登校再開=巣ごもりくん卒業

怪獣3号くんが3か月の休校期間を経て、6/1から登校再開したことは先のブログに書きましたが…

実は他のところに、この怪獣3号くんの休校中の様子を書いていました。
以前このブログにも書いていますが、「巣ごもりくん(3さい)」は「休校中家に籠っている怪獣3号くん」のことです。
そのため、「登校再開=巣ごもり生活のおわり」をもって、そのページの更新もおわりにしました。

最後に「まとめ」として書いたものをそのままここに転記します。

----------

新型コロナウイルス感染症による休校措置。巣ごもりくん属する横浜市立学校は3/3火曜から5/31日曜までの90日間となりました。1年で一番長い休みである夏休みすら1か月のところ、結果としてその3倍の90日という長い休みとなりました。そして緊急事態宣言が解除されて1週間、長い休校生活が終わり、6/1月曜から分散ながら登校が開始されました。

この巣ごもり生活修了に伴って、「巣ごもりくん日記」も修了させていただきます。

当時中1の巣ごもりくんにとっては、長期休みの嬉しさと、中3卒業生のためのイベントが全て中止になってしまうことへの淋しさ(サークル先輩に挨拶ができない等)で複雑な気持ちのように見えました。そんな様子を見ながら、3月後半から「巣ごもりくん日記」を書き始めました。「つぶやき」機能を使ったのは、毎日書くには140字ぐらいがちょうど良いと判断したからです。結果的に毎日はアップできず数日まとめてアップした事もありましたし、少し遡った事を単発でアップした事もありました。ただ毎日その日にあった事を自分の手帳を見ながら書いていたことは事実です。

3月末か4月初めから、テレビが感染症の話題ばかりになり、罹患者が動画をアップするようになりました。その影響で、巣ごもりくんも一時期いわゆる「コロナ鬱」「コロナ不安」な状況に陥りました。家から一歩も出られない日が続きました。私にペッタリして甘えることが増えました。それを話してくれるだけホッとしましたが、1人抱え込んでいたら…と思うと私が辛いです。
特に動画は、時に啓蒙になりますが、時に不安を増大させます。メディアやSNSの難しさを感じます。

ただ4月半ばからは随分落ち着きを取り戻し、暫く弾けなかった趣味のピアノも弾き始め、「巣ごもりくん(3さい)」という甘えん坊でちゃっかりものなキャラクターを持ちながら、時に13歳に戻る、彼なりのオンオフができてきました。

この3か月、不思議なぐらい生活パターンは崩れませんでした。今までも長期休暇だからといって崩れたことはありませんが、3か月という長い期間でも崩れることなく過ごせたことは感心しています。そして、1日1個お手伝いをすることを当たり前のように取り組んでくれたことに嬉しさと頼もしさと成長を感じています。この期間、父親も在宅勤務でしたので、巣ごもりくんが父親と話す機会も相当増えました。家族とのコミュニケーション、5人家族における家事の大変さ、心の保ち方など、この休校期間だからこそ得られるものを少しでも享受できていたら嬉しいです。

1年前、私が実家事情で不在がちで、我家の生活が巣ごもりくん任せになることが続きました。どうしようもないといえども、そのフォローが大変気になっていました。今回の長期在宅時間で、その分の穴埋めが少しでもできていたら幸いです。

今回「終了」ではなく「修了」と書きました。緊急事態宣言が解除されても、学校が再開されても、第2波第3波含め、まだ新型ウイルスが消えたわけではありません。これから共存していかなければなりません。
またいつ休校になるかわからない状況ですが、少なくとも今回のような「長期休校」は「修了」して欲しいという願いを込めてこの字を使いました。

巣ごもりくん本人もこの文章の存在は知っているものの読んでいません。いつか読んで欲しいと思っています。

新型コロナウイルスは生活を一変させました。私達の意識や心にも影響を与えました。これからの生活がどのように進んで行くのか、まだ始まったばかりであり、手探り状態です。皆さまに平穏な日々が少しでも早く訪れることを願って、「巣ごもり日記」を修了したいと思います。

3か月ぶりに登校開始

90日間、13週(-1日)の休校期間を経て、昨日6/1から分散登校が始まりました。
多くの地域と同じく、横浜市立もやっと始まりました。

遂に…というか、やっと…というか。

同じ横浜市立でも小・中学校で対応が異なりまして、中学校は最初2週間、午前のみor午後のみ登校です。
出席番号で各クラスを2つに分けています。
1科目30分×4科目。

分散登校でソーシャルディスタンスなり3蜜を避けることは勿論ですが…

約3か月も休校でしたので、先生も生徒もリハビリ期間なり新しい学校生活の方式を模索する期間になるのかな、と思っています。

幸い、怪獣3号は、長期休暇でも生活リズムは崩れることがなく、今回も3か月崩れることなく過ごせていたのは幸いです。
ただ、毎日「巣ごもりくん」でしたので、徒歩10分といえども「毎日学校へ行く」ことからスタートです。

全員マスク着用なので、怪獣3号は学校から配布されたガーゼマスク着用にしました。
使い捨てはまだあるのですが、毎日のことなので、暫くガーゼマスクで様子を見ようかと。
このままですと、夏でもマスク着用になりそうですからね。毎日洗ったらガーゼでもどのぐらい使えるのか…?

今日で登校2日め。
今週は午後登校なので、朝から慌てることなく、我家としてもちょうど良い感じです。

「巣ごもりくん」が学校生活に戻れるか、親としては暫く見守りです。。。

怪獣3号くん休校12週め突入

怪獣3号の巣ごもり生活が78日めになりました。
今日から12週め突入です。

10週を過ぎてから、週を数えるのもわからなくなってきました。
ざっと2か月半ということですね。

ここまで長く家にいると、「居るのが当たり前」で、それはそれで慣れてきた感じです。
逆に学校再開しても社会復帰できるかが心配です(笑)

最近はピアノを弾くことも増えてきたのでちょっと安心しています。
ただ「巣ごもりくん(3さい)」からは脱出しません。
反抗期で親に寄りつかないよりは断然良いのですが、「本当に3さいでは?」と心配なところもあります。
今はただ、甘えて不安発散できているならヨシとしましょう、という感じで見守っています。
この状況に父親もすっかり慣れてくれました。多分…。

やはり個人的に一番気になるのは、家族で一番「巣ごもり生活」になっている怪獣3号です。
学校で得られるものは学習面だけではないので、何らかの形で再開して欲しいです。
とはいっても、いきなり元通りでは感染拡大も怖いですし、難しいです。
ただでさえ全校生徒1000人な学校なので、どうやっても「蜜」になりますし…。

緊急事態宣言が解除されれば、学校は少なからず再開されると思っています。
ただ、
・怪獣1号と私は変わらず出社
・怪獣2号はサービス半分停止がどうなるか?
・夫は在宅勤務でも仕事はできるのでどの程度の出社になるのか?
という状況です。

神奈川県なので、緊急事態宣言は少なくとも月末までは続くでしょう。
あと10日、怪獣3号には「とりあえず宿題だけはちゃんとやってください!」「少しは運動してください!」という感じです。

休校延長と担任からの電話

怪獣3号通う横浜市立学校は、先に書いた通り5/10まで休校予定でしたが、緊急事態宣言延長に伴い正式に「5月末まで休校延長」になりました。

横浜市のページには5/5付けでUPされていましたが、学校一斉配信メールは予定通り昨日5/7に届きました。

4/7の始業式以降、メール対応しかなかった中学校ですが、今日初めて担任から電話がきました。
今年異動してきた先生のため、私は勿論、怪獣3号本人も1対1で話す機会なく、実質今日が初めて状態。担任とすぐ仲良くなってしまう彼にとってこの電話はとても嬉しかったようで、気持ちがリフレッシュされた模様。なんとなくいつもより元気になりました!

5月半ばに一度教材の受け取りで学校へ行くのですが、休校中の課題は郵送されてくるそうです。

電話では家での様子や対策について先生に伝えられましたし、怪獣くんの不安解消対策は先生も納得されていました。
本人も少し落ち着いたようで、たかが10分されど10分な貴重な時間でした。
(昨年の担任から、怪獣3号の家庭事情や本人事情がどの程度引継ぎされているかわからず…話が全て通じたか少し心配。)

怪獣3号くん休校10週め突入

公立中に通う怪獣3号くん、3/3火曜の休校開始から丸9週間経過、気づいたら10週めに突入していました。

GWがあったので休校とカウントするか微妙ですが、連続休校の状態には変わらず。

当初、緊急事態宣言最終日かつGW最終日である5/6水曜までの休校でしたが、先に5/10日曜までの休校に延びていました。
この時点で10週間休校確定。

しかし、神奈川県立が5月末までの休校予定になっているところに、緊急事態宣言も延びたため、横浜市立学校も休校延長は時間の問題。
予定では本日学校から何かしらの連絡が来ることになっていますが、月末まで休校となると、更に3週間延長。つまり13週間休校に。

3か月越えです。本当にどうなってしまうのでしょう?
6月から開始したとしても、授業数だけ考えれば、夏休み返上・7時間・土曜授業で補えるのか?
更なる問題は、感染数の増減を繰り返して緊急事態宣言が出るなり、学校内で罹患者が出た場合に休校になる可能性もあるということ。

そうなると物理的に「学習面だけ」に限っても3月までに終わらないと思われます。
しかも学校行事を全てストップすることが前提。

学校は勉強を学ぶだけのところではありません。日常の人との関わりは勿論、部活動への取り組み、行事へ向けてクラス全体での取り組みにおける喜怒哀楽など、「塾でなく」学校だからこそ学べるものを全てカットしなければならない…というのも本末転倒と思われます。こうなったら、何を基準に考えるのかを考えるのが重要なのではないかと個人的には思います。
学習なのか、人との関わりなのか、心を育むことなのか…。

休校生活も2か月を超え、本人なり家族なりに、この生活には慣れてきました。
家族が家にいる状況にも慣れてきました。
だからこそ、この状況だから得られることも含め、より良く過ごす方法を模索していきたいと私は思っています。

横浜市の学習動画でスキマ学習

横浜市は、休校中の学習支援として、横浜市教育委員会作成の学習動画をUPしています。

ただし、ネットへのアクセスが殺到し、思うように観れず…。

サイトの場所を変え、登録した学年のみのアクセスに制限したものの、テレビ神奈川(TVK)のサブチャンネル32chでの放送が始まったことも加わり、今までサイトは観ていませんでした。
しかしテレビの放映内容が繰り返しのため、改めてサイトへアクセスしてみました。

あれ?サクッと繋がるのですが???

昨日になり、私のPCとスマホ、怪獣3号のスマホでアクセスできるよう設定しました。

今日、怪獣3号と一緒に動画を観ました。
テレビで放送されていない動画も観たのですが、1本10分程度なので、サクッと観ることができます。
教科によっては「教科書の〇ページを開きましょう」「ノートに書いてみましょう」などあります。
ただ、教科書がなくてもノートがなくても、動画を観るだけでも「スキマ学習的な」効果はありそうです。

私も設定したので動画予習しようかと。
怪獣3号に質問される前に…?

休校2日延長…5/11開始なるか?

昨日、「休校が5/6まで」と書いて早々、横浜市立学校は「5/7.8も休校」なる連絡が来ました。
※昨日の時点では横浜市HPにはUPされていませんが、横浜市教育委員会と学校長の連名の文書が、学校HPにUPされました。

緊急事態宣言の延長等の判断がGW中になるための措置で、次の配信はGW明け5/7の予定になっています。

…とはいえ、この1日でも、他県や県内の他市において「5月末まで休校」となる地域が増え、9月始業論まで出始めました。

この状況では、5月末まで休校延長は決定事項かな?と捉えています。

怪獣3号くん休校9週め突入

公立中に通う怪獣3号くん、3/3火曜の休校開始から丸8週間経過、9週めに突入しました。

その間の登校が、3/25の修了式、4/7の始業式のみ。

始業式の時点では緊急事態宣言が出ていなかったため、4/20から再開、その前に登校日も設定されている状況でした。
当然ながら、宿題も2週間分だったと思われます。

当然ながら宿題も終わってしまい、今の学習は、通信教育のみです。(元々塾には通っていません。)
ピアノも毎日は弾いていません。ピアノの再開のメドも経たず、父親の在宅勤務もあり。
お手伝いは、今では日課の如くやってくれるので親としては大変助かります。

ただこのままではGW明けから学校再開となるのかも不透明、県によっては5月末まで休校にするところも出てきているので、延長も視野に入れて過ごし方を再検討した方が良いのかな?と思っているところです。

家のお手伝いに関しては、元々限られていたので、種類でも内容でも「スキルアップ」を考えれば良いかと思っています。
ピアノは、発表会も中止になるでしょうから、今は日頃レッスンでは弾かないような曲、弾きたい曲を弾いてみるのも良いのかなと。
問題は学習面ですね。先に進めることなのか復習なのか?夏休みの自由研究の如く日頃できないことに取り組むのか?など。

怪獣3号のアカウント作成

怪獣3号は、通信教育用に本人専用のiPadを持っています。
ただ今までPCは使わせずにきました。

ところが休校が長引き、横浜市も授業の動画配信をするようになったこともあり、私のsurfaceに怪獣3号のアカウントを作りました。

iPadで視聴できればそれで観てもらいたいのですが、本人に余っているPCを1台渡すのも色々不都合があり…。

怪獣3号には自分のアカウントで入れることは確認してもらいました。

動画を見るだけならiPhoneもiPadもあるため、実際にsurfaceを使うかはわかりませんが、使えるようにしておくに越したことはないかな、と。

中学生になってから、学内でどの程度PCを使っているのかは全くわかりません…。

緊急事態宣言から1週間…怪獣3号の不安

緊急事態宣言が出て1週間。
現在、中2・13歳の怪獣3号が「コロナ不安」真っ只中。
休校も7週めに入り、甘えが日々進んでいる。

元々インドアなところに外に出るのが怖いと言い、本当に家に籠っている。だから彼のことを愛情込めて「巣ごもりくん」と呼んでいる。

本人も年齢10の位を無くして「ばくは巣ごもりくん3さい!」と言っている。何故か家の中でも家着代わりに学校ジャージ着ているのに…。

感染症の情報から遠ざけるため、情報系のテレビ番組は消すようにし、本人にはネットニュース等も必要以上に見ないように伝えた。罹患した方が現状を伝えようとする発信(特に動画)は時に啓蒙になるが、時に不安を増大させる難しさ。

ただ、休校6週間経過しても、生活リズムが崩れることなく、毎日勉強し(宿題・通信教育等)家の手伝いもする。毎日9㎏の洗濯機が活躍する我家の洗濯物も私と変わらぬスピードで干せるようになった。今は炊飯器を使った料理に興味があるという。

ピアノはなかなか練習再開しない。臨時練習で週3通っていたヤマハで発表会が突如中止となり、モチベーションが急降下したのは仕方ないのかと。方向性を変えて彼の大好きなヒゲダンの楽譜を買ってみた。ピアノ譜とエレクトーン譜。私が弾くと踊りだす。

そう、本来の彼は、歌って踊って演技して「人を楽しませる」のが大好きなのだ。だから時に13歳、時に3歳になりつつ、家族が楽しく過ごしていけばいいのだ。夫が緊急透析・緊急入院になった時から、そうやって過ごしてきて今があるのだから。

休校期間2/3経過。予定では残り3週間。
在宅ワークな夫や、施設閉鎖な怪獣2号含め、家族の在宅時間が増える中、家族皆がより安全で安心で楽しく過ごせる方法を模索中。(怪獣1号と私は通常勤務…今のところ。)

より以前の記事一覧

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31