« 【本】聞くだけで自律神経が整うCDブック | トップページ | 今年の終わりに個人レッスン付添 »

保育園に小学校や幼稚園の先生を活用することの意義って?

気になったニュースから。

介護も育児も人手不足なのは明らかな事ですが…

先日、保育園の保育士不足対策に

・小学校の先生を5歳児担当に
・幼稚園の先生を3~5歳児担当に

というニュースを見た。

幼稚園の先生はまだしも、小学校の先生が5歳児というのは、保育園から小学校への移行期間という意味ではいいのかもしれないが、実際に小学校の先生が保育園児を見れるのか、という問題は充分に考える必要があると思う。6年間もある小学校の先生の場合、低学年向きな先生と高学年向きな先生がいるのは事実なのだから。

ただ、小学校と幼稚園は文部科学省、それに対して保育園は厚生労働省。この「省庁が跨るもの」が協力しようという考えは、今までからすると画期的な事だと思う。

しかし、介護の世界も同じだと思うのだが、働き方や賃金といった、労働環境が改善されない限り、机上の理論ならぬ話で終わってしまうように思う。

介護の方はわからないのだが、保育園や幼稚園の免許を持っている方が足りないのではないと思っている。持っていても労働条件等が合わなくて働けない人が多いのが現状なのではないだろうか。私も保育士免許を持っている1人だが、今の労働環境では、保育園で働きたいと思っても働く事ができないのが現状である。我家の場合は、養護学校に通っている子がいる、送迎が必要などの要因もあるので、他の方と一概に一緒にできないかもしれないが。

免許を持っている方や、一度離職した方が働きたいと思えるような職場環境を整える方が先なのではないだろうか。待機児童云々で箱だけ作っても働く人がいなければ意味がない。

実際、我家の怪獣どもは3匹とも保育園出身なので、保育園側の環境も、私なりにそれなりに理解しているつもりである。そこから思うに、保育園は、ワークシェアリングしにくい職種なのかもしれない。自分の子供がダウンして仕事を休むにも休みにくい、休んだら誰が保育するのか、という問題も大きいのかもしれない。

フルで働けない資格持ちの方は絶対沢山いると思う。調べてはいないけれど。
それを活用する方法を考える方が早いのではないか。
そもそも、保育園で活用するほど、幼稚園や小学校の先生が余っているのだろうか?
それぞれの免許を持っていて、職場環境が整っていれば、それぞれの場所に戻っていると思うのだが?

本来は他の職種でも言えることなのかもしれないが、今回のニュースはどうも「腑に落ちない」点が多い気がしてつい書いてしまった。

« 【本】聞くだけで自律神経が整うCDブック | トップページ | 今年の終わりに個人レッスン付添 »

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 【本】聞くだけで自律神経が整うCDブック | トップページ | 今年の終わりに個人レッスン付添 »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31