« 7月7日は七夕です☆ | トップページ | 【本】禁断の魔術(文庫本) »

【本】数学者の休憩時間

Photo

----- 後日談そのXの話(^^;; ----- 

恩師、藤原正彦先生の著書「数学者の休憩時間」読了。

先日の「蔦屋家電」での衝動買いの1冊です。やっと読みました。

藤原先生のエッセイ集4冊目となっていますが、この本の発行日、私はまだ在学中だったことに今更気づきました。 1年次の必須科目でしたから先生の授業は出ていたし、記憶が確かならば、大学1年次の学年担当教授だったはずです。 「休憩時間」というだけあって、ホントに気ままな内容なのですが、いい意味で数学者の文章とは思えない構成。この才能は、新田次郎さん藤原ていさんの次男という親譲りな面もあるのでしょうか?

この本に度々登場する「サウダーデ」=「サウダージ」=「切なさ」という言葉が妙に心に残り、読み終わった時の感想が頭の中でまとまらずにいたのですが、阿川佐和子さんの書かれた「あとがき」が私の中のモヤモヤを全て表しているのかなと妙に納得していまいました。 藤原先生というだけで、私自身の大学生活を思い出すというのもありますが、今の職場が大学生と話す機会が多いのも重なり、色々思うところもあります。

他にも、藤原先生の父である新田次郎さんといえば、作家でもありますが、気象庁職員として富士山気象レーダーの責任者であり、NHKプロジェクトXの第1回放送で登場したことも未だに覚えています。(これに関しては、私自身が以前の仕事で気象に少なからず携わっていたから余計に覚えているのかもしれません。)

今回の素朴な疑問。エッセイ=随筆?エッセイ≒随筆?

« 7月7日は七夕です☆ | トップページ | 【本】禁断の魔術(文庫本) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 7月7日は七夕です☆ | トップページ | 【本】禁断の魔術(文庫本) »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30