« 怪獣3号高校生活始まる | トップページ | 【両親介護の始まりその11】…娘でも進まぬ手続き »

【両親介護の始まりその10】…母のカンファレンス

母の入所した老健は、入所1か月したら「全体カンファレンス」が行われます。

所長はじめ、看護師・介護士・理学療法士・生活支援員(ケアマネ的存在)と家族です。

我家の都合で、1か月のところが1か月半後になってしまいました。

具体的なことは書けませんが、紙面含めて内容が分かりやすく書いてあり、スタッフで共有してケアしている様子がよくわかりました。

ただ、元々積極的に歩く人ではなかったのもあり、体幹や股関節周りが弱すぎるようで、自力で歩くにはまだまだ時間がかかりそうです。
面会できないからか、リハビリの様子を動画で見せてもらいましたが、素人の私が見ても、歩くのは程遠い…。

また、母の話は鵜呑みにできないこともよくわかりました。
確かにシルバーカーで歩いているのですが、あくまで1回あたり3~5mかつ直接のみ。
本人が50m歩いた…ってどういう意味でしょう?
距離感覚が壊れているのか、休み休みのトータルが50mなのか?

老健は、入所3か月はリハビリ週6ですが、その後は週3になります。

残り1か月半で、どこまで回復するのか?

老健の入所期間が最大で半年である以上、色々念頭において検討を始める時期なのかもしれません。

« 怪獣3号高校生活始まる | トップページ | 【両親介護の始まりその11】…娘でも進まぬ手続き »

家族(実家)」カテゴリの記事

介護」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 怪獣3号高校生活始まる | トップページ | 【両親介護の始まりその11】…娘でも進まぬ手続き »

2023年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30