったから、というのが大きいのかもしれません。
今年は、毎日車かチャリ移動が基本なので、日吉駅に行かない事も大きいかもしれません。

今日は土曜なので、仕事でセンター北(横浜市都筑区)にいます。
昼休みなので休憩室から外を眺めてみると、街路樹の色、緑と黄色や赤が混ざっています。

ここには毎週土曜に来ているのに、色の移り変わりすら気づいていませんでした。
いや、見ていたはずなのに、目に入っていたはずなのに、脳で理解せず通り過ぎていたのでしょうね。

三男の小学校最後の学習発表会まであと1週間。
私のエレクトーン発表会まであと2週間。

今月は気づいたら過ぎ去っているのかもしれません。

その反面、毎日1日1日を大切に、着実に過ごそうとしている自分もいます。

今、私の置かれている環境の下、毎日後悔なく、精一杯過ごしたいと思います。
自分の心と身体と時間とお金と、様々なことはあるけれど深く考えず、普通に過ごすのが1番良いのかな?

9月の実家フォロー1回め

8月下旬に「8月の実家&弟フォロー2回め」の予定でしたが、夫が入院してしまったため、実家フォローどころでは無くなり、その時間は大学病院への面会時間に充てざるを得なくなりました。

そのため、既に3日前ですが、仕事休みな水曜日である9/19、この時以来、1ヶ月半ぶりに、相模原市内の実家へ行ってきました。

当初のスケジュールよりは遅くなりましたが、5月初めからずっと入院(6月に約1週間一時退院)していた弟が9/6に退院しました。舌癌の首リンパ節転移の摘出と抗がん剤治療、それによる嚥下障害が続き、結果的に4ヶ月の入院でした。まだ水分は「とろみ」をつけないと摂れないそうですが、食事そのものはほぼ普通になったそうです。実際、一見普通に過ごしていましたが、まだ声が出しにくいことと、体が疲れやすいようでした。1〜2ヶ月自宅療養の予定とのことです。

父は白内障は様子見らしく、モノが二重に見える症状は落ち着いているようです。ただ、肝心なALSの方は進行していました。手の力、特に指の力が入らなくなり、立ち上がる時や移動時に、身体を支えきれなくなっています。指を丸めて手の甲や手首で支えている感じです。目と身体の影響で、動くことが減り、余計に足腰は使わなくなる…という悪循環。難しいです。

弟が退院した分、父も母も弟も、気分的には落ち着いているように見えました。
久々に自宅でマイペースで過ごせる弟は勿論、弟が自宅にいることで父と母も落ち着いて見えました。
全てがタクシー移動だった父は、弟の車で連れて行ってもらうこともあるようです。

体調については、父は益々進行し、弟もまだまだですが、精神的に落ち着いて実家自体が少し明るく感じたのが幸いでした。

父は介護サービスをどの程度増やしていくのか、弟は再発転移しないことを祈りつつ今は仕事をできる体調に戻すことが課題なのかな。

今後どの程度の実家フォローが必要なのかは考え中です。
ただ「最後はお姉ちゃん(=私)頼み」な実家なので、ある程度定期的に顔を出して、私の経験と知識をフル稼働して、フォローしていきたいと思っています。

今まで、夫の緊急搬送入院中に、父が同じく緊急搬送入院したことがありました。
今回、弟の入院と父の進行と夫の緊急搬送入院が重なり、私は、身体の数は通り越して「心がいくつあっても足りない!」とシミジミ思いました。
これだけ重なり「平常心って何?」「状況を伝える人と範囲は?」とよく考えました。

海と珊瑚礁と

B03067b945554c42869e843345f39a5b
580454b818524ddea7074d0991f33e78

Cdaacdd069fb49d198ef67241b4ced44

この日以来、約4ヶ月ぶりに来ました。

珊瑚礁モアナマカイ店。
景色も食べ物も大好きな場所。

何かあると夫と2人でココに来ているような気がします。

1ヶ月以上ぶりに、夫婦2人で出かけたような気がします。
そして、1ヶ月ぶりに、真っ当な食事を摂ったような気がします。
さらに、夫の海外出張・緊急搬送・入院で、8月11日から時が止まったような感覚でしたが、やっと時間が流れ始めた気がします。

美味しいカレー(今日は浜トンカレー)と、シーフードサラダと、海と、江ノ島と。
今日は波が高く、サーファーもいました。

4年8ヶ月だけど鎌倉住民だった私にとって、鎌倉は観光地半分、元生活圏半分。
それでも、このお店、珊瑚礁は、私にとって大好きな特別な場所の1つです。


三男の小学校修学旅行終了

14769921049b45c89d71617883506d8b 0e64a989af244d2aab92c19ad8634221

我家の三男、昨日、小学校の修学旅行(正確には宿泊体験学習)の日光から帰宅しました。
移動はクラスごと1台で観光バスです。(三男は3組なので3号車。)

9/9日曜出発の2泊3日で9/11火曜夕方帰宅でしたので、本日9/12水曜は代休でした。

帰宅した際、私は夕方から仕事で本人に会えなかったのですが、仕事から帰宅したらいつもは早寝(21時台)な三男が、私の帰宅22時まで起きていてくれました。ムギューしてあげたら、サクッと寝ていました(笑)。

その代わり、仕事休みな今日、朝から、日光での2泊3日の様子を色々聞かせてくれました。
全てが楽しかったようで、1から10まで時系列で色々話してくれました。
1時間以上話していたような気がします。

内容を凄く簡略すると…
・1日め:竹細工体験・キャンプファイヤー・ナイトウォーク
・2日め:戦場ヶ原散策・龍頭の滝・華厳の滝・日光彫体験
・3日め:日光東照宮・お土産購入

一番楽しかったのは、三男本人が係として参加した、1日め夜に行われた「キャンプファイヤー」だったようです。
寸劇仕立ての進行に、先生方のセリフはアドリブ満載で、ノリノリで終わったようです。

現地の天気が心配でしたが、幸い、雨は2日めの戦場ヶ原散策の午後以降だけで済んだようです。ただ、本人の想定より涼しかったようです。

他にも、修学旅行あるある話(部屋でトランプやUNOで遊んだ…という平穏な事から、夜に女子の部屋に行こうとした人がいた…とか、懐中電灯で遊んでいて没収された人がいた…とかとか)や、雨が降っているのに外の露天風呂に行ったなど、聞いていて「オイオイ…」と思う話も多々ありました。

お土産はお小遣い3000円以内で、事前に計画を立てていたのですが、計画を私に一切見せず、こちらが不安でした。(単に事前に知られたくなかったようです。)ただ、多少変更しつつ、祖父宅や祖母宅のお菓子や家族全員分の小物、頼まれたお土産含め、しっかり買ってきました。おつり120円。あまりの使い道の良さに私がビックリしました。

いつまでも子供だと思っているのは私の方で、本人はしっかり小学6年生なのだな、と実感してしまったほどです。

海外出張から含め、父親不在4週間のまま修学旅行に突入し、本人の精神面に少なからず影響がないか不安でした。しかし、帰宅したら私に甘え、現地では精一杯楽しみ、キャンプファイヤと班長の仕事どちらもきちんとこなし、現地の様子を実況中継の如く話し続ける三男を見ていて、私の方が本当にホッとしました。クラスで一番仲の良い子が直前まで体調不安だったようで、その子と一緒に参加できたことを一番喜んでいて、三男らしいな、とつくづく感じました。

画像は今回3日間お世話になった観光バスと、お土産一式です。

より以前の記事一覧

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31