« 2019年11月 | トップページ | 2020年1月 »

令和最初の年が終わります

20191231_102115411_ios


2019年、令和最初の年があと3時間で終わります。
今、毎年恒例の「N響の第九」を聴きながら書いています。
これだけは私にとって大晦日に絶対外せない一大イベントです。


今年は、年末28日の怪獣3号の演劇部大会が終わったら「私が」気が抜けたのか?29日から体調を崩し、強めの総合感冒薬を服薬しながらの年越しです。熱はなく、鼻ずるずる喉ガラガラと少しの咳と倦怠感に襲われ、昨日は声も出ず、今日もまだかすれ声がやっとです。そのため、今年は大掃除もおせち準備も家族総出で行いました。


今年は、怪獣3号の小学校卒業・中学校入学・部活開始・専門コース上級(ピアノ)へのステップアップを始め、夫の血液透析移行、私の職種変更、怪獣1号は手帳就労2年目、怪獣2号は生活介護施設通所2年目(5月から2か所併用)と、自分の家族内だけでも少なからず色々ありました。


既にご存知に通り、父はALS(車椅子かつ手もほぼ力入らず)かつ硬膜下血種での緊急搬送手術入院があり、母が認知症気のある中、独身実家住まいの弟が舌癌(からの全身転移)で1年10か月の闘病の末7月に亡くなり、この1年は相模原市内の実家と、北里大学病院に何往復したことか…。


弟が独身、両親が動けず、代わりに妹と私が動くことが多すぎて、私の家族は勿論、職場、怪獣2号関係先含め、本当にたくさんの方々にご迷惑とご心配とご協力をいただき、どうにかここまで来ました。手続きはまだ少なからず残っておりますが、もう少しです。(弟の部屋は要塞と化しており片づけは論外。)
この件でお世話になった皆さまには感謝してもしきれません。本当にありがとうございました。


2020年は、超未熟児650gで生まれた怪獣1号2号が遂に二十歳になります。成人式です。特に怪獣2号は知的障害も最重度であり、毎日が介護介助の日々ですが、あの生死を彷徨った2人が20年生きていること自体に生命の凄さを感じます。


私自身は、この1年で溜まり切った心身疲労を取り除くこと、仕事の整理、3年半となるEL生活の充実(?年ぶりに作曲編曲もしたいなぁ…)などなど、今までの自分を振り返りつつ残りの人生をどうしたいのか、自分と向き合う時間を作っていきたいと思っています。


喪中のため新年の挨拶は控えさせていただきますが、2020年が皆様にとって良き年となるよう祈念しております。来年もよろしくお願いいたします。

演劇の新人戦?見学

夫と私の冬休み初日の本日、怪獣3号属する中学校演劇部が出演する「第28回横浜市中学校ジュニア演劇コンテスト」(2日め)観に、横浜市西公会堂へ行ってきました。
要は3年生引退後の新人戦のようなものです。


今回の演目は「おばけかいぎ」。
怪獣3号は主要メンバー6名のうちの1名を演じていたので40分フルで出ていました。


家で細かいことは一切教えてくれないので、主要な役だったことを本番で知りこちらがビックリ。


今月は週末も部活漬けで本人かなり大変そうでしたが、審査員特別賞をいただき、本人も満足な演技ができたようで、いい顔していました。


しかし、舞台で堂々を演じきる姿を見る度に、彼はいったいどこへ進んで行くのだろう?誰の血を引いたのだろう?と思ってしまいます。


※撮影禁止(動画のみ許可制)なので動画静止画ともUPなしです。

SPICY4のLIVEへ

2日前ですが、12/26、ヤマハのEL仲間と「ヤマハの発表会ではない」演奏会を聴きに行ってきました。


クラリネット3人+アコーディオン1人の4人組ユニット「SPICY4」
41thLIVE@大田区民プラザ小ホール


作曲編曲かつアコーディオン奏者の岡田先生が、怪獣3号と私が通う「ヤマハ日吉センター」の先生で、他に大学で教えたり、コンサート活動もされています。このLIVE、半年に1度ペースで開催されており以前から仲間に誘われていたのですが、この1年ドタバタで、今回やっと行けました!
先生には親子とも習っていないハズなのに何故か顔パスです(^^;)


クラリネット3人とアコーディオンってどんな集団?と思って始めて行きましたが、内容がユニークで、音楽って何だろう、エンターテインメントって何だろうと改めて思いながら楽しませてもらいました。
アコーディオンの音色、久々に聴いた気がしますが、改めて聴くと心地よかったです。
ゴタゴタな今年からちょっと逃避できたかな?


https://www.facebook.com/spicyfour/

令和元年の仕事納め

令和元年も残り日数カウントダウンとなってきました。

曜日配列の都合で、この年末年始は多くの方が12/28土曜~1/5日曜が休みになるのかな?と思われますが、私も12/27金曜が仕事納めでした。

正確には明日12/28土曜までだったのですが、明日は怪獣3号の部活大会(新人戦のようなもの:演劇部なので発表ですね)があるので仕事休みにしました。

今年は、夫は27金曜、怪獣1号は28土曜、怪獣2号は26木曜が仕事(通所)納め。
怪獣3号は学校こそ12/25水曜に終わったものの、実質明日28土曜が活動納め。

そして29日曜から全員お休みです。

仕事は終わったものの、夫と私は明日演劇の撮影部隊として会場に行くので、明日の撮影が仕事納め?

5度目の月命日

今日は12月25日。
亡き弟の5回目の月命日を迎えました。
7月は暑さ前倒しの如く暑かったのに、気づいたら秋も過ぎて、冬になってしまいました。
そう考えると早く感じます。


手続きその他追われていたものがひと段落し、今更ながら感じることが多くなってきました。


何が…とはっきり書ける状態ではないのですが、心の中がモヤっとすることが増えています。


今頃?今更?何なのでしょうね。自分でもよくわかりません。


しかし、あの「要塞」と化した弟の部屋。いったいあとどれだけの時間をかけたら片付くのだろう?
先日、妹夫婦と、私の夫婦の大人4人(姪っ子世話があるのでその中の実質3人)で、弟の部屋の片づけをしましたが、部屋の中の「けものみち」が「普通の道」になったレベルです。弟がずっと実家住まいだったからなのか?単なる収集癖なのか?もう意味不明なものばかり出てきます。あまりに色々なものがありすぎて、「私は今から終活を始めるべきか?」と思ったほどです。(といっても私はこまめに断捨離しているので余計なものは早々ない…と本人は思っています。想っているだけ「かも」しれませんけどね。)


まあ、こうやって色々悩み、ふと考えているうちに、また次の月命日がやってくるのかな?と思っています。


まあ今の季節柄思うのは、昨年の年末年始が緊急入院で病院で年越しをしたので、今年は自宅で年越しをさせてあげたかったな、という感じでしょうか。。。

クリスマスはどこへ?

今年は4年ぶりに「クリスマスが週末ではない」…のだそうです。
ニュースによると。


今年は、クリスマスイブが火曜日、クリスマスは水曜日。
更に昨年までは祭日だった23日の天皇誕生日も平日となり、24.25日は益々普通の平日。


この2日間、我家も普通に仕事や学校や施設通いでしたが、世の中も、クリスマス感がありません。
23.24日とも買物に行ったのですが、ケーキ屋さん以外はイマイチ普通な感じでした。
しいていえば、食品売場は、鶏料理やお寿司など、クリスマスパーティー向きなものは多く売っていましたが、例年に比べると規模が小さいような?挙句には、例年25日までは「クリスマス」、26日になったら「おせち料理」と切り替わるはずなのに、クリスマス前からおせち料理売っていました。


今年のクリスマスは、実質21.22日の週末で終わってしまったのでしょうか?


…という我家もいつがクリスマスだったのだろう?という感じです。

過労と言われても…

最近、体調(正確には心身両方)がイマイチ思わしくなくて…といいますか、寝ても復活しないし、毎日頭痛でガンガンし、鎮痛剤は効かず、何故かストレス→食べられなくなる私が「満腹中枢が壊れたかの如く」無意識にしかもご飯ばかり食べていて(多分限度を越した時)胃腸が不調になる…を繰り返しています。


病院行ってみたけれど、予想通り「過労」「ストレス」で片づけられました。


ただ、ストレスで食べられなくなることはあっても過食ないままで一度もなく。でも担当医の話では、突然逆の症状が出る事もある…というし。まあ、無意識に食べて胃腸が不調になるようで確かに食べすぎですね。(ただ日頃摂取カロリーが少なすぎるので夫にはそれで普通と言われる始末…はて。)


頭痛は首肩の凝りが酷すぎるので「緊張型頭痛」ということで薬では簡単に治らないよ、と。
寧ろ首回りほぐすなり温めるなり血行良くするしかないようです。
(もちろん薬もあるそうですが、あまり服薬頼みなのもねぇ…。)


…ということで、
「毎日毎日予定を入れないでゆっくりしなさい!」
というのが今日の担当医の指令ですが、無茶無理無謀。
しかも、今、亡弟のこと思うと精神的におとなしくできないのですよね。


とりあえず今日はこれを書いたら寝ます。おやすみなさい。

消化不良?心の整理?

今年もあと2週間で終わろうとしているが、最近またエレクトーン&ピアノが弾けない日々が続いている。精神的に。


今日は、ふと思い立って、怪獣3号と私のここ1年の発表会の動画を見ていた。


1年前11月末の私の発表会の時は、弟の復活を願って「未来予想時Ⅱ」を弾いた。
その後、1年前のちょうど今頃、弟が緊急入院した。
怪獣3号のグループ発表会の時は、緊急入院した父がまだ退院前だった。
怪獣3号の個人発表会の時は、弟の告別式と重なって、本人1人で発表会に参加した。
弟の四十九日法要と納骨が終わって10日後、怪獣3号も私もそれぞれ参加したエレクトーンフェスティバル(アンサンブル部門)だった。


発表会もだが、怪獣3号を見ていると、弟と一緒にヤマハに通っていた頃を鮮明に思い出してしまう。そんなこと今までなかったのになぁ。
弟は小学校卒業でピアノ辞めたから、レベルも期間も、怪獣3号が弟を抜いちゃった。
弟は少しだけ使った、全音の「第四課程」のテキスト、怪獣3号は着々と使い始めたよ。


あの頃も年に2回や3回発表会があったから、そういうのも重なってしまうのかな?


さて困ったな。
消化という言葉が適しているのかわからないけれど、月命日5回目前に、私の心の整理、もうちょっと進めたいな。。。


書いたら少しは整理できるかな?と思って書いてみた。

怪獣3号13歳になる

我家の怪獣3号が13歳になりました!

実家がゴタゴタしている中、中学生になり、勉強は不明ですが(笑)、部活にピアノに益々頑張っています。身長も気づいたら160㎝の怪獣1号2号と大差なくなってきて、「よくあれだけ食べるのに体重が増えないなぁ…」と感心するばかりです。
(お米が1週間で5kg以上消費されているこの頃…)

中学生という時期柄、どうしても色々色々…とありますが、本人なりに対処して乗り越えて、親との関わりも変わってきて、以前より心も益々逞しくなってきたように見えます。

とはいえまだまだ中1。背伸びせず着々と進んで行ってほしいと願っています。

今は年末28日の部活大会(演劇部)に向けて日々部活に追われ、ピアノはヤマハ専門コース上級になりグループレッスン個人レッスンと通っています。彼は一体何を目指しているのでしょう?

今年は誕生日が日曜日でしたので、ちょっと豪華な夕飯、その後ケーキを食べました。(ろうそくは下一桁です。)

毎年毎年、気づくと同じコメントになっていますが、また1年「皆に愛されるよう」育って欲しい限りです

画像1枚目は本日のケーキ
画像2枚目はおまけで本日城南島海浜公園で撮影したもの

20191215_105513437_ios_li 20191215_022408741_ios

富士山を眺めに…薩埵峠

20191203_035134815_ios


毎年、結婚記念日は、仕事休んで(怪獣どもが仕事・通所・学校等で不在の間に)夫婦で出かけています。ただ、今年は日曜日でしたので、火曜日に休みを取って、夫婦でドライブしてきました。


今回「箱根に紅葉」の予定で出発したものの、突然夫が「富士山が良く見える展望台」と言い、情報量が無さすぎる中(笑)検索し、「薩埵(さった)峠展望台」へ向かいました。


私は全く知らなかったのですが、歌川広重氏の浮世絵「東海道五十三次」に出てくる「由井(薩埵嶺)」(←現地名では由比ですね)の景色と同じ景色を拝める場所です。富士山と駿河湾と旧東海道(今の国道1号や東名高速道路)が一度に眺められます。


この日はちょうど上空3000~4000mあたりに雲が多く、かつ雲が厚い上に流れが速く、富士山は見えたり隠れたりの繰り返しでした。天気は良かったので、富士山が見える「ちょっとした隙」に撮影してみました。今UPしている画像もiPhone8plusでの撮影ですが、これでも充分撮影できました。


展望台や駐車場には大きめなカメラを構えている方もいれば、(スタートとゴールはわかりませんが)歩こう会なる旗を掲げた方々(30名以上は居たと思われます)が登山スタイルで歩いていました。


景色は良いのですが、駐車場が狭い(10台以下)ことと、国道1号から峠に繋がる道が「大変」狭いので、車で行けますが結構大変でした。夫の運転かつFreedなので大丈夫でしたが、私が運転なら絶対行きません(笑)。


東名高速道路を通ったこと自体いつぶりだったのだろう?と思うほど久々なドライブでした。

都内の紅葉を求めて…神宮外苑

20191201_032115979_ios 20191201_040310054_ios


投稿が逆になりましたが、12月1日(日)の結婚記念日、鶴の一声ならぬ夫の一声で、神宮外苑の銀杏並木散策(画像1枚め)に行ってきました。同じことを考える方はたくさんいるようで、かなりの人人人…でした。一部歩行者天国になっていました。


そのまま赤坂御所(画像2枚め)の方へ抜けたのですが、警察官は点在するものの、一般の方は誰もいない…というぐらい人通りが少なくて逆にビックリ。ここが天皇陛下と皇后陛下がパレードで通った場所なのね~と眺めながら散策しました。


最終的に溜池山王へ出て、地下鉄1本で戻ってきました。


この週末、SNSで見る限り、リアル友人が何名か同じ場所に行っていたようです。


また、週末に完成した「新国立競技場」の方へ行ってもよかったかな、と後から思ったのでした。


こうやって散策していると、都内もまだまだ緑がたくさんありますね!
…とシミジミ感じます。

23回目の結婚記念日

12月1日で、結婚してから23年経ちました。
早いものです。
今年がてんこ盛りに色々ありすぎたからそう感じるだけかもしれませんが?


今年は曜日配列が23年前と同じです。
23年前の12/1も日曜日でした。天気も同じく晴れ。


例年はお互い仕事休んで出かけるのですが、今年は日曜だったので、夫は翌2日3日と仕事休み、私は2日15時まで仕事で3日は休みにして、2日は家族で食事、3日は(子供達不在の時間に)夫と2人で出かけました。


遂に実家に住んでいた期間(大学卒業まで)より、結婚してからの方が長くなりました。


夫が最初に倒れてからもうすぐ6年、夫と実父の緊急搬送から5年(この時は双子の高校選抜と重なる)、夫の2度目の緊急搬送から1年3か月、そして亡弟の最初の発症から2年、実父の難病認定から1年9か月。


日常的なことも加えたらもっと色々ありますが、家族と一緒に過ごせることに感謝してまた1年歩んでいきたいと思っています。

« 2019年11月 | トップページ | 2020年1月 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31