« 癌転移とQOLと | トップページ | 1.17から25年と5年と »

やっと第九を聴いた(観た)の巻

毎年、大晦日の12/31夜に、N響の第九の放送があります。
実際には、12/20頃に演奏されたものが放映されます。

私はこれを毎年聴く(観る)のが慣例行事で、これを聴いて(観て)やっと大晦日と実感し、年を越すという感じです。いつからそうなったのか私自身記憶にないのですが、少なくとも私自身が大学のサークルで初めて第九を歌った時よりは後だと思われます。

ところが2018年の大晦日は、仕事と重なってしまい、聴く(観る)ことができませんでした。

私にとっては滅多にないことなのですが、これを録画してもらいました。
そして、今更ながら、今日1/13になって、この演奏を聴き(観)ました。

ただ一言、「速い!」。

毎年指揮者とソリストは変わるので、少なからず味の違う第九になるのですが…
こんなにテンポの速い第九は初めて聴いた気がします。
特に歌のない(オーケストラ演奏だけの)部分が速くて目が点。
主旋律の部分でやっと落ち着いたかな、と思いきや、最後は速いまま駆け抜けていきました…という印象。演奏者の方々大変だっただろうな…と思ってしまうほど。

ソリストの声量バランスも気になったのですが、これは私自身がソロパートも含めて歌ったことがあるアルトの音を自然に拾ってしまうので、まあそう思った、という程度で。

どこまで速くなるのか?と落ち着かずに聴いた(観た)ので、眠気が飛んでしまった今朝でした。

« 癌転移とQOLと | トップページ | 1.17から25年と5年と »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 癌転移とQOLと | トップページ | 1.17から25年と5年と »

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30