« 怪獣2号と施設の温度差 | トップページ | 目の不調か眼鏡の度数か? »

父親と母親の役割

最近、私が考えていることの1つに「父親と母親の役割」というものがあります。

子供達が18歳と11歳(もうすぐ12歳)になり、障がいの有無とは別に、母親だから話しやすいこと、父親だから話しやすいことがあるはずです。

約1か月前、三男のスマホを買い換えました。
今までいわゆる「ジュニアスマホ」なるものを使わせていたのですが、ついに普通のiPhoneにしました。今は普通のスマホでもフィリンタリング機能を設定しなければならないなど色々あるらしく、某ショップでもかなり詳細に説明がありました。販売側に説明義務があるそうです。

更に小6の三男は、この1年で身長が10㎝伸び、声変わりし始め、最近は低い声で落ち着いてきました。

そんな色々が重なり、日頃の様子を見ていて思うところもあり、先日、子供達と色々な話をしました。

それを一言で表すと、「お母さんに言いにくいことはお父さんに相談すること!」です。

ここ5年ほど、父親が入退院や仕事や自身の体調管理など含め、「子供達が父親に話しかけにくい・相談しにくい環境にあったのではないか?」「私が父親業もやろうとしていたのではないか?」とふと思ったのです。逆を言えば、夫への希望として、「父親でしか対応できないことは対応してほしい!」ということもあります。

長男も三男も、私に甘えたり、話したり、相談してくることは多々あります。それは一向にかまわないですし、必要なことだと思っています。社会性という意味では、家と外で違うのは当たり前ですから。ただ、父親は怖くて話しにくい…があるようで、それだけは双方にとってどうにかしてほしいと思っているところです。

三男が思春期と言われる時期に入り、様々な面で、「男子でなく男性として見ていく年齢なのだなぁ…」と思う事だらけなこの頃です。

« 怪獣2号と施設の温度差 | トップページ | 目の不調か眼鏡の度数か? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 怪獣2号と施設の温度差 | トップページ | 目の不調か眼鏡の度数か? »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30