« 2020年6月 | トップページ

8月の始まり=夏休み開始

今日で7月が終わり、明日から8月です。

以前も書きましたが、休校、緊急事態宣言、在宅勤務、不要不急の外出等、イマイチ実感がありません。

怪獣3号の中学校は8月1日から16日まで夏休みです。
例年5週間のところ、今年は2週間です。
土日祝日があるので「平日の休み」という意味では9日間のみです。

我家の夏休みは元々バラバラです。
夫は元々固定休でなく、怪獣1号の職場はお盆の頃に連休(今年は有休を足して1週間休みにするそうです)、怪獣2号の通所先はお盆数日のみ休み、私に至っては夏休みなしです。(休むとしても有休を使うしかないため。保育園全体休みは日曜祝日と12/29~1/3のみです。)

結果的には2週間といえども怪獣3号が一番夏休みが長い状況です。

新型コロナが少しでも落ち着いていれば…と思っていたのですが、最近の、緊急事態宣言時の数値より感染者数が大きすぎる状況では、正直、計画は何も立てられない状態です。

とりあえず、短いなりに、何か「いつもと違うこと」ができればいいかなぁ…と思っています。
最近流行りの「家の中にテント」用意して外出気分でも味わいますか!?

エアコン「水噴き出し対応」奮闘記(続き)

前回記載した「エアコン水吹き出し対応」のその後…

遂に業者にお願いしました!

----------

子供部屋のエアコン、「冷房」ならば今のところ大丈夫なのですが、相変わらず「除湿」にすると水が溜まってきて家の中に噴出してしまう…ため、再度夫と2人で点検。

①一応外に水は排出されていることを確認
ただし量は計ってないので多いか少ないかは不明。

②ドレンホースの詰まりの再確認
前回同様「掃除機」で吸い取ってみたがやはり異常なし。

前回記載した
③ドレンホースの劣化?
④フィンの結露?
⑤ドレンパンの汚れ?
⑥エアコンの傾き?

これは素人では確認しようがないので、今回はパス。
そして専門の方にお願いして見てもらいました。

やはり一番多いのが「ドレンホースの詰まり」ということで、ポンプで作業してもらいました。
エアコン3階、室外機1階という環境ですが、1階でポンプ作業しても3階のエアコンのところまでボコボコ音が聞こえました。
凄いパワーなのですね。

結果的にはこれでも解決せず。

ここで業者さんと話をしたところ

〇ドレンホースの斜め箇所に何か溜まっている?
ホースを3階から1階に引いているのですが(エアコン側にベランダがないため他のエアコンも2階3階から1階に引いている)、他のエアコン3台はホースをまっすぐ引いているのに対し、このエアコンだけは窓の都合で2か所斜めなところがある。
〇ドレンパンの汚れ(上記⑤)
これはあり得るが、分解して掃除となると、かなりの費用がかかってしまうとのこと。
(新品を買うのと変わらない可能性が高い。)
〇エアコンの寿命との兼ね合い
エアコンの寿命は一般には10年だそうですが、既に8年使用している。そのため、費用をかけて修理することと、(いま冷房では問題がないため)この夏はどうにか乗り切ってシーズンオフにちょっと寝下がったエアコン新品に変えることと、どちらが良いか?費用対効果的を考えると後者の方が良いのではないか?

これらの話から、今回は「冷房」で乗り切り、シーズンオフを待ってエアコンを新しくする方法でまとまりました。
あくまで夏が終わるまで「冷房で水吹き出し問題が起きなければ」条件付きですが…。
ただ新しくするとしても、ホースのカーブが排水に影響があるのか否か?は検討する必要がありそうです。
同じ年数使っていて、他のエアコンに比べ特に使用頻度が高いわけではなく(むしろ低い方)唯一の違いがホースのカーブがあることなので。

----------

とりあえず、この夏は無事エアコンが使えることを願うばかりです。

弟の逝去から1年+3日

備忘録と心の整理のために書いているこのシリーズも今日で終わる予定。

2019年7月28日。弟の急逝から1年と3日。告別式。
この日も両親の代わりに何かと多忙だった。。。
やはりこれ以上は書けないですね。まだ。

弟は中1の4月までピアノ習っていたのだが、最後の発表会に弾いた「ベニスのゴンドラの歌」、会場スタッフが何度も弾いてくれたよ。
この曲、参列できなかった怪獣3号も大好きだったんだよね、と思い出しながら聴いていた。

1つ良いことがあった。告別式は、怪獣2号も最初から最後まで、斎場まで無事参列できた。
2日めというのもあり、彼なりに雰囲気を察し、座っている時は動くどころか一言も発しなかった。
焼香等で立ち上がると「〇〇行く~」など言っていたけれど、彼を知る方々からすればその程度で済めばご愛敬レベル。
こういう時はやはり第七感が働くのだろうか?と思った程。

あとはやはり両親が更に老けて見えたこと。
両親の状況からして覚悟していたが、遺影を持って霊柩車に乗った。
ただ、そのおかげで、弟とは最期の最期まで話ができたよ。

ちょうど霊柩車で移動しているころ、怪獣3号はピアノの発表会で、本当に最期の最期、斎場に到着する直前ぐらいの時間が演奏時間だった。
怪獣3号が演奏した曲は、ダカンの「かっこう」だった。
弟を送り出すのに、ちょうどいい曲だったな。偶然だけど。

この日の朝、1人で自分のステージを全うする怪獣3号に連絡をした。
「相模原に届くように弾くから」
と返事をくれた。頼もしいと思った。これで発表会は1人でも大丈夫と確信した。私は私のステージで喪主代理を最期までしっかり努めようと思った。

今日もこれから弾いて追悼しようっと。

最後に。。。
両親の代わりに姉の私にあれもこれもそれも仕事が降って湧きまくったのは全て「弟が独身だからだ!!!」と勝手に恨んでおくか。。。

弟の逝去から1年+2日

備忘録と気持ちの整理兼ねて連日書いています。

今日は2020年7月27日。弟の急逝から1年と2日。

1年前、2019年7月27日は土曜日。通夜日。

朝から実家(相模原)へ行き、最初のイベントは、棺に入った弟を自宅から葬儀場へ送り出すことだった。
近所の方が見送りに来てくださった。
私が生まれたころに開発された住宅街なので、かなり入れ替わったといえども、ご近所にはまだまだ古くからのお知り合いも住んでいる地域。実家に行っても通常は偶然でもない限り会わない近所の方々にお会いした。20年ぶりぐらいだった方もいたと思われる。

そこから先は正直よく覚えていない。

何かドタバタしているうちに時間になり、(父が車椅子なので)介護タクシーで両親と3人で斎場へ向かった。

実家から葬儀場(JR相模原駅近く)方面へ行くのは20年以上ぶり。景色を見ていてもマンションや住宅地ばかりで、以前何があったのか思い出せないほどだった。

現地についてからは、車椅子で移動制限のかかる父に代わって、あれこれ動いていたことしか覚えていない。
葬儀場スタッフとの打ち合わせ、お坊さんへの挨拶、参列の方々への挨拶、その他確認事項諸々…。
早く行ったから、ここでも弟の顔はしっかり見ることができた

(重度知的障害+重度自閉症で状況が把握しきれず声を出してしまう)怪獣2号は途中退席したが、怪獣1号と3号は無事参列できた。
ただ両親の次に私が妹と先に焼香してしまい、怪獣1号と3号の焼香の時に2人がどうやるか悩んでいるのを見て「そうだ初めてだった!」と慌てて横に行き教えたのであった。確かに、通夜は夫+怪獣どもとは現地集合だったし、全体の流れ含め教えている時間も余裕もなかったな。
まあ最後には夫と怪獣2号も焼香できたし、怪獣2号も空気は察したようなので良かったとしましょう。

その後は、関係者集まり食事だったが、自分の子供達とはちょっとしか話せなかったな。
親戚と話ている方が長かったかな。そもそも父の病状も弟の事もほとんど知らせていなかったようだから。

親戚はもとより、会社関係者の参列数が想定外に多かった。
現役社員であり、定期的に異動があったから、顔が広いのは当然だったのかもしれない。
連絡のついた高校のお友達の方々も参列してくださった。急な事にかなり驚いたであろう。

夫と怪獣どもは自宅へ帰ったが、私はそのまま実家泊り。
同じく父の介護タクシーで両親と一緒に戻ったが、夜に日記や報告(含むネット)等書いたことは覚えているが、後は何をしていたのか記憶が確かでない。でもあまり寝た記憶もない。何かぼんやり考えていたのだろうか?

翌日が怪獣3号1人で留守番かつ発表会参加としたため、それが心配でならなかった。

----------

そして1年経った今日2020年7月27日は月曜日。
いつも通り、夫と怪獣1号と怪獣3号を送り出し、怪獣2号の通所で運転。
幸いなことに、仕事は休みでエレクトーンのレッスン日だった。
何も無くても仕事を休み申請したかもしれない。(仕事は夕方から夜だから。)

家事以外、ピアノとエレクトーンをひたすら弾いていた。

夜はエレクトーンのレッスンだった。
今日は弾けないだろうと思ったが、いざ行ったら、いつも以上に弾いていた。
ヤマハは弟と6年も一緒に通っていたから、いざレッスンに行くと、まあ、色々想う事は多かったなぁ。
今日も一緒に通った「ジュニア科専門コース」の頃のことばかり思い出していたっけ。

弟の逝去から1年+1日

2020年7月26日。弟の急逝から1年と1日。

自分のベッドで眠るように亡くなった弟。25日はそのままそこで1日過ごし、1年前の今日26日午前に、化粧をして、棺に入った。
妹が夜に実家に駆け付けた。

私はこの日だけ自宅に戻らせてもらった。
25日は朝から実家へ行き、27日28日と葬儀で宿泊になるので、自宅に戻れるのはこの日しかなかったのだ。

この日は怪獣3号の部活(演劇部)の大会だった。
応援のために、夜中帰宅のヘロヘロの中、区の公会堂へ行った。
終わった後、外で集合写真撮影大会となり、応援に駆け付けた先生方や保護者も集まり、撮影の嵐だった。
無事終わってホッとした。

午後に帰宅してからは、翌27日の通夜、28日の告別式のための準備。
私が27日朝出発で実家泊りになるため、怪獣どもの参列準備を全てこの日にやらなければならず。

怪獣どもが喪服なぞもっているはずもなく、怪獣3号は制服、怪獣1号2号は白ワイシャツと黒ネクタイを買った。
怪獣ども、結婚式の参列経験があるが、葬儀は初参列なので、準備をしても何か足りない気がして仕方なかった。
27日28日は怪獣どもの対応が基本旦那対応になるため、自分が入院でもするかの如く色々気になった。

とはいえ、宿泊になるため、自分の準備もある。
実家とはいえ、自分のものは一切ないため、色々持ち込み…。

演劇を見に行った、準備に追われた、それしか記憶にない。

----------

今日はピアノとエレクトーンを沢山弾いて追悼する予定だった。
実際は全然弾けなかった。
何故か何も手につかなかった。

弟の逝去から1年(一周忌)

本日2020年7月25日、弟の一周忌を迎えました。
この1年、ご参列・ご連絡・ご心配・そして墓参り等していただいた皆様、本当にありがとうございました。

本来ならばこの時期「東京オリンピック」が開催され、そのために「都内で法要できる状況?」と思っておりましたが、現実は「コロナ禍」のために法要・墓参り等は行わないことになりました。

私、ここ1週間以上、朝3時すぎに目が覚めてしまう事が続いていました。
実は今朝、父も3時台に目が覚めたそうです。弟が亡くなった時刻(推定)が3時台なので、起こされていたのかな?と思う事にしています。

弟は向こうの生活にも慣れて、ドライブでもしていることでしょう。
また新車に乗り換えていたりして?

私は手元に弟の遺品や通院時メモがあるため、心の整理にはもう暫く時間がかかりそうです。

弟の友人・関係のある皆様、たまには思い出してやってください。

----------

20200724_032031535_ios 20200725_061447578_ios
20200725_060107285_ios 20200725_060332922_ios 20200725_060319292_ios

写真1)弟から譲り受けた鞄の中から「とろみ剤」が出てきました。飲み物でも味噌汁でも水分に入れるとトロッとするそうです。術後最期まで水を飲むのも一苦労、すぐ咽る生活だったなぁと思い出していました。

写真2-5)天気が不安定な中、家の近所の緑を求めて3㎞ほど散策。緑を見て空を見て、本当に様々なことに想いを巡らせていました。

時の速さは巣ごもりの結果?

タイトルの通り。

今年は
・気づいたら桜が咲き
・気づいたらツツジが咲き
・気づいたら紫陽花が咲き
・気づいたら朝顔が咲き
・気づいたらセミが鳴いている

後者2つは最近ですね。セミってこんな時期でしたっけ?でも鳴いていたんですよ。数日前。

3月初めの怪獣3号休校措置、夫の在宅勤務から時の流れがおかしいです。

まあ3か月も休校し、夫は未だに(というかこれからずっと?)在宅勤務、更には毎日新型コロナなニュースばかり流れていては、5か月時が止まったような状態であるのは無理もない気がします。

一般に、年齢を重ねると時間の流れが早く感じるようになるといいますが、今回に限っては「巣ごもり」が一番大きな要因な気がします。
私の行動範囲は、家と職場と買物と通院と子供送迎と習い事、の往復だけにしているので、無理もないですね。
仕事柄、不要な外出もできませんし。

7月になっても外出時はマスク必須な状態。仕事中はマスクに汗が溜まるような生活。
夏休みも今年はあるようなないような状況。(怪獣3号の中学校は2週間。)

このままでは夏を感じないうちに「気づいたら紅葉が…」となりそうで怖いです。

巣ごもり消費は楽譜とレジスト?

最近何故か、YouTubeやAmazonMusicが欠かせない。
趣味というより怪獣3号希望の曲探しと曲を知るため♪

元々は、コロナ不安で一時期ピアノが弾けなくなった怪獣3号に「これなら弾くだろう♪」と彼の大好きな「ヒゲダンのイエスタディ」のピアノ譜を探して与えたのが始まりだったのだが…
レッスン再開されても、ツェルニー40番とこの手のピアノ曲を弾いている…からこちらは楽譜探し。
(ベートーヴェンやモーツァルトはどこ行った?)

曲が気に入れば私が同曲のエレクトーン楽譜も買ってしまうため、最近「プリント楽譜」にいくら投資しているのやら…「我家の巣ごもり消費はココにあり」という状況です。

ちなみにここ3~4か月で購入したもの…

①イエスタディピアノソロ上級楽譜
②同中上級楽譜
③同連弾中級楽譜
④同エレクトーン6級楽譜 ⑤同レジスト
⑥Pretenderエレクトーン6級楽譜 ⑦同レジスト
⑧ピースサインピアノソロ中級楽譜
⑨夜に駆ける連弾中級楽譜

そして私のレッスン用に
➉宝島EL&EL中上級レジスト
⑪相棒4EL&EL中級レジスト
⑫風紋EL5級レジスト
⑬ホルスト第一組曲マーチ5級レジスト
(おまげだが⑫⑬の楽譜は他の曲込み別途曲集として購入 約2500円)

ソロ楽譜500円・連弾楽譜600円・レジスト300~400円
合計すると結構な出費だが、レッスンが3か月止まった分の月謝で補填できるから良しとするか(^^;)

しかしこれら全てネット購入。楽器店へ行って楽譜を買っていた時代はどこへ行った?

生きる時間があと〇日とわかっていたら?

人は生まれた時から終わりへのカウントダウンは始まっている。
ただ、それがどのぐらいかは人によって様々であり、誰もわからない。

漠然と考えると「平均寿命」がある意味目安になるのかもしれない。
ただ、それはあくまで平均値であって、生まれてすぐ天使になる方から、長寿と言われるほど長生きされる方もいる。
更に言えば、天使の状態で生まれてくる命もある。

最近ある本にもなっていたが…

「生きる時間があと〇日とわかっていたら、自分は何をするだろうか?」

7月に入ってから、ふとした時に考えている自分がいる。

実弟が亡くなってからもうすぐ1年になる。だからだろうか?

実弟の1周忌までカウントダウン。
自分へのモヤモヤが少しでも解消するような日々を送りたいと思う。

エアコン「水噴き出し対応」奮闘記(そのX)

今朝、久々に、子供部屋のエアコンから水が噴いていました…。

一晩エアコンを「除湿」でつけていたのですが、その水が排出されず部屋に出てしまったようです。
以前にも一度「除湿」中に水が出たことがあったのですが、一晩=8時間ぐらいつけていたので流石に溜まってしまったのかと…。

今のところ「冷房」にしている分には問題ありません。

今朝は水溜まり状態で、ちょうど吹き出し口にあたる床も濡れるは、エアコン真下にあるテレビの裏側にも水が散っているは…。
幸い布団はエアコンの吹き出しから離れていたためセーフでした。

早朝に気づき、取り急ぎ(消すには暑かったので)冷房モードに変え、バスタオル持ち込みで水をふき取り…。

その後は、エアコンの掃除と観察。

①そもそも外に水が排出されていない!
除湿でも冷房でもつけていれば少なからずドレンホース(室内機に溜まる水を外に排出する管)から出るはずの水が全く出ていないことを確認。(その下の砂利が濡れていなかった。)

②ドレンホースの詰まり?
ググったところ、水漏れの原因の大半はこれだそうで、まずはドレンホースの掃除。
ところがここで大問題。実はこのエアコン、室内機が3階で室外機が1階。ホースが長ーいので全部を掃除するわけにいかず、1階の出口のところから長ーい棒で何か詰まりがないか見て、掃除機で吸ってみて。とりあえず異常なし。
傾きも確認したところ逆流するような状態にあらず。

③ドレンホースの劣化?
これもググった結果から。確かに3階から1階と長い配管ですが化粧カバーはしているので、早々劣化はしにくいと思われる。

④フィンの結露?
フィンとは、エアコン内部、フィルターを外すと出てくる「金属板が縦にたくさん並んでいる部分」。空気を暖めたり冷やしたりして温度を変える役割をする。急激に冷やすとここが結露し、大量発生した場合に排出が追いつかない場合があるとのこと。そもそも急激に冷やしていないが…念のために対応を。解決策はフィルターの掃除・フィンの掃除ということなので、フィルターを掃除し(これは効率UPのために元々定期的に行っている)、その後フィンの掃除…と思ったらフィンがビッショリ!この原因がわからないので、今回はフィンの表面の水分をふき取り、目詰まりを起こしている可能性も含め掃除機で吸い取ってみました。ところが、フィンはかなり水を含んでいたみたいで、掃除機が水を吸ってしまい中断。掃除機が壊れては困るので次回は(暫くエアコンを使わないなどして)水分が無い時にチャレンジか?

⑤ドレンパンの汚れ?
ドレンパンとはエアコン内部にあり、フィンとドレンホースを繋ぐ部分。フィンで発生した水をドレンホースへ流す役割。フィンに水が溜まっているということは、ドレンパンが詰まっている?と思ったものの、内部なのでこれは今回は対策しようが無く。

⑥エアコンの傾き?
ドレンパンはエアコンの左右どちらかにあるのですが、エアコンの取付がドレンパンが上になるように付いていたら当然水が流れず滞留してしまいます。ただこれに関しては、取り付け後既に7年使っていて今更?それともエアコンの取付都合で傾いた?としか考えられず。とりあえずエアコンが少し上下に動いたのでドレンパン側が下になるようにしてみた。(これはあくまで感覚だけなので誤差なり実質変わっていないと思われる。)

私ができる範囲のことはチャレンジしてみたのですが、エアコンの内部なり、3階から1階への長いホースの途中エラーであっては、私では手に追いない、専門の方に対応していただくしかないので、本日はここまで確認して終了しました。

ここまで作業するのに軽く4~5時間程度かかってしまいました。
ググるのに時間がかかってしまったのも大きいです。

最後に確認したところ、「冷房」の状態では、それまで出ていなかった水が出ていました!
少なくとも他のエアコンと同じ程度に。
(流石に「除湿」にする勇気はなくイマは「冷房」です。)

「冷房」程度の排出なら追いつくのか、「除湿」だと間に合わないのか、①~⑥の確認の成果なのか?
明日以降、切り分けて調べてみたいと思っています。

しかしググると何でも出てきますね。知らぬ言葉が沢山出てきて都度ググっていました。
動画もたくさんありましたが、「エアコンの分解方法」がUPされているのには流石にビックリ。。。

七夕…

今日は7月7日、七夕です。

職場の保育園には笹が用意され、子どもたち(もしくは保護者)が書いた短冊他が飾られています。

昨日仕事後に子どもたちの短冊を見てみたら、「〇〇(アニメのキャラクター等)になりたい!」「〇〇(欲しいもの・好きなもの)が買ってもらえますように!」というのが多く、クリスマスのサンタさんへのお願いみたいだなぁ…と。
子どもの代わりに保護者が書いている方もいますが、子どもの願いらしきものの隣に、親の願いが書いてあるものが少なからずあります。これがまた現実的で…。「朝早く起きて欲しい」「手伝いをして欲しい」などなど。きっと日頃お家で格闘していることなのだろうなぁ…と勝手に想像。

我家の怪獣1号と3号も「〇〇になりたい!」と言っていた時期がありましたが、怪獣1号が動物で、怪獣3号は仮面ライダーだった記憶が…。3歳が通る道なのだろうか?と思ってしまった昨日でした。

我家には笹も短冊もありませんが、書くとしたら何を書くかなぁ…と、考えながらの昨日の仕事帰りでした。

1年前の記録を振り返って…亡弟とのやりとり

弟が急逝してからあと3週間で1年になります。

1年前の昨日7/2は(舌癌の管轄である)耳鼻咽喉科・頭頸部外科の最終診察日(※)、明日7/4は(癌で崩れた背骨フォローの)整形外科の最終診察日でした。主治医は前者なので、私は7/2の通院に付き添い。弟と母を連れて大学病院へ行き、主治医とソーシャルワーカーさんと話をしました。
※以降緩和ケアとしての訪問診療に切り替えたため。当時の話はココに。

結果的に、弟の顔を直接見て話をしたのはこの日が最期となりました。

この頃は、通院の日は疲れてしまって、部屋に上がったら降りてこない…弟でしたが、この日は珍しく降りてきて、夕飯の後、暫く2人きりで話をしました。ちょうど我家の怪獣3号が中学生になり学校生活に慣れたり、ピアノ(ヤマハ)の生活も弟を抜いたところでしたので(弟も小学校卒業までピアノ続けていました)、怪獣3号の話から、自分達が怪獣3号の頃、一緒にヤマハに通っていた頃の話、中学校の部活や先生の話など、共通する懐かしい話をしました。

この日の私の帰宅後と翌7/3のLINEは、真面目な内容で、長い文章になりました。

その後もLINEは亡くなる前日まで数日に1度、落ち着いている日は連日やりとりしていました。
亡くなる前日のやりとりでは、次に実家に行く日は8/1と決めていましたし…。

結果的に、文章は亡くなる前日のLINEやりとり、話をしたのはその最期のLINEから暫くたって突然かかってきた電話が最期となりました。

昨日は仕事もあり、この気持ちをどうにか封印していましたが、今日は…その1年前の通院のこと、主治医やソーシャルワーカーと話したこと、弟と直接話したこと、真面目な内容のLINEなどなど振り返っていました。

結果的に、LINEでも電話でも、
「あとは姉ちゃんがどうにかするから自分のことを考えて!」
ばかり言ったり書いたりしていたなぁ…と。

1年前の今頃の体調が落ち着いている時だったかな、「姉ちゃんには感謝してもしきれないほど感謝している」といった内容を丁寧に書いてきたこともありました。

今日は1年前のそんなあれやらこれやらを振り返りながら、弟とヤマハに一緒に通っていた頃に弾いた懐かしい曲を、弾いたり聴いたりしていました♪。

1周忌を過ぎたら、モヤモヤから少しは解放されるかな?少しはスッキリするかな?

「風紋」のエレクトーン譜発見!

2_20200703184701

エレクトーンで吹奏楽作品を弾きたくて検索していたら…この楽譜を発見。
タイトルの通り、吹奏楽で有名な曲をエレクトーン用に編曲されたものです。
今回購入したものは『吹奏楽作品集2』ですが、1から4まであります。

私が高校時代に指揮をした「風紋」、同じ年に男子部が演奏していた「宝島」、社会人になってから演奏経験のある「ホルストの第一組曲(のマーチ)」が収録されています。

5曲中3曲も知りすぎている曲が入っていたらポチっとするでしょう…ということで衝動買い。

問題は、私のエレクトーン演奏レベルが6級なのに、5~3級レベルしかなく背伸び承知で購入したこと。
※一般に初級9~8級、中級7~6級、上級5級以上

5~3級レベル(上級)になると、曲がほぼほぼカットされず原曲に近いものが多いので、その点では大変満足なのですが、マジメに練習しないと弾けない…。

まずは自分が学生指揮者時代最後に指揮をした「風紋」にチャレンジ予定。
エレクトーンを習い始めた4年前から「楽譜があるならいずれ弾いてみた曲」の1つだったので、気合だけは充分!
長期戦覚悟で頑張ります♪

早速レジストデータも購入しました。(楽譜の他に音色やリズムの入ったものを購入する必要があります。自作できないので。)

ちなみに、このシリーズのうち「吹奏楽作品集1」には、私の大好きな「アルヴァマー序曲」が載っています。
そしてその本、エレクトーンを習うどころか全く弾いていなかった「10年前!」に購入していました。
当時の楽譜はそのまま2年前に再販されたので、実はそのまま使えます。
(エレクトーンのレジストがStagea対応に変更しただけで、楽譜はそのまま使えるとのことです。)
唯一の難点が、原曲と比べるとカット含め、編曲が…。

余談ですが、エレクトーンの場合、1曲演奏するために、その楽譜とレジストデータ両方購入すると合計約1000円。
やはり楽譜だけのピアノより割高になりますね♪
(最近の私の巣ごもり消費=ネット購入はほとんど楽譜がデータのような気が…)

心模様を探ること

今まで、私自身が「心身不調」(注)で寝込んだり、家事育児ができなくなったり、仕事を休んだりしたことはあるのですが…
最近身近な方が「心の不調」で仕事を休んでいます。
最近身近な方が「大きな決断」の波の中にいます。

(注)心が不調な時…と書きたかったのですが、心が不調な時は必ず身体も不調になっているのでこのような言葉で…

私自身の心が不調になり、動けなくなった後、「実は私も…(実際に休むなり経験談なり)」と聞くことは少なからず経験してきたのですが、何故か今までは自分が1番に倒れることが続いており、身近なところで先に倒れた方が出たのは初めてです。

他にも「予備軍」に見える方が身近に数名います。

私自身余裕があるつもりはないのですが…
周りが見える=私自身は少なからず心に余裕がある、と良い方に捉えるようにしています。
そして、今まであまり自分から話すタイプでなかった方が凄い勢いで話す姿を見て「余程溜まっていたのだろうか?」「何がこの人を変えさせてしまったのだろう?」と冷静に分析している自分がいます。

今は聞く側に徹し、話の中から「トリガー探し」「それを取り除く(軽減させる)方法」を探っています。
そして、私が発することで、相手にとって、「新しい気づき」「取り急ぎできること」が見つかればいいな、と思いながら。

顔を見ながら話すことは大切であり大事なことだな、と思うこの頃です。

早起きは得?

元々朝が弱い私ですが、最近は朝6時半に目が覚め、30分ほど身体をほぐして(柔軟体操なり足のマッサージなど諸々)、7時に起きる…という生活をしています。(正確には「心がけています」かもしれませんが…。)

ただ毎週木曜日だけは、在宅勤務の夫が7時から仕事(会議)のため、部屋を空けるべく朝6時には起きるようにしています。

ところが、今日は1時間勘違いをしていて(寝ぼけていたともいう)、朝5時に起きてしまいました。
そしてとりあえずリビングに移動して寝ぼけながら日課の体操などなど…を行っていたら、1時間早く起きていたことに気づいてしまいました!!!

おかげで、朝6時前から活動開始。
朝食の用意も、弁当作りも、自身の朝食も、洗濯干しも、掃除も…一通り終わったところで9時でした!!!

通常は9時までに朝の支度をして、怪獣2号を施設に送るなりヘルパーさんに頼むなりするので、洗濯掃除は10時から11時頃に行います。
これが9時に終わってしまった!
なんと2時間も前倒しです!

おかげで、それから休息したものの、いつも11時すぎにアクセスするネットに、10時前にアクセスしているという事実。

さて、まだ10時すぎ。今日は何をしよう?
やはり早起きは「得」なのでしょうか?
何か得した気分になるのが不思議ですね!

問題は、週に1度必ず早く起きなければならない木曜日に限って、必ず仕事があり、20時半帰宅になることでしょうか…( ノД`)シクシク…。

2020年後半戦スタート

今日は7月1日。
なんと2020年下半期のスタートです。

2019年の年末に体調を崩し、復活したかと思いきやインフルエンザに罹り、それが復活したかと思いきや世の中は新型コロナウイルス…

気づいたら半年終わっていた…という状況です。

そもそもこの半年の半分3か月も休校だったり、テレワークにになったり、緊急事態宣言なるものが出たり、イレギュラーという言葉では語り尽くせないことが多すぎました…我家に限らず世の中全体として。

私自身の心身は、大波小波ありつつ収束しつつある状態です。
梅雨や低気圧の影響もあるのか日による波が大きい気がします。

「自分自身」を優先して生活しているので、普通に生活する分にはほぼ影響はなくなりました。
ただ「常に何かある!」のが我家なので、それに耐えうるにはもう一息です。

誕生日のブログにも書きましたが、今は、毎日少しでも、柔軟体操したり、本を読んだり、自分の考えをまとめる時間を取っています。

そして最近は、職場の人間観察、子どもたちの言動や発達、先生方の心の葛藤を観察し、その原因や対策を考えてみることが趣味になりつつあります。0歳から6歳の園児でも、ベテランから新人含め先生方でも、良かれ悪しかれ何か起こったときに、偶然か必然か、トリガーは何なのか、などなど。ただこれは、私が週3・1日3時間勤務だからできることかもしれません。毎日8時間だったら客観的に見る余裕がないかと…。

« 2020年6月 | トップページ

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31