« 2019年12月 | トップページ | 2020年2月 »

開店休業中

先日の血液検査の結果は、明らかに「鉄欠乏性貧血」でした。
めまいも不定期に出るため、現在、鉄剤と、血流を良くする薬を飲んでいます。

これと因果関係があるのかないのか不明ですが、気分の上下が激しく、抗うつ剤も飲んでいます。
心理面では、弟が亡くなって半年なり、生死彷徨った怪獣1号2号が成人式を迎えたなり、怪獣1号2号と弟の誕生日が近づいているなり(1日違い)…色々想う事が重なっているのも一因かもしれません。

おかげで現在4種類の薬を飲んで様子を見ています。
一応、ペースダウンなりに動けるようになりましたが、少し活動するとドッと疲れてしまうのが難点です。
昨晩から今朝(昼)は約13時間寝ていました。
寝ても寝ても眠れます。
寝るまでいかなくとも倦怠感は抜けず適宜休息が必須です。
怪獣2号の送迎があるから、何もない日はないものの、何もやる気が起きません、いや、動けません。
さて、どうしたものか…私。

弟の逝去から半年…

今日1月25日は、弟の6回目の月命日。
亡くなって半年が経ちました。


まだ、なのか、もう、なのか。
ひと月前も書きましたが、今になって心がモヤっとすること、心が不安定になることが増えています。


-----


先日、我家の怪獣3号、道徳で「いのち」をテーマにした授業があったそうです。
その日、彼なりに思う事があったのか、帰って来てすぐその話をしてくれました。
そして、「〇〇くん(私の弟の名前)のこと思ったんだよね…」と。


この授業の最初に「いのちとは」と問いがあり、その時、日頃あまり発言をしない怪獣3号が「最も大切なもの」と答えたそうです。


怪獣3号が弟に最期に会ったのは亡くなる9か月前ぐらい。
怪獣3号が一番多忙な時に急変したから仕方ない。


でも、怪獣3号にとっては初めて出た葬儀だったし、それまで私が実家や大学病院を行き来していたし、(急に大学病院へ行くことも出てきたので)状況は適宜伝えていたからか、怪獣3号なりに状況を把握して理解していたのかと思います。


-----


弟が先に、という現実を消化するには私自身まだまだ時間がかかりそうですが、こればかりは一歩一歩ですね。
弟は今頃向こうの世界で何をしていることやら…。やはり新車でドライブかな?

阪神淡路大震災から25年

阪神淡路大震災1.17から25年が経ちました。

Instagramでは(私のフォロワーさんでも)神戸の景色なりが結構UPされ、コメントがあり…

私は当時鎌倉住まいだったので、直接的な影響は受けていませんが、仕事関係部署が大阪伊丹だったので、連絡対応に追われたなり、スケジュールに影響したのは覚えています。
当時は身近な方が神戸明石方面に居なかったため、テレビでの情報がメインでしたが、逆に今の方が関西方面の関係者も増え、情報があるような気がします。

ただ25年経ったんですね。早いものです。
四半世紀経った今、震災を知らない世代が増えている中、これから神戸は震災とどう向き合っていくのでしょう?

自然災害が多い昨今、平穏を願うばかりです。

1年ぶりの血液検査

先程、怪獣2号が健康診断を受けた話を書きましたが、実は、時同じく、同じクリニックで、私も診察を受けてきました。


年末から不調なことは書いていたかと思いますが、2週間超えてだいぶ落ち着いてきたとはいえ、未だに「怠さ」と「頭痛」が酷く。慢性頭痛に慣れたとはいえ辛いものは辛いし、疲れやすい状態からも解放される気配がないため、諦めて行ってきた…ということです。


1年1か月ぶりに行ったのですが、先生にはその時と症状がほぼ同じで原因が特定できずと言われ、甲状腺や下腹部の触診でも特に異常はなく、「今回も」まずは血液検査…ということで採血されました。


前回同様、頭痛外来行く?と聞かれるのが目に見えているのですが…曜日も時間も決まった(かつ週1など設定が少ない)専門外来に行くのは行きにくく。


まずは血液検査の結果待ちです。

怪獣2号の健康診断の巻

怪獣2号くん、都合で「健康診断書」を出さなければならなくなった。

学生だった頃は年に1度「内科・耳鼻科・歯科・眼科」などの検診はあったと思われるが、そもそも何かあれば「病院で再検査してください」と書類が来るだけ。幸い、大きなトラブルはなかったので耳鼻科に2回行った程度で済んでいた。

ところが、卒業して、生活介護施設なり、短期入所施設なり利用するようになり、初めて「健康診断書を出してください」となった。さて、このじっとしていない多動くんが健康診断なぞ絶対無理!…X線も心電図もじっとしないのにどうやってとるんだ…視力検査だって動物の絵のタイプしかできないし…聴力の「聴こえたらボタン押してください」なんてそもそも指示が入らない。

元々「X線と心電図は可能なら」と言われていたのだが、どう考えも聴力検査もできない。視力検査は本来年1で行くべきところ(大学病院から紹介状もって変えたところ)が対応できるのだが視能訓練士さんのいる曜日時間が仕事なり通所日にあたってここ数年行っていない。覗くタイプも掲示物タイプでも難しいから「スタッフが絵を持って」対応してくださるところに限られる…となるともうどこにあることやら。近隣全滅。

再度提出先に相談したところ、心電図・X線に加え、視力検査・聴力検査も「明らかに気になるなどなければ検査できる範囲でよい」という話になった。聴力検査で言えば(超高い周波数や超低い周波数はわからないが)日常生活で困るようなことはないし、視力は3~5年前までのデータはわかっていてその後特別気になることは起きていないため今回はその数値で出す予定。

とはいえ、問診・基本検査・血液検査・尿検査だけは避けられない。
予防接種すら「じっとできない」ことで対応してもらえない経験を散々してきているので、健康診断なんて論外。それでも怪獣2号を診てくれる「近所の内科」にダメ元で相談したところ、運良く一通りできることが判明。小さな個人病院なのに、X線も心電図も視力検査もできるというのだ。(聴力だけは機器がないと言われた。)こんな街中の昔からある(見た目では、胃カメラすらできるのか不明なぐらい、設備が整っている印象がなかった)クリニックで健診できることにビックリするしかなかった。

怪獣2号、1年以上ぶりに来たクリニック。予約時間から25分待ち、更に私の診察で15分待ち、その後に本人の問診・基本検査・血液検査・尿検査…全てが彼にとっては一大事。1時間以上クリニックに居たにも関わらず、「ずっとスタッフに話しかけてはいたものの」暴れることも叫ぶことも大声出すこともなく居られたことだけでも感心した。私の検査中1人ずっと付き添ってくれたスタッフにも感謝しかない。これで怪獣2号また一歩成長?

健康診断扱いなのであくまで自費診療。
X線や心電図がないにしても、血液検査項目にB型C型肝炎等あったため費用はかなり高くついてしまったが(私も血液検査をしたのだが元々の点数が私より高かったから仕方ない)、3歳の喘息入院以降記憶にない採血も「その時だけは」無事おとなしくできた。(これには先生もスタッフもビックリしていたが、予防接種ができるので採血も大丈夫だと勝手に思っていた私。)
どこで検査しても「自費」である以上お金がかかるのは仕方ないので「近所のかかりつけ医で検査できてこの金額なら良しとしよう」と思うことに。かかりつけ医なら今後血液検査が必要になっても比較もできる…というのも大きい。

おかげで、1週間待てば最低限の検査結果が揃うことになった。これで肩の荷が1つ降りた。ふぅ。
※一大イベントだったので帰宅してすぐ書いてしまったとはいえ、本気で疲れが出ている私。

ハンディカムデータをDVDに焼く方法

…今回は備忘録…


ハンディカムのデータをDVDに焼く方法


我家にはPanasonicのハンディカム(HC-W570M)があるのですが、ここで撮影した動画をDVDに焼く場合、今まで、PCにデータを落としそのまま(特別ソフト等利用せず)DVDに焼いていました。
我家のリビングのDVD機器はそれで観ることができるのです。
だから今まで疑いなくその方法でDVDに焼いていました。


今回、先方から「映像がPCでは観ることができるが機器で観ることができない」と話があり、改めて調べたところ、我家のDVD機器3台中、リビングの1台は観ることが可能、他2台では不可なことを「購入以来初めて」知りました。購入したのがおよそ6年前なので、これまで知らなかった…というのも恐ろしい話なのですが…。


簡単に言えば、PCでDVDに焼いても「データ形式が機器に対応していない」ということです。
専用ソフトを使ってDVD側のデータ形式を
・BD-Video形式(Blu-rayで再生できる形式)
・DVD-Video形式(DVDで再生できる形式)
にする必要があったのです。
(我家の再生できたDVD機器の方が特別だったのかもしれませんね。)


…ということで、今回、改めて検索し、専用ソフトをダウンロードし、それを使ってDVDに焼きました。
https://av.jpn.support.panasonic.com/support/mpi/video/w570m/w570m_c03_08.html


※この専用ソフト「HD Writer LE 3.0」ですが、このページでは2018年3月までと書かれていますが、別途調べたところ、2023年3月までダウンロード可能となっていました。


これを使うと、読み書きは勿論ですが、DVDに焼く際、タイトルを入れる事もできます。今回は動画1本を焼いただけですが、機能を使いこなそうと思うと奥が深そうです。
(日頃から動画や静止画をDVDにまとめる、作成する方には当たり前なことかもしれません…)

成人の日を迎えて

我家の怪獣1号2号、本日、成人の日を迎えました。

横浜市の成人式は新横浜にある「横浜アリーナ」で開催されますが、新成人は約37000人もいるそうです。我家にも2人分の入場券が届いていましたが、2人とも今日の式は欠席です。

代わりに、来週19日に「横浜ラポール」で行われる、障害者向けの成人式に参加します。

しかも2人の誕生日が2月のためまだ19歳。そのため余計にイマイチ実感がありません。
来週、式に出たら、少しは実感がわくのかな?

怪獣1号2号スーツを買うの巻

新年5日め。
体調はだいぶ落ち着いてきましたが、怠さだけ残っています。
すぐ疲れてしまうといいますか、まだ率先して動くことができません。

今日が正月休み最終日という方も多いのではないでしょうか?
我家も夫・怪獣1号・怪獣2号は明日1/6からスタートです。
中学生の怪獣3号と私は1/7からスタートです。
(といっても2人とも習い事は明日からスタートです。)

さて、今日になりやっと、怪獣1号2号のスーツセットを買いました。
今年成人式を迎えるので(市開催の「成人の集い」には参加しませんが)これを機にスーツをそれぞれ1セットずつ用意することにしました。やはり制服がないので、スーツ1セットないと何かと不便ですからね。とは言え2着。普通に買っては2倍なので、スーツのお店の「福袋」で買いました。
スーツとワイシャツとネクタイがセットでもスーツ1着より安い!

既に5日めなので、残りは限られていましたが、幸か不幸か、怪獣1号2号は身体が小さく一番小さいY4サイズだからか2色1着ずつ残っていました。スーツは袖が少し長い程度なのですが、スラックスのウエストと長さだけは直さざるを得ず、明日以降直しに出します。(そうすると通常の成人式には間に合わないんですよね。はて?)うちは1週後の別の集いに出席するので間に合うので幸いです。

紺と黒、ネクタイも赤と紺。2人同じ色でいいかな?と思っていたのですが、色違いでちょうどいいかな?といざ購入してから思っています。

令和初のお正月を迎えて

令和2年、令和初の元旦から4日めになりました。


今年は喪中のためイマイチお正月という気分になれず、ここの更新も三が日が過ぎた今日4日からにしました。新年の挨拶は辞退させていただきますが、本年もよろしくお願いいたします。


喪中ということもあり、新年の予定は全くなく、双方の実家に挨拶に行っただけです。


おせち料理は一応用意しましたが、当然の如く、初日と2日めの朝食で無くなりました。


だから?、ちょうどよく?、偶然?
見事に寝正月ならぬ、体調不良正月になってしまいました。


12月29日:鼻ずるずる喉イガイガ
12月30日:声が全く出なくなる・ドラッグストアに行って強めな総合感冒薬を購入
12月31日:かすれ声ながら声が出るようになるが話すと出なくなる
01月01日:誰が聴いても鼻炎!な声で鼻も出るが咳が出始める
01月02日:一見声は普通になるが話すとかすれる・鼻がそのまま喉に落ちて咳になる感じ
01月03日:咳喘息のように一時的に咳が止まらない・寝ても眠い


鼻がだいぶ落ち着いたのもあり今日から咳止めに変えました。
咳も落ち着いているときはいたって大丈夫なのですが、出る時はやはり咳喘息の如く止まらなくなります。声は一見大丈夫です。怠さが抜けないのが辛いです。


見事に1週間潰れてしまい、やりたいことがやれないまま終わりそうです。
逆に考えれば、連休中で良かったのかもしれませんけどね。
これ通常の週だったら1週間活動停止状態でしたから…。


20200101_005805678_ios

« 2019年12月 | トップページ | 2020年2月 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31