« 未だに血が騒ぐ甲子園 | トップページ | 実家族4人の時間 »

本庁訪問と退職手続き

今日午後、亡き弟の職場の本庁に行ってきました。(一応公務員です。)

トップへの挨拶と、退職に伴う手続きです。

本来は挨拶も手続きも両親が行くべき場面なのですが…父は車椅子による移動の問題・手も沢山の書類を記入するには厳しく、母はヨタヨタ歩きで辿り着くか不安なところに書類の山で頭が混乱するのが明らかなので(泣)、私が両親に代わって1人で本庁へ行ってきました。

手続きだけならまだしも、(こちらから希望したとはいえ)トップとの面会アポも取っているので、私にとっては喪主代行以来の一大イベント。

最初がトップとの面会、かつ初めて行く場所だったので早めに出たら、順調すぎて予定より早く着きすぎました(笑)
ただ、私に付き添ってくださることになっていた弟の上長さんが、それを見越して早く来てくださったので助かりました。
弟の職場に関することは、その方と私で直接やりとりしていたので、性格を読まれていたかも?

トップとの面会は5~10分程度と聞いていたのですが、いざ行ってみたら応接室に通され、秘書さんはお茶出してくださるし、思わず部屋の中キョロキョロしてしまいました。こんな貴重な経験なかなかないですからね。
トップには、療養休暇取りつつ最期まで務めさせていただいたこと、葬儀に参列していただいたことへ、両親に代わってお礼を伝える…だったのですが、トップの方が数ヶ月前に交代したばかりで、約2年の闘病生活の全貌はご存知なかったこともあり、逆に色々聞かれることもあり、気づいたら20分ぐらい話していたような気がします。

その後、会議室に移動して、手続き書類を1つずつ説明を聞きながら記入する作業。
単なる退職ではなく死亡退職なので、いわゆる退職金や源泉徴収の話は勿論、遺族年金、埋葬費用請求、互助会からの給付金、そしてそれらを受け取る(相続)するための手続きなど。普通の退職手続きなら自分も経験があるからまだしも、まあ、死亡退職だと手続きが倍増するのね…と感心半分、総務も大変だなぁ半分。個人情報の関係で(職場でなく)直接関係機関に連絡を必要とするものが保留になっている他は、終了させました。予想通り、この手続きだけで1時間半近くかかりました。

このような形で弟の職場の本庁へ行くことになるとは思ってもみませんでした。
ただ、付き添ってくださった上長さんが、本庁にいる弟の同期や、(場所を数年単位で点々とするので)以前の場所で一緒だった方はじめ、弟にゆかりのあった方々を見つけては声をかけてくださり、私を紹介してくださり、色々な方々に挨拶することができたことは、私としては本当に嬉しかったです。

これで、お盆明けに、弟の最期の所属場所となった事業所に挨拶に行ったらひと段落かな、という感じです。

私がふと思い立って依頼し、現在の上長さんから以前のトップの方に、弟が亡くなった事とそれまでのお礼を伝えていただけました。
発症した頃や転移してすぐの頃のトップで、大学病院にもお見舞いに来ていただいたと聞いていたものの、異動されたため今回の事やお礼を伝えたくても私では手段がなく。今日の昼にふと思い立ったので、両親にも相談せず上長にお願いしましたが、快諾していただき無事連絡が取れた後すぐ私に連絡が来ました。「お悔みと共に、報告してくれたことに対して逆にお礼を言っていた。」との事でした。私も無茶言った…と思う反面、私の気持ちを伝えそれを理解してくださった上長にも感謝です。両親には事後報告になりましたが、お礼を伝えるタイミングもありますからね。

私の代行職は当面続きますが(特に外回りや手続きが厄介なもの)、とりあえず大きなイベントがまた1つ無事終わってホッとしています。

画像は13時すぎ到着時の現地。快晴で暑かった…。
夫の職場すら(迎えで正門前まで行っても)中に入ることはまずないですからね。
ココに来ることは2度とないだろうな。幹線道路沿いなので車で通ることはあるかもしれないですけどね。

20190809_040834040_ios

« 未だに血が騒ぐ甲子園 | トップページ | 実家族4人の時間 »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

家族(実家)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 未だに血が騒ぐ甲子園 | トップページ | 実家族4人の時間 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30