« 夏が過ぎたら冬が来る? | トップページ | 怪獣1号の学園祭 »

103万円の壁と106万円の壁

今回はちょっと真面目なお話。

…といってもいつも通り思ったままに書きますが。

今回はタイトルの通り『103万の壁』『106万の壁』について。

『103万の壁』は、以前から知られている通り『夫の扶養控除』『妻の所得税』の壁です。
妻の給与所得年収が103万以下であれば、夫が配偶者控除38万を受けられるということ。さらに、
 103万-給与所得控除65万-基礎控除38万=0
つまり、妻の給与所得が103万以内ならば
 「夫は配偶者控除38万を受けられる」「妻は所得税を払わなくてよい」
ということになります。

『106万の壁』は、2016年10月から施行される『社会保険』の壁です。
以前は妻の給与所得年収が130万以下ならば夫の扶養に入り、『社会保険料』(健康保険・厚生年金)を払わなくて済んでいました。これが2016年10月から106万以下に変更になりました。つまり、106万を超えたら『社会保険料』は妻が自分の職場の健保に入り、負担することになります。

103万を超えると…
103万は「夫の配偶者控除」「妻の所得税」のラインですので、まず、夫の扶養控除がなくなります。しかし、これは「配偶者控除」から「配偶者特別控除」に代わり、収入141万までであれば、夫は3~38万の控除を受けることができます。(妻の収入に応じて段階的に変わるものです。)
妻は当然ながら収入に応じた所得税を払うことになりますが、103万が104万になったところで103万を下回るような事態にはなりません。
そのため『103万の壁は気にする必要がない』ということになります。

ただし、夫の職場から扶養に関する「何かしらの手当」が出ている場合、103万を超えると出なくなる会社もあるようですので、そこは調べた方が良いでしょう。我家の場合は、職場からの手当類は一切出ていないので影響はゼロに等しいです。

106万を超えると…
2016年10月から制度が変わり、以下の条件を満たす場合、妻が自分で社会保険料を負担することになりました。
 ①週の労働時間が20時間以上
 ②月収8.8万円以上(年収106万円以上)
 ③勤続年数が1年以上見込まれること
 ④勤務先の従業員数が501名以上
 (学生でないことという条件もありますがここでは妻について考えているので省略)
該当するかどうかは職場に確認した方が確実です。

私の場合、①③④を満たしているため、②について確認したところ、「3か月連続月収が8.8万円を超えた場合、その翌々月から社会保険料を負担」との回答でした。つまり、7・8・9月と3か月連続収入8.8万円を超えた場合、その翌々月である11月から加入対象となるそうです。そして、3か月連続月収が8.8万円を下回った場合、脱退となるとの回答でした。(3か月連続8.8万円を下回ることがなければ、加入は継続できるとのことでした。)

健康保険・厚生年金・雇用保険・40歳以上の場合は介護保険も徴収されるため、収入がギリギリ超えている場合はマイナスになる可能性があります。ただし、将来的にどの程度維持されるかはわかりませんが、自分で厚生年金に入るということは、将来の年金も多少なりとも上積みされることになります。(夫の扶養である第3号でいる限り基礎年金のみとなります。)雇用保険にも入るわけですから、働けなくなった時の保障も出ます。目先の金額は減る可能性があっても、そのあたりをどう考えるか…かと思います。
いくら以上の収入があればマイナスにならないのか、などは個々の状況や会社によっても異なってきますので、計算する必要があるかと思います。
なお、②ですが、8.8万円ラインは「時間外手当を除いた金額」で計算しますが、保険料を決める際には、手当や交通費も含んで計算されるとのことです。そのため、正確な金額が知りたい方は、もっと詳しく書かれているサイトで調べるか(金額によって段階がかわるような一覧表の掲載されているサイトもあります)、職場に直接確認した方が良いかと思われます。

ニュースのレベルでは、現在、103万の壁である「配偶者控除の見直し」も言われていますし、106万の壁も今後条件が緩和されて加入者が増える方向になるようです。現在の収入や労働時間を見直すことだけでなく、ここ半年~1年は、これらの動向を見ていかなければならないかな、と思っています。

今回、何故、真面目に書いてみたか、ですが、私自身が『103万の壁』の前に『106万の壁』(というより正確には月収8.8万円の壁)がやってきてしまい、職場にあれこれ聞くことになったからです。

« 夏が過ぎたら冬が来る? | トップページ | 怪獣1号の学園祭 »

ニュース」カテゴリの記事

仕事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 夏が過ぎたら冬が来る? | トップページ | 怪獣1号の学園祭 »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31