« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »

昭和とは違いすぎる平成の終わり方

平成が残りわずか(これを書いている時点であと27時間)となり、テレビも連日「平成を振り返る」ようなものが続いていますね。

特に4月に入り、新元号が発表されたあたりから、カウントダウンの如くご公務の様子が度々放映されています。
これを目にする度に、80代な天皇皇后ご夫婦にとって公務が多すぎるのではないか?と益々感じるようになりました。
体力勝負な世界だなぁ…と。

今回の天皇陛下の退位は、言うならば「現役引退」で、日付も事前に決まっているので、直接面識のない私でも「お疲れさまでした」的な感覚になりますし、少なくとも報道されている範囲では、私のみならず全体としてそういう雰囲気が感じらます。
その様子を見ていると、今回のような引退方法もありなのかな、と個人的には賛成です。
事前に決まっている方が、お役所的な事も(今回のような新元号を事前発表するなど)時間的余裕がありますし、感謝を伝えたいなり一目見たいという方々もいるでしょうし、まあ突然変わるよりは心構えもできますし、少なくとも日常生活においてデメリットはないのかな、と思っています。明日は最後のお言葉があるようですし、アイドルなりスポーツ選手なりの「現役引退」「引退会見」みたいな感覚です。
私は直接お会いしたことも接点もありませんが、年齢的な事も含め、ただただ「お疲れさまでした」「ごゆっくりしてください」という感じですね。親が定年退職したときの感覚が一番近いかもしれませんね。

----------

体調を崩されて、いつ崩御されても不思議がないような報道の中、「亡くなる」という形で天皇が交代する状態だった昭和から平成。
私は当時学生(年齢がバレるので何年生かは秘密)で1/7は冬休み最終日。
この日は冬休み最終日で塾だったので朝早くから家を出ていて、崩御されたことは着いてから知りました。

新元号「平成」の発表はテレビで見たような記憶があります。(当時の小渕官房長官が額を掲げる図は記憶にあります。)
元号が代わることだけは明らかなので、塾帰りに(当時和暦表示でしたので)昭和最後の日の切符を買いました。昭和64年1月7日。
そして次の日、平成最初の日の切符も買いました。平成元年1月8日。元年という表示はないから01年だったのでしょうね。多分…。

※買ったことは覚えているのに、それがどこにあるかが思い出せないのです。今度真面目に探してみようかな?ちなみに今の切符等は和暦でなく西暦表示です。※

私が子供ながらに一番覚えていることは、塾に行く朝は普通だった駅構内が、天皇の崩御が流れた後に駅構内のポスター類が全て外されコンクリート壁むき出しのような超殺風景な状態になっていたことです。塾の授業が終わって最寄駅に戻ってきて「この駅のうす暗さは何???」と辺りをキョロキョロしたこと、駅は実は照明やポスターだらけなんだ!ということに気づいた瞬間でもありました。今時のような小学生でもスマホを持つ時代だったら、その駅構内の景色を速攻で撮影していたでしょうね。きっと駅が廃業でもしない限り見ない二度と見る事のない景色だと思っています。

----------

新元号の発表の時には「お祭りムード」になっていた日本。
平成最後の4/30、令和最初の5/1、どんな感じになるのでしょう?
日本も最近は何でもイベントになるので、年末年始のカウントダウンの如くお祝いムードになるのかな?と想像しています。
さて、どうなることやら…。

夜のドライブ@東京タワー

20190427_124917694_ios 20190427_125201800_ios

昨晩ですが、私が仕事で疲れていたからか、夫が夜のドライブに連れ出してくれました。

今回は「海ほたる」経由「東京タワー」です。
東京タワーを見てホッとするのは日本人ならではなのでしょうか?

季節柄か、東京タワーの下に「鯉のぼり」がたくさんいました。
鯉のぼりもライトアップされていました。ピンク・青・緑…と色が変化していました。

以前も思ったのですが、東京タワー周辺は外国人観光客とタクシーが多いですね。

運転手には申し訳ないと思いつつ、疲れ切っていた私は、帰りほとんど寝ていました…。

ランチ:IL PINOLO SKYTERRACE 横浜

20190423_043600971_ios 20190423_044729272_ios 20190423_051434337_ios

所用があり、夫と、横浜とみなとみらいに出かけました。

そして、横浜そごうにある「イルピノーロ スカイテラス」でランチセットをいただきました。

10階のレストラン街、かつ海側にあるので、ベイブリッジが見渡せます。
店内、どこからも景色が見渡せるよう、細かい段差があったり工夫されていました。

いただいたのは、平日のランチセット。
・サラダorスープ
・フォカッチャ
・パスタorピザ(8種類から1つ)
・デザート(パンナコッタ季節のフルーツソース)
・コーヒーor紅茶

※画像は一部2人分撮影しています。

通常の私達にはちょっと多めですが、お腹を空かせておいたので(笑)、美味しく残さずいただきました。
優しい味で、景色もよく、プチ贅沢な時間を過ごせました。

早朝ドライブ@赤レンガ倉庫

退院早々、赤レンガ倉庫へ早朝ドライブへ。

急遽退院で体力はイマイチのはずなのですが、夫にとっては、運転は、別腹ならぬ別体力なのでしょうか?

赤レンガ倉庫はお花でいっぱいでした。

20190420_223301540_ios 20190420_223124218_ios

予定よりかなり早い退院

退院まで術後1週間が目安だった夫ですが、何故か、術後3日で退院となりました。

早すぎてこちらが???状態です。

術後の状態が落ち着いているのは事実です。
ただ、ここまで早いと「大学病院のベッド数が足りないので追い出されたのではないか?」と思ってしまうほどです。

無事退院できるのはありがたいのですが、術後、病院内を歩くなど、体力を回復する間もなく退院となり、夫自身はちょっと大変そうです。

面会に行くと燃費が上がる

夫の面会に行くと、うちから大学病院まで約25km、通常1時間から1時間半かかります。
(時間帯でかなり変わります。)

今回は、結果的に比較的渋滞を避けて移動することができたのもあり、車の燃費だけは順調に上がりました。
大学病院往復は、昨夏の緊急入院以来でしたが、面会の度に、煽る車が減っている気がします。
私と同じように、燃費走行の如く、スピードの上げ方下げ方が似た車が前後にいると走りやすいですね。

…ということで、今回、車で2往復、約100㎞の運転で、燃費が以下のようになりました。
一般道でも走り方次第で上がるものですね。ビックリ。

4/16自宅出発21.2km/L→自宅帰宅21.8km/L
4/19自宅出発21.8km/L→病院到着22.0km/L→自宅帰宅22.4km/L

続きまして夫の入院手術です

私に隙間時間を与えないかの如く…

前回書いた「最終レッスン」に続き、翌16日から夫が入院、17日手術でした。
術後1週間で退院、まあ多少何かあってもGW前には…と思っていたところ、何故か、明日20日退院予定になりました。
あれ?術後1週間どころか術後3日なような?

早いということは、少なくともトラブルはなく順調なのでしょう。
しかしここまで早いとは。
推測ですが、病棟の状況を見る限り、病院のベッド数事情もあるような気がします。
術後入っていたSICU(外科系集中治療室)にしても、今回の病棟にしても、自転車操業の如く人がどんどん入れ替わるのですよ。

何度と入院している大学病院なのでそれなりに慣れているのですが、それでも今回初めて知った事もありました。
入院こそ何度としているものの、ここで手術を受けたのは初めてだったのですが、

・手術は朝イチだと8時半に始まる
・家族はポケベルを持ち終了後どこに行けばよいか指示が出る(番号一覧表も渡される)
・術後管理は(科に関わらず)各病棟のICUかHCUで行われる

夫は全身麻酔だったのもあり、術後一晩SICUに居て、翌日昼に担当科の病室へ移りました。
科に関係なく術後集中管理するというのも、ある意味効率的だなぁ…と感心していました。
術後必要な機材は、各階でなく、1階で管理すればいいのですから。
人を育てるのも、各科で行うより、救急救命センターに輪番制で行くようにココに輪番制で行けば集中して学べるのではないかと?
(あくまで私が患者家族として経験してきた中での感想です。)

バタバタと進んだので、面会行く方もバタバタでしたが、術後順調なようなので良しとしますか。
予定より延びることのバタバタには慣れていたものの、早まる逆のバタバタに、子供達には今週食事の用意しかできず。
食器洗いなどできる範囲の事なりに自主的にやってくれた子供達に感謝です。

20190417_014147539_ios

ラストレッスンは笑顔で

私が通っているヤマハの「大人のエレクトーンコース」。

レッスンスタートしてからずっと、2年10か月お世話になった先生のレッスンが本日で最後でした。
先生がご都合でセンターを辞め、実家に帰られることになりまして…しかも九州で…

3か月前には聞いていたものの、月2回のレッスンなので、あっという間にその日が来てしまいました。

グループメンバー3名とも主婦かつ仕事しているので、練習は一夜漬けだったり、仕事で間に合わなかったり、子供達や親の介護で休んだり、まあお互い色々ありましたが、4月の2回のレッスンは無事生徒3名揃いました。

通常、各自のソロ曲と、アンサンブル曲と…なのですが、アンサンブルはキリ良く今回で終了すべく、それなりな演奏ができたと思っています。
今回、試しに、iPhoneのボイスメモを使って録音してみました。アンサンブルなので、どこで録音するかでピアノとエレクトーンのバランスが心配でしたが、バランスよく、録音も問題なくできていました。
アンサンブルは私の希望で、先生も含め皆の門出を祝うべく「栄光の架橋」です♪

そして先生が「これで終わり~」というところでサプライズ。
以前に演奏した「手紙」(これもピアノとエレクトーンのアンサンブル)を弾きつつ、この後にグループメンバーになった方には歌を歌ってもらい…。エレクトーンのレッスンながら、初めてピアノ&エレクトーンのアンサンブルを演奏させてもらい、先生も「いいねぇ!」と言ってくださった想い入れのある曲を最後に再度演奏し、先生にカードとプレゼントを渡して…。このカード作成と演奏練習で今日は1時間早く集合して作業していました。いつも笑っている先生なので、しんみりでなく、最後まで笑顔笑顔で終わりました!

私達のレッスンがこのサプライズで5分延びてしまい、次のレッスンの先生と生徒達が通路で待ちぼうけ。
次のレッスンの先生は(私達のレッスンが最後なのを)ご存知なので一言「お祭りしていて延びました~」と伝えたら、中2な生徒達は???状態。サプライズしていました、って公表するのもねぇ…。

プレゼントは今日昼になって買いに行くし、カードの用紙は昨晩プリントするし、まあドタバタしましたが、サプライズが上手くいくと疲れを忘れるから不思議ですね。30分で絵や言葉を加えて手ごろな「写真入りカード」が完成できて、先生にも喜んでもらえて満足しています。
発表会の時に先生入れて4人で撮影したものが唯一の全員集合写真です。この時は、先生が4月までとは知らなかったので、偶然だったものの撮影できて良かったですし、この写真をアレンジしてカード作りました。

そしてこれを書きながら、今日録音した「栄光への架橋」を聴いています。
ピアノ&エレクトーンのアンサンブルなので、珍しいとは思いつつ、探せばもっと上手な演奏はあるかもしれないけれど、やはり自分達で演奏したものが一番好きです。想い入れがありますから。。。

追伸)本日と書きましたが、既に「昨日」でしたね。4/15の話です。

1年ぶりの弁当作り

怪獣3号は横浜市立の中学校なので、給食がありません。

怪獣1号には中学・高校の6年間、お弁当を作っていたのですが、
※怪獣2号は養護学校だったので、高等部卒業までずっと給食でした

社会人になりお弁当は持っていかないというので、この1年作らず生活をしていました。

そして1年ぶりにお弁当作り再開です。
いつも夜のうちに煮物だけは作っておいたり、夕飯のおかずを余分に作っておいたり、冷凍庫には常に使えるものがキープしてあったり、それなりにやってきたのですが、1年作らずにいたら勘が鈍っていました。幸い好き嫌いのほぼない子なので、あるものでどうにか作れるのが幸いです。

一般には2段のお弁当箱、1段がご飯・1段がおかずなものを使う方が多いかと思うのですが、うちは、怪獣1号が高校途中で買い直したものを使ってもらっています。ご飯は保温機能の入れ物に入れ、おかずは2つのタッパーに入れ、手提げのお弁当箱ケース付きのものです。

本人、マイボトルはリュックの中ですが、お弁当は入れなくて済むので楽なようです。

今まで兄ちゃんの姿を見てきたからか、お弁当初日早々「お弁当箱は自分で洗うのか?」聞いてきました。
怪獣1号、少なくとも高校時には「洗わないと翌朝作らない」というルールがありましたが、中1が全く覚えていません。
ただ、怪獣3号本人は、日頃から食器等も洗ってくれるので、洗うこと自体はできるので、今回、「基本は洗う事」としました。流石に、用事があって洗う時間もないような日や、調子が悪い日ぐらいは…と思いまして。その代わり、洗えない時には申告するようにしました。お弁当開始まだ2日めですが、帰宅したら1番に洗っています。洗い方に気になるところはありつつ、「洗う事に意義がある!」と思い、暫く様子を見ていきたいと思います。

しかし、横浜市立中学校に給食の日は来るのでしょうか?
「ハマ弁」なるお弁当配達システムもあるのですが、締切が1週間前なのがネックです。
それだったら、通学途中のコンビニか、中学校の目の前のサンドイッチ屋さん(は職員室に注文袋を出すと学校に届けてくれる)でいいかな、と。

5日めにしてジャージ登校

怪獣3号の通う(怪獣1号も通った)中学校は、何故か、ジャージ登校で有名です。

実際、制服を着ていると「今日は何の日?」と思われるほどです。
式典がテスト期間中か学校見学か出願か高校入試か…?

新1年生、いつまで制服登校かと思いきや、登校5日めにしてジャージ登校になりました。早っ!

本人は当然ながらスーツよりジャージの方が楽なので、助かっているようです。

ただ、今年度からジャージのメーカーが変わり、ジャージそのもの生地が薄くなったように感じます。
ジャージはあまり大きいのを買っても…と思ったものの、怪獣3号は今ちょうど身長の伸び盛りなので、大きめに買いました。
半袖やハーフパンツは良いのですが、長袖上着は腕にゴムが入っているし大丈夫として、長パンツは流石に丈を上げました。
長パンツだけ1サイズ下で充分だったかな、と思いつつ、気温が極端に下がらない限りハーフパンツを使うと思われるので、冬シーズンまでには慎重が伸びることを期待して。

制服は勿論、ジャージを着ていても「見た目は中学生」。
やっぱり慣れません(笑)

『ヤマハピアノグレード6級』受けました

怪獣3号の『ヤマハピアノグレード(音楽能力検定)6級』、無事終わりました。

例年、ピアノグレードとエレクトーングレードは並行して9級からスタートし8級・7級・6級となっていた記憶があるのですが、今回は、エレクトーングレードが先、ピアノグレードが後、となったそうです。同じ6級でもエレクトーンの方々は昼前に終わっていたらしく、ピアノグレード6級の怪獣3号はラスト組の18時頃でした。そのレッスン室ではラストから2番目でした。それでも時間が遅れていて終わったら18時半…。

なかなか試験が終わらないのでどうなっているかと思いきや、総評は「とてもよくできました」だったそうです。
総評がこれならまあ合格しているでしょう。多分。通知が出るまでは2週間~1ヶ月かかります。
昨年10月から、それまでのA~Eの5段階評価から、10点満点の点数制に変更になりました。
ちなみに、受検料も500円上がり、9級8級5500円・7級6級6500円(税抜)になりました。

今回は『ジュニア科専門コース専攻クラス』修了時期目安に受けるものです。(これは旧制度なので、現状で6級を受けるのは、専門コース5年目修了時・総合コース6年目修了時です。)

どうやら、『グレード9級の内容』『グレード8級の内容』『グレード7級の内容』も書いていたようなので、ここまで来たら『6級』についても細かく書いてみます。
今回は、本人が試験終了後に自ら細かくメモを取っていたので、それを教えてもらいました。

----------

ピアノグレード6級の試験内容について&怪獣3号からの報告内容
※試験監督2名、1人あたりの試験時間は15分です。

①自由曲
  提出済みの2曲を弾く
  怪獣3号はメンデルスゾーンとバッハから1曲ずつ
②初見演奏
  16小節の曲を30秒見てから両手で弾く(両手):E-moll 4/4
③即興演奏
  16小節のメロディーのみ書いてある楽譜を見せられる:F-dur 6/8
  →本人が右手メロディーのみ弾く (これは採点に入らない)
  →伴奏をつけて両手で弾く
  →続けて両手(メロディー・伴奏)とも変奏して弾く
④聴奏
  最初に何調か指示が出る:As-dur 3/4
  先生が8小節の曲を両手で弾く
  続いて2小節ずつ弾くので「両手で」弾く×曲の最後まで(4回)

②~④の調範囲は♯♭4つまでの長調・短調
※4/23追伸:ネットで調べたところ②③④でそれぞれ異なるようです。確認したら訂正します。※
③の伴奏の範囲はIV/V→IV or V/V→Vを含む
④の伴奏の範囲はⅠ・ⅣorⅡ・Ⅴで5~8小節目は基本的に展開形

7級に比べると、調が増えることと、IV/VやV/Vが出てくるぐらいです。
8級から7級への変化に比べれば、そこまで変わりません。
各調の和音・音階を把握しておけば、ある程度対応できるかと思います。

----------

②~④は全て違う調・拍子で、本人は最後の④聴奏で♭4つが出てきたときには「でたー!」だったようです。
(毎回、聴奏でハズレを引くような気がするのですが???)
ただ、本人の話では、弾く側の先生も音を確認していたらしいです。ホントだったら困りますよ、試験官さま。

演奏後、各項目ごとにコメントがあり、更に総評があったということです。
そこまでは書きませんが、本人は全てメモしていましたし、本人も自覚していました。
「もっと~すると良い」というコメントが多く、総評が「とてもよくできました」だったそうなので、これで初の点数評価がどう出されるのか楽しみです。

自由曲が2曲で2曲とも演奏するので、曲のバランスと本人の特性とを考えても選びやすいのかもしれません。
今回も本人の好みなタイプなりに曲想は全く異なる2曲でした。
自由曲が4曲だった時代に受検した身(しかも6級は仕上がりの間に合わなかった曲を指定され沈没しまして…)としては羨ましい限りです。

怪獣3号が初見演奏に苦手意識があるからなのか?、初見だけは個人レッスンで早い時期から対応していただいていました。通常は各級の問題集しか購入しないのですが、今回は初見演奏の問題集を用意するよう指示があり。私の妹が使っていたものが実家にあり、それで良いということでそのテキストで練習していました。当時は7級で16小節、6級で24小節が基本でしたので、7級用と6級用の両方を持たせていました。実際7級用から始め、直線は6級用を使っていたのですが、本人曰く「6級用を練習した甲斐があった」と。今まで苦手意識のあった初見が楽だったそうです。初見が楽に感じると、日頃の演奏での譜読みも早くなると思われるので、ちょうど良かったかな、と思っています。

追伸)
私としては「備忘録」として書いていたのですが、今までグレードに関する検索が凄く多いことに驚いています。
受検要項を見てもピンとこないところもありますので、少しでも受検する方のお役に立てば幸いです。

怪獣3号中学校入学式

ドタバタな春休みが過ぎ去り、4/5、怪獣3号の中学校入学式を迎えました。

1クラス37~38名の9クラスです。

7年前の怪獣1号の中学校入学式と、内容は同じですが、運営スタッフが在校生中心になされていたところは大きく変わっていました。

4つの小学校が1つの中学校に集まっているので、どんなカラーになるのでしょう?

1日めは滞りなく終わりました。さて、どんな中学校生活が始まるのでしょうか?

画像は
①校内の桜
②入学式会場の体育館
③体育館へ向かう父と息子
④帰宅後に試着したジャージ

ブログ本の作成方法(改訂版)2/2

…先の続き…

①表示・裏表紙の設定
20190401_081655600_ios_1 20190401_081725220_ios
20190401_081805741_ios

②すると、このようになります。
20190401_081841720_ios 20190401_082330803_ios

1週間もかからず、3~4日でポストに投函されていた記憶があります。

ブログ本の作成方法(改訂版)1/2

3年ぶりにブログを本にしました。

3年前の備忘録を頼りに作成したのですが、細かい設定がすっかり忘れていたので、今回は備忘録改訂で、画像を載せます。

使用したサイトは今回も『ブログ出版局』です。
https://print.cssj.jp/

①最初の設定
20190401_080023704_ios

②本文の設定
20190401_080434512_ios 20190401_080507548_ios
20190401_080611298_ios 20190401_080718800_ios

…表紙・裏表紙の設定は続く…

2019年度の始まり

本日、2019年度・平成31年度がスタートしました。

怪獣1号2号は今日から(就労なり生活介護なりですが)社会人2年目。
怪獣3号は今日から中学生。

そして年度初めから出張で飛行機で金沢へ飛んで行った夫。

少なからず環境が変わる我家、昨年度に引き続き我家も実家も色々な事が起きている現実。

少しでも落ち着いて過ごせることを祈るばかりです。

画像は今朝の玄関前より。

20190401_005437187_ios

« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30