« 束の間の私の夏休み? | トップページ | Win10のメールアプリへ »

目の前にあることを一生懸命やる

今、Facebookで、『いい言葉は人生を変える』というコミュニティをフォローしています。

さりげない言葉に色々考えさせられます。

その中に「目の前にあることを一生懸命やりなさい」というのがありました。

過去にとらわれるのは無意味なこと、念を入れて生きる、念とは今の心であると…。

この1か月、自分の尺度で大丈夫と思っていたのに、倒れてしまったこと。
それによって家族や職場に迷惑をかけてしまったこと。
自身の体調が思うように戻らなくて未だ戻りきらないこと。

今は休む時間が必用なとき、と言われても、この状況に私自身がイライラする気力もないほど心身がダウンしていましたし、常にもどかしさを感じていました。
こんな私を支えてくれる、心配してくれる家族や上司に、申し訳なさばかりが強くなっていました。

正直なところ、まだ心身とも、元の生活に戻れるほどには回復していません。
まだやっと日常生活ができるようになってきたレベルで、子供達に仕事に日々フル回転な日々を送るレベルに戻るにはもう少し時間がかかりそうです。

ただ、落ち着いてくればくるほど、なかなか復調しない自分にイライラすることも増えています。とはいえ、イライラしたところで早く戻るわけでもなく、経過観察中でもある中、気長に構え、できることからやっていこうと思ってはイライラしたり、活動できたとおもったら寝込んだり、心身の波と戦っている日々を送っているのが現実です。

ただ、1か月非日常的な生活を送ったことで、見えてきたこともたくさんあります。
客観的に見て考えることも増えました。
自分が今、そしてこれからどうしたいのか、考える時間もとれました。

3年前にも同じような事を書いた記憶がありますが、1か月ダウンしたことは、私にとって、立ち止まるのに必要な時間だったのかもしれません。

今はただ、理解してくれる家族や上司や地域の方々に感謝しつつ、心身を回復させ、自身を更に変えていきたいと思っています。この年齢になっても、無茶して倒れたにもかかわらず、私に影響を与えてくれる方々に恵まれ、自身も刺激を受け、進化したいと思えるのはありがたいことだと実感しています。

« 束の間の私の夏休み? | トップページ | Win10のメールアプリへ »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 束の間の私の夏休み? | トップページ | Win10のメールアプリへ »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31