ブログを移動します

長らく「ココログブログ」を使ってきましたが、今回、「livedoorブログ」へ移行することにしました。

3月のリニューアル後から細かいところで不便な事が多くなってきまして、変更することにしました。

…とはいっても、ココログの状態で移行してしまうため、ページ内リンクや絵文字等、約2600記事をチェックする必要があります。
サイドにあったウェブページが移行しないので、その対応も考え中です。

そのため、当面こちらは更新しないなりに残します。
完全移行する際には再度UPします

新しいブログ先:http://manbo0616.livedoor.blog/

iCloudでのバックアップ(備忘録)

人のiPhone設定ばかり見ていたら、最近、自分のiPhoneのバックアップを全く取っていないことに気づきました。

今まで定期的にiTunesでバックアップ取っていたのですが、都合で(いま日常で使っているsurfaceでなく)前のPCでしか取れないため、もっと手軽な方法を…ということで、取り急ぎ、iCloudでバックアップを取ろう…ということに。
(ちなみに画像データは定期的にoneDriveに飛ばしています。)

----------

設定>iCloud>iCloudバックアップ>iCloudバックアップをONにする>バックアップの作成

いざバックアップを取ろうとしたら無料ストレージ5Gでは足りない!と。
もちろん課金すれば容量は大きくなりますが私はそれをしたくない!

…ということで、バックアップに必要な容量とバックアップ取るものの取捨選択を。

----------

設定>名前>iCloud>ストレージを管理>バックアップ>端末を選択

すると、
・前回のバックアップ
・バックアップのサイズ
・次回作成時のサイズ
が表示されます。

その下に「バックアップするデータを選択」というのがあり、ここに項目とそれぞれの容量がでます。
ここで調整して5G以内にすればよいのです。

「フォトライブラリ」で25Gって…これだけで完全にアウト(-_-;)
次に大きかった「ファイル」も一旦外してみる。
ここで5G以内にしてから再度上記バックアップ開始。
これで一応完了。

ところで、この「ファイル」って何をさしているのだ???

----------

iCloudは応急処置的で、元々は音楽も画像も動画もiTunesで取捨選択して管理しているので、まずはPCでの管理方法を見直すのが先かな。

iPhoneのパス解除終了

私自身はiPhone8plusとiPodtouchを使っているのですが、亡くなった弟のApple製品の管理でこの1週間悪戦苦闘していました。

パスコードにパスワードがわからないと全くどうしようもないといいますか…。
パスは第三者がどうにかできないためにあるものとはいえ、身内にはホント大変でした。

これはPCも同じですね。
PINがわからなければPC自体使えないのですから…。

そもそもは弟がApple製品を複数持っていて、全てペアリングさせていたから、というのが大きな問題でした。

----------

設定>一番下にアクセス可能な端末が出てくる>ここから外す
PCからiCloudページでiPhoneのアカウント(AppleID)で入る⇒iPhoneを探すでペアリング解除したい端末を選ぶ⇒削除
(の後にもう1つ何かあったかもしれない…?)

----------

今回ペアリングを全て外して、iPhoneだけ単独で「遺品」として管理することにしました。

…ということで、最近、自分の端末管理の効率化を考えてしまいます。
それこそ銀行のカードや印鑑と同様に「身内だけがわかるところに」パスを記録して残しておくとか?

エクスポート機能が復活したが…

ココログが今年(2019年)3月後半にリニューアルしてから、暫く「エクスポート機能」が使えなかった。

エクスポート機能が使えない⇒バックアップが取れない…ということで、早い復活を望んでいたのだが、6月初めに復活していたらしい。

今更気づいたので、今日早速バックアップを取ろうとした。
しかし、ここで問題。
エクスポートに記事数制限が発生。
(ココログの「お知らせ」では「記事数」となっているが具体的な数字がないため、記事数なのか容量なのか正確には不明。)
以前は、容量制限や記事数制限がなかったため、ブログの最初の投稿(2005年1月)から直前までの分を一気にエクスポートできた。
(ブログを年単位で本にしている時だけは年月指定をしていた。)
今回は、記載の少ない初期こそ3年分ぐらい一気にエクスポートできたが、その後1年単位でも取れないなり…。
※ココログの「お知らせ」には月単位を推奨している。

記事数が多い場合は「エクスポートの予約」が必要とのこと。

…ということで、今回、2005年1月から2010年3月まで「エクスポートの予約」をしてみた。しかし可能になるまで数分から数日かかるという。
しかもエクスポート後は1週間次のエクスポートができないと書かれている。
はて?

Facebookの追悼アカウントに思う

Facebookの設定機能の中に「追悼アカウントの設定」というものがある。

実は弟が亡くなった後に偶然知った。

要は、亡くなった後のこのアカウントの管理人となり、管理するも削除するもその方に任せるというものである。
この管理人に指定された方が、「本人が亡くなった証明」を送ることで、本人のアカウントは「追悼アカウント」という扱いになる。そしてその管理者が指定された方に移行する。
当然そう簡単に申請できるわけはなく、亡くなったことを証明する画像を送信し、それから半日ぐらいして承認された。
(本来何で証明するのが妥当かわからなかったので、私は「弟の戸籍謄本」の本人部分だけを写メして送った。死亡日時が書かれているから。)

この手続きが終わった今、亡き弟のアカウントは「○○さんを追悼」と書かれている。

ちなみに最初から「亡くなったらアカウントを削除する」という設定もできる。これは誰かが亡くなったことを知らせた時点で、ということらしい。(これも誰かが「本人が亡くなった証明」を送付して認められる。)

このシステムがいつから存在したのかはわからない。
ただ、老若男女問わずSNSを使う時代、こういう仕組みも必要なのかもしれない。
実際、亡くなった方のサイトがそのままずっと放置されているのはどうなのだろう?と思う時もある。

私の周辺でこのシステムを知っている方がいなかったので、実際どの程度の方がご存知なのか全くわからない。
ただ、この設定は「本人が」ログインした状態でできること。
第三者が削除等できたら「乗っ取り」なので、本人が管理者を指定すること自体は良いのだが、今回のように当初設定をせず突然亡くなった場合、他の手段があるのだろうか?

ネット社会な現在、友人関係は住所より電話、電話よりSNS。
実際亡くなって2か月経った最近になり、弟の学生時代の友達から連絡があり、対応をしている。
本人のSNSアカウントに対して「遺産」という表現は正しくないのかもしれないが、情報という産物に対して付けるなら、これも一種の「遺産」なのかもしれない、と思うこの頃である。

携帯1台の重み

実家で亡き弟のパソコン等デジタル機器を見ていて気付いたこと。

今のご時世、一番の形見でもあり、残されて大変なものは、デジタル機器かもしれない。

パソコンに携帯に、パスワードがわからないと何もできないのに、その中には情報だらけ。
電話やメールや画像管理は勿論、なんといってもSNSが一番の情報だったりする。
web対応で紙がないから、手続きやお金のやりとりの実績もわからない。

そしてパソコンよりも実態は携帯の方が動いているのである。
パソコンで仕事なり文書作成なりしていればまだしも、日常的なことは携帯の方が優位である。

人間関係もモノの動きも、全てが携帯1台に詰まっていると思うと、便利なようで、第三者からは不便というか…。

単純に弟がデジタル機器を持ちすぎているのも原因だと思われる。
稼働しているだけで、パソコンにタブレットに携帯に携帯プレーヤーに…(まだ続く)。

第三者がわからないようにパスをかけるのだから、これを遺族がどうにかしようとしても無茶というわけでして。

メリットとデメリット併せて「携帯1台の重み」を感じる昨日今日…。

テンプレートを変更しました

このブログのテンプレートですが、私が今まで使用していたものが提供終了になるとのことで、久々に変更してみました。

今まで「ピンク」がメインだったので、今回は緑を基調にしてみました。
(記憶が正しければ、この「ピンク」の前は、同じ柄の緑でした。)

気まぐれでまた変えているかもしれませんが、とりあえずこれで。

20190910

今週から仕事復帰

弟が亡くなってから(週2とは言えども)仕事休んでいました。

葬儀はともかく、その後の手続き等で私が親の代わりに出向くことが多すぎて、予定未定状態でした。
さらに我家も(障がい児がいたり)そう簡単に空けられる状況でないので、仕事の日=家を空けられる日という感じで、仕事の代わりに出向くことも多く。とは言え、レッスンを担当しているので代講含め他のスタッフに迷惑をかけているのも事実なので、私なりに悩み、お盆休み明けから復帰することにしました。

21水曜は、初日からイベントあり、書類配布あり、カリキュラムミーティングあり。
浦島太郎状態なのに、やることだらけで、ペース疲れかの如く…。

翌22木曜は、休んでいた間のレッスン準備やレポート作成で、半日無休で職場でした。

そして、今日24土曜からレッスン再開。(今は土曜のみレッスン持っています。)
朝から1時間✖2コマ連続、昼食休憩後、1時間半✖2コマ連続なので、元々週1といえども1日5時間レッスンやることでヘロヘロなのですが、今日は終わってからの疲労感が半端なかったです。

まだ勘が戻っていないところはありますし、でも前期で終了するクラスもあるので、あと4週、しっかりこなしていきたいと思っています。

仕事できるのも、念願のプログラミング教育に関われる事も、生きているからできること。
正直イマの(まだ後処理の続いている)状況では色々大変ですが←昨晩も実家から戻ってから予習したら26時でした、生きているから~ってことでなんとかなるでしょう。

----------

しかも後期(10月)から担当レッスンが一部変更し、増えることになりました。
事務かミーティングだけだった水曜に1.5時間(新)、土曜は1時間(同)+1.5時間(新)の2コマ連続、昼休憩後1時間半✖2コマ連続(同じ)。
トータルすると2コースから3コースに増えトータル5クラス7時間、レッスン時間は今までより2時間増えることになります。

通常は1レッスン1時間、プログラミングクラスだけ1.5時間なので、
「通常1レッスン+プログラミング低学年用2レッスン+高学年用2レッスン」
通常が1レッスン減る代わりに、低学年用プログラミング2クラス分増えます。
1.5時間を週に4コマ持つ先生はパートでは(代講などの臨時を除けば)いないです。

さて、益々多忙になる私。これからどうしましょう!?

【備忘録】PC起動時にアプリを実行する

【備忘録】アプリをPC起動時に実行するには

→[スタートアップ] フォルダにアプリを追加する

----------

1.[スタート] ボタン(画面左下のWindowsロゴ)を選択
  →起動したいアプリを見つける

2.アプリを右クリック→ [その他] を選択
  → [ファイルの場所を開く] を選択
  →アプリのショートカットが保存されている場所が開く
  ※ [ファイルの場所を開く] がない場合はそのアプリは起動時に実行できない

3.キーボードで[Windowsロゴ][R]を同時に押す
  →[ファイル名を指定して実行]ウィンドウ
  →名前[shell:startup]入力→[OK]
  →[スタートアップ]フォルダが開く
  ※C:\Users\ユーザー名\AppData\Roaming\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs\Startup

4.ファイルの場所からアプリのショートカットをコピー
  →[スタートアップ]フォルダーに貼り付ける

BluetoothマウスにHDMIケーブルに

私が使っているPC、最近は、親機なASUSノート(A3サイズ)より、専らsurfacePro。

4月以降、仕事で持ち運ぶことが増えたことも大きい。
タブレットとしても使えることや、小スペースで使えるのが何より助かる。

唯一の?難点がUSBポートが1つ、ミニディプレスポート1つ、しかないこと。

仕事上、surfaceのディスプレイを別モニタに出力することが出てきたり、USB(メモリスティック)が必要だったり、(Bluetoothでも使えるが)基本USBで使う別ケーブルが必要だったり…

ポート追加用のハブでも良いのだが、そもそもコードは最低限にしたいのもあり、今回、
・HDMI凸←→ミニディスプレイポートのコード(HDMI凸←→凸・HDMI凸←→USBコードは持っている)
・Bluetoothマウス

を今月続けて購入した。まだ色々お試し中だが、USBポートを空けておくのが何かと一番便利かな、という結論になり。

今まで無線マウス使っていたが、Bluetoothマウス、意外と使いやすい。勝手ながらもう少し反応遅いかと思っていた。

さて、次の購入は、surfaceのケースか?

より以前の記事一覧

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31