« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »

暮コンサート2018(EL発表会)

20181125

ヤマハ日吉センターの「大人のエレクトーンコース」の発表会である「暮コンサート2018」無事終わりました。

私は3回目の参加です。14時から始まり3時間。アンサンブルは当日リハもあり昼からセンターに居ました。
22組の演奏(うちアンサンブル7組、講師演奏2組)、途中ビンゴ大会もあり「年末お楽しみ会」的なもの。高校生から60代の方、アンサンブルもソロもあり、両方演奏の方も4名いました。
夫と三男は勿論、今回は三男のグループレッスン仲間(その子はエレクトーン専攻)も聴きに来てくれました。

私が習い始めて2年5ヶ月。grade8級レベルからスタートした私も、どうにか6級レベルまで来ました。今年は初めて、アンサンブルとソロ両方に参加しました。
この1年の私を取り巻く環境を振り返り「弾ける時に弾けるうちに弾きたい!」の想いだけでのチャレンジでした。
11月に入り仕事が6連勤の中どうにか練習し、この1年の私を取り巻く環境や喜怒哀楽を想いながら演奏しました。
無事総括できたかな?と思っています。

ソロで弾いた「未来予想図Ⅱ(オーケストラバージョン)」を練習していると、今置かれた環境を思っては無意識に泣いてしまうことが続きましたが、今日は笑顔で弾くことができました♬
アンサンブルの「Neo Japanesque」は、いつもミスするところをクリアしたものの、逆に本番に初ミスしたところがあり、やはり力尽きた感かありました。この曲は楽しくカッコよく…と思いつつ、音が多く、最後まで弾くのに全力投球でした。

子供の頃からピアノの発表会(グループ・個人含む)が年2-3回、その後も吹奏楽部や合唱サークルで年1回以上はコンサートに参加していました。そのためか、コンサートで人前で演奏することは、程よい緊張感と目標設定のためにはちょうど良いのかもしれません。今回も仕事と掛け持ちながら、一昨日昨日と日吉センターへ練習へ行きました。心身的には大変ですが、当時が懐かしい、当時できたのだからやってみせる!というのもあります。

10/30から時が止まった状態が続いていた私ですが、11月の勤務23日のうち、昨日までに21日終わりました。そして今日コンサートが終わり、やっとひと段落した感じです。今、達成感と疲労感がごちゃまぜです。

さて、来年は何を弾こうかな?
初参加の一昨年は「My favorite things(ジャズバージョン)
2回目の昨年は「オペラ座の怪人」
でした。来年こそ情熱大陸?

重…強者でも大変でもなく…

よく「大変」「強者」と言われる私。
私を取り巻く環境は、決して楽ではなく、普通でもなく、ある意味例のない状況であることは確か。
同じ境遇の方に会ったことはありません。

実父の難病
弟の癌再転移ステージ4
夫の透析
長男の軽度発達障害
次男の重度知的障害自閉症
(長男次男は双子で出生児のトラブル)

ただ、私は自分を強者とは思っていないし、そもそも大変という表現も何か違うと思っている。

私には病や障害と共存しながら生きていく本人たちを支えることしかできない。
それが重なっただけのこと。
その中で、私にとって必要な事とやりたい事をすることで私自身を守り、前例や情報がないから発信する。
そのために仕事をし、演奏をし、文字で表現し、画像で表現する。それだけのこと。
これらに強さは必要なのだろうか?

私にとっては「大変」というより「重い」という表現が近い。
物理的に色々あるのは事実。
やらねばならぬことがあれこれあるのも事実。
だが、
1つ1つが重い!
フォローの必要な方々が多くて重なる!
要は、ドッシリ降りかかってくるのだ。

重いと大変とは比べられないのかもしれない。
でも、今の私に適した表現は「重」。

これから逃れることはできないイマ。
私にとっては「重」と共存しながら生きていかなければならない。
その中で、いかに進んでいくか。
環境に縛られることも多いが、それを打破する方法を考えたい。
まだまだ貪欲さが足りないのだろうか?

「今」だからこそ全力で!

今月の勤務日数が23日。
そのうち、今日11/24までに6連勤含め勤務21日終了。
今月勤務残り2日。
おかげで、既に「今月終わったー!」状態な今。

仕事休みの日も、毎週エレクトーンレッスン。
明日がコンサートなので、レッスンも時間が長い日もあり。

昨日、今日は、仕事と練習の掛け持ちでした。
昨日は、午前中にヤマハ日吉センターへ行き、夕方から仕事。
今日は、朝から6.5時間仕事してから、夜にヤマハ日吉センターへ。
帰宅してヘロヘロです。

仕事と練習の掛け持ちより、今回は曲の演奏そのものが体力勝負なのです。
ソロとアンサンブル、2曲演奏すること自体も、
その2曲が真逆な曲であることも、
アンサンブルのソロ演奏とレジスト変更が半端なく忙しいことと。

明日はコンサート本番。
リハーサル込みで昼前から夕方までセンターです。
エレクトーン習い始めて2年5ヶ月。コンサートは3回め。

今季最大級のエネルギーとテンションで臨みたいと思います♬
今、この時間を大切に!
弾けることに感謝して!
様々なことがあった、いま起きている、この1年を振り返りつつ。

仕事帰り、17時50分、横浜市営地下鉄センター北駅前(横浜市都筑区)にて夜景を撮影。

Dc0e612d364b462dbd67b3b04f57bbfc

23回忌と22周年と

ふと気づいたことがあったので、備忘録として。

私は12/1が結婚記念日(挙式・披露宴・入籍全て同日)で、次が22nd anniversary。
…ということは、祖母が亡くなってから今月で22年、23回忌だったことに気づきました。

私が生まれた時には、父方の祖父母は既に亡くなっており、母方の祖父は小2の冬に亡くなりました。
昼前に親戚一同呼び出されれ、当時の祖父宅に集合、その日の夜に亡くなりました。
亡くなった瞬間、その部屋には祖母と私の両親含むおじおばだけで、孫である子供達は隣の部屋で過ごしていましたが、当然ながら全てが聞こえるので、その時のことは小学生ながらに漏れ聞こえる音で理解していました。母は5人兄弟なので、従兄弟も10人以上いますが、従兄弟で1番下、当時1歳前だった妹は多分記憶にないだろうな?と思います。

そして祖母は、足腰はすっかり弱り入院生活をしていましたが、頭は元気な状態で突然亡くなりました。
それが22年前の11月のことです。

身体の状態から、結婚式に来てもらうのは厳しかった祖母。
11月初め、祖母に結婚することを伝えに、夫になる彼と一緒に、祖母に会いに行きました。
久々に会った祖母は、ギャグを言えるほど元気でした。そして、弱った手で自分の名前を書いたご祝儀袋をいただきました。元気じゃん!これで披露宴の報告もできる!と思ったのも束の間、その1週間後、突然亡くなりました。信じられないまま葬儀告別式が行われたのが結婚式の2週間半前!葬儀場と祖母宅と自宅(要は私の実家)が全て市内、かつ私の父母は葬儀にかかりきりで、自宅はとりあえず私が回さなければならない事態。そんなドタバタな中、結婚式は延期か?と覚悟したものの、長男な伯父の一声で、結婚式は予定通り行われました。

後から聞いた話では、祖母は、ご祝儀袋の名前を書くために、弱った手で何度も練習したそうです。
直筆を進めたのは伯父だったようです。
私の手元にある祖母からのご祝儀袋の字は、祖母の最期の直筆となりました。
22年経った今でも、引き出しに大切に保管しています。

最期は看取れなかったけれど、元気で笑顔な祖母に会えたこと、最期の直筆の品を持っていること、それが私の宝です。

結婚してから何年経っても、結婚記念日が近くなると思い出すこの光景。
毎年、結婚周年と同時に、祖母の回忌も1つずつ増えていきます。

おばあちゃんに、結婚するよ!と報告できたこと。
夫になる人を会わせることができたこと。
それが亡くなる1週間前にできたこと。
あと1ヶ月生きてくれたら式の様子が見せられたのに!
私達の顔を見て安心して天国に行ってくれたかな?

22年経っても、色々な想いが交錯する11月半ばです。。

6連勤ではないが第3弾終了

前々回・前回の6連勤ではないものの、1日あたり4.5時間〜6時間、先週木曜+土曜から今日火曜まで4連勤の週5勤務でした。

とは言っても、先週金曜も、次男の療育で15時から19時まで潰れていたので、感覚としては、6連勤第3弾…です。今月初のフリーのはずだった18日日曜が急遽勤務になった影響も大きいです。

疲れが抜けないうちの第2弾の続きで、本当に疲れが溜まってきました。
隙間時間の昼寝でも凌げなくなり、頭痛が辛くて鎮痛剤のお世話になり続けています。

毎週水曜は休みと言えども、エレクトーン発表会前練習。
結局、発表会当日25日までオフなしです。
でも、ここ2日、昼間調子が悪すぎて、練習できていません。
本番まであと4日。
仕事も木金土と3連勤。
どうにか乗り切らないと…。

今月20日までに17日勤務(正確にはダブル勤務1日あり)。
ここまで来ると走り切るだけ。
自分に喝!です。

私の夢は?

先日、小学校の学習発表会で、三男の将来の夢・やりたいことを初めて知ることができました。
それについて思うところは書いた通りです。

さて、そこで改めて。
私の夢は?

夢というのはオーバーですが、
やりたいこと・やっていきたいことは何ですか?
再び自問自答しています。

やりたいことと、現実の狭間で、進めずにいる私。

殻を破って進むか。
殻を破れるか。

私を取り巻く現実が重すぎるのか。
重いと思い込んでいるだけなのか。
保身に走っているのか。

でも、いま、何があっても、
私が倒れるわけにはいかない。

その中でどう進んでいくか?

仕事をすればするほど、家族を見れば見るほど、悩みが深くなるこの頃です。
もっとシンプルに考えれば良いのでしょうか?
自問自答。

クリスマスへ向けて進む時間

Bff48ff0236c4febb16723b8f9489888_2

早いところではハロウィンの終わった11/1からと思われますが、11月半ばな今、どこでもクリスマスモードになってきましたね。

10月末から時が止まり、再び時を刻み始めたばかりの私。
時が一気に15日ほど進み、未だに、心も身体も追いつかないものがあります。

でも、時は止まってくれません。

今日は仕事帰りに、某ショッピングモールの入口で、クリスマスツリーを見つけました。
きっと11月初めからそこに居たのかもしれません。
でも、何故か全く気づいていませんでした。
きっと周りが見えていなかったのでしょう。

今日、改めてクリスマスツリーを見て、日付を見て、11月も2/3が過ぎようとしていることに気づきました。この20日間、私は何をしていたのでしょう。不思議な感覚です。

まだ、突然、時が止まる時があります。
日にちがわからなくなることが多々あります。
それでも世間はクリスマス模様。
12月に向けて、年末に向けて、時間は確実に進んでいます。

あと1週間でエレクトーン発表会。
あと2週間で結婚記念日。
あと5週間でクリスマス。

今、この瞬間を大切に。。

三男の将来の夢…学習発表会

今日、小6の三男通う小学校で、「学習発表会」が行われました。

といっても、この小学校の場合は、中学・高校の文化祭のような感じです。
まず、学年ごとにテーマが決まっていて、学年ごとにクラス関係なく「同じ内容で活動したい・調べて発表したい」メンバーが集まり、活動をします。

ざっくりまとめると、
1.2年生は遊ぶ場の提供
3.4年生は体験学習から得たものの発表や実践披露
5.6年生は調べ物の発表
といった感じです。

6年生は、毎年ながら「将来の夢」がテーマです。
様々な職業の方をゲストに招いて、仕事の内容・その仕事に着くまでの過程・やりがい・大変なこと等の話を聞くことに始まり、同じ仕事を目指したい者同士でグループになり、更にネット等で調べ、掲示物の作成から発表文章まで考えます。そして最後に、「各自の将来の夢」「どんな人になりたいか」を発表します。

多分、6年生全体を見れば、一通りの職業が出ていたのではないかと思われます。

我家の三男は、今までずっと、将来のことについて具体的な話をしたことがありませんでした。
ずっと「優しい人になりたい」とだけ言っていました。
小6になっても具体性が全くなく、私が心配になるほどでした。

そんな中で迎えた今回。

本人に聞いても、何について調べ発表するか、全く教えてくれませんでした。
ただ、「将来やりたいことは見えた」と言っていたので、あとは本番に聞くのみ。

そして今日。

自分がやりたいことについて、具体的にスピーチしていました。
細かいことは書きませんが、三男にとっては日頃見る機会のある仕事でした。そして、その仕事について、表面的なことだけでなく、裏方として何をしているかまで含めて話せていました。

今まで具体的なイメージがない!と言い続けていた三男が、具体的な職業について話したことは勿論、その仕事内容について表裏合わせて具体的に網羅していたことの方が驚きました。表向きなことは勿論のこと、裏方の必要性についてしっかり理解できていたこと、それを堂々と話せたことに感動しました。

まだ小6なので、私は、「今の時点での夢」と捉えています。
これからの経験でどんどんアップデートしていけば良いと思っています。

夢そのものではなく、今の時点で、その職業についてそこまで理解して発表できたことが嬉しかったです。帰宅してからプラスαな話をしましたが、今の彼なりの「軸」があることもわかりました。

実際にどの道に進んでいくかはこれからです。
ただ、今日の発表までに調べたことや、本人が軸としているものを大切に、これから進んでいって欲しいと思います。想像以上に軸がしっかりある上で描いていることに、初めて聞いた私が涙したのは言うまでもなく…。

これから様々な経験をして、更に様々なことを考えて、進んでいって欲しいと思います。

小学校最後の学習発表会、平成最後の学習発表会、長男から数えて12回目の学習発表会。
これで小学校行事がまた1つ終わりました。

親が出向く「大きな」行事は残すところ卒業式のみ。
小学校卒業式まで実質4ヶ月少々。
何事にも精一杯過ごして欲しいと思います。

時の流れ再開!

こんなことがあってから2週間が経ちました。

実はこの2週間、私の中で時が止まっていました。
家事も仕事もPTAもエレクトーンレッスンも、やることはやってきたのですが…。

10/30に重要な話があってから、心身のバランスを崩していたのだと思います。
時に眠れない分を昼寝で補い、時に徹夜明けのような頭で、時に鎮痛剤が全く効かない頭痛に襲われ、時に音楽聴きながら弾きながら泣き、時に全身で仕事や演奏を楽しみ、時に三男をむぎゅ〜してエネルギーを貰い(これは時に嫌がられつつ笑)。

早い所では11/1から順次報告していたのですが、今日(既に昨日ですね)までに、報告すべき方々への報告相談がやっと終わりました。話を通す箇所はそこそこあったのですが、都合で、後半に私の親友たちやメインのバイト先への報告相談が集中し、連日相当なエネルギーを消費しました。

今回伝えるという選択をしたのは、前回も書いたかと思いますが、今までの経験から「隠し通すレベルは越した」と判断したからです。

一通り終了した今、私は周囲の方々に恵まれているのだな、とシミジミ感じました。

皆が1番に、私が倒れないよう心配してくださったこと。
倒れて家族も仕事も完全ストップになるのを避けること。
そのために一時的に仕事を抑えるなり休職するのは構わないと。
家族の中で私の代わりはいないと。

仕事は辞めることも覚悟していたのですけどね。
幸い、一時的にペース落としてでも「続ける道」を提案されました。有難いです。

この2週間、何事にも、いつも以上に楽しんで過ごすようにしていました。
その分、この2週間の笑顔の裏を知って、必要以上に驚かせてしまった方々もいました。
ごめんなさい。

でも、これで、やるべきことはきちんとやり、いざという時はお願いするという土台は作れたかと思っています。2週間ぶりに時が流れ始め、何事にも全力で取り組み、全力で楽しめるような気がしている今です。

あとは、私が倒れないようにやりくりすること。
まずは、よく寝て、よく食べて…?
それが難しいのですけどね。

明日、でなかった、既に今日から、気持ち新たに進んで行きたいと思います!

欲張りのススメ

先日、友人から「欲張りだよね!」と言われた。

これは、良い意味で使っている言葉。
本音で語れる友人の言葉だからこそ、私も素直に受け取っている。

ただ、私、そんなに欲張りかな?
その友人の方が余程欲張りだと思うけれど?

言われてから丸1日、そんなことを漠然と考えていた。

私自身は、単純に、やりたいことをやっている、もしくは、やろうとしている「だけ」だと思っている。
ただ、それが複数ある。だからこそ、いくら忙しくても、時間がなくても、複数の事を同時進行しているのは事実。

実際、実家で事が起きようが、自宅で事が起きようが、それらの対応をしつつ、仕事は2箇所続け、エレクトーンを弾いている。
仕事を兼務していることにも理由がある。
1つめは、やりたい・やっていきたい仕事を諦めきれず週1でも勤務している事。
2つめは、我家の時間のやりくりや家計なりの現実を踏まえて、可能な仕事をしている事。
そして、エレクトーンは心身を正常化するために必須なもの。ある意味、心のリハビリ。

確かに、客観的にみると、欲張りかもしれない。
ただ、私の中では、様々なことをやる中で、それぞれのマイナスを相殺し合い、トータルとしてプラスにしたいと思っているし、そうなってきた。そして、意図的にどれかを止めると、そこに注ぐ時間や能力を、残りの事に注ぎ込まなければならないと、自分自身を追い込んでしまう怖さがある。

一時的に、どこかの負荷がとても大きくなり、他の事が停止することはある。
エレクトーンを1ヶ月半以上弾けなかったこともある。
仕事を休職したこともある。
それでも、いま、辞めたいとは思うことは1つもない。

実家や自宅対応のために、私の心身の健康を維持するために、現実問題として、仕事は少しセーブしなければならないと思っている。余力が必要な事態を踏まえて。。

欲張りなこと、様々なことをやるには、時に、広く浅くになるかもしれない。
そこは状況に応じて変えていく必要がある。
それぞれについて、どの程度の力を発揮するか。
全て100%では倒れてしまう。それは昨年の自分が証明している。
100%を求められる事から、0%近くでもよい事まで様々であることも学んできた。

私を取り巻く環境において、様々な制約がある中、やりたい事を、どこまで、どのようにやっていくか。
私が萎縮せず、やっていける環境はどこにあるか。
それを描き続けている時点で、やはり、私は欲張りなのかもしれない。

----------

的確な指摘をしてくれる、気づきを与えてくれる友人に感謝。
友人は、私の方が欲張りだと言うが、私は友人の方が欲張りだと思う。
時に合理的すぎないかと思いつつ、徹底的な下調べをして、マルチに進んでいく友人の姿には尊敬する。

6連勤第2弾終了

前回に続き、1日あたり3.5時間〜6時間と様々ながら、先週木曜から今日火曜まで、6連勤でした。
2度めの6連勤。
前回よりペース配分は考慮できたものの、疲れが抜けないうちの第2弾。
隙間時間の昼寝で凌いだような状況でした。

やはり、睡眠と食事をどうにかしないと、です。

6連勤は終わりましたが、この後も、週5勤務など、あと1週間半は多忙な日々が続きます。
予定があって休むから連勤になっていないだけで、フリーにはならないのが現実です。

今月初のフリーが18日日曜なので、まずはそこまで頑張ります!
その後、エレクトーン発表会の25日までオフなしで再び走り切ります。
そうすると翌26日・28日と休める予定です。

気がついたら11月が終わっているかもしれない。。

デジャヴ?

昨日ですが、デジャヴ?と思うことがあったので、ふと書いておこうかと。

理由は全くわからないのですが、昨日11/12月曜の昼間、自宅で突然鼻血が出ました。
5分ぐらい経っても止まる気配がなく、20分ぐらい休んでようやく落ち着いた、ということがありました。
正確に言えば鼻をかむというより、拭いた程度のことはしましたが、その後両鼻同時に起こり。
あまりに止まらず、久々に焦りました。
普段から鼻血自体早々出さないといいますか、出てもすぐ止まるレベルです。

その後ふと思い出したことが…。
しばらく前に、同じく昼間に突然鼻血が出て、しばらく止まらなかったことがあったな、と。

その時は仕事中。(職場がショッピングモールの中なので)従業員休憩室のトイレへ行き、手を洗っていたら突然鼻血が出たものの止まる気配がなく、ふと思い立って、そこから約30mのところにあるショッピングモールの事務所に駆け込み、箱ティッシュを貰い、1人で休める場所を開けてもらい、しばらくソファでホケーっとしていました。すぐに職場に戻れる状況でなかったため、事務所から職場に電話連絡して貰ったら、上司が事務所に飛んできてしまった…ということがありました。
(その節はお騒がせしました…としか言えないのですが…)

ふと思い立って日記を確認したところ、なんと、ちょうど1年前の同じ日、11/12日曜の昼間でした。
しかも時間もほぼ同じ。

場所こそ違うものの、鼻血が止まらない中、頭のどこかであれ?となっていたのはこのことだった模様。
こんな偶然あるのですね。無くて良いのですが。
来年の11/12は何も起きないことを今から願わずにはいられません。。

限られた時間の中で

限られた時間の中で、どうやりくりするか。

下調べ、人に会う、話し合う、行動する、想定外のことが起きる…

私にとっての日常は、元々、心身共に余裕があるとは言い難い。
それでも難題はどんどん降って湧いてくる。
向き合えば向き合うほど、時間と体力と心が減っていく。

だからこそ「どこまで向き合うか」が重要になる。

直ぐに解が見つかることなどない。
その前提のもとで。
心身バランスを崩さずに取り組めるか。
時間とお金を使えるか。

徹底的に動きたい欲望と、自身の経験から、自分の行動を客観的に判断する力が求められている今。

答えに辿り着くかわからない。
でも止まるわけにはいかない。
辿り着いたらそれは正解でも不正解もなくbetterな解。

自問自答しながら進んでいるところです。

今日は11月10日

気づいたら11月の1/3が過ぎていました。
早かったのか遅かったのか、よくわからない感覚です。

この10日の内訳。
時間数はともあれ仕事9日。
寝倒して(正確には寝落ちして)エレクトーンレッスン行って1日。

10/30から時が止まっているような気がします。

ふと気づくと、世間はハロウィンが終わり、クリスマスモード。
(そもそもいつの間に、ハロウィンの翌日からクリスマスモードに切り替わるようになったのか?)

木々をよく見ると、紅葉が始まっていたことに今更気づきました。
10日間、毎日外に出ているのに、景色を見る余裕もなかったのでしょうか?

今思えば、昨年の今頃は、毎日、自宅最寄りの東横線日吉駅前の慶應大学日吉キャンパスの銀杏並木を見ていました。
通勤が電車だったから、というのが大きいのかもしれません。
今年は、毎日車かチャリ移動が基本なので、日吉駅に行かない事も大きいかもしれません。

今日は土曜なので、仕事でセンター北(横浜市都筑区)にいます。
昼休みなので休憩室から外を眺めてみると、街路樹の色、緑と黄色や赤が混ざっています。

ここには毎週土曜に来ているのに、色の移り変わりすら気づいていませんでした。
いや、見ていたはずなのに、目に入っていたはずなのに、脳で理解せず通り過ぎていたのでしょうね。

三男の小学校最後の学習発表会まであと1週間。
私のエレクトーン発表会まであと2週間。

今月は気づいたら過ぎ去っているのかもしれません。

その反面、毎日1日1日を大切に、着実に過ごそうとしている自分もいます。

今、私の置かれている環境の下、毎日後悔なく、精一杯過ごしたいと思います。
自分の心と身体と時間とお金と、様々なことはあるけれど深く考えず、普通に過ごすのが1番良いのかな?

試してみました〜化粧品編

…適したタイトルが浮かばないまま第2弾…

今回は化粧品(基礎化粧品)の話。

化粧水・乳液・美容液・クリーム・メイク落とし等です。
(上記の中でも、日中用と夜用に分かれているものもあります。)

これには2パターンあるのですが、どちらもお試しで3日間使ってみるものです。
・店として販売促進したい商品を、女性従業員全員が試してみるもの
・特定のメーカーさんの商品を、4名程度が試してみるもの
どちらにしても、使ってみての感想、お客様へ伝えたいことなど、コメントを書いて提出する必要はあります。まあ当然ですよね。そのコメントなり、自身が実感したことをふまえて、お客様にご案内していくのですから。

普段、お化粧にお金をかけない、オフの日は基礎化粧品しか使わない私にとって、このお試し商品は、初めて使うものばかりです。
(オフの日は基礎化粧品のみで、ファンデーションは基本使いません。肌が息をしていない感じが強くて以前から苦手なのです。その基礎化粧品すら…ノーコメント…です。)

(私の年齢ぐらいなら価格帯的にも皆さん普通に使っていると思われる)それなりなお値段のする商品だけあって、いざ試してみると、やはり違うのですよね。肌の吸い付き感、肌への浸透感、肌が潤っている感、時間が経ってからの肌の調子など。

物の良さなのか、私が日頃使わなすぎるから良く感じるのか、そこは難しいところです。
ただ、良いものは良い!お試し期間だけ肌の調子が良い感じすらします。
実際お試し後に購入したものもあります。
基礎化粧品代は、今までより絶対的に高くなったと思われます。

今まで化粧そのものに関心がなかった、お金を使う気がなかったのですが、いざ肌の調子が良く感じるとやはり続けて使ってみたいと思うものでして。全てを一気に変えるつもりは無いですが、部分的に取り入れているのは事実です。

化粧品に限らず、自分が良いと感じて初めて、ご案内ご説明ができるのですからね。
お試しで得たことが、次に繋がるようにしたいな、と思うものです。

そして今晩(既に昨晩?)からナイトクリーム3日間お試し中。
さてどうなるでしょう?

試してみました〜絆創膏編

…適したタイトルが浮かばない…

ドラッグストアには、各分野の商品の「試供品」「サンプル」「テスター」なるものが少なからずあります。

その中から、今回は絆創膏の話。

先日、店内の「瓶に入った」商品が(経緯はわかりませんが結果的に)割れたようで、割れた瓶や破片や拭き取った時に使われたと思われるペーパー類が、ビニール袋に入って置いてありました。
…本来は紙袋に入れてからビニール袋に入れるなり、外から見てわかるように注意書きするべきだと思うのですが…
ただ、傍目にはわからず、単なる普通のゴミだと思いその袋を手に取ったところ、ビニール袋から突き出ていたのか、ビニール袋の外に付いていたのか、持った場所が悪かったのか、左手のひらにガラス破片が付いてしまい、ジワ〜と血が出てしまいました。

急いで手を洗いに行き、ガラス破片共々洗い流したのですが、当たりどころが悪かったのか血が超少量ながらジワ〜と出て止まってくれません。とりあえず何か貼らないと…と思っていたところ、社員から、試供品の(商品名は書けませんが)「貼るだけで傷口が治るタイプの絆創膏」を貰いました。そんなお値段高めな絆創膏は我家では使わないので、私はその商品を初めて使いました。

手のひらなのに、しっかりくっついて、その後作業していても剥がれる気配がありません。
透明なので血が滲むのがハッキリ見えてしまうのが難点なぐらいでして。
帰宅して、顔を洗ったりお風呂に入ったり食器を洗ったり、水仕事散々してもしっかりくっついていました。これだけでも十分ビックリです。

結局、翌朝になって外したのですが、傷口はまだ跡はあるものの既に塞がっていて、絆創膏どころか消毒すら不要な状態でした。

いつも安くてたくさん入っているような絆創膏しか使わない私には、目から鱗でした。
価格も良いですが、やはり良いものは良いのですね。
治るまでに貼り替えが必要なら買って使おうと思っていたのですが、半日貼っていただけで傷口もすっかり落ち着いたので今回は買いませんでした。
でも、こんなにすぐ治るなら、1箱ぐらい家に置いてもよいかな?と真面目に思ったのでした。

睡眠障害2週間経過

3週間前の木曜に突然体調を崩し、その時は、ひたすら寝倒して数日でどうにか動けるようになりました。

ただ、治りきらないうちに、PTA企画の司会があったり、突然難題が降ってきて、結果的に2週間前の木曜から今度は睡眠障害になっています。

単純に眠れなくて完徹、寝ても2時間弱で目が覚めてその後眠れない、ぼんやりはしていて眠いと感じきても既に起きなければならない時間になっている、時間的には3時間なり6時間なり寝ていても「身体が寝ている」だけで頭や心は活動していたかの如く疲れている、などなど。

身体だけは横になっているので、身体の疲れ自体は少なからず取れていると思われます。
ただ、疲労感満載で、昼間家で寝落ちしている事も多々あります。
この寝落ちの時が1番「寝た!」と感じる状態です。

今回は少なからず食欲はあり、偏りはありつつ1日2回は食べています。それでもカロリーや栄養バランスはよろしくないはずで、栄養ドリンクを飲みサプリを飲み…な状態です。
ただ、いつもは睡眠も食欲もどちらも低下する私にしては、片方で済んでいるだけ身体が動くのかもしれません。

とはいえ、今回の睡眠状態。当面、(昼寝できる日限定ですが)昼寝で凌ぐしかないのでしょうか?
同じく2週間前からパニック障害の予兆も出ているので、自分なりに管理観察しているところです。
原因が取り除けない以上、生活環境を変えるのか、薬で調整するのか、betterな方法が浮かびません。
「今は」気合いでまだ動けるから良いのですが、動けるからこそ動けるうちに対処の必要性を感じ、自分への危機感を募らせています。

さて…。

眼が落ち着いてきました

以前書いた通り、3週前に眼鏡を遠近両用に作り直し、2週前に受け取り、少しずつ慣らし、運転含め日常的に使うようになり1週間経過しました。
幸いサクッと慣れ、目の疲れも落ち着いてきました。

新しい眼鏡を受け取った際、慣れるまで2週間程度かかること、特に運転時の見方には注意するよう言われていました。まあ当然ですよね。運転時は、正面は勿論、バックミラーにサイドミラーにハンドルにメーターに、見るところそれぞれの距離感や目(視点)の位置が異なりますからね。

幸い、サイドミラーの角度を少し変えた程度で問題なく運転できています。
ただ、今回、遠近両用(正確には遠中近の3段階)にするために、眼鏡のレンズが大きくなったことも少なからず影響しているかもしれません。視野が広がった感があるといいますか。

偶然ですが、眼鏡を作り直した翌日から体調を崩し、疲労回復系の栄養ドリンクやサプリを足していたので、その影響も少しはあるかもしれません?効能の中に「眼精疲労の回復」も含まれていたので。

何はともあれ、このまま眼の状態が落ち着いてくれれば…です。

6連勤第1弾終了

1日あたり3.5時間〜6時間と様々ながら、先週木曜から今日火曜まで、6連勤でした。

正直キツかったです。

明日水曜休んだら、また6連勤です。
各曜日の仕事時間は今回と同じなので、もう少し上手くペース配分できると思います。

1日3時間睡眠と少しの食事で乗り切れる心身になりたいです。
やることは山積みなのに、心身がついて行けません。
まずは睡眠と食事…というのはわかっているのですけどね。

« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30