« 愛読書?に蛍光ペン | トップページ | 思い詰めるって何だろう »

特別支援学校の選抜の時

ここ1~2週間、圧倒的なアクセス数を誇っていた記事が

『横浜市立高等特別支援学校(高等特支)の選抜』

でした。そしてそれに付随するかの如く多かった記事が

『神奈川県特別支援学校高等部(B部門)の選抜』

でした。前者は1年前、後者は3年前に書いたものです。

前者は調べていませんが、後者は12/7(木)に選抜でしたので、ちょうど1週間経った今日あたりに結果が自宅に郵送で届いている頃と思われます。前者もそう変わらぬ日程で行われるため、既に選抜が終わり、結果も出ているかと思われます。

ここ最近、特に前者の『高等特支』の選抜に関わる記事へのアクセスがダントツというぐらい多く、履歴を見ていても最初は何事かと思った程。でもそうですよね。この手の情報はなかなかないのが現実でして。(だから私はどちらも書き残したのですけどね。)

読んだところで、何か役に立っているかはわかりません。

ただ、過去問が売っているわけでもなく、本当に情報のない世界なので、(特に前者は筆記試験や作文といった内容も含まれるので)内容を少しでも知りたい!という気持ちはとてもよくわかります。

このアクセス状況を見て、「今年も選抜の時期なのね!」と実感し、3年前の我家のドタバタ通り越して毎日が綱渡りのような日々を思い出すのです。

夫が入院・緊急手術の数日後に、怪獣1号2号、双子それぞれが、ここに載せた「前者」と「後者」と続き、3日連続選抜。私は3日とも付添、それを綱渡りするために、怪獣1号選抜時には怪獣2号を施設に泊め、怪獣3号は近所の方に朝6時台から預かってもらい…よく乗り切れたな私!と思うほどです。

みなさんの進路が無事決まりますように!

« 愛読書?に蛍光ペン | トップページ | 思い詰めるって何だろう »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

障がい・療育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 愛読書?に蛍光ペン | トップページ | 思い詰めるって何だろう »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31