【本】NICU命の授業…読了

以前ココに書いた、神奈川県立こども医療センターの豊島先生が書かれた『NICU命の授業』。

感情移入なり、当時を思い出しすぎて、なかなか読み進まず…やっと読み終わりました。
読み始めの頃の話は『ココ』

読み終えての感想。

①NICU卒業と同時に、NICUでは『当たり前だった』ことが、普通の世界では『当たり前で無くなった』こと。
②障害がありつつ生きる子供たちのイマを一緒に懸命に生きよう!と『現実を受容』できるようになったのは
 実は双子が二十歳になった最近かもしれないと感じたこと。
③これら含め、当時から今までの経験を改めて振り返り、ひたすら走っていた日々に改めて気づかされたこと。

----------

自分が住む地域には双子ちゃんは意外といたのですが、逆に、NICUで過ごした赤ちゃんは全くいませんでした。
しかも4か月も早く生まれ、(早生まれになったため)学年が上がり、かつ2人とも軽度重度なりに知的障害と自閉症がある2人。
発達障害が今ほど広く知られていなかったこともあり、こだわりやじっとするのが苦手なことが理解されない。
母の私にとって「双子を連れて外を歩くこと=謝り続けること」。
2人の程度が異なるために、特別支援学級と特別支援学校に分けて通学することになったこと。
そして2人分の送迎が必要になったこと…

書き出したら泣きだして書ききれません。

----------

タイトルは『NICU命の授業』ですが、私にとっては、半年お世話になったNICU生活そのもの、そして、その後今までの生活、それらを総括させていただけるような貴重な本でした。

偶然ながら、夫が一時期お世話になった大学病院と、双子がNICUでお世話になった大学病院が同じであったため、夫が入院時は(子供たちの外来フォローは終わっていたのもあり)NICUに寄り、主治医の先生と話をさせていただいていました。20年経っても、私にとって『NICU』は『スタートライン』であり『初心に返る場所』なのです。

8月のウォーキング記録

弟の一周忌からウォーキングを始めたことは以前に書きましたが、この1か月の備忘録を。

最初は週1のつもりでしたが、いつの間にか週2、週末土日になっているこの頃です。
そして、いつの間にか5km歩くことが苦にならなくなりました。
今は、土曜は朝6~7時(誰かが仕事や部活等で出かけるため…)に家から東側の川沿いコース、日曜は夕方に歩くのが基本スタイルです。
(単純に土日連日は早起きができないともいう…)

7月25日 土曜 3.18km 0:40:22 12:42分/km

8月03日 月曜 3.20km 0:33:40 10:30分/km
8月09日 日曜 3.75km 0:39:03 10:24分/km
8月15日 土曜 5.24km 0:55:13 10:31分/km
8月16日 日曜 5.58km 0:55:45 09:50分/km
8月22日 土曜 5.21km 0:53:27 10:15分/km
8月23日 日曜 4.42km 0:45:33 10:18分/km
8月29日 土曜 5.60km 1:01:19 10:56分/km
8月30日 日曜 5.76km 1:02:12 10:47分/km

土曜は基本コースは同じで、歩きやすさ(車の量や信号の有無)を考え、毎回少しずつアレンジを加えています。
そのため、スマホのアプリで距離時間計測しているものの、距離は景色でわかるようになってきました。
また、川沿いを歩くため、ウォーキング・ランニング・犬の散歩等の方が多く、暗黙のルールの中歩くので、歩きやすいです。
暫くは基本コース+アレンジの予定です。

日曜はイマのところ都度ルートを変えています。スタート時間が遅くなって陽が沈むと川沿いは暗すぎて怖いですから…。
今はまだ「これ!」というルートがありません。

元々歩くのが遅く、日頃のペースは初回の12~13分/kmなので、当面はその日の体調で10~11分/kmで歩ければ充分かな、と思っています。

残暑の中での活動再開…

この夏の学校は、春の長期休校の影響で、横浜市立小中学校の夏休みは2週間。
土日祭日除く平日は9日のみ。

家族もお盆前の連休8月8日から16日が夏休み状態。

この暑さとコロナ禍で、どこに出かけることもなく、正月以来ぐらいの超久々に家族5人で1度外食したのみ。

家族全員17日から活動再開。

…とはいえ、毎日最高気温が35度状態で、冷房必須な日々。
私も含め、皆、汗だくで帰宅します。

職場や施設は冷房完備ながらの換気ですが、怪獣3号の学校はどうなっているのでしょう?

コロナも怖いですが、コロナより熱中症患者の方が多いこの頃。
手洗いうがい、そして水分補給のみならず塩分補給も必須。

例年以上に大変な夏です…

生きる時間があと〇日とわかっていたら?

人は生まれた時から終わりへのカウントダウンは始まっている。
ただ、それがどのぐらいかは人によって様々であり、誰もわからない。

漠然と考えると「平均寿命」がある意味目安になるのかもしれない。
ただ、それはあくまで平均値であって、生まれてすぐ天使になる方から、長寿と言われるほど長生きされる方もいる。
更に言えば、天使の状態で生まれてくる命もある。

最近ある本にもなっていたが…

「生きる時間があと〇日とわかっていたら、自分は何をするだろうか?」

7月に入ってから、ふとした時に考えている自分がいる。

実弟が亡くなってからもうすぐ1年になる。だからだろうか?

実弟の1周忌までカウントダウン。
自分へのモヤモヤが少しでも解消するような日々を送りたいと思う。

心模様を探ること

今まで、私自身が「心身不調」(注)で寝込んだり、家事育児ができなくなったり、仕事を休んだりしたことはあるのですが…
最近身近な方が「心の不調」で仕事を休んでいます。
最近身近な方が「大きな決断」の波の中にいます。

(注)心が不調な時…と書きたかったのですが、心が不調な時は必ず身体も不調になっているのでこのような言葉で…

私自身の心が不調になり、動けなくなった後、「実は私も…(実際に休むなり経験談なり)」と聞くことは少なからず経験してきたのですが、何故か今までは自分が1番に倒れることが続いており、身近なところで先に倒れた方が出たのは初めてです。

他にも「予備軍」に見える方が身近に数名います。

私自身余裕があるつもりはないのですが…
周りが見える=私自身は少なからず心に余裕がある、と良い方に捉えるようにしています。
そして、今まであまり自分から話すタイプでなかった方が凄い勢いで話す姿を見て「余程溜まっていたのだろうか?」「何がこの人を変えさせてしまったのだろう?」と冷静に分析している自分がいます。

今は聞く側に徹し、話の中から「トリガー探し」「それを取り除く(軽減させる)方法」を探っています。
そして、私が発することで、相手にとって、「新しい気づき」「取り急ぎできること」が見つかればいいな、と思いながら。

顔を見ながら話すことは大切であり大事なことだな、と思うこの頃です。

2020年後半戦スタート

今日は7月1日。
なんと2020年下半期のスタートです。

2019年の年末に体調を崩し、復活したかと思いきやインフルエンザに罹り、それが復活したかと思いきや世の中は新型コロナウイルス…

気づいたら半年終わっていた…という状況です。

そもそもこの半年の半分3か月も休校だったり、テレワークにになったり、緊急事態宣言なるものが出たり、イレギュラーという言葉では語り尽くせないことが多すぎました…我家に限らず世の中全体として。

私自身の心身は、大波小波ありつつ収束しつつある状態です。
梅雨や低気圧の影響もあるのか日による波が大きい気がします。

「自分自身」を優先して生活しているので、普通に生活する分にはほぼ影響はなくなりました。
ただ「常に何かある!」のが我家なので、それに耐えうるにはもう一息です。

誕生日のブログにも書きましたが、今は、毎日少しでも、柔軟体操したり、本を読んだり、自分の考えをまとめる時間を取っています。

そして最近は、職場の人間観察、子どもたちの言動や発達、先生方の心の葛藤を観察し、その原因や対策を考えてみることが趣味になりつつあります。0歳から6歳の園児でも、ベテランから新人含め先生方でも、良かれ悪しかれ何か起こったときに、偶然か必然か、トリガーは何なのか、などなど。ただこれは、私が週3・1日3時間勤務だからできることかもしれません。毎日8時間だったら客観的に見る余裕がないかと…。

1人の時間

この3か月、在宅勤務・休校・施設休止など、家族の在宅時間が増え、私が家で1人!という状態はゼロでした。
(自分の仕事の時が唯一家族から離れ1人でいる時間の如く?)

今週に入り、週数回ですが、遂に!午前中だけ私1人になる時間が…

ようやく私にも少しだけ「元の生活」が戻ってきたようです。

誰がいるから何が困る…というほどのことはなかったのですが、単純に「完全1人きりの時間が再開した」という気楽さです。

私自身、熱中症になりかけたり、普通に買物に出るだけで人の多さに圧倒されてパニック障害が発症しかけたり、色々起きています。
暑さ・人の多さ・コロナとの共存も含め、復活した1人の時間は暫く心の回復・休憩に使いたいと思っています。

コロナ不安との共存

新型コロナで様々なことがストップしていましたが、6月に入り、我家や我家周囲でも少しずつ動き出しました。元に戻り始めています。

様子を見ながらの戻り途中なので仕方ないのですが、様々なことがイレギュラーで、逆に把握しきれずにいます。
また、自粛疲れなのか、感じ方の違いなのか、人によっても感覚や行動がかなり異なるように感じ、それが更に私の心を疲れさせています。

私は「何が何でも感染してはならぬ」と潜在的に強く思っているようで、未だに不要不急どころか、日常の買物も必要最低限しか行かれません。
正直、人混みが怖いのです。人が少ないところと定期的に行く決まった場所(職場や施設)は大丈夫なのですが、不特定多数がいる場所では、今までからすれば「普通の人混み」でも「パニック症状」になりかけます。だから必要以上に家から出られないのです。

家に居ても、6月に入り、またピアノやエレクトーンが弾けなくなりました。通常のやるべきことはやっていても、趣味をしている場合なのか?的な感覚が占めてしまうのです。

コロナ鬱…となるのかわかりませんが、心の病の一種のようです。

だからといってその原因であるコロナは消えない、共存していくしかないのですから、そのためにどうすればよいか?
仕事を休めば軽減する…ような以前の鬱とは違い、原因が無くならない分、今回は難しいところです。

今はただ、身体も心もできるだけゆっくりして、共存できる状態にもっていくことなのかな、と思って過ごしています。

熱中症?

一昨日は、怠いは・食欲がないは・胃も腸も調子がイマイチ…で。
昨日は、身体は怠いは・ふらつくは・暑いは・でも熱はないは・気づいたら昼間ほとんど寝ていて・食欲がないは・水分も摂取していないような?(1日でコップ3杯しか飲んだ記憶がない。)

こんな状態で2日間、3時間ずつといえども仕事に行き。

今日は予定なしなので、首元をずっと冷やしながらのんびり過ごしていました。
今日はなんとか普通に食べる事はできています。水分はいつも以上に摂取。

勝手ながら、暑さに身体が慣れてないだけ or 熱中症だったと思っています。
私のここ3か月の居場所となったリビングの温度が28度超え、湿度も80%近くあったのですが、リビングにいるのは基本私1人なので、空調は使っていませんでした。
(在宅勤務の夫含め、家族それぞれは自分の部屋の空調を付け、各部屋25度程度にしています。夫に至っては23度?)

2日間、仕事の時(の方が気が張っているのもあると思いますが)や、他の部屋に出入りしている時の方が調子良かったので、ふと思い立って、昨晩氷枕を使って寝ました。これでだいぶ復活したので、今日は1日首を冷やしていました。まだ多少怠さなりふらつき感なり残っていますが、ひたすら巣ごもり生活の如くのんびりしていたのもあり、久々に昼寝せず夜まで来ました。
現在19時でリビングは28度71%ですが、昨日の体調に比べれば充分落ち着いています。

しっかり水分補給してもう1日ゆっくりします。

毎年、何回か熱中症みたいな症状になりますね。
私が1人の時は冷房を極力つけないから&意識しないと水分を摂取しないからだと思いますが…。

登校再開=巣ごもりくん卒業

怪獣3号くんが3か月の休校期間を経て、6/1から登校再開したことは先のブログに書きましたが…

実は他のところに、この怪獣3号くんの休校中の様子を書いていました。
以前このブログにも書いていますが、「巣ごもりくん(3さい)」は「休校中家に籠っている怪獣3号くん」のことです。
そのため、「登校再開=巣ごもり生活のおわり」をもって、そのページの更新もおわりにしました。

最後に「まとめ」として書いたものをそのままここに転記します。

----------

新型コロナウイルス感染症による休校措置。巣ごもりくん属する横浜市立学校は3/3火曜から5/31日曜までの90日間となりました。1年で一番長い休みである夏休みすら1か月のところ、結果としてその3倍の90日という長い休みとなりました。そして緊急事態宣言が解除されて1週間、長い休校生活が終わり、6/1月曜から分散ながら登校が開始されました。

この巣ごもり生活修了に伴って、「巣ごもりくん日記」も修了させていただきます。

当時中1の巣ごもりくんにとっては、長期休みの嬉しさと、中3卒業生のためのイベントが全て中止になってしまうことへの淋しさ(サークル先輩に挨拶ができない等)で複雑な気持ちのように見えました。そんな様子を見ながら、3月後半から「巣ごもりくん日記」を書き始めました。「つぶやき」機能を使ったのは、毎日書くには140字ぐらいがちょうど良いと判断したからです。結果的に毎日はアップできず数日まとめてアップした事もありましたし、少し遡った事を単発でアップした事もありました。ただ毎日その日にあった事を自分の手帳を見ながら書いていたことは事実です。

3月末か4月初めから、テレビが感染症の話題ばかりになり、罹患者が動画をアップするようになりました。その影響で、巣ごもりくんも一時期いわゆる「コロナ鬱」「コロナ不安」な状況に陥りました。家から一歩も出られない日が続きました。私にペッタリして甘えることが増えました。それを話してくれるだけホッとしましたが、1人抱え込んでいたら…と思うと私が辛いです。
特に動画は、時に啓蒙になりますが、時に不安を増大させます。メディアやSNSの難しさを感じます。

ただ4月半ばからは随分落ち着きを取り戻し、暫く弾けなかった趣味のピアノも弾き始め、「巣ごもりくん(3さい)」という甘えん坊でちゃっかりものなキャラクターを持ちながら、時に13歳に戻る、彼なりのオンオフができてきました。

この3か月、不思議なぐらい生活パターンは崩れませんでした。今までも長期休暇だからといって崩れたことはありませんが、3か月という長い期間でも崩れることなく過ごせたことは感心しています。そして、1日1個お手伝いをすることを当たり前のように取り組んでくれたことに嬉しさと頼もしさと成長を感じています。この期間、父親も在宅勤務でしたので、巣ごもりくんが父親と話す機会も相当増えました。家族とのコミュニケーション、5人家族における家事の大変さ、心の保ち方など、この休校期間だからこそ得られるものを少しでも享受できていたら嬉しいです。

1年前、私が実家事情で不在がちで、我家の生活が巣ごもりくん任せになることが続きました。どうしようもないといえども、そのフォローが大変気になっていました。今回の長期在宅時間で、その分の穴埋めが少しでもできていたら幸いです。

今回「終了」ではなく「修了」と書きました。緊急事態宣言が解除されても、学校が再開されても、第2波第3波含め、まだ新型ウイルスが消えたわけではありません。これから共存していかなければなりません。
またいつ休校になるかわからない状況ですが、少なくとも今回のような「長期休校」は「修了」して欲しいという願いを込めてこの字を使いました。

巣ごもりくん本人もこの文章の存在は知っているものの読んでいません。いつか読んで欲しいと思っています。

新型コロナウイルスは生活を一変させました。私達の意識や心にも影響を与えました。これからの生活がどのように進んで行くのか、まだ始まったばかりであり、手探り状態です。皆さまに平穏な日々が少しでも早く訪れることを願って、「巣ごもり日記」を修了したいと思います。

より以前の記事一覧

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30