« エアコン「水噴き出し対応」奮闘記(そのX) | トップページ | 巣ごもり消費は楽譜とレジスト? »

生きる時間があと〇日とわかっていたら?

人は生まれた時から終わりへのカウントダウンは始まっている。
ただ、それがどのぐらいかは人によって様々であり、誰もわからない。

漠然と考えると「平均寿命」がある意味目安になるのかもしれない。
ただ、それはあくまで平均値であって、生まれてすぐ天使になる方から、長寿と言われるほど長生きされる方もいる。
更に言えば、天使の状態で生まれてくる命もある。

最近ある本にもなっていたが…

「生きる時間があと〇日とわかっていたら、自分は何をするだろうか?」

7月に入ってから、ふとした時に考えている自分がいる。

実弟が亡くなってからもうすぐ1年になる。だからだろうか?

実弟の1周忌までカウントダウン。
自分へのモヤモヤが少しでも解消するような日々を送りたいと思う。

« エアコン「水噴き出し対応」奮闘記(そのX) | トップページ | 巣ごもり消費は楽譜とレジスト? »

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« エアコン「水噴き出し対応」奮闘記(そのX) | トップページ | 巣ごもり消費は楽譜とレジスト? »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30