発表会とグレードと…

今週から怪獣3号のヤマハのレッスンが週3にnotes

元々、グループ個人併用で、グループは土曜1時間半、個人は水曜40分、各月3回。
(ただし個人レッスンは実質毎週で1時間。)

ところが、グループ発表会が3/21、グレード6級が4/7に迫り、練習時間確保のため、発表会練習は(合同チームのグループ日である)木曜に1時間半、元々のグループ日の土曜は1時間半の発表会練習(合同)の後、怪獣3号のチームだけ30分居残りでグレード対策をするべく2時間にflair

おかげで、今週から、水曜1時間、木曜1時間半、土曜2時間、合計4時間半sign03

しかもメンバーは中学生ばかりなのでレッスン開始が遅く、終了時刻が木曜21時、土曜20時40分。おかげで発表会まで1ヶ月、木曜土曜とお迎えに。バス本数が激減するので仕方ない。怪獣3号、小6にしては早く21時半に寝るので、夕飯食べてから行き、帰宅したらお風呂入ってひと休憩で寝るパターンに。

小学校卒業式の翌日が発表会、中学校入学式の2日後が試験。暫く大変そうです。
親は夕飯早く作ることと迎えだけ頑張ります!
(塾のように休憩時間はないので、お弁当ともいかず…。)

中学校の説明会へ行くの巻

今日午後、三男が入学する学区の公立中学校の説明会でした。

長男が通った中学校なので、行かなくても良いかな?と思いつつ、4年経つので改めて。

担任だった先生にお会いしたり、保育園一緒で小学校で分かれたメンバーにも複数遭遇!
卒園以来な子も!!!
皆、大きくなっているし、顔もお兄さんお姉さんになっているけれど、面影たくさんあって、懐かしすぎる再会に感動!

説明自体は目新しいことはなかったです。

来年度からジャージが変わるので、長男のお下がりは使えないと思っていたら、当面新旧併用可能とのことが判明。サイズ含め三男には一通り新しいものを揃えつつ、洗濯替え分は減らしました。お陰でここでも予算下回りました。
ただ、ジャージの生地が薄く感じ、耐久性は心配です。
長男のジャージは、中学のジャージってこんなにしっかりしていたっけ?というぐらいしっかりしていました。当初は値段が高いと感じたものの、これなら良いか!と。
実際、長男が中学で3年、その後指定のなかった次男が高校で3年使ったのに、まだ壊れていません。
今度のものは、そこまでは保たない気がする…。
大きめなものを買ったとはいえ、その前に身体が大きくなれば買い替えですけどね。。。

1/7平常運転開始

話が前後しましたが、2019年になり、家族全員やっと平常運転となりました。

長男だけは1/4が仕事始め、夫と次男と三男は1/7からのスタートでした。
当然ながら、私のスタート(送迎開始)も1/7です。
私の場合、仕事1つ休職にしたので、仕事始めは1/12です。

初日早々、予定変更、1/8と1/10の次男の迎え調整が必要になり、ドタバタしていました。
幸いどうにかなりそうですが、新年早々綱渡り生活です。

私は、短時間なりに仕事が当たり前な生活をしていたので、1/1から1週間も仕事休んだら何故か違和感があります。慣れは怖いです。今は仕事減らした分、休める時に休んで、動く時にしっかり動けるように…です。

怪獣3号12歳になる

C813e0d0d1e846a3a9aee0da9cf02cda

更新できずにいた間の12/15、我が家の怪獣3号が12歳になりました!

早いものです。

私の身長を越え、様々なことを見て感じて経験して、この1年で身体だけでなく心も一回り大きくなりました。書く力・話す力・考える力。どれもしっかりしてきたなぁ、とシミジミ思います。
そうかと思えば、私に甘えることが増え、以前よりたくさん話すようになりました。
いつも背伸びしていることが多いので、このon-offにはある意味ホッとしています。

自宅でも学校でも様々なことがありましたが、彼なりに咀嚼して理解して前に進んでいる姿に、本当に逞しく思います。これからも皆に愛される人になって欲しいと思います。

誕生日に食べられなかったケーキ。
3日後に私と2人でコッソリ食べました。
某所フードコートにて。

三男の将来の夢…学習発表会

今日、小6の三男通う小学校で、「学習発表会」が行われました。

といっても、この小学校の場合は、中学・高校の文化祭のような感じです。
まず、学年ごとにテーマが決まっていて、学年ごとにクラス関係なく「同じ内容で活動したい・調べて発表したい」メンバーが集まり、活動をします。

ざっくりまとめると、
1.2年生は遊ぶ場の提供
3.4年生は体験学習から得たものの発表や実践披露
5.6年生は調べ物の発表
といった感じです。

6年生は、毎年ながら「将来の夢」がテーマです。
様々な職業の方をゲストに招いて、仕事の内容・その仕事に着くまでの過程・やりがい・大変なこと等の話を聞くことに始まり、同じ仕事を目指したい者同士でグループになり、更にネット等で調べ、掲示物の作成から発表文章まで考えます。そして最後に、「各自の将来の夢」「どんな人になりたいか」を発表します。

多分、6年生全体を見れば、一通りの職業が出ていたのではないかと思われます。

我家の三男は、今までずっと、将来のことについて具体的な話をしたことがありませんでした。
ずっと「優しい人になりたい」とだけ言っていました。
小6になっても具体性が全くなく、私が心配になるほどでした。

そんな中で迎えた今回。

本人に聞いても、何について調べ発表するか、全く教えてくれませんでした。
ただ、「将来やりたいことは見えた」と言っていたので、あとは本番に聞くのみ。

そして今日。

自分がやりたいことについて、具体的にスピーチしていました。
細かいことは書きませんが、三男にとっては日頃見る機会のある仕事でした。そして、その仕事について、表面的なことだけでなく、裏方として何をしているかまで含めて話せていました。

今まで具体的なイメージがない!と言い続けていた三男が、具体的な職業について話したことは勿論、その仕事内容について表裏合わせて具体的に網羅していたことの方が驚きました。表向きなことは勿論のこと、裏方の必要性についてしっかり理解できていたこと、それを堂々と話せたことに感動しました。

まだ小6なので、私は、「今の時点での夢」と捉えています。
これからの経験でどんどんアップデートしていけば良いと思っています。

夢そのものではなく、今の時点で、その職業についてそこまで理解して発表できたことが嬉しかったです。帰宅してからプラスαな話をしましたが、今の彼なりの「軸」があることもわかりました。

実際にどの道に進んでいくかはこれからです。
ただ、今日の発表までに調べたことや、本人が軸としているものを大切に、これから進んでいって欲しいと思います。想像以上に軸がしっかりある上で描いていることに、初めて聞いた私が涙したのは言うまでもなく…。

これから様々な経験をして、更に様々なことを考えて、進んでいって欲しいと思います。

小学校最後の学習発表会、平成最後の学習発表会、長男から数えて12回目の学習発表会。
これで小学校行事がまた1つ終わりました。

親が出向く「大きな」行事は残すところ卒業式のみ。
小学校卒業式まで実質4ヶ月少々。
何事にも精一杯過ごして欲しいと思います。

EFアンサンブル2018

9/23日曜、三男が、ヤマハのEF(エレクトーンフェスティバル)アンサンブル部門、日吉センター大会に出演しました。要はアンサンブル大会です。三男は小3から参加しているので、今年で4回目です。場所は例年と同じく、横浜アリーナ1階のライブハウス「New side beach」です。

三男のクラスの場合、グループの発表会では、他クラスと合同、約10名でクラッシックを演奏するのが基本なので、このEFでは、自分達の好きな曲を弾いて楽しむことがメインなように見えるこの頃です。
昨年は「千本桜」、今年は「英雄の証」(モンスターハンターのテーマ曲)でした。
今年に限れば、ゲームを知らない親達は、皆揃って「聞いたことあるのだけど…」状態。。

今回は2クラス5名で参加。中1が3名・小6が2名のチーム。男子は当然1人。
演奏そのものは、合わせる時間不足だったかな?という印象でした。
ただ、本人達が合わせようと努力して楽しく弾いていたからそれで良いのかな、という感じです。
男子1人でも臆せず、皆でよくしゃべりよくしゃべりよくしゃべるメンバーだそうです。←先生談

小3から、6月(今年は8月)に個人レッスン発表会、9月にEFアンサンブル、2-3月にグループ発表会、年によって4月に演奏グレード(試験)。センターで習っているとイベントが続きます。当時とは変わっているとはいえ、私も通ってきた道。大変なのは事実ですが、グループレッスンと個人レッスン、併用を選んだのは本人。しかも、本人、中3までは併用で進むと決めています。音楽の文字通り、音を楽しんで欲しいと思っています。

我家なりの平常へ向けて…

夫が退院してから1週間が経ちました。

海外出張と緊急入院、中2日も通院か仕事、実質4週半不在だった日々から早1週間。

ようやく我家なりに平常に戻りつつあるように感じます。

夫自身は1週間自宅療養…兼、実質上の夏休みなのかもしれません。
体調は基本的に問題ないようです。
体力は…家にいる分にはわかりません。長時間勤務が再開するまではゆっくりして欲しいな、気ままに過ごして欲しいな、と思っていますし、そう過ごしているようにみえます。7月からずっと「休みなし」でしたからね。
今は、家で料理したりのんびりしたり、フラッと出かけたり、いわゆる「彼にとっての休日」を過ごしています。

当然、私も休みなしでした。特に入院してからは、仕事か面会かの日々。
海外出張中は、精神的負荷は大きいものの、面会が無い分時間的には楽だったのではないか?と思ってしまいました。大学病院まで移動だけで2.5-3時間かかるのが大きいのかと思います。
夫が退院し、毎日顔を見て話せること、家事分業含め、心身共に私が一番休息しているかもしれません。
次男の送迎や仕事、PTAのことなど、いつも通りな毎日です。(それでも毎日充分忙しいです…。)
今週は、土曜や祭日に2倍働き、平日に2日フリーな日が取れたのが幸いだったのかもしれません。その分、私も4週半できなかったことができましたから。

子供達は…三者三様です。
ただ、父親がいるのといないのでは、やはり少なからず異なります。
父親がいるから、怖いというか威圧感みたいなものを感じて静かなところもあれば、甘える姿もあります。見るからに甘える年頃ではありませんが、子供達の様子を見て話してみるとわかります。本人達は自覚ないようですが…。

やはり、父親不在の間、長男・次男・三男なりに、頑張っていたかなと。
仕事か面会で不在な私の代わりに、家事手伝い始め、自分達のことは自分達で行い。
無意識に倍増していたことが、軽減されつつあります。
少しの背伸び程度に落ち着いてきたかな?

障がい者が3人いる我家の普通は、他の家庭とは少なからず異なるけれど、それでも、「我家なりの平常」が戻りつつあるのかな、と思っているこの頃です。

さて、これから次男を施設に送ってきます!

三男の小学校修学旅行終了

14769921049b45c89d71617883506d8b 0e64a989af244d2aab92c19ad8634221

我家の三男、昨日、小学校の修学旅行(正確には宿泊体験学習)の日光から帰宅しました。
移動はクラスごと1台で観光バスです。(三男は3組なので3号車。)

9/9日曜出発の2泊3日で9/11火曜夕方帰宅でしたので、本日9/12水曜は代休でした。

帰宅した際、私は夕方から仕事で本人に会えなかったのですが、仕事から帰宅したらいつもは早寝(21時台)な三男が、私の帰宅22時まで起きていてくれました。ムギューしてあげたら、サクッと寝ていました(笑)。

その代わり、仕事休みな今日、朝から、日光での2泊3日の様子を色々聞かせてくれました。
全てが楽しかったようで、1から10まで時系列で色々話してくれました。
1時間以上話していたような気がします。

内容を凄く簡略すると…
・1日め:竹細工体験・キャンプファイヤー・ナイトウォーク
・2日め:戦場ヶ原散策・龍頭の滝・華厳の滝・日光彫体験
・3日め:日光東照宮・お土産購入

一番楽しかったのは、三男本人が係として参加した、1日め夜に行われた「キャンプファイヤー」だったようです。
寸劇仕立ての進行に、先生方のセリフはアドリブ満載で、ノリノリで終わったようです。

現地の天気が心配でしたが、幸い、雨は2日めの戦場ヶ原散策の午後以降だけで済んだようです。ただ、本人の想定より涼しかったようです。

他にも、修学旅行あるある話(部屋でトランプやUNOで遊んだ…という平穏な事から、夜に女子の部屋に行こうとした人がいた…とか、懐中電灯で遊んでいて没収された人がいた…とかとか)や、雨が降っているのに外の露天風呂に行ったなど、聞いていて「オイオイ…」と思う話も多々ありました。

お土産はお小遣い3000円以内で、事前に計画を立てていたのですが、計画を私に一切見せず、こちらが不安でした。(単に事前に知られたくなかったようです。)ただ、多少変更しつつ、祖父宅や祖母宅のお菓子や家族全員分の小物、頼まれたお土産含め、しっかり買ってきました。おつり120円。あまりの使い道の良さに私がビックリしました。

いつまでも子供だと思っているのは私の方で、本人はしっかり小学6年生なのだな、と実感してしまったほどです。

海外出張から含め、父親不在4週間のまま修学旅行に突入し、本人の精神面に少なからず影響がないか不安でした。しかし、帰宅したら私に甘え、現地では精一杯楽しみ、キャンプファイヤと班長の仕事どちらもきちんとこなし、現地の様子を実況中継の如く話し続ける三男を見ていて、私の方が本当にホッとしました。クラスで一番仲の良い子が直前まで体調不安だったようで、その子と一緒に参加できたことを一番喜んでいて、三男らしいな、とつくづく感じました。

画像は今回3日間お世話になった観光バスと、お土産一式です。

小学校修学旅行を前に

我家の三男が、明日から2泊3日、小学校の修学旅行で日光へ行きます。
正確には「宿泊体験学習」と言います。(便宜上、修学旅行と書いています。)

長男が小5、2010年までは、ホテルに1泊で「修学旅行」という名称でした。
それが翌年、長男小6から、公営施設・青年の家のような施設に泊まる代わりに、同じ金額で2泊3日というスケジュールに代わり、名称も「宿泊体験学習」と代わりました。そして、丸1日日光に居る日ができたことで、戦場ヶ原の散策が増えました。長男・三男の小学校では、2011年以降、ずっとその状態が継続されています。そして、今年は明日から2泊3日です。

1つ例年と違うことは、今年は、例年の公営な宿泊施設が耐震工事で使えないこと。そのため、1泊は別の公営施設ですが群馬県の赤城、ただそこに2泊では(日光から離れているため)日光での行動時間が限られてしまうため、1泊は日光のホテルになりました。

子どもたちは、1泊公営、1泊ホテルで、ちょっと得した気分かもしれませんね。
1泊めが赤城のため、多少の変更はあるようですが、2泊するので、活動内容は例年と大きく異なることはないようです。大きく変わることは費用!団体でホテル利用とはいえ、民間より費用がかかることは免れず、例年より約1万円高いようです。例年2万円でおつりですが、今年は3万円でおつりです。
来年からは昨年までの施設が使えるので、今年だけ費用がかかるものの2泊となったそうです。

そもそも、先週火曜午後に説明会があり、そこで振込用紙を渡され、その3日後の「金曜日までに振り込んでください!」と言われた時には唖然でした。しかも、ゆうちょ窓口かATM限定…。

持ち物もほぼ自分で揃え、お小遣いの使い道計画も立て、今晩、三男と持ち物確認をしました。
日光の気候が読めないのが難点ですが、上手く組み合わせられるよう予備の長袖を持たせるなど、一部変更したぐらいです。洋服の組合せや色合わせは、日頃から本人任せですし、荷物管理も特に心配していません。

初の2泊3日!
父親が、海外出張から帰国後早々に入院したため、父親不在から4週間経ってしまいました。
その状態で日光宿泊に突入することに少なからず不安はあります。
本人は、社会科が好きなので、日光に行けること自体も楽しみですし、先生や友達との2泊も楽しみにしています。更に、キャンプファイヤー係に立候補し、校長先生も登場する寸劇含む進行を、とても楽しみにしています。(シナリオも見せてくれましたがなかなか面白そうです!しかも登場する先生方のセリフはアドリブらしいです!)

明日から3日間。
この3日間だけは、自宅での頑張りを忘れて、先生方や仲間たちと、精一杯楽しんできて欲しいと願っています。皆の体調も天気も含め、3日間無事過ごせる事を願うばかりです。


束の間の夏休み?

705ce3aac3e04d1fad2c4b1e2d403573

昨日は綺麗な青空!
そして我家唯一の夏休み?

夫は出張中で、長男の夏期休暇が11-15日なのに、その間私の休みが昨日しかなかったため、長男三男と出かけてきました。
次男は施設通所で朝夕送迎共ヘルパーさんに頼みました。迎えがあると、どうしても時間に縛られてしまいますから。今日のお出かけは、日頃次男のヘルプを頼まなくてもやってくれる長男三男へのご褒美も兼ねて。。

前日に長男三男と計画を立てたところ、映画とランチになりました。

映画は三者三様で、偶然、10分差ずつのスタートでした。
お盆休み真っ只中なためか、この暑さのためか、同じ事を考える方が多いのか、10時半には人だらけ。ショッピングモールのオープン10時から一気に混むと読み、9時台に着くように移動したところ(映画館用にオープン前から入れる場所がある)、サクッとチケット買えました。

ランチはトンカツに。子供達はトンカツ2枚の御膳を食べ、ご飯や味噌汁をおかわりし、私の倍は食べていました。それなのに、小学生半額!というサービス期間で(しかも入店してから気づく…というより店の外に掲示していた記憶がない…)三男は半額。おかげで我家的にはお財布に優しいランチとなりました。

三男も小6。いつまで親と出かけてくれるかわかりませんが、たまには…。

より以前の記事一覧

2019年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28