発表会が続きます♪

怪獣3号、7月末にピアノ発表会(ピアノソロ演奏)を控え、練習に追われているのですが、続けて9月半ばにエレクトーンフェスティバル(エレクトーンによるグループ演奏)にも出るそうで、いま、グループレッスンも個人レッスンも発表会練習です。

更に来年3月にグループ発表会(エレクトーンによるグループ演奏)があるので、小3から発表会が年3回ペースで続いています。

中学生になったので1つぐらい減るかな?と思いきや、本人達は全て出る気満々。

(正確には3月の発表会がどうなるか先生からの話はないのですが、本人は出るつもりでいます。)

私自身も、中1の4月までグループレッスンと個人レッスンを併用していたので、発表会は年に2~3回出ており、何も言えません。。。

まずは7月末の発表会に向けて…なのですが、実は部活の大会がその前日で、いま、どちらも休めません。週末の方が部活とレッスン綱渡りで忙しくしています。

更に言えば、9月中ばのエレクトーンフェスティバル、私も参加することになりそうです。

(今回は怪獣3号クラスの助っ人ではなく、私自身が通っているエレクトーンコースのグループ3名で参加予定になりまして…。)

とはいえ、急に決まったので、本当に出演ならば私自身が真面目に練習しないと間に合わないのです。昨年11月の発表会(ソロとアンサンブルで2曲出演)以来、久々にプレッシャーを感じています(-_-;)

初の三者面談

今日、中1になった怪獣3号の「三者面談」がありました。
小学校までは担任と保護者の二者面談だったので、生徒も参加する三者面談は今回が初めてです。

そもそも、面談希望日時提出時に「二者面談」だと思い込んで、いざ面談時間が決定してから「三者面談」だと知った状態。

怪獣3号の予定なぞ1つも聞かずに決めてしまってごめんよ…でも部活だよね…と思いつつ。

朝は緊張している様子もあったものの、いざ面談が始まったら、怪獣3号があまりにリラックスしていてこちらが拍子抜けしました。

多分、日頃から担任の先生とこんな感じで話しているのだろうな…みたいな雰囲気で。

挙句には面談の終わりに「もう終わり?」と聞く始末。。。

正直、中間テスト結果は超平均的な結果で、生活態度も、学級での様子も、部活での様子も、特別凄いこともないけれど問題もなく。

全てがそれなりに順調といいますか、中の上ぐらいな状況なので、先生も「コメントなし」「この調子で」という感じなのです。

実は諸々あって、入学式前に校長面談をしていた私としては、中学校生活が順調なことにホッとしたところです。

唯一驚いたのが、中間テスト結果が、単なる点数ではなく、各教科分野別(国語なら読み/書き/聞き取りなど)に平均と本人の成績の分析がされている表を渡されたことです。教科ごとに三角形なり五角形なりのグラフになっていました。

生活パターン落ち着く3号くん

4月から中学生になった怪獣3号の生活パターンがやっと落ち着いてきたようにみえます。

平日は…
部活終わって18時すぎ帰宅
→翌日の教科書準備
→弁当箱を洗う
→通信教育
→ピアノの練習
→夕飯

私が夕方家にいる時は、基本リビングにいるので、帰宅後の様子はよくわかります。

帰宅すると一旦3階の自分の部屋へ行き、暫くすると弁当箱を洗い始めます。
洗わないと翌日の弁当は作らない!という、怪獣1号の時からのルールを適用しています。
最近は洗い直しもほぼなくなり、だいぶ慣れてきたように見えます。
(4月は油が残っていて結構洗い直ししました。)

その後、私の机からipadを持ってきて、リビングで勉強を始めます。通信教育です。
小学生時代、リビングで勉強なんてしたことがない子だったのですが、このipad学習だけは最初(小6の3月)からリビングでやっています。元々は怪獣2号(重度知的障がいの19歳)が「ipadを見ると映像を観たがるのではないか?」の心配があり、ipad導入時に「リビングでやれば私がいるから邪魔しないであろう」という一種の約束状態で始めたものです。最初こそ怪獣2号が2階リビングに降りてきて気にする様子はありましたが、「怪獣3号の勉強道具」ということで納得したのか、私が居なくても大丈夫になりました。ただ、怪獣3号は今でもipad学習だけは2階リビングでやっています。私個人としてはちゃんと学習しているのがわかるので安心です。(ただし学習内容は、解答が全く浮かなばくてヘルプがない限り基本見せてくれません。このの辺りは中1男子なので線引きしています。)

それが終わると、同じくリビングにあるピアノの練習(個人レッスン分)が始まります。
これもヘッドホンして基本的には聴かせてくれません。ただ、これも中学生になってからの方がある程度の時間必ず弾いています。何に目覚めたのでしょうか?という感じです。これは個人レッスンの先生も同じ事をおっしゃっていたのでそうなのでしょう。
ただ、ハイブリットピアノなので、ヘッドホンをしていてもハンマーを叩く音なりある程度聴こえるので、リズムはわかります。今弾いている曲は私も知っている曲なので、幸か不幸か、リズムだけでどの部分を弾いているかわかっていまいます(笑)。たまに「イントロクイズ」ならぬ「リズムクイズ」?と思いながら。今弾いている曲は、右手と左手交互に16分音符が続く曲なので、16分音符のリズムが均等になっているか等はわかってしまいます。たまに突っ込みたくなりますが、まあ、そこは我慢。
ちなみにグループレッスンの練習はいつやっているのか不明。我家に(私が弾くために購入した)エレクトーンもあり、グループレッスンの練習は(レッスンと同様)エレクトーンを使っているのですが、それはあまり見かけないのですよね。はて?

明日の教科書を入れ替えたり、宿題をどこでやっているのかは、正直わかりません。
帰宅してすぐなのか、ipad学習前後なのか、3階にいる時にやっているということしかわかりません。ただ、夕飯とお風呂の後は自由時間と決めているようなので、夕飯よりは前だと思われます。

中学生になってアニメにハマりはじめ、増えたお小遣いで漫画(単行本タイプ)を買うようになりました。少なくともピアノのグループレッスン仲間とはSNSでのやりとりもしているようで色々気になります。まあ、あれだけ私がいるところで勉強することを嫌がっていた子が、リビングで勉強するようになっただけ勝手ながらホッとしています。

ただ勉強でダイニングテーブルを使っているので、夕飯を作る時間が物理的に遅くなり、今や夕飯時間は20時すぎ。
まあ、それで誰も文句言わないからいいか、という感じです。
しかし、15時半には帰宅していた子が18時すぎ帰宅になり、中学生になった途端に時間がなくなりましたね。
周囲の私学に行っている子や、同じ公立でも学校端から通っている子に比べれば、通学時間10分ちょっとなので、これでも十分時間はある方だと思います。部活の朝練はないし、塾にも行っていないし。(その代わり?ピアノはグループレッスンと個人レッスンを土曜にまとめたので、夕方から夜まで3時間以上センターに缶詰です。これは本人が決めたことなので頑張ってもらいましょう。)

本人、初の定期試験も終わり、ちょっと気が楽になったようです。

中1男子なので干渉しすぎない程度に様子を見ていく感じかな?と思うこの頃。

…と書いているうちにipad学習は終わったようなので、そろそろ夕飯つくりますか…

ランチ:からあげ専門店「からやま」

714258a0e8544d05a5c7fba5b9fca0e5

夫のお勧めで、からあげ専門店「からやま」元住吉店へ。

http://karayama.com/motosumiyoshi/

極ダレ定食(梅)650円

大きな唐揚げ4個に、キャベツに、ご飯に味噌汁。ちなみにご飯は同じ価格で大盛りも選べます。

メインは「からやま定食」で、こちらは普通の唐揚げにマヨネーズが付いてきます。

(ホームページによると、他の店舗には極ダレ定食は無いようで、「からやま定食」という名称の唐揚げだけのものに、マヨネーズや極ダレが別に出てくるようです。)

松竹梅とありますが、唐揚げの個数違いで、松は6個・竹は5個・梅は4個です。

私は4個かつ普通盛りで十分お腹いっぱいです。でもペロッと食べてしまいました。ニンニクの入った濃いめなタレが食欲を増進させます。からやま定食を頼んだ三男と1個交換しましたが、唐揚げ自体にも下味がしっかり付いているので、そのままでも十分美味しいです。

中1三男は、唐揚げ5個にご飯大盛りにして、お腹いっぱい!と言っていました。それでも750円!安い!

1年ぶりの弁当作り

怪獣3号は横浜市立の中学校なので、給食がありません。

怪獣1号には中学・高校の6年間、お弁当を作っていたのですが、
※怪獣2号は養護学校だったので、高等部卒業までずっと給食でした

社会人になりお弁当は持っていかないというので、この1年作らず生活をしていました。

そして1年ぶりにお弁当作り再開です。
いつも夜のうちに煮物だけは作っておいたり、夕飯のおかずを余分に作っておいたり、冷凍庫には常に使えるものがキープしてあったり、それなりにやってきたのですが、1年作らずにいたら勘が鈍っていました。幸い好き嫌いのほぼない子なので、あるものでどうにか作れるのが幸いです。

一般には2段のお弁当箱、1段がご飯・1段がおかずなものを使う方が多いかと思うのですが、うちは、怪獣1号が高校途中で買い直したものを使ってもらっています。ご飯は保温機能の入れ物に入れ、おかずは2つのタッパーに入れ、手提げのお弁当箱ケース付きのものです。

本人、マイボトルはリュックの中ですが、お弁当は入れなくて済むので楽なようです。

今まで兄ちゃんの姿を見てきたからか、お弁当初日早々「お弁当箱は自分で洗うのか?」聞いてきました。
怪獣1号、少なくとも高校時には「洗わないと翌朝作らない」というルールがありましたが、中1が全く覚えていません。
ただ、怪獣3号本人は、日頃から食器等も洗ってくれるので、洗うこと自体はできるので、今回、「基本は洗う事」としました。流石に、用事があって洗う時間もないような日や、調子が悪い日ぐらいは…と思いまして。その代わり、洗えない時には申告するようにしました。お弁当開始まだ2日めですが、帰宅したら1番に洗っています。洗い方に気になるところはありつつ、「洗う事に意義がある!」と思い、暫く様子を見ていきたいと思います。

しかし、横浜市立中学校に給食の日は来るのでしょうか?
「ハマ弁」なるお弁当配達システムもあるのですが、締切が1週間前なのがネックです。
それだったら、通学途中のコンビニか、中学校の目の前のサンドイッチ屋さん(は職員室に注文袋を出すと学校に届けてくれる)でいいかな、と。

5日めにしてジャージ登校

怪獣3号の通う(怪獣1号も通った)中学校は、何故か、ジャージ登校で有名です。

実際、制服を着ていると「今日は何の日?」と思われるほどです。
式典がテスト期間中か学校見学か出願か高校入試か…?

新1年生、いつまで制服登校かと思いきや、登校5日めにしてジャージ登校になりました。早っ!

本人は当然ながらスーツよりジャージの方が楽なので、助かっているようです。

ただ、今年度からジャージのメーカーが変わり、ジャージそのもの生地が薄くなったように感じます。
ジャージはあまり大きいのを買っても…と思ったものの、怪獣3号は今ちょうど身長の伸び盛りなので、大きめに買いました。
半袖やハーフパンツは良いのですが、長袖上着は腕にゴムが入っているし大丈夫として、長パンツは流石に丈を上げました。
長パンツだけ1サイズ下で充分だったかな、と思いつつ、気温が極端に下がらない限りハーフパンツを使うと思われるので、冬シーズンまでには慎重が伸びることを期待して。

制服は勿論、ジャージを着ていても「見た目は中学生」。
やっぱり慣れません(笑)

『ヤマハピアノグレード6級』受けました

怪獣3号の『ヤマハピアノグレード(音楽能力検定)6級』、無事終わりました。

例年、ピアノグレードとエレクトーングレードは並行して9級からスタートし8級・7級・6級となっていた記憶があるのですが、今回は、エレクトーングレードが先、ピアノグレードが後、となったそうです。同じ6級でもエレクトーンの方々は昼前に終わっていたらしく、ピアノグレード6級の怪獣3号はラスト組の18時頃でした。そのレッスン室ではラストから2番目でした。それでも時間が遅れていて終わったら18時半…。

なかなか試験が終わらないのでどうなっているかと思いきや、総評は「とてもよくできました」だったそうです。
総評がこれならまあ合格しているでしょう。多分。通知が出るまでは2週間~1ヶ月かかります。
昨年10月から、それまでのA~Eの5段階評価から、10点満点の点数制に変更になりました。
ちなみに、受検料も500円上がり、9級8級5500円・7級6級6500円(税抜)になりました。

今回は『ジュニア科専門コース専攻クラス』修了時期目安に受けるものです。(これは旧制度なので、現状で6級を受けるのは、専門コース5年目修了時・総合コース6年目修了時です。)

どうやら、『グレード9級の内容』『グレード8級の内容』『グレード7級の内容』も書いていたようなので、ここまで来たら『6級』についても細かく書いてみます。
今回は、本人が試験終了後に自ら細かくメモを取っていたので、それを教えてもらいました。

----------

ピアノグレード6級の試験内容について&怪獣3号からの報告内容
※試験監督2名、1人あたりの試験時間は15分です。

①自由曲
  提出済みの2曲を弾く
  怪獣3号はメンデルスゾーンとバッハから1曲ずつ
②初見演奏
  16小節の曲を30秒見てから両手で弾く(両手):E-moll 4/4
③即興演奏
  16小節のメロディーのみ書いてある楽譜を見せられる:F-dur 6/8
  →本人が右手メロディーのみ弾く (これは採点に入らない)
  →伴奏をつけて両手で弾く
  →続けて両手(メロディー・伴奏)とも変奏して弾く
④聴奏
  最初に何調か指示が出る:As-dur 3/4
  先生が8小節の曲を両手で弾く
  続いて2小節ずつ弾くので「両手で」弾く×曲の最後まで(4回)

②~④の調範囲は♯♭4つまでの長調・短調
※4/23追伸:ネットで調べたところ②③④でそれぞれ異なるようです。確認したら訂正します。※
③の伴奏の範囲はIV/V→IV or V/V→Vを含む
④の伴奏の範囲はⅠ・ⅣorⅡ・Ⅴで5~8小節目は基本的に展開形

7級に比べると、調が増えることと、IV/VやV/Vが出てくるぐらいです。
8級から7級への変化に比べれば、そこまで変わりません。
各調の和音・音階を把握しておけば、ある程度対応できるかと思います。

----------

②~④は全て違う調・拍子で、本人は最後の④聴奏で♭4つが出てきたときには「でたー!」だったようです。
(毎回、聴奏でハズレを引くような気がするのですが???)
ただ、本人の話では、弾く側の先生も音を確認していたらしいです。ホントだったら困りますよ、試験官さま。

演奏後、各項目ごとにコメントがあり、更に総評があったということです。
そこまでは書きませんが、本人は全てメモしていましたし、本人も自覚していました。
「もっと~すると良い」というコメントが多く、総評が「とてもよくできました」だったそうなので、これで初の点数評価がどう出されるのか楽しみです。

自由曲が2曲で2曲とも演奏するので、曲のバランスと本人の特性とを考えても選びやすいのかもしれません。
今回も本人の好みなタイプなりに曲想は全く異なる2曲でした。
自由曲が4曲だった時代に受検した身(しかも6級は仕上がりの間に合わなかった曲を指定され沈没しまして…)としては羨ましい限りです。

怪獣3号が初見演奏に苦手意識があるからなのか?、初見だけは個人レッスンで早い時期から対応していただいていました。通常は各級の問題集しか購入しないのですが、今回は初見演奏の問題集を用意するよう指示があり。私の妹が使っていたものが実家にあり、それで良いということでそのテキストで練習していました。当時は7級で16小節、6級で24小節が基本でしたので、7級用と6級用の両方を持たせていました。実際7級用から始め、直線は6級用を使っていたのですが、本人曰く「6級用を練習した甲斐があった」と。今まで苦手意識のあった初見が楽だったそうです。初見が楽に感じると、日頃の演奏での譜読みも早くなると思われるので、ちょうど良かったかな、と思っています。

追伸)
私としては「備忘録」として書いていたのですが、今までグレードに関する検索が凄く多いことに驚いています。
受検要項を見てもピンとこないところもありますので、少しでも受検する方のお役に立てば幸いです。

怪獣3号中学校入学式

ドタバタな春休みが過ぎ去り、4/5、怪獣3号の中学校入学式を迎えました。

1クラス37~38名の9クラスです。

7年前の怪獣1号の中学校入学式と、内容は同じですが、運営スタッフが在校生中心になされていたところは大きく変わっていました。

4つの小学校が1つの中学校に集まっているので、どんなカラーになるのでしょう?

1日めは滞りなく終わりました。さて、どんな中学校生活が始まるのでしょうか?

画像は
①校内の桜
②入学式会場の体育館
③体育館へ向かう父と息子
④帰宅後に試着したジャージ

中学入学準備の買物

怪獣3号の中学入学式まであと10日。

入学式まで日曜日があと2回!ということで、今日は、怪獣3号を連れて、中学生活に必要で本人に選んでもらいたい「通学カバン」と「通学靴」を買いに出かけました。

どちらも指定はなく、カバンは大半がリュック、靴も自由です。

だからこそ親が勝手に買えないのですが(^^;)

教科書にノートに弁当を入れるので、それなりに荷物は重くなるため、それなりな大きさと丈夫そうなリュック。
本人がいくら赤が好きだからといって、流石に赤やオレンジ系なスニーカーはいかがなものか、ということで、一応白のスニーカーを。
幸い、怪獣1号が学校見学等で履いていた「黒の紐靴」(あまり履かなかったので取っておいた)もあるので、状況で使い分けて貰えばいいかと。

お弁当箱は怪獣1号の高校途中で買い直したものがいたって綺麗で使えるし、マイボトルも余分にあるし、中学からサイズ指定されているノート類は既に購入済み。あとは(前側が学年カラーな)上履きが必須。そしてできれば今より1サイズ大きい傘を買うぐらいです。これはすぐ近所でも売っているので、極端な話、前日でも買えます。

色々買っている気もするのですが、制服やジャージの替え含め半分ぐらい怪獣1号のお下がりを使うので、これでも初期投資は怪獣1号に比べたら半分以下。ただ、男子は中学入ってから身体がかなり大きくなるので、買い替えは必須でしょう…。

手のひらサイズで生まれた怪獣1号2号は、中学入学時で2学年分ぐらい小さく身長140㎝でした。
怪獣3号が現在153cmで決して大きいわけではないのですが、既に双子の中2時のサイズ。どこまで大きくなるのかなぁ?

怪獣3号グループ発表会

201903211 201903212

昨日の小学校卒業式に続き、本日は、怪獣3号通うヤマハ日吉センターの「ジュニア発表会」(エレクトーンによるグループ演奏)でした。

小1からこの発表会になるため、怪獣3号は今回で6回め。
今回は4クラス合同12名(男子5名 女子7名/小6 2名 中1 10名)で、第2部ラスト、チャイコフスキーの「大序曲1812」を演奏しました。

年々中学生以上の生徒数が減り、発表会参加クラスも減り、今回は半分が小1〜3年で占め、中学生以上は1/8。実際、怪獣3号のチームも、部活に塾に全員揃うことは難しかったようですが、どうにか本番を迎えられホッとしています。

本番最後の最後で(エレクトーンから流す)リズムが機器トラブルで出なくなるハプニングが起こり、一時的に拍子がズレて焦りましたが、最小限で元に戻り無事揃って演奏終了したことに皆の凄さすら感じました。

これで週4ヤマハ通いからは解放されましたが、3/25小学校離任式、4/5中学校入学式、4/7のピアノグレード6級試験と続きます。

本人は中学生になっても、グループ・個人レッスンとも今まで通り続けるそうです。ヤマハ通いも4月で丸10年。演奏以外の力はまだ私の方が上ですが、ピアノの演奏力に限れば、毎日弾いている怪獣3号に抜かれたかな?

なにはともあれ、2日連続の一大イベントがやっと終わったー!状態です。

画像は客席2階から撮影したステージと、今回のプログラム。
現在、ジュニア科専門コース専攻2、5月から専門コース上級へ進級予定です。
(当時このコースがあったら私が通っていただろうな…うらやましい…)

より以前の記事一覧

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31