« 2019年5月 | トップページ | 2019年7月 »

生きているということ

1つ前のブログの最後に書いたのだが

谷川俊太郎さんの詩『生きる』が気になって調べてみた

息子の小学校で聴いた気がする

学年全体での群読だったから4年生の時だろうか

----------

いま読むと凄く重いものを感じる

スラっと読めず何かひっかかるものがある

錘を引きずっているような

明らかなことは

いま自分は生きていること

こうやって想いを書けるのも生きているからできること

地に足を着けて一日一日を大切にしていきたい

いまこの瞬間が一番新しい

一秒前は過去

一行前も過去

過去を糧にして上を向いていたい

2019年前半の終わりに

仕事で妙に疲れ、それなのに脳が興奮状態で、仕方ないので、仕事の残務整理?のようなことをしていたら、更に眠れなくなった。

注)土曜日仕事が終わったら、その日と翌日曜日は、カリキュラムに関するものは一切見ないようにしている。意図的に脳を休まないと、カリキュラムが脳内エンドレスになるため。

気づいたら6月最終日。2019年も半分が経とうとしている。早い。いや、早すぎる。

2019年のスタートは何をしていたのか?
早々実家対応。実家通いと大学病院から呼び出しと。

我家の取り巻く環境が変わって3か月。
それは慣れてきたのか、慣れざるを得ないのか、まあ、回っているから大丈夫なのでしょう。多分。

そして、仕事で週1ながらレッスンを担当するようになってから、2か月が経過。
家に仕事は持ち込みたくないが、教師と同様、家で準備・予習しなければならない。
時間をかければ良いわけではないが、読み込まないと不安になるし、書き出さないと落ち着かない。それでも土曜日が終わったらグッタリ…
1年経って一巡すれば少しは落ち着くだろう…と、それまでの辛抱だと思って。

…走っていたら、気づいたら、ココにいた…みたいな…

----------

一日一生

喜怒哀楽があるのは生きている証拠

高い壁に挟まれながら
今年後半も日々感謝して生きて…耐えていくしかないですね
ポキっと折れないように
耐震構造ではなく免震構造にして

----------

書いていたら
谷川俊太郎さんの詩『生きる』が急に気になって読んでみた

久々の読書で心身回復

4月から衝動買いの如く本を買い、私にしては異例の週2冊ペースで本を読んでいたのですが、続いたのがGWまで。

終わった途端、全く読まない状態が続いていました。
仕事の内容が変わって、時間のある時=レッスン予習・準備時間になった影響が大きいかと。

自習時間の多さに「学校の先生ってこうなんだろうな?」とシミジミ思うこの頃。
1年教えて一巡すれば少し落ち着くと思いたいのですが…。

とはいえ、今週は今月で一番落ち着いていた週でもあったので、今日、久々に読書ができました。
時間があるとレッスンの事が気になるので、曜日を決めて「仕事のことは一切考えない日」を作るようにしているのですが、今日もその一環です。

実に1か月半ぶり!
昼間、ひたすら本を読んでいました。

脳の違う部分を使ったからか、集中できたからか、凄く脳が満足しています。

先に書いた「睡眠が改善されないこと」には心身が厳しいのですが、読書もその時間を生み出した方が結果として心身状態は保てるのかもしれません。ジャンルに拘らず、読みたいものを読み返してみようかな。

睡眠障害?熟睡できない?

以前から「ぐっすり眠れない」「寝た気がしない」ことは不定期に多発するのですが、ここ1~2週間それが悪化しています。

最初の1.5時間「ノンレム睡眠」は寝ているようなのですが、次の1.5時間「レム睡眠」で一気に浅くなり、3時間後には1度覚醒し、その後、ノンレム睡眠に入れず寝ていても眠りが浅い状態だったり、夢で魘されたり…。場合によっては次のノンレム睡眠に入れず覚醒してしまって(それでも1時間ぐらい粘って)睡眠時間4時間という半端な状態で起きる事もあります。

最近は1日平均6時間寝るようにしています。

最近、睡眠レベルをはかるアプリがあることを知り、計測し始めて5日経ちました。

この間で「寝た!」と思える日は1日だけなのですが、その日は確かに、覚醒ゼロで、全体として深い眠りなグラフになっています。

逆に「一番眠れなかった!」と思う日は最初1.5時間しか寝た気がしません。

翌朝の目覚めや、体調に影響するので、寝る前の過ごし方も気を付けているのですがなかなか改善されず。

どうしたものか悩む、というより、疲れが取れず、翌朝怠いだけでなく(暫く落ち着いていた)頭痛頻度も上がり、予定の無い日は昼寝でカバーしています。(昼寝できない日は気力です。)

睡眠負債、自分の中で疲れが蓄積されて「危険水域」になってきているので、もう少し色々試してみようと思います。
せめて夢で魘されて起きる…状態から解放されたいです。
それとも、熟睡1.5時間(3時間睡眠程度)でも保つ身体を作る方が先?

期待しないとラクになる

イライラしたり落胆するのは、相手に期待するから。

そして、相手を過信するから。

期待するから信じるから、足りなかったり違うことが起きると、落胆し不満になりイライラし、心が爆発する。

イライラしないためには、そう、最初から期待しなければいいんだよ。信じなければいいんだよ。

ん?信じなければ最初から相手にしないだろうから「信じ過ぎない」かな。

その方が、良い方向に行ったらラッキーと感じてハッピーエンドになる。

そうか、無になればいいのだ!

相手は相手。自分は自分。

距離感を大切にしよう!そうすればイライラは避けらて、私自身ラクになれるはず。


誕生日を迎えて

20190616_025032443_ios
20190616_033730967_ios 20190616_060511375_ios

昨日は私の?回目の誕生日でした。
日曜日でしたので、特別イベントはしていませんが、夫と2人で散策していました。
自宅からテクテク歩き、元住吉の穴場な喫茶店でランチをして、武蔵小杉で買物して、帰りは電車で日吉まで戻り、スタバで休憩して…
(夫の買物が一番多かった気がするのは気のせいだろうか?父の日だからいいか?笑)

6月からまたドタバタし始めたので、何気ない日常が一番平和です。

画像は、
・ランチのドライカレーとカモミールティー@水谷喫茶(元住吉)
・武蔵小杉駅南口広場から東急スクエアと東横線
・自宅に戻ってきたら彩雲が見えたので撮影

自分の心と向き合うこと

…このタイトルでよいのか悩んだのですが…

今の私の「心の闇」と向き合うと出てくること

・過去があるから今がある
・喜怒哀楽含め今までの経験があって今の自分がある
・今の心身状況は過去の経験から作られる
・過去の葛藤した経験から今の心身状況改善の光を見つける

何故、辛かったことや苦しかったことの方が記憶に残っている、先に思い出すのだろう?
嬉しいこと楽しいこともそれなりにあったはずなのに。。。

心身疲れてくると…
→過去のマイナスな経験や感情ばかり思い出す
→そのままだとマイナスループに入り込む
→意図的にそれを断ち切る手段(休息時間)を作る
→頭を空っぽにしてマイナス以外の経験や感情を思い起こす

それが先に書いた「オフ日作り」にも繋がっている。

この1年、実家に行く事が増え、自宅で過ごしていた大学卒業までの事を思い出す機会が増えた。
そして、両親や弟のフォローをしつつ、今までの生き方そのものを考える機会が増えた。
さらに、終活について考える事が増えた。
とあるキッカケで、仕事での喜怒哀楽満載な2-3年前の自分を思い出していた。

今の自分が何を感じ、考え、どう行動したいのか。
今の状況に落ち着きたくない・満足していない・改善したい私にとっては、一生悩み続けることなのだろうな。
そして人との出会いに感謝する心を忘れずに過ごしていきたい。

意図的にオフ日を作る

最近、意図的に週2日ほど、全く予定を入れない日を作るようにしています。
(月曜火曜どちらか・木曜日)

昨年12月までは(1日5時間以内といえども)結果的に週5~6パートしていたので、送迎や実家の事と併せると、これでも物理的にギリギリでした。

今年1月からは仕事を整理し週2~3日(そのかわり長い日は1日8.5時間)に絞ったので、自宅や実家の事は減らないなりに少し楽になりました。ただ仕事内容が変わったからなのか、実家等の精神的負荷が増えているのか、睡眠障害なのか、別の要因なのか。疲れが取れない、溜まりやすくなっていました。

そのため、6月から意図的に予定を入れない日を作ることにしました。

特に木曜日は、二度寝も昼寝もしています。まだ眠れる!というぐらい眠いのです。
(火曜日がオフの時は同じく昼寝必須ですが、月曜火曜の場合は出たついでにカフェでまったりしていることもあります。)

最低限のことだけやって、仕事のことも全く考えないようにし(仕事連絡もチェックしない)、余力あれば趣味のエレクトーンを弾くなど。

「オフ」を作った方が必然的に「他の日は頑張ろう」となるのでしょね。私の場合は。
仕事のことを考えない日は本当に重要だと思うこの頃。時間があると思うとダラダラ考えてしまうからです。答えのない事、ここまでやったらお終いというのがないことは、意図的に切り上げるしかありませんからね。。

最近、変な夢、中途半端に現実的な夢を見て、朝うなされて起きる事が増えています。これも疲れが抜けない要因だと思っていますが、これこそ精神的負荷の増大に比例して起きています。精神的負荷が減らせれば一番良いのですが、増える見込みだらけで減る見込みがありません。このままでは私も保てなくなります。

精神的負荷を減らすことができないのなら、あとは「精神的負荷と感じなくするか」「精神的負荷を消化できるか」かと思っています。

心身が動けなくなる前に「心身のオンオフ」「睡眠の質の改善」「趣味で消化する」ルーティーンを築き上げたいです!

書いて宣言!(笑)

生活パターン落ち着く3号くん

4月から中学生になった怪獣3号の生活パターンがやっと落ち着いてきたようにみえます。

平日は…
部活終わって18時すぎ帰宅
→翌日の教科書準備
→弁当箱を洗う
→通信教育
→ピアノの練習
→夕飯

私が夕方家にいる時は、基本リビングにいるので、帰宅後の様子はよくわかります。

帰宅すると一旦3階の自分の部屋へ行き、暫くすると弁当箱を洗い始めます。
洗わないと翌日の弁当は作らない!という、怪獣1号の時からのルールを適用しています。
最近は洗い直しもほぼなくなり、だいぶ慣れてきたように見えます。
(4月は油が残っていて結構洗い直ししました。)

その後、私の机からipadを持ってきて、リビングで勉強を始めます。通信教育です。
小学生時代、リビングで勉強なんてしたことがない子だったのですが、このipad学習だけは最初(小6の3月)からリビングでやっています。元々は怪獣2号(重度知的障がいの19歳)が「ipadを見ると映像を観たがるのではないか?」の心配があり、ipad導入時に「リビングでやれば私がいるから邪魔しないであろう」という一種の約束状態で始めたものです。最初こそ怪獣2号が2階リビングに降りてきて気にする様子はありましたが、「怪獣3号の勉強道具」ということで納得したのか、私が居なくても大丈夫になりました。ただ、怪獣3号は今でもipad学習だけは2階リビングでやっています。私個人としてはちゃんと学習しているのがわかるので安心です。(ただし学習内容は、解答が全く浮かなばくてヘルプがない限り基本見せてくれません。このの辺りは中1男子なので線引きしています。)

それが終わると、同じくリビングにあるピアノの練習(個人レッスン分)が始まります。
これもヘッドホンして基本的には聴かせてくれません。ただ、これも中学生になってからの方がある程度の時間必ず弾いています。何に目覚めたのでしょうか?という感じです。これは個人レッスンの先生も同じ事をおっしゃっていたのでそうなのでしょう。
ただ、ハイブリットピアノなので、ヘッドホンをしていてもハンマーを叩く音なりある程度聴こえるので、リズムはわかります。今弾いている曲は私も知っている曲なので、幸か不幸か、リズムだけでどの部分を弾いているかわかっていまいます(笑)。たまに「イントロクイズ」ならぬ「リズムクイズ」?と思いながら。今弾いている曲は、右手と左手交互に16分音符が続く曲なので、16分音符のリズムが均等になっているか等はわかってしまいます。たまに突っ込みたくなりますが、まあ、そこは我慢。
ちなみにグループレッスンの練習はいつやっているのか不明。我家に(私が弾くために購入した)エレクトーンもあり、グループレッスンの練習は(レッスンと同様)エレクトーンを使っているのですが、それはあまり見かけないのですよね。はて?

明日の教科書を入れ替えたり、宿題をどこでやっているのかは、正直わかりません。
帰宅してすぐなのか、ipad学習前後なのか、3階にいる時にやっているということしかわかりません。ただ、夕飯とお風呂の後は自由時間と決めているようなので、夕飯よりは前だと思われます。

中学生になってアニメにハマりはじめ、増えたお小遣いで漫画(単行本タイプ)を買うようになりました。少なくともピアノのグループレッスン仲間とはSNSでのやりとりもしているようで色々気になります。まあ、あれだけ私がいるところで勉強することを嫌がっていた子が、リビングで勉強するようになっただけ勝手ながらホッとしています。

ただ勉強でダイニングテーブルを使っているので、夕飯を作る時間が物理的に遅くなり、今や夕飯時間は20時すぎ。
まあ、それで誰も文句言わないからいいか、という感じです。
しかし、15時半には帰宅していた子が18時すぎ帰宅になり、中学生になった途端に時間がなくなりましたね。
周囲の私学に行っている子や、同じ公立でも学校端から通っている子に比べれば、通学時間10分ちょっとなので、これでも十分時間はある方だと思います。部活の朝練はないし、塾にも行っていないし。(その代わり?ピアノはグループレッスンと個人レッスンを土曜にまとめたので、夕方から夜まで3時間以上センターに缶詰です。これは本人が決めたことなので頑張ってもらいましょう。)

本人、初の定期試験も終わり、ちょっと気が楽になったようです。

中1男子なので干渉しすぎない程度に様子を見ていく感じかな?と思うこの頃。

…と書いているうちにipad学習は終わったようなので、そろそろ夕飯つくりますか…

時間の捉え方

友人のSNS書き込みを見てふと思ったことがあったので書いてみます。

タイトルは上記の通り「時間」。
朝から終電まで仕事に追われ、家族との時間、自分の時間が確保できない…という内容。
具体的なことはわかりませんが、夫婦の勤務時間のずれや、通勤時間も影響しているのではないかと思われます。

ここで思ったことが「家族との時間」「自分の時間」とは何を指すのか?ということ。

家族の時間とは→出かけること?話すこと?とにかくまったりしたい?

自分の時間とは→趣味?勉強?す睡眠?とにかく何かに没頭したい?

私(我家)の場合、家族全員が揃うのは基本的に日曜日のみ。だから日曜は基本オフ日。
皆で何かするなら日曜日。
夫婦どちらかの用事であっても一緒に出掛け、そのまま食事して帰宅するなど、一緒にいる時間を増やす。

最近実際にあったのは、夫の趣味の飛行機撮影に付いて行ったこと。移動中やカフェに寄った時は一緒に行動しているし話もできる。夫は撮影バリバリしている間、私はちょっと撮影してあとはネットなり好きに過ごしている時は、お互い1人時間。買物も基本は(私が土曜仕事なので)夫に頼んでいるけれど、日曜の時は一緒に行ったり。最近はこんな過ごし方が多いかもしれない。

あとは、お互い家に居ても、それぞれの事をしていたり、お互い朝早く起きるか夜更かしするかで自分の時間確保。

移動時間も自分の時間。車移動の時は音楽聴いたり、電車移動の時は本読んだり寝ていたりその時々で。

うちは結婚して既に20年超えているし、お互い入院したり色々あったから、「一緒に居られるだけで素敵!」と思っているのかもしれない。

最後は「家族の時間」「自分の時間」を家族それぞれがどう捉えるか次第なのかな、と私は思う。

----------

私自身も結婚当初は凄く悩んだことです。

夫より私の方が仕事で家を空ける時間(通勤時間含む)が長く、休日出勤もあり、終電逃して迎えに来てもらったことすらあります。(多分今のご時世は残業管理が煩いからこの状況はNGだと思われます。)私の場合はその生活で心身厳しくなり、転属もお願いしましたがうまくいかず、最終的に壊れる前に退職した経験があります。夫1人で夫婦で暮らす最低限の収入があったからできたことかもしれませんが…。

その後も今も、パートはしていますが、自宅や実家の事情で時間数を抑えている状況で、波こそあるものの「心身フル稼働」していることには変わりありません。在宅で仕事をしていた時期もあるので、完全専業主婦状態は、怪獣1号2号の切迫入院から2歳ぐらい、怪獣3号の妊娠後期から2歳ぐらいではないかと。。

夫は以前か海外出張が多く、ワンオペ状態も多々ありました。ただ、必要な時、超未熟児生まれで当初月1ペースで大学病院通いだった怪獣1号2号の通院時(これは双子連れて1日で3つの科を回っていたため小旅行状態)、私がパートであっても仕事が休めない時、は早退なり休んで対応してくれました。ここ5年半ぐらいは、夫が長期入院したり、私の実家(父・独人実家住まい弟)が入院手術を繰り返す→私が飛んでいくことも多々。そのため現在は、自宅のこと、家事育児全てにおいて「できる方ができることをやる」というスタンスになっています。

マナー?モラル?と思ったこと

ちょっと、いや、かなり気になったこと。


私、朝から用事あって出かけ、某所で遅めのランチをしていました。


隣の席の女性2人組。

どういう関係の方同士かはわかりませんが、一方の人が、延々と喋っています。聞きたいわけでも聞いているわけでもないのですが、耳を立てなくても自然に入ってくる「そこそこな大きさの声」で。

そして内容がひたすら「身内の悪口」「遺産相続的な話」。


良い話ならまだしも、まあよくここまで公衆の場で悪口が延々と続くなぁ…と。せめて小声で話して…と思ってしまいます。周囲にも丸聞こえだと思われます。席移動した方もいたぐらいですから。少なくとも良い氣分にはなりませんね。他人ですし知らない方ですし聞く耳立てているわけではないし文句も言いませんが内心穏やかではないですね…。


私もここでちょっと書類整理していて1時間以上長居しましたが、この2人、私が席に着いた時には食事終わって皿もカップも空。更に帰る気配ゼロ。いったいこの方々、いつまで居座るのだろう?


「こういうオバチャンにはなりたくない!」とシミジミ思う出来事でした。

(ずーっと話している人は見た目は50代後半、もう1人は60代後半〜70代。あくまで私の感覚です。)


洗濯機復活!(つづき)

今までの8kg洗濯機。「約15年」使ったので、数万払って修理してまで使うか?そもそも部品期限は切れているし?充分元はとったし?ということで、買い替えとなりました。

実は洗濯機のエラー回数が日課の如く増えていたので、2週間前に価格チェックしたばかりでした。洗濯機能だけのタイプで1kg1万(8kgなら8万、10kgなら10万)、除菌と乾燥機能プラスで+6-7万、ドラム式だと20万代。

心の叫び…高いよぉ〜!

今が8kgで1日1回、布団カバーなど増えれば2回。子供達も洋服のサイズが大きくなり、大人サイズ5人分。洗濯物の数は同じでも大きくなればそれだけ容量は増えるわけでして。

ある程度の機能と10kgで考えていた夫、最低限の機能で良いから予算抑えたいと思っていた私。

ボーナス商戦直前で、メーカーによって新型が出たか出るか…の頃で、2週前の価格調査から変動が。

新型は数万高め、逆に旧型は数万下がっていました!!!そこで更に悩む我が家。

ここで、洗濯機能だけの「新型10kg」を買うのなら、除菌と乾燥機能プラスしても「旧型8-9kg」にすれば価格は同じことが判明。それで12-13万。

協議の結果?、旦那と私の意見の妥協点をとって、上記後者の「除菌・乾燥機能付き9kg」になりました。浴室乾燥にちょっと不満もあったので、洗濯機に乾燥機能もあれば今度は使っても良いかな?もありまして。

最終的には買い替えキャンペーンなり何なりで、更に少し安く買えました。

新型といっても自分にとって無くても良い機能なら、旧型で買った方がお得ですからね。良い買い物できたかな?

早速、乾燥機能使っています。浴室乾燥より短時間で乾きそうです。音も静かですし、洗濯時間も早かったです。15年ぶりの買い替えは、機能が全てアップしているような気がします。当たり前?

洗濯機復活!

日曜に買い替えた洗濯機、先程、金曜夕方になってようやく到着、設置されました。いままさに洗濯中です。6日ぶりにまともな洗濯ができそうです。

ちなみに日曜購入で金曜配送になったのは、トラック(配送)都合です。そんなに配送の多い時期なのかしら?

そんな配送日に梅雨に入るなんて…なんて言っていられません。日曜は洗濯途中で止まったので濯ぎから手洗い。うちの事情でコインランドリーに行く時間がなかったのもあり、途中、中1くんの学校体操着と下着靴下など一部手洗いしましたが、もうヘトヘト。そのため、基本的に「足りるものは洗いません!」で今日まで来たので、いま、洗濯カゴが溢れかえっています。洗濯機の乾燥機能使ってでも、浴室乾燥使ってでも、取り急ぎ洗濯です。

…と書いていたら、洗濯終わった音楽が聞こえたので、干してきます!

ちなみに、洗濯機、すごい静かです!

【つづく】

誰にとってのQOL?

備忘録的に

QOL(生活の質)という言葉

病気が進行してくると必ず出てくる言葉

本人にとってのそれを維持するために

周囲のそれが保たれなくなる危険

全てを維持するにはどうすれば良いのか?

ハード的なこと(モノやヒト)は頼めても

ソフト的なこと(心のケア)は?

介護を依頼すること

された側の心身が疲弊する怖さ

それぞれのQOLを保つにはどうしたらよいのか

妥協点をさぐるしかないのか

それはどこか

いまこんなことを悶々と考え続けています

とりあえず舵取りの私が倒れないように

そうすると私のQOLも考えるときなのか?

束の間の3人家族?

我家は5人家族です。
夫・怪獣1号・怪獣2号・怪獣3号・私です。

ところが、滅多にないのですが、今晩、このうち2名不在です!
1人だけ不在ならば、夫の出張や入院、子供達の誰かが校外学習など。(つい最近では怪獣3号の中1自然教室2泊3日など。)

夫が出張、怪獣2号は施設泊りです。
怪獣2号(重度知的障がい・自閉症のため生活介護施設利用・送迎付添必須)は、明日朝早くから私が急用あり、施設に送る時間が取れないため+施設の緊急一時預かりを利用させていただけたので、今日は日中利用している生活介護施設にそのまま泊まり、明日そのまままたそこで活動します。

現在、怖いぐらい静かです。

怪獣1号と3号なら、自分で自分のことはできますし、怪獣3号は中学入学して初の中間試験を前に疲れ気味ですし。

この3名という機会も滅多にないので、外食でもしようかと思ったのですが、怪獣3号が「家でのんびりしたい!」というので、フートコートに食べに行ったと思えば…の感覚で、スーパーへ要望の品を買いに行きました。肉も野菜もバランス良く!
今日は2人ともお腹いっぱい食べられたようです。
私も平日にしては珍しく肉も野菜も食べたような気がします。

明日は、朝私が1番に家を出ます。

それを知っている怪獣3号は「明日は弁当注文(ハマ弁)でいいよ!」と言ってくれますが、内心は「全冷食でも弁当の方が良い!」というので、全冷食にはなりませんがお弁当は作る予定です。最低条件として「明日私が寝坊しなければ…」ですね。

今日は、後ほど3人でアイスを食べて、貴重な時間をゆっくり過ごそうと思います。

やっぱり「束の間の休息時間!!!」

年賀状6年分発掘!

今日、ふとスイッチが入ったので、リビングのテーブル下棚に放置されていた「年賀状」を片づけることにしました。

束ねている輪ゴムは切れ、山崩れを起こし、何年分あるのかも把握していませんでした。
いざ出して分類して作業したところ…
なんと「6年分の年賀状」が出てきました!

現在の一戸建てに引っ越してきて5年半、お正月を6回迎えているので、結果論ですが「この家に来てからの年賀状」が全て置いてあったことになります。

年ごとにPPC用紙を巻き付け、束ねることまで終了。
あとは、1階の年賀状を置いてあるスペースに置けばとりあえず終了です。
ただ、ここに6年分あったということは、実は収納スペースがないのではないか?という懸念が…。

少なくとも結婚してからの年賀状は全て、ずっと、とある収納用引き出しに入れてきました。
結婚してから20年以上経ち、いい加減に「年賀状の断捨離」を行わなければならないかもしれません。
そもそも、年賀状自体、出す枚数も減っています。
友達歴・親戚歴の短い方ほど、年賀状から遠ざかっているように思います。
そもそも、SNSの連絡先は知っていても、住所も、携帯番号すら知らない方もいます。
SNSで書き込みも通話もできれば、携帯番号すら不要ですからね。ある意味怖いです。

これでリビングのテーブル上面は一気に片付きました。
(2段になっていて下段にもモノを置けます。日頃必要はタブレット等はここに置いています。)

あとはこの6年分の年賀状が1階のスペースに収まるか…。あと一息頑張ります!

« 2019年5月 | トップページ | 2019年7月 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30