« 2020年4月 | トップページ | 2020年6月 »

緊急事態宣言が解除され…

5/25月曜、最後まで残っていた地域、東京・神奈川・埼玉・千葉・北海道の緊急事態宣言が解除されました。

それに伴って、月曜から連日、学校その他再開連絡がどんどん届いています。

メールも電話もLINEも…
緊急事態宣言が始まった時、延長した時もそうでしたが、今回もまたまた連絡が続きます。

新年度以上の連絡続き、変化続きで、また不安神経所とパニック障害が再発しています。
世の中的にコロナ鬱やコロナ不安と言われるのですから、元々疾患があるものとしては仕方ないですね。。。

我家に関わるところでは基本6月1日から徐々に…ですが、近隣のお店等は順次開店・時間延長してきました。

解除されてもウイルスが消えるわけではないですから、まさに「これから」ですね。

遂にベランダ掃除♪

緊急事態宣言後からは特に「衛生管理のための掃除」が中心でしたが、日々水回りや扉などの除菌掃除を始めれば、当然その他のところにも目が行くようになり…

今日は、遂にリビング前のベランダ掃除を。

広くはないのですが、毎日洗濯物を干すのもあり、土ぼこりの塊に加え洗濯ゴミも落ちています。

天気は曇りながら、ふと思い立って、掃除開始。
掃除道具は風呂掃除用の柔らか目な取っ手付きブラシで。

ホースはないので、2リットルペットボトルでお湯を運びながら(^^;)

まず掃き掃除兼ねてブラシで土ぼこりとゴミを集め…
水の流れる大元の掃除をし…
お湯を流しながらゴシゴシこすって…
最後に全体を流して終了!

取っ手付きのブラシを使ったからか、意外と疲れることなく掃除完了!1時間!

今、コンクリむき出しなので、木目のタイルか、人工芝か、何か敷きたいと思いつつ、計画倒れ早6年。

掃除をする度に「何かしたい!」と思うのですが、どうしましょう…。

今日は掃除しないですが、3階のベランダは横に長い上に屋根がない=もっと土ぼこりがあり雨が直接当たるので、更に悩ましい。
やはりリビング前の2階だけは早くどうにかしたいなぁ…。

怪獣3号くん休校12週め突入

怪獣3号の巣ごもり生活が78日めになりました。
今日から12週め突入です。

10週を過ぎてから、週を数えるのもわからなくなってきました。
ざっと2か月半ということですね。

ここまで長く家にいると、「居るのが当たり前」で、それはそれで慣れてきた感じです。
逆に学校再開しても社会復帰できるかが心配です(笑)

最近はピアノを弾くことも増えてきたのでちょっと安心しています。
ただ「巣ごもりくん(3さい)」からは脱出しません。
反抗期で親に寄りつかないよりは断然良いのですが、「本当に3さいでは?」と心配なところもあります。
今はただ、甘えて不安発散できているならヨシとしましょう、という感じで見守っています。
この状況に父親もすっかり慣れてくれました。多分…。

やはり個人的に一番気になるのは、家族で一番「巣ごもり生活」になっている怪獣3号です。
学校で得られるものは学習面だけではないので、何らかの形で再開して欲しいです。
とはいっても、いきなり元通りでは感染拡大も怖いですし、難しいです。
ただでさえ全校生徒1000人な学校なので、どうやっても「蜜」になりますし…。

緊急事態宣言が解除されれば、学校は少なからず再開されると思っています。
ただ、
・怪獣1号と私は変わらず出社
・怪獣2号はサービス半分停止がどうなるか?
・夫は在宅勤務でも仕事はできるのでどの程度の出社になるのか?
という状況です。

神奈川県なので、緊急事態宣言は少なくとも月末までは続くでしょう。
あと10日、怪獣3号には「とりあえず宿題だけはちゃんとやってください!」「少しは運動してください!」という感じです。

母の日+α日

昨日5/10は第2日曜日、母の日でした。

我家的には、母の日=何もない日ですし、私がのんびりできればそれでよいのですが…

自分の母・義母に何もできずにいました。
(会えないどころか贈り物すらできず…)

1日経った5/11、必要な外出で、駅まで行ったところ、駅前の花屋数軒にカーネーションが沢山ありました。
そしてよく見たら駅ビルの正面の催事スペースは(元々店内にある!?)花屋が「母の日コーナー」になっていました。

母の日コーナーがまだあった!!!
…ということで早速発送しました。2人の母へ。
到着は明日の予定です。それでも2日遅れですが…(^^;)

あとからお店の方に伺ったところ、水曜まで開催しているとのことでした。
例年もそうなのか、今年だけなのかわかりませんが、個人的には凄く助かりました。

カーネーションはもちろん、紫陽花やバラもありました。
出かけないこの頃、久々に花をたくさん見て癒されました!

店内の花を撮影するわけにはいかないので、駅前で撮影した「駅前銀の玉と慶応大学日吉キャンパス銀杏並木」を。
すっかり新緑の季節です。

20200511_011447909_ios

5月第3回バドミントン大会

我家全員運動嫌いなはず…だったのですが、在宅すぎて何か心身に変化でも起きたのでしょうか?

…というぐらい不思議なことに、土曜に引き続き、昨日日曜も「バドミントン大会」が行われました。

今回は、父親と怪獣3号だけですが…。
私は前回の打ち方が悪かったのか?肘と腕上部が痛くなってしまい今回はお休み。

怪獣3号、すっかり慣れてきたようです。
相変わらずサーブで空振りもしますが、ラリーが続く時は続きます。

怪獣3号は何回か、私が見ていた2階の窓に入れようとチャレンジしていましたが、かなりいいところまで届いていました。
ここまで打てるようになったとは…
父親も負けじと?バシッと打ち返していたりと、親子で心地よく過ごしているようでした。

あの運動嫌いな怪獣3号がここまでハマるとは…驚き通り越して「何が起きたの?」状態です(笑)

5月第2回バドミントン大会

我家全員運動嫌いなのですが、GW中に運動不足解消で1回「バドミントン大会」をしました。
場所は自宅前の私道。この時は途中で天気が崩れ30分ほどでしたが…。

バドミントンをするのはこの時がほぼ初めてであった怪獣1号と怪獣3号。
この時は空振りに飛ばずになかなか大変でしたが…。

今日、何を思い立ったのか、怪獣3号が「バドミントンをやりたい!」と言い出し、父親不在でしたので、怪獣3号と私で開始。
途中で(今日仕事だった)怪獣1号が帰宅し、途中から3人で。

今日はラリーもですが、打ち方の練習、(駐車場が空いていたので)駐車場に向かって思いっきり打ってみる、羽は2本で打ちまくり…など、部活かの如くバシバシと打ち、身体を動かしました。

おかげで、怪獣1号3号とも、前回よりは明らかに上手に打てるようになりました。
前回はラリーにならなかった怪獣ども、今日は、怪獣1号と私が8回、怪獣3号と私が7回続きました!

彼らにしては大進歩!!!

途中から3人になったとはいえ、トータル1時間半の運動。
なかなか良い汗かきました。
私は肘の使い方が悪かったのか、古傷の右肘が珍しく痛くなり、いまサポーターしています。

なんといっても、「あれだけ運動嫌いな怪獣3号くんが自分から運動!と言い出したこと」に母は感動です!!!

楽しみの1つとなるといいな。

親子初連弾♪…髭男「イエスタデイ」

今日初めて、怪獣3号と連弾合わせました。
GW前に少しだけ合わせたことはあったのですが1曲通して合わせたのは今日が初めて。

遂に「親子初連弾」です(^^♪

曲は怪獣3号大好きなヒゲダンこと「official髭男dism」から「イエスタデイ」です。
レベルとしては中級です。(『ぷりんと楽譜』による。)
原曲ママな変ト長調(♭6個)と長さになっているため、音符の量や複雑さからすれば中級なのですが、いざ弾いてみると結構大変です。

♭6個な曲は日頃あまり弾かないため、お互いどうしても♭を落としてしまうなどまだまだミスはあります。
♭♭(ダブル♭)なぞ出てくるともう頭混乱。

ただ、全体を通してみると、ピアノを1人で弾くより音の幅が広がり、4分半近い長さがあり、なかなかの弾きごたえ、達成感があります。
あれだけ連弾に後ろ向きだった怪獣3号も、達成感満載だったようです。
すっかりエレクトーンな私も、4分以上のピアノ曲は久々で、最後まで弾いたら心地よい爽快感!

あとはお互い細かいところをもう少し練習しましょう…という感じでしょうか?

-----

この曲ですが、私は連弾の他に、エレクトーンソロでも弾いています。(先の『ぷりんと楽譜』にありますし本も出ています。)
ちなみにこの曲の伴奏進行を分析するととても面白いです。
異様にIV度やⅥ度がが出てきます。
メインのところ…3つめのメロディーのところでは
Ⅳ→Ⅴ→Ⅵ/Ⅴ→Ⅵ→Ⅱ→Ⅵ/Ⅴ→Ⅵ→Ⅴ→Ⅰ→Ⅳ/V→
と続きます。
こういうところにばかり目が行ってしまう私です…。

休校延長と担任からの電話

怪獣3号通う横浜市立学校は、先に書いた通り5/10まで休校予定でしたが、緊急事態宣言延長に伴い正式に「5月末まで休校延長」になりました。

横浜市のページには5/5付けでUPされていましたが、学校一斉配信メールは予定通り昨日5/7に届きました。

4/7の始業式以降、メール対応しかなかった中学校ですが、今日初めて担任から電話がきました。
今年異動してきた先生のため、私は勿論、怪獣3号本人も1対1で話す機会なく、実質今日が初めて状態。担任とすぐ仲良くなってしまう彼にとってこの電話はとても嬉しかったようで、気持ちがリフレッシュされた模様。なんとなくいつもより元気になりました!

5月半ばに一度教材の受け取りで学校へ行くのですが、休校中の課題は郵送されてくるそうです。

電話では家での様子や対策について先生に伝えられましたし、怪獣くんの不安解消対策は先生も納得されていました。
本人も少し落ち着いたようで、たかが10分されど10分な貴重な時間でした。
(昨年の担任から、怪獣3号の家庭事情や本人事情がどの程度引継ぎされているかわからず…話が全て通じたか少し心配。)

怪獣3号くん休校10週め突入

公立中に通う怪獣3号くん、3/3火曜の休校開始から丸9週間経過、気づいたら10週めに突入していました。

GWがあったので休校とカウントするか微妙ですが、連続休校の状態には変わらず。

当初、緊急事態宣言最終日かつGW最終日である5/6水曜までの休校でしたが、先に5/10日曜までの休校に延びていました。
この時点で10週間休校確定。

しかし、神奈川県立が5月末までの休校予定になっているところに、緊急事態宣言も延びたため、横浜市立学校も休校延長は時間の問題。
予定では本日学校から何かしらの連絡が来ることになっていますが、月末まで休校となると、更に3週間延長。つまり13週間休校に。

3か月越えです。本当にどうなってしまうのでしょう?
6月から開始したとしても、授業数だけ考えれば、夏休み返上・7時間・土曜授業で補えるのか?
更なる問題は、感染数の増減を繰り返して緊急事態宣言が出るなり、学校内で罹患者が出た場合に休校になる可能性もあるということ。

そうなると物理的に「学習面だけ」に限っても3月までに終わらないと思われます。
しかも学校行事を全てストップすることが前提。

学校は勉強を学ぶだけのところではありません。日常の人との関わりは勿論、部活動への取り組み、行事へ向けてクラス全体での取り組みにおける喜怒哀楽など、「塾でなく」学校だからこそ学べるものを全てカットしなければならない…というのも本末転倒と思われます。こうなったら、何を基準に考えるのかを考えるのが重要なのではないかと個人的には思います。
学習なのか、人との関わりなのか、心を育むことなのか…。

休校生活も2か月を超え、本人なり家族なりに、この生活には慣れてきました。
家族が家にいる状況にも慣れてきました。
だからこそ、この状況だから得られることも含め、より良く過ごす方法を模索していきたいと私は思っています。

StayHomeなGW終了

GWが終わりました。今日から我家は5名中3名通常業務に戻ります。

夫は早速朝7時から会議のため、私は久々に早起き。
夫婦の部屋=夫婦の寝室=夫の仕事部屋…だから。

…ということで、朝6時半からリビングで過ごしています。

私の使うもの、貴重品な鞄やPC類の居場所は、自由に使えるようここ2か月リビングです。
この生活、少なくとも5月末までは続きます。

このGW、StayHomeということもあり、家のことばかりしていました。
買物少々、家の掃除、家の片づけ…。
ここ1年ぐらい懸案になっていたところもやっと片付きました。衣替えも兼ね小さい服の片づけも含めゴミもたくさん出ました。

2名はGW終わっても休校と施設閉鎖で自宅です。
どちらもGW明けの今日、連絡があるかと思われますが、5月末まで現状維持と思われます。
さて、在宅延長の1か月、どうやって過ごしましょう?

とりあえず休校が3か月確定な怪獣3号(中2)のフォローが必須でしょうか?
正直、後からでもどうにかなる学習面はあまり気にしていません。むしろ心の健康管理。

LINEグループのビデオ通話

週末に夫婦そろってZoomデビューした翌日、5/4月曜だったはずなのですが、LINEグループのビデオ通話をやってみました。

Zoomは使ってみたので、LINEグループのビデオ通話はどんな感じなのか?というお試し企画。

メンバーは我家の4名(笑)
全員iPhoneで参加。
せっかくなので、1階~外、2階2部屋、3階に分かれて参加。

・4人なのでiPhoneでも画面4分割でちょうどよかった
・Wi-Fi利用なのだがiPhoneからの音声より実際の音声の方が先に聞こえる
・Wi-Fi利用のZoomより少し画質が悪いような遅いような?
・4G回線ではZoomでもLINEでも画像音声とも厳しい

全体としてZoomに比べるとLINEの方が通信状況が悪く感じました。
ただどちらもWi-Fi利用で、違うところはPCかiPhoneかなので、

PCとiPhoneの違いなのか、iPhoneの世代(機種)の問題なのか、LINEとZoomの違いなのか?

何かあると家の中で実験してしまいますが、今度はZoomで実験してみますか?

アンパンマンのマーチで運動と音学を

皆が良く知る「アンパンマンのマーチ」♪

何故か、怪獣3号くんがこの曲をちょっと歌いながら踊っていました。
踊って体を動かすのは勿論、声を出すことで発散になります!

更に「歌いながら踊り続ける」と意外と体力消耗します。
しかも飛んだ跳ねたりすることを入れると更に消耗。
歌詞でもドレミでもラララでも良いかと思います。
声を出しながら体を動かすことに意義がある!ということです。

-----

我家はここで終わらず音楽ならぬ音学をやってみました。
簡単に言えば、曲の構造や伴奏について考えるということです。

①何調何拍子

②全体の構成:基本3部形式(A→B→A)であること
※前奏や後奏を除く※

③伴奏
例えば歌の開始4小節の伴奏を一般的?簡単に考えると
Ⅰ→Ⅰ→Ⅳ→Ⅰ→Ⅳ→Ⅰ→Ⅴ→Ⅴ
となると思われるのですがこれをちょっと工夫なり複雑にしてみると
Ⅰ→Ⅴ→Ⅳ→Ⅰ→Ⅵ→Ⅰ→Ⅴ/Ⅴ→Ⅴ
かつこれを展開型を用いることでベースの音が
ド→シ→ラ→ソ→ファ→ミ→レ→ミ(ソ)
と順に下がる和音で表すこともできます。
※あくまで私の創作で公式なものではありません※

怪獣3号はグレード6級まで持っているのでこのぐらいは解釈できるかと…。

-----

こんな感じで、身近なアンパンマンのマーチでも、歌って踊って学んで…と頭も体も使ってみました。
ここで音楽ならぬ音学にしてしまうのが我家なのかもしれませんが…。

初の電話診察!

新型コロナウイルス感染患者対応、外出自粛要請等を受け、現在、「オンライン診察」「電話診察」が始まっている。

怪獣2号と私は定期通院があり、毎月1回通院しています。
本来怪獣1号2号は発達フォローの診察で、本人は半年に1回ですが、この状況を鑑み当面は問題なければ1年程度延長してよいことになっています。ただ怪獣2号に関しては安定剤を服薬しており、この処方箋が基本28日分までのため、処方箋発行のために親が月1回通院している状態です。

昨日、処方箋のために通院しようと電話連絡したところ、現在の社会状況を踏まえ、今回は電話診察で処方箋を発行するので、後ほど主治医から電話が行くと言わました。

実際、通常の診察時間外に主治医から電話連絡があり、怪獣2号最近の状況等の確認があり、特に代わりないということで、変わらず処方していただけることになりました。(ここ数年は服薬内容も服薬量も変わっていないことも大きいかもしれません。)

病院からの説明では以下の流れになります。

①電話で主治医と患者(障がい児なので保護者)が状況を確認し処方内容を決定
②主治医が処方箋を発行する
③発行した処方箋を病院から(我家が利用している)薬局へFAX
④処方箋原本を病院から自宅へ発送
⑤薬の受取の際に処方箋原本を薬局へ提出

うちは元々

①処方箋を受け取ってすぐに自宅から薬局へFAX
②後日受け取りに行く際に原本を出す

いう方法を取っていたので、処方箋提出や薬の受け取りに関しては基本的に変わりません。

寧ろ、処方箋発行のために病院へ行く、という物理的移動が無くなり助かりました。

この病院への通院歴は既に10年ですが、このような対応は今回が初めてです。
受付や主治医の説明では、社会状況によるもののこの状況が続けば電話対応が続くと言われました。
子どもの発達精神科の病院という性質上、狭いところに家族で来てしまい、どうしても人が多くなってしまうのがネックとのことでした。

うちのように基本的に服薬内容に変化のない場合は、この対応をしていただけると大変助かります。
(病院まで公共交通機関を利用すると1時間かかるということがかなりネックでしたので。)

病院側、自宅側の環境設定も必要ですし、細かい検査や数値が必要な方には難しいかもしれませんが、我家のような「大きな変化がない限り同じ服薬になる」ような方には、今は出かけるリスクを考えれば、オンライン診察・電話診察が普及してくれればありがたいです。
病院が遠いと尚更。おかげで移動リスクもですが、交通費も移動時間も浮きました。

Zoom初体験!

今日、初めて「Zoom」を使ってみました。

職場の食事会(送別会)がこの状況ではいつまでもできない?という状況もあり、リモートでの「おしゃべり会」となりました。
お茶・ジュース・カクテル・ビールなど、持参するのも自由、途中出入りも自由。

参加者9名でした。
外で食事会や飲み会をすると2テーブルに分かれたり、端席同士は話にくかったりしますが、PCのZoomだとちょうど9分割画面で全員が映るので、まさに全員と話している感じでなかなか良かったです。逆に、スマホ参加の場合は最大4分割になること、4G回線ではタイムラグが出るのでWi-Fi環境が望ましい…などが気になったところです。

自宅なので、自身の背景を写真やイラストに変えている方がいたり、逆に部屋にあるものが話題になったり、アルコールのペースが早い方が居たり…発見も多々ありました。

Zoom自体がどんなものなのか?という感じで参加しましたが、メリットデメリット含め、実感することができて楽しかったです。
開催時間だけ参加して、移動時間ゼロなのも助かります。

私は仕事上リモートは使えませんが、利用後、これが「何かに使えないかな?」とシミジミ感じました。

納戸大掃除→スッキリ!

GW?日め。蒸しパン、マスクに続き、本日は「納戸大掃除」。

家で余ったラックがあったので、それを納戸に入れたくて。

納戸2畳分あるのですが、階段下にあるため高さが低いところ、段々なところ、高いところがあります。

・不要なものの処分と整理
・今使っている棚・引き出しBOX・今回置くラックの高さや幅に合わせた配置

諸々検討し、何故!?というぐらいピッタリ入れることができました。

そして整理整頓もしたので、結果的に使い勝手が良くなりました。

大がかりな片づけは4~5年ぶりですが、綺麗に収まったことに我ながらビックリ。
私の整理整頓術ならぬ空間認識能力(収納するものの配置が見込み通りできること)は我ながら有難いのですが、もっと社会に貢献できないだろうか?とつい思ってしまいます。

立体マスク10枚作製!

前回の蒸しパンに続き、5/1.2の2日間で、立体マスクを10枚ほど作りました。

今までに四角いマスク1枚、折り目入り2枚、立体6枚をボチボチ作ったのですが、今回は昨日夜と今日午後で一気に作りました。

日頃ミシンなぞ使わない生活、といいますか、何かあると手縫いで作ってしまうので、ミシンに変に時間を取られたような気がします。
(ミシンを出すのがメンドクサイ、ミシンを出す時間があれば手縫いの方が早いと思ってしまうのです。おかげで家の中の複数の隠しカーテン含め、ほとんどが手縫いです。ミシンを使ったのは既に?年前、キルティング生地で手提げや上履き袋を制作した時以来?)

今回は、横のゴム紐を通す部分を工夫して、横からフィルターを入れられるようにしました。
今まで作ったマスクを実際使ってみて、「布が薄いのではないか?」「無いよりマシだけど効果あるのかな?」と思ったことがキッカケです。
実際にフィルターを入れるかは不明ですが…後から改良するよりは良いかと。

今回のマスク作成において、材料は全て自宅にあるものを使いました。
表布やゴムは勿論、裏地も家にある使わないものを活用しました。薄地タオル・ハンカチ・何故か大量発掘された布巾などなど。

贈呈見込みも含めて作成したので、今回作成した全てを我家で使うわけではありませんが、多分もう作成しません。
もし次に作る時には、おしゃれな布でも購入して作りたいです。
ニュースでは、マスク材料の品切れが言われていますが、実際、お店に行っていないので現状は全くわかりません。

画像は今回作成したマスク。この撮影後ゴムを通して無事完成しました。

20200502_105259587_ios

« 2020年4月 | トップページ | 2020年6月 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31