« 中学受験開始 | トップページ | 彩雲 »

2/1になると思い出すこと

私が幼稚園児頃の話。

当時、西日暮里駅(東京都荒川区)から徒歩10分ぐらいのところに叔父の家がありました。

ある時、駅からすぐのところにある「学校」に叔父や従兄妹と入って、校庭で遊んだことがあります。
今ならば、私立は勿論、公立でも勝手に校庭に入るなどできないと思うのですが、当時、その辺りの記憶は流石にありません。もしかしたら裏口から入ったとか、抜け道があったとか、何か裏技があったのかもしれませんが、幼稚園児がそんなことまで考えるはずもなく。

それから暫くしたある日、テレビでその「遊んだ学校」が出てきました。
毎年2月1日にニュースで流れる、「東京神奈川で中学入試が始まりました!」の話題の時。

その時、その「遊んだ学校」が「トンデモナク有名な私立中学校」であることを知りました。
男子御三家の1つだったのです。
(この時点で学校はわかるかと…。)

それに気づいた時の私の第一声、「あの学校ってそんな凄いところだったの!?」

その後、叔父も引越し、今、西日暮里に行く機会はないのですが、2月1日になる度に思い出すトピックスです。そして、何故あの時学校に入れたのか、それが未だに不思議でなりません。今では公立学校すらセキュリティーが厳しく、門が施錠されていたり色々あります。当時はそんな簡単に入れたのか、たまたまなのか、不思議でなりません。逆を言えば、とても貴重な事だったのかもしれませんね。御三家の私立中学校に行く機会はまず無いでしょう。

« 中学受験開始 | トップページ | 彩雲 »

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 中学受験開始 | トップページ | 彩雲 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31