« 徒然なる3月後半戦 | トップページ | 二人分の卒業式が無事終わり… »

祝☆怪獣2号中学卒業

卒業式

先週の怪獣1号に続き、昨日は、怪獣2号通う県立養護学校小・中学部卒業式&謝恩会が無事終わりました

いつも常に喧しい、通常「口多動」と言っている怪獣2号も、この日ばかりは、他の中3メンバーと同じく、卒業証書を黙って1人で受け取っていき…。
学年代表で受け取るものも(担任が黙っていたから親は知らずビック リ)きちんとできていたり…。
中3卒業生の挨拶では、スーツ着ているのに走ったり歌ったりで、体育会系な学年色を存分に発揮してくれました

泣く間も無く、そのまま学校食堂でセッティングして謝恩会
ここでも体育会系なノリの担任陣のおかげで、準備だけでなく親子で体力使い果たしました。先生方余興では6人の担任が全員上着を脱ぎだしたかと思いきや「6人でピラミッド」を披露し、その後、先生方・親・子皆で肩に手をのせて電車モードで走りましたよ…。こんな親まで走った謝恩会は前代未聞ですが、それがこの学年らしさかな、と思っています

そんなこんなで、親子や先生と写真撮る間もない慌ただしさでした

シーンと粛々と進み涙を誘う中学の卒業式に比べると、養護学校の卒業式は全く異なります。子供達の特性上の事も大きく、全体、特に卒業学年が楽しむ、楽しませる構成になっています。いやぁ、スーツに革靴で、体育館をランニングするとは誰も想像しませんでしたよ

画像は、養護学校の先輩後輩お母さんからいただいた品々。ありがとうございました
この養護学校は小~高の12年同じ建物で、スクールバスは義務教育の9年間だけ乗れます。だから、PTA本部仲間やスクールバス仲間の先輩後輩お母さん方からの、お祝いというよりは「お母さんお疲れ様」の意味でのプレゼントという感じです。事前に頂いた分、PTAや講演会から頂いた分などももあり、正式にはもう少し数があります。

どうしても登下校の親付添や行事等、親の出番が多くなる学校ですが、これらを糧に、あと3年「親も」頑張らねばです

昨日の卒業式のため、小中学部担任だった、他校異動された先生方も休みを取って複数いらしてくださいました。また、同じく退職・異動された小学部時代の担任の先生方からも沢山電報をいただきました。ここ数年でなく、5年も6年も前の担任の先生方からも祝福され、有難い限りですし、当時(の大変だった記憶ばかり)が懐かしく思い出されました

これで、先週の怪獣1号に続き、2号も義務教育修了です。
9年…長かったような短かったような…。

双子と言えども、小学校から学区の市立小学校と、県立養護学校へ分けて通っていたので、慌しさも2倍なのか2の2乗倍なのか…という感じでしたが、何はともあれ、中学校の過程が終わりました。

怪獣2号、卒業おめでとう

« 徒然なる3月後半戦 | トップページ | 二人分の卒業式が無事終わり… »

家族(怪獣2号)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 徒然なる3月後半戦 | トップページ | 二人分の卒業式が無事終わり… »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31