« 19歳にして日本脳炎Ⅳ期終了 | トップページ | ブログを移動します »

LoveLoveLoveへの想い♪

昨日、フェスティバル後、初めてのエレクトーンレッスンだった。

フェスティバルが終わって、「燃え尽き症候群」の如くエレクトーンの弾けない日々を過ごしていた。
そもそもフェスティバルに向けて練習が本格的になった矢先に弟の死があり、(かつて一緒に通っていたので)弾くのが辛いのに「弾くことが供養だ!」と自分をかなり追い込んでいた反動かと。

昨日はフェスティバル前にやっていたアンサンブル(君の瞳に恋してる…が途中になっていた)を合わせた後、それぞれのソロを弾いた。

私は、ドリカムの「LoveLoveLove」(1996年)を弾いた。
5月終わりからレッスンでは1~2回やったところでフェスティバル練習のため中止していた曲。
この曲を選んだ理由は、昨年末のコンサートで引いた、同じくドリカムの「未来予想図Ⅱ」の続き的な感覚。
※コンサートで未来予想図Ⅱを弾いた理由は(以前にも書いたが)障がいや病気の家族が1日での長く一緒に暮らせますように!

「LoveLoveLove」には、曲そのものが好きなこと、結婚した年に流行ったこと、病状が着々と進行している弟に向けての想い、があった。

だが、ソロを弾かないでいる間に弟が亡くなった。
弾くのが辛い。
でも弾ききって終わらせたい。

両方が交錯する中、先生に「上手く弾けなくても今日で終わりにしたい」と伝えて、皆の前で1回精一杯弾いた。
この曲を選んだ理由は先生も仲間も知っているから。

細かいミスはあったけれど、それなりに弾けた。弾ききった。
ピアノと違って電子音のエレクトーンに感情を込めるのは難しいとずっと思っていた。
先生には、最後まで弾けたことを褒められ、細かいミスをカバーするだけの感情が入っていたと言われた。

大好きだけど、ドリカムの曲は暫く弾けないかもしれない。
ただこの2曲を弾くときだけは泣けるので、自分のグリーフのためには必要な曲かもしれない。
感情の沢山詰まった曲がまた1つ増えたことには変わりない。

さて、次回から何にしようか?
ピアノ曲やクラッシックだと、弟と一緒にピアノ通って一緒に弾いていた頃思い出しちゃうんだよね♪

しかし、8月9月、私にしては、そんなに口数少なかったのかな?
コンサートに向けての練習が追い込みの頃、私の口数が少なくて心配だった、と、今更ながら先生に言われた。
自覚はないが事実なのだろう。コンサートがなければレッスン1~2か月休んでいただろうし。
逆にコンサートがあったからこそ、過密スケジュールと不安定な精神状態なりに、弾くときは気分転換できただろうし♪

まあ音楽と私は切り離せないので、これからも色々な感情を持ちながら進んで行くのでしょう…と改めて。

« 19歳にして日本脳炎Ⅳ期終了 | トップページ | ブログを移動します »

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 19歳にして日本脳炎Ⅳ期終了 | トップページ | ブログを移動します »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31