« 嵐の会見を見ながら嵐の曲を聴く | トップページ | 中学受験開始 »

夫の手術から5年経過

夫の透析に関する一番最初の手術から5年経ちました。
5年前の2014年1月29日(水)。
この時は、本人初の全身麻酔で、術後が辛そうでしたね…。

この時は、まだいたって元気だった私の両親が、飯田橋まで来てくれました。
元々早く待ち合わせをしていたのもあるのですが、院内の食堂ながら、両親から「とにかく食べないと(私の)身体が保てない!」と散々言われ、腰を据えて食べることすらままならない生活をしていた私は、久々にゆっくりと、和定食のようなものを食べた記憶があります。

まあ、区役所・夫の職場・病院と書類を持って走り回った記憶ばかり。
子供達のやりくりをどうするか悩んだ記憶ばかり。
自身の体調管理なんて言っていられなかったですね。
食の記憶は、この定食以外、記憶がないのです。1日1食だったであろうことは想像できますが…。

当時に比べたら、今の私は何があっても1日1食以上食べているし、水分も摂っているし、胃薬必需でもなくなった。
それを思えば、今は、状況に慣れたのか、流せるようになったのか、子供達が成長したのか、単にまだ平和なのか?

当時から5年経ち、周囲に見守ってくださる方が増えたのが一番の違いかな?感謝!

« 嵐の会見を見ながら嵐の曲を聴く | トップページ | 中学受験開始 »

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

家族(夫)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 嵐の会見を見ながら嵐の曲を聴く | トップページ | 中学受験開始 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31