« 横浜市立も休校延長 | トップページ | 次亜塩素酸Naで消毒液を作ろう »

保育園スタッフとして感じていること…

今、私自身が保育園勤務で、延長保育担当スタッフとして夕方から閉園まで働いています。
横浜市の認可保育園ですので、保育園は通常開園しています。
卒園入園の時期も重なり、新入園児はまだ慣らし保育段階。昼間のスタッフは元々多忙な時期です。

私は夕方からですので、私が接する園児は、今はまだ昨年から在籍している方のみです。
それでも乳児クラスは自分で手洗いはままならない時期。1歳児はなんでも口に入れます。
元々ちょっとぐらいの風邪では普通に通園する園児たち。
だからこそ、感染症が流行っているイマは、いつも以上に園児にも私自身も神経使います。

とはいえ、私が保育室に入れば、園児たちは走って迎えに来てくれます。
乳児クラスに入ることが多い私のところには、1歳児2歳児が「自分と遊んで!」とばかりに引っ張るは抱きつくは飛びついてくるは…。
(夕方から来る先生=遊んでくれる先生というイメージが強いようです…。)

おかげで、保育園に居る時が現実逃避のひと時でもあり、体力を使う時でもあります。
その分、この子たちも私も罹らないように罹らせないように、最近、手洗い消毒の回数が増えています。

保育園での知識経験も加わり、家での掃除消毒機会も増えました。

中には、子供の体調がちょっと悪くても熱があっても、登園させる保護者がいます。
熱が出たからと連絡してもすぐ迎えに来れない方もいます。
(夕方から勤務ですと、迎え待ちの園児を対応することも多々あります。)

我家の怪獣ども3匹とも保育園出身ですので、親の立場も経験しています。
ただ、今は、この情勢だからこそ、もう少し慎重になっていただきたいです。

学校の休校期間が延びても、保育園は通常通り動いています。
在宅勤務の方が増えても、保育園が開いている以上、家で仕事をするために利用することは当然だと思っています。
感染を気にして子供を休ませるか否か、利用時間を短くするか否かは、あくまで親の判断です。
(ただし4月以降、私の勤務する園では、全体的に親の迎えが早くなっていることも事実です。)

この先、遠からず緊急事態宣言が出ると思っています。その時、保育園はどうなるのでしょう?

保育士の1人としては勿論、透析の夫・軽度重度の知的障がい児・長期休校中の中学生、を家族に持つ1人として考える事の多い日々です。

今はただ、感染予防、手洗いうがい消毒等をするしかありませんね。そして明るく過ごすこと!!!

« 横浜市立も休校延長 | トップページ | 次亜塩素酸Naで消毒液を作ろう »

ニュース」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 横浜市立も休校延長 | トップページ | 次亜塩素酸Naで消毒液を作ろう »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30