« 熱中症? | トップページ | 1人の時間 »

コロナ不安との共存

新型コロナで様々なことがストップしていましたが、6月に入り、我家や我家周囲でも少しずつ動き出しました。元に戻り始めています。

様子を見ながらの戻り途中なので仕方ないのですが、様々なことがイレギュラーで、逆に把握しきれずにいます。
また、自粛疲れなのか、感じ方の違いなのか、人によっても感覚や行動がかなり異なるように感じ、それが更に私の心を疲れさせています。

私は「何が何でも感染してはならぬ」と潜在的に強く思っているようで、未だに不要不急どころか、日常の買物も必要最低限しか行かれません。
正直、人混みが怖いのです。人が少ないところと定期的に行く決まった場所(職場や施設)は大丈夫なのですが、不特定多数がいる場所では、今までからすれば「普通の人混み」でも「パニック症状」になりかけます。だから必要以上に家から出られないのです。

家に居ても、6月に入り、またピアノやエレクトーンが弾けなくなりました。通常のやるべきことはやっていても、趣味をしている場合なのか?的な感覚が占めてしまうのです。

コロナ鬱…となるのかわかりませんが、心の病の一種のようです。

だからといってその原因であるコロナは消えない、共存していくしかないのですから、そのためにどうすればよいか?
仕事を休めば軽減する…ような以前の鬱とは違い、原因が無くならない分、今回は難しいところです。

今はただ、身体も心もできるだけゆっくりして、共存できる状態にもっていくことなのかな、と思って過ごしています。

« 熱中症? | トップページ | 1人の時間 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 熱中症? | トップページ | 1人の時間 »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31