« 2020年2月 | トップページ | 2020年4月 »

学校再開有無…横浜市内でも違います…

「学校再開について(横浜市と神奈川県の発表)」

春休み明け、4月の学校再開について、神奈川県と横浜市で異なる内容になりました。
つまり、横浜市内の学校であっても、神奈川県立と横浜市立で再開か休校か異なるということです。
(大まかにいえば、横浜市立は短縮で再開、神奈川県立は休校延期です。詳細はリンクを見てください。)

横浜市内の「公立」小・中学校は、国立か市立しかないため、国立である横浜国大附属を除いて同じです。

異なるのは高校と特別支援学校です。
高校と特別支援学校の場合、横浜市内の学校であっても、神奈川県立と横浜市立があります。
同じところに住んでいても、横浜市立か神奈川県立かで、再開か休校か異なることになりました。

神奈川県立高校は全県学区であるため、横浜市内在住限定な市立高校と比べれば、遠くから通う方が多いかもしれません。
しかし、横浜市内の公立高校といっても、市立高校の数は少なく、多くが県立高校です。
県立高校であっても、徒歩圏自転車圏の方も多くいます。

横浜市内の特別支援学校に限れば、多くが、知的(県立)と肢体(市立)で分かれています。
注)神奈川県立・横浜市立とも障がい種混合の学校もあります。(知的・肢体・視覚・聴覚・病弱)

「同じ横浜市内なのに?」と気づく方はどのぐらいいるでしょう?
ただ、双子(怪獣1号と2号)が小中9年間県立と市立に分かれて通っていたので、我家にとっては「あるある」です。

買い溜めは不安の表れ

3/26木曜に、東京都が「週末の外出自粛要請」を発表しました。

その後すぐ、木曜夕方から金曜にかけ買物ラッシュになっていたそうです。(ニュース等より)

全外出禁止ではない、あくまで「不要不急の外出は避けてください」という状況。

どうして「買い溜め」になったのでしょう?
慌てて買物するために混雑したら、逆に感染率が上がると思われるのですが、気のせいでしょうか?

2月末に政府から「休校要請」が出た日も、その夜や翌日は混雑していました。
この時は、私は知らずに仕事帰りに買物に行って、あまりの混雑に何事!?と驚き、後から「要請発表」を知りました。
(休校するほどの事態というのは大変なことですが)混雑の理由についてはあとからわかってホッとしたほどです。
ただ、翌日から休校でもなく、週末も挟み、休校中も買物はできるのに、何故「今」買い溜め?とは思いましたが…。

人間、『「わからない」が一番怖い』のだと実感した一件です。
逆にわからないからこそ「あれもこれも」と不安になる、それが買えなくなる、買い溜めという行動に繋がるのでしょう。
そして、周囲が山のような買物をすれば、空な棚を見れば、買えなくなるのでは?という不安は更に加速します。

今回も同じことが起きています。

1か月経っても同じことを繰り返す事態。
少なくとも、米やラーメンやパスタのような日持ちするものは、「今」でなくても、この1か月の隙間時間に買えたはずです。
食料品の買物は不要不急ではなく「必要な外出」です。

今、「情報を正しく捉える力」「落ち着いて行動する力」が問われている気がします。

外出自粛要請な週末

新型コロナウイルス感染症の流行のため、この週末、神奈川県は外出自粛要請が出ています。

我家、この週末は元々予定がないので、買物ぐらいでしょうか。
今ちょうど夫が買物に行っています。

あとは、怪獣2号の通院(処方箋のみ)だけ行きたいのですが、病院だから大丈夫かな?

この週末、近隣は食料品店以外、休館・閉店のところも多いです。

スクラッチ:音楽を奏でる♪

先に書いた通り、今週に入ってスクラッチプログラミングにチャレンジしていますが、その本の中に「曲を作ってみよう♪」というものがあり早速チャレンジしてみました。

拡張機能で「音楽」を選ぶと「演奏に関わるブロック」が追加されます。

・1拍の速さ
・音
・その音の拍数

等を設定できます。

簡単に説明すると、音符の1つ1つを「〇の音を△拍」という形で指定していきます。
つまり音符の数だけブロックが必要です。

-----

今回チャレンジした曲は「きらきら星」
最初の「ドドソソララソー」の場合、「〇の音を△拍」のブロックを音の数、つまり7つ並べます。
ここに繰り返し等制御を加えて作成します。

-----

ちなみに「音」は数字(中央のド=60)で表します。
ただ、ブロックの音の数字(先のブロックの「〇」)のところにマウスを置くと、鍵盤が出るので、1つずつ数字を入れなくても、鍵盤を見ながら選ぶこともできます。

-----

スクラッチで出来る事として「キャラクター(スプライト)を動かすこと」しか考えていなかったので、音を奏でることは他にどのような使い方があるのかな?と思っているところです。

スクラッチにチャレンジ!

自粛と休校の生活パターンに慣れてきたところで、先週から「スクラッチ(Scratch)」プログラミングの本を読み始めました。
ただ、実際プログラムを作成してみないと身に着かないので、昨日初めてプログラムを書いてみました。

今回作成したのは、簡単なシューティングゲーム。これはテキストにあったものを基本に作ったものです。

・画面上に左右に動くロボット
・画面下に←→で左右に動くロケット
・スペースキーを押すとロケットから上にボールを出し動くロボットに当てる
・当たり方で点数が入りトータル〇点になったら終了

これでテキスト通り動くか確認して一旦終了したのですが…。

これで遊んでみた怪獣3号が、その後、改良してみました。

・ロボットの大きさ・動く方向・大きさを変える
・ボールの大きさ・スピードを変える

要は難易度を上げた感じです。

今まで散々プログラミングに誘っても全く関心のなかった怪獣3号。
1日ですっかりハマってしまいました。

今回は部分改良をしただけですが、改良後すぐ結果を見ることができる、動きが予想通りか確認できることが大きいようです。
確かに経験者としても「デバッグがすぐできる」というのは、ミスを恐れずチャンレジしやすいのかもしれません。
そして動きが予想通りでなければ、プログラムを見ながら、「このブロックをココに動かして…」と自分でやっていました。

今回は基本形を作ったものを見て、動きを見てのチャレンジなので、怪獣3号はスクラッチの基礎的なことは全く知りません。
それでも、見よう見まねで改良し、新しいモジュールを作る時も「これでできないかな?」と使えそうなブロックを自分で探していました。

プログラミング言語、教材は色々ありますが、学校のプログラミング教育で「スクラッチ」の使用率が高いのは、「パソコン1台あれば作成も結果(動き)もすぐに確認できることが大きいのではないか」と実感したのでした。

Wedo2.0やEV3を使っている学校もありますが、ブロックがないと動かないですからね…。

怪獣3号の休校期間があと2週間あるので、これから暫く、一緒にチャレンジとなりそうです。

お彼岸…弟の墓参りへ

20200321_021325710_ios 20200321_020824834_ios 20200321_021716158_ios
20200321_022139989_ios 20200321_021351665_ios

亡き弟(と祖父と祖母)の墓参りに行ってきました。
納骨式以来、半年ぶりです。

今回は夫と怪獣3号と行きました。
怪獣くんはこの霊園に来ること自体初めてです。

半年前も9月なのに30度越えの暑さでしたが、今日も20度越えの暑さ。弟が晴男だった記憶はないのですが!?
自粛ムードかと思いきや、それなりに人は多かったです。

怪獣1号2号妊娠時の母体緊急搬送時は仕事後に、翌日は仕事休んで、近くはない大学病院まで車で往復してくれた弟。
あれから20年経ったんだよ!彼らなりに1歩1歩頑張っているよ、の報告。
そして、ピアノの試験レベルも演奏レベルも弟を越え、弟も亡くなる直前まで期待していた怪獣3号を連れてこれたことにホッとしています。

霊園は桜並木になっています。
桜も陽当たりの良いところは既に7分咲き。今年は早いですね。

9年前の東日本大震災とCOVID-19と

数日遅れましたが、東日本大震災(2011.3.11)から9年が経ちました。

当時の事はブログにもちょこちょこ書いていました。
震災の起きた日は金曜日、その後も養護学校の臨時休校ほか諸々あったので、自宅に居てテレビで情報収集しつつ、諸々記録として書いていたと思われます。

当日の事も複数に分けて書いていました。その初回分がこれ↓。
http://manbowakemasa.cocolog-nifty.com/blog/2011/03/post-4720.html

9年経ち、横浜住人で当日の事をはっきり覚えている方はどのぐらいいるのだろうか?とふと思う事があります。

いま、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)で世間は諸々騒がれています。
病気ですが、ある意味災害時と同じ状況になっていると思っています。
報道の在り方、物資の調達困難(トイレットペーパーのようなデマもありますが…)状況等考えると。
備蓄していればそこまで騒がなくても…というものもあるのではないか、という意味も込めて。

情報伝達の在り方、備蓄の在り方、調達の在り方等…

学校休校は当時の横浜では数日で済みましたが、東北方面では突然休校になり、卒業式も修了式もなく、そのまま春休み突入だったところも多かった記憶があります。今、突然の休校措置で各所で様々な事が起きていますが、これも「突然休校」という意味では、当時の東北地方と同じなのかと。

むしろ避難所生活でもなく、インフラも今のところ問題なく使える分、恵まれているのかもしれません。
在宅ワークができる方もいれば、自宅にいる子供達でも配信動画を見るなどできるのですから。

当時と同様、最近の私の疲労感は、この「新型コロナウイルス情報が日々変わること」から来ているような気がします。
そして最近気づいたことがあります。
当時「津波の映像」を観すぎたこと=現在毎日発表される「感染者数ボード」に目にすること
テレビを点けていると必ず目に入るものです。そしてこれらどちらも「一種のPDST状態」を起こしているのだと思われます。

我家の場合、当時の教訓で備蓄の問題は今のところありませんが、感染しないよう日々の手洗いうがい等を大切にすることは勿論、当時と同様、心のケアも大切にしていきたいと改めて思うこの頃です。

特別環境下での中学校卒業式

横浜市立の中学校は本日卒業式!
卒業おめでとうございます!!!

他は調べていないですが、神奈川県内の他市でも本日卒業式のところがあるようです。

今年は新型コロナウイルス予防のため、横浜市立中学校は、先生方と卒業生徒のみで式が行われます。
卒業生保護者にとっては複雑なところでしょうか?
制約の多い中での式になりますが、既に桜も咲き始め、天気に恵まれ快晴で暖かいのが幸いでしょうか。

中学卒業=義務教育の修了。
怪獣1号か2号の中学卒業式の時、校長先生の挨拶で「保護者もお疲れさまでした」と言われた記憶があります。
高校まで行くのが当たり前のようになっている昨今ですが、中学卒業は義務教育の修了という大きな節目。
だからこそ、保護者の皆様にもお疲れ様!!!を送りたいと思います。

livedoorブログ一時停止

都合で移転していたlivedoorブログを一時停止します。

代わりに従来のこちらココログでUPしますのでよろしくお願いします。
(10月半ばの移動後のデータは本日までにこちらでUP済みです。)

学校休校延長決定…

https://www.city.yokohama.lg.jp/kurashi/kosodate-kyoiku/kyoiku/sesaku/hoken/rinjikyugyo.html


横浜市立学校は3/16月曜から再開予定でしたが、休校延長が発表されました。
これで修了式だけ登校、そのまま春休み…となりました。


想定内…ではあるものの、怪獣3号本人は中途半端に中1が終わることに思うところはあるようです。
まだ中学生活は続くのだから、卒業生を思えば…というところでしょうか。


学校休校延長に合わせたのかの如く、3/15までお休みだった各公共施設・催し物休止延期も月末までに延びるようです。


しかし、我家付近、特にショッピングモールは春休みモードにしか見えません。。。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)身近に

今や「市中感染」と言われ、学校も休校の現在ですが、ついに身近なところにも…。

この方の住まい等はわかりませんが、少なくともこのジムは、我家の行動範囲内、我家から3~4㎞圏内にある施設です。このジム自体は行ったことがありませんが、ショッピングモールの一角にあるため、ショッピングモール自体はたまに行くところですし、車では週1はこの施設の横を通ります。

我家および私の職場のある「港北区福祉保健センター管内」ということもあり、朝から情報が飛んでいました。クルーズ船の事もあり、身近な病院に感染者が入院しているであろう…という感覚ではいました。

ただ、この罹患者というより、この施設を利用している方となると、(施設が区界なので)港北区や鶴見区含め、我家の近所がいても不思議のないことなので、本当に身近なところに…という感じです。

職場が、港北区保健センター管轄内の認可保育園なので、月曜以降、更に新たな指示がでるかもしれない…とちょっと構えています。ただ今は、罹らないように移らないように「基本的なこと」を気を付けていくしかないですね。

以下今日入手した情報です。参考まで。

・横浜で感染確認の70代男性、発熱後にスナックやジム利用
・濃厚接触は1406人 発症後ジム利用、横浜の70代男性
・セントラルウェルネスクラブトレッサ店からのお知らせ

« 2020年2月 | トップページ | 2020年4月 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31