« 影響し合える存在に | トップページ | 連休だから考えること »

エレクトーンを弾ける喜び

今日、ヤマハのイベントである、EF(エレクトーンフェスティバル)アンサンブル部門の日吉センター大会が行われました。
このことは後日別途書きたいと思います。

夫が海外出張→緊急入院と続き、私、8月1週目のレッスン以降、レッスンお休みどころか、実はエレクトーンを全く弾いていませんでした。正確には弾ける精神状態ではありませんでした。家事分業できない中、仕事か面会の日々で、体力的にも時間的にも余裕がなかったのは事実です。しかし、それよりも、「夫の病状が落ち着かないのに余暇どころではない」「弾く気分にはなれない」が占めていました。
目先のことに追われ、心身とも「気分転換など言っていられない」状態でした。

そして、夫が退院してからも、その気持ちが切り替わらず、1週間が経ってしまいました。
習い始めてから1ヶ月半以上弾かなかったのは初めてで、次のレッスンが次の水曜に迫る中、どうしたものか?困り果てていました。発表会が2ヶ月後に迫り、アンサンブルの楽譜も手元にあるのに、譜読みすらできない状況に、「発表会に出られるのか」、いや、それ以前に「エレクトーンを弾く気持ちに戻れるのか」と、我ながら重症になっていました。。

そんな中、今日、エレクトーンフェスティバルが開催され、三男は中1・小6の合計5名(男子1人)で出演しました。三男が参加した第3部は、何故か小6と中高生で半数以上を占めていました。そのため、必然的にレベルの高い演奏が続きました。

大好きなエレクトーンアンサンブルを久々にたくさん聴き、既成曲でも自作曲でも即興でもとにかくアンサンブルに夢中だった今の三男の年齢の頃を思い出し…。

ちょっとテンションが高くなっていたのかな?
帰宅してから、エレクトーンを弾いてみました。

1ヶ月以上弾いていなかった割には、意外と普通に弾けました。
長年習っていたピアノと同じ「両手だけ」なら弾ける自信はありましたが、ベースも意外と弾けたことに驚いたのかホッとしたのか嬉しかったのか…。
エレクトーンも習い始めて2年経ち、楽器を購入して1年経ち、足の動きもそれなりに身体に身についていたようです。

いま、ソロ曲は「未来予想図II(オーケストラバージョン)」を弾いています。
エレクトーン1台なのにオーケストラで演奏している感覚に酔い、未来予想図という曲そのものに酔い。
エレクトーンが弾けた事に泣いてしまいました。
心の何処かで「二度と弾けないのではないか」と恐れていたのかもしれません。
自分で自分に無意識に規制をかけていたのかもしれません。
目の前の現実に、未来予想などできなかった、いや、避けていたのかもしれません。

それらが解き放された今、ただひたすらホッとして嬉しいのです。
こんな不思議な感覚、記憶にありません。
だからこそ、もっと適した表現があったとしても上手く表せないのがモドカシイぐらいです。

ちなみに、いつもは平気で3時間近く弾いてしまうので、今日は1時間で止めておきました。
放っておいたら徹夜してでも弾きそうですから笑。

« 影響し合える存在に | トップページ | 連休だから考えること »

心と体」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 影響し合える存在に | トップページ | 連休だから考えること »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31