« 七夕に願いを込めて | トップページ | 朝顔は夏の顔 »

太陽星座と月星座

6月終わりから、「月」と心身の関わりを少なからず気にしながら生活していました。
そんな中、星座には、太陽星座と月星座があることを知りました。

太陽星座は、誕生日から成る、一般の星占いで使われるもの。外に向かって発揮するもの。
月星座は、誕生日に生まれた年と時間を加えたものから成り、深層心理に関するものとのことです。
(全てググった結果です。)

私の場合、太陽星座と月星座で、真逆のような内容になりました。
ちなみに、太陽星座が双子座、月星座が蠍座です。

ただ、月星座を見ると、表向きなものと自分の心の奥底に潜むもの、自分の中の二面性の存在に納得しました。素直になればなるほど、心の奥にあるものを感じれば感じるほど、自身の中に潜む異なる想いに気づき悩んできました。最後は自分自身ですが、「元々持っているもの」と思えば、気持ちが楽になりました。気づいても性格が変わるわけではないですが、二面性を持っていると自覚するだけでも、過ごしやすくなるのかな、と。

これで「自分でもわからない自分」に悩むことは減らせるかな?

« 七夕に願いを込めて | トップページ | 朝顔は夏の顔 »

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 七夕に願いを込めて | トップページ | 朝顔は夏の顔 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31