« 一人で気分転換 | トップページ | 10/13(日):五右衛門&コメダ珈琲店 »

【本】陽だまりの彼女

先日に引き続き、またまた映画繋がり

今日公開された映画『陽だまりの彼女』の文庫本を読了

著者:越谷オサム
文庫 342p
新潮社 (2011/5/28)
ISBN-10 :  4101353611
ISBN-13 : 978-4101353616
http://www.amazon.co.jp/dp/4101353611/

映画のネタバレにならぬよう詳細は伏せますが…

10年ぶりの再会という設定や、2人きりのシーンには、1人ワクワクドキドキするところもありつつ、彼女の秘密含め、後半戦はちょっと想定外すぎてついていけませんでした。この終わり方は、ハッピーエンドなのか、オチなのか、意味不明なのか…

« 一人で気分転換 | トップページ | 10/13(日):五右衛門&コメダ珈琲店 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 一人で気分転換 | トップページ | 10/13(日):五右衛門&コメダ珈琲店 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30