台風接近…

台風13号が関東地方へ北上しています。

上陸は明日8/9明け方に房総半島のようですが、横浜も今朝から風が強く、18時以降暴風雨警戒のようです。

今日は、今から出かけ、19時帰宅です。
台風の影響で、今回は全て車移動です。
次男の通所施設送り→実家で父親フォロー→弟の入院先へ面会→次男の通所施設迎え。
通所施設往復12キロ+日吉→実家30キロ+大学病院往復6キロ+実家→通所施設35キロ+施設から帰宅6キロ。約90キロ走ります。

このルート、私の運転では10年ぶりや初コースもあります。
(夫の運転では通っているはずなのですが…)
朝イチでナビセットして、記憶を頼りに行ってきます。

相模原市内、迂回ルートが少ないので、渋滞したら全く読めなくなるのが難点かも。

抜けきらぬ熱中症?

日付が変わってしまいましたが…

予想通り、高温注意報が出たり、光化学スモッグ注意報が出たり、忙しい1日だった。

私は結局、鎮痛剤の効かない頭痛のまま次男送迎で2往復運転し、市営地下鉄で長男の職場へ行き、最後は仕事。

今日は頭痛とふらつき感がある程度で、気持ち悪いなどの症状は出なかった。
ただ、出かけ続けでゆっくり休む時間は取れず、寝落ちする時間もなく出かけていたので、最後職場に着いた時は頭がボーっとしていた。ただ、昨日よりは体調全般にマシだったので大丈夫!と言い聞かせ。

仕事自体はどうにかなったのだが、今日に限って、脚立上り下りのような作業(要は上に置いてある在庫を下す)をしたり、レジから一番遠い売り場で品出ししていて、レジ呼ばれたら小走り…など、昨日より体力勝負な1日。昨日より動き回った分は厳しかったが、今日は最初からスポーツドリンク持参で水分補給したので、どうにか現状維持で終わった。

慢性的に体力が弱っているのか、単なる寝不足なのか、すっきり治らないことが困る。
とはいえ、土曜も日曜も時間は止まってくれないので、身体を騙しながら乗り切るしかないのだろう。

まずは明日(既に今日)の準備をしなければ寝ることができないのが難点。
アイスまくら使って眠りますか…。

光化学スモッグ注意報も…

昨日の熱中症が抜け切らないのか、相変わらず3時間で目が覚めるからか、朝目覚めて意識がハッキリしてくると同時に頭痛が出てきた。正確には感じてきた…なのかもしれない。

ニュースによると、今日は、高温注意情報が出ている。
光化学スモッグ注意報が出るかも。
連日暑いので、慢性的に身体に溜まって熱中症になりやすい、と。
どちらにせよ、光化学スモッグ障害も熱中症も状態は似ているから難しい。

今日はこれから、次男の送迎の合間に長男フォローで職場へ。最後は仕事。
水分塩分補給して気をつけて出かけます!
しかし頭痛が悪化してきた…。

迷走台風

昨日、7/28土曜未明から29日曜未明にかけて、迷走台風に振り回される1日になりました。

東京に向けて北上し、西に進み三重県に上陸するという不思議な進路の台風。

横浜は28日に日付が変わったころから雨が降り出し、朝に一旦止み、午前中は雨が降ったり止んだり、午後から豪雨になりました。職場(スクール)では、朝からレッスンが通常通りあるかどうかの問合せに始まり、遠くから通っている方は午前のレッスンへの振替希望・自主お休み連絡など、朝から電話ラッシュでした。教室長もレッスンより早く来てくださり、社内メールや電話対応に。よくわからないけれど忙しい…という1日となりました。(結果的に全レッスン実施でした。)

夕方になり小康状態と豪雨という極端な降り方になり、一部のスタッフは勤務切り上げに。夕方の生徒数が激減したこともあり、私の勤務も30分切り上げになりました。確かに駅までの距離ですら豪雨で焦りましたが、いざ電車に乗ったら意外と空いていました。

ただ、私の場合、土曜日がダブル勤務でしたので、そのまま次の職場へ。
30分早く移動できた上、電車バスが時間通り動いていたので、移動は問題なく済みました。

21時が雨のピークと出ていたものの、いざ、仕事が終わって21時半前に外に出たら普通の雨でした。おかげで無事自宅に辿り着きました。

昨日は三男のヤマハも、13時まで通常、それ以降は休講になりました。

その後、夜中に再度大雨になり、今日29日の朝には警報注意報も完全に解除され、朝から晴れています。

東から西に進む台風そのものも不思議なものですが、久々に台風情報に錯綜される1日でした。だからというわけではないと思うのですが、今日は、疲れが出てすっかり休息モードです。もちろん洗濯物だけはしっかり干しましたけれどね。

大阪北部の地震…

朝7時58分に大阪北部を震源とする地震が発生しました。

朝、怪獣3号が登校し、ふぅ…とひと休憩しようとした矢先に、TVが一斉に地震速報になり…。

昨日2ヶ月ぶりに会った友達、今朝の飛行機で大阪に戻る予定なのは知っていたので、速攻でLINEしました。伊丹空港着陸直後に地震速報だったそうで、滑走路走行中の機内からの返信でした。
あと少し遅かったら着陸できず、上空待機だったかもしれなかったと思うと、着陸時間も連絡取れたのも、本当に恵まれていたのだと思います。

その後も適宜連絡とっていたのですが、交通網が完全にマヒしたため、陸の孤島となった伊丹空港から出ることもできず、結局6時間近く経ってリムジンバスが動いたそうです。伊丹空港から職場直行予定でしたが、それどころでなく自宅へ。結果的に帰宅難民にもならずホッとしました。

自宅も実家も震度6地域でしたので、私も自分の事のように心配でした。
どちらも人も建物も無事だったようで何よりです。

実は私にとって、身近な方のいる地域での大地震は初めてでした。本当に焦りました。
ただ、LINEもFacebookも使え、特に私の場合は地震直後に連絡取れたので、それだけが救いです。

東日本大震災の時、横浜は震度5弱と記憶しています。我家(当時マンション)は大丈夫でしたが、隣町の保育園は停電しました。ネットも唯一Twitterが使え、それで連絡をとったことも覚えています。それからすると、今回は通信手段は恵まれていたのかな、と思われます。ただ、通信の専門家ではないので詳細はわかりませんけれどね。

今回の地震で被害に遭われた方々をお見舞いすると共に、我家も非常時の対策などの見直しが必要かな、と思った1日でした。

季節外れの雪

20180321snow1 20180321snow2

今日は「春分の日」のはずなのですが、何故か昼前から雪が降ってきました。

天気予報では、横浜は雪にはならず雨で終わりそうでしたが、気温が予想より低くなったようです。ニュースによると、昼間1.7度だったようです。

おかげで、先のエレクトーンレッスンを車で行ってしまった私は、久々に雪の中を運転しました。外気温が0度を示していたので、雪になるのも無理はないといいますか。

幸い積もることはなく助かりました。

首都圏はちょっと雪が積もっただけで交通がマヒするので困ります。

しかし、桜の開花宣言や満開宣言が出た後に雪が降ることもあるのですね。
今日は本当に寒いです。冬に逆戻り。

雪は止みましたが…

おはようございます。
みなさま通勤通学は大丈夫でしたか?

我家の怪獣どもは、1匹が前日夜のうちに休校が決まり、残り2匹は通常通りです。

私は昨夕の2時間に続き、今朝も1時間雪かきをしました。
筋肉痛なのでしょうか、昨晩からの身体の痛みと怠さが…。今すぐ眠れそうで…。

マンション時代は、雪かきはほぼ記憶にありません。管理人がいるので当然といえば当然なのですが。
今は戸建かつ私道もあるので、玄関や駐車スペース前はもちろん、せめて私道ぐらいは自分たちでやらないと…という感覚です。

本日、11時からながら、私も仕事です。
休みの怪獣くんの昼食と、皆の夕食作り中。今日は少し早く家を出ないと間に合わないかな?

横浜も積雪

20180122snow1 20180122snow2

横浜でも昼前から雪になってきましたsnow
積雪量でいえば10-15㎝ぐらいと思われます。
テレビでも4年前の同様の…という言葉が聞かれましたが、確かに4年前の2月と同じ降雪パターンになってきたような気がします。
このままだと着々と積もりそうですshock

怪獣1号の高校は13時半下校train
怪獣2号の養護学校は通常の15時過ぎ下校でしたが路線バスが遅れ過ぎ3.5km往復に1時間半bus
怪獣3号の小学校だけは通常通りでした。徒歩圏だからでしょう。多分run

ちなみに、今日は私の職場の塾も全クラス休講です。
3年弱務めていますが、自然災害休校は初めてです。
生徒を帰宅させた後、私が台風に巻き込まれたことはありますけどねsweat01

4年前の教訓から、明るいうちに雪かきをしましたsnow
完全に暗くなる前にしないと大変ですからね。このままでは明日の朝が怖いですしweep

ちなみに、夫は4年前の2月の「週末2週連続の大雪騒動」に記憶がない!と言うのですbomb
最初は「はて?」と思いましたが、よく考えたら当たり前なのです。
その頃、夫は入院中で、でも動ける身体で、病院前の庭で「ミニ雪だるま」を作っていたぐらいですからsweat02。(証拠写真は夫のFacebookにUPされています。)
私は2週連続ご近所パパさん達と雪かきしていたのにー!!!

…ということで、2時間雪かきをしてからUPしていますpc

小林麻央さんのニュースより…

昨日はニュースを見ている時間があまりなかったので、その代わりとばかりに、今朝は朝からテレビ付けって放しで、小林麻央さんのニュース、海老蔵さんの会見を見ています。

昨日は出かけ続けていたため、私はこの事実をネットのニュースで知ったのですが、海老蔵さんの会見を見ると、事実もですが、本人だけでなく家族の想いも伝わってきますね。。。

本人も悔しいでしょうし、夫の海老蔵さん自身は勿論、これから状況を理解できていないであろう子供達を守っていくことも含め、夫としてのやるべきことをも想うと、私や私の家族に置き換えて考えてしまうところもあります。我家の場合は、旦那が倒れて緊急搬送あり、私自身も緊急入院した経験があるからかもしれませんが…。

私自身、1人の母親として、残された子供達の事を想うと、言葉が出てきません…。

一期一会
毎日を後悔せず精一杯生きること
当たり前の事に感謝して過ごしていくこと

朝から改めて考えています。

103万円の壁と106万円の壁

今回はちょっと真面目なお話。

…といってもいつも通り思ったままに書きますが。

今回はタイトルの通り『103万の壁』『106万の壁』について。

『103万の壁』は、以前から知られている通り『夫の扶養控除』『妻の所得税』の壁です。
妻の給与所得年収が103万以下であれば、夫が配偶者控除38万を受けられるということ。さらに、
 103万-給与所得控除65万-基礎控除38万=0
つまり、妻の給与所得が103万以内ならば
 「夫は配偶者控除38万を受けられる」「妻は所得税を払わなくてよい」
ということになります。

『106万の壁』は、2016年10月から施行される『社会保険』の壁です。
以前は妻の給与所得年収が130万以下ならば夫の扶養に入り、『社会保険料』(健康保険・厚生年金)を払わなくて済んでいました。これが2016年10月から106万以下に変更になりました。つまり、106万を超えたら『社会保険料』は妻が自分の職場の健保に入り、負担することになります。

103万を超えると…
103万は「夫の配偶者控除」「妻の所得税」のラインですので、まず、夫の扶養控除がなくなります。しかし、これは「配偶者控除」から「配偶者特別控除」に代わり、収入141万までであれば、夫は3~38万の控除を受けることができます。(妻の収入に応じて段階的に変わるものです。)
妻は当然ながら収入に応じた所得税を払うことになりますが、103万が104万になったところで103万を下回るような事態にはなりません。
そのため『103万の壁は気にする必要がない』ということになります。

ただし、夫の職場から扶養に関する「何かしらの手当」が出ている場合、103万を超えると出なくなる会社もあるようですので、そこは調べた方が良いでしょう。我家の場合は、職場からの手当類は一切出ていないので影響はゼロに等しいです。

106万を超えると…
2016年10月から制度が変わり、以下の条件を満たす場合、妻が自分で社会保険料を負担することになりました。
 ①週の労働時間が20時間以上
 ②月収8.8万円以上(年収106万円以上)
 ③勤続年数が1年以上見込まれること
 ④勤務先の従業員数が501名以上
 (学生でないことという条件もありますがここでは妻について考えているので省略)
該当するかどうかは職場に確認した方が確実です。

私の場合、①③④を満たしているため、②について確認したところ、「3か月連続月収が8.8万円を超えた場合、その翌々月から社会保険料を負担」との回答でした。つまり、7・8・9月と3か月連続収入8.8万円を超えた場合、その翌々月である11月から加入対象となるそうです。そして、3か月連続月収が8.8万円を下回った場合、脱退となるとの回答でした。(3か月連続8.8万円を下回ることがなければ、加入は継続できるとのことでした。)

健康保険・厚生年金・雇用保険・40歳以上の場合は介護保険も徴収されるため、収入がギリギリ超えている場合はマイナスになる可能性があります。ただし、将来的にどの程度維持されるかはわかりませんが、自分で厚生年金に入るということは、将来の年金も多少なりとも上積みされることになります。(夫の扶養である第3号でいる限り基礎年金のみとなります。)雇用保険にも入るわけですから、働けなくなった時の保障も出ます。目先の金額は減る可能性があっても、そのあたりをどう考えるか…かと思います。
いくら以上の収入があればマイナスにならないのか、などは個々の状況や会社によっても異なってきますので、計算する必要があるかと思います。
なお、②ですが、8.8万円ラインは「時間外手当を除いた金額」で計算しますが、保険料を決める際には、手当や交通費も含んで計算されるとのことです。そのため、正確な金額が知りたい方は、もっと詳しく書かれているサイトで調べるか(金額によって段階がかわるような一覧表の掲載されているサイトもあります)、職場に直接確認した方が良いかと思われます。

ニュースのレベルでは、現在、103万の壁である「配偶者控除の見直し」も言われていますし、106万の壁も今後条件が緩和されて加入者が増える方向になるようです。現在の収入や労働時間を見直すことだけでなく、ここ半年~1年は、これらの動向を見ていかなければならないかな、と思っています。

今回、何故、真面目に書いてみたか、ですが、私自身が『103万の壁』の前に『106万の壁』(というより正確には月収8.8万円の壁)がやってきてしまい、職場にあれこれ聞くことになったからです。

より以前の記事一覧

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31