« 保育園卒園式を前に | トップページ | 気合いで臨んだ卒園式 »

基礎グレードを境に♪

3/24(日)、怪獣3号は、前日の嘔吐下痢を薬で抑えたまま、微妙に熱もありそうな中、ヤマハ幼児科の修了試験にあたる「基礎グレード」がありました

前日疲れ切って爆睡し練習どころではなかった本人、体調的にも「受験できるのか」状態でしたが、本人行くというので行くだけ行きました。

他のグレードと違って「落ちるものではない」とわかっていても、これだけグッタリした状態でどうなることやら…。

しかし、案の定というか、前日の卒園式と同様、クラスの仲間たちに会ったら、いつもよりはペースダウンなりに、いつもどおり振る舞おうとしている怪獣3号を見て、「子供なりに気合いって凄いなぁ…」と感心の母。

内容は、事前に提出済みの自由曲2曲、歌1曲、伴奏付け1曲、聴音と音名の歌。

自由曲と歌は、クラス全員の前でやるので、ミニコンサート状態です。唯一違うのは、クラス担当の先生の他に、試験官に相当する他の先生が入っていることです。 
(この2人の先生、日吉センターのツートップだったんですけど…

本人は直前まで「エレクトーンで弾く!」と言っていたのに、いざ本番になったら「ピアノで弾く!」と言い出し、ホントに初めて、グランドピアノで弾きました。指の力が弱いので、親はヒヤヒヤでしたが、親の心配をよそに、本人は曲想も強弱もちゃんとできていてこちらがビックリ。初のグランドピアノであれだけ弾けたということは、我家の電子ピアノがいかに弾きにくいかが証明されたかも。しかもあれだけボーっとしているのに、弾けるものなのですね。親が感心感心

その後の課題は、1人ずつなのですが、はやり疲れているようで、待ち時間にうたた寝してしまった程。それもあってか、さすがに後半戦、特に聴音や音名の歌などはボーっとしていたのか「今聴いていた?」状態でした。ただ伴奏付けの弾く方はちゃんと弾けていました。とりあえず日頃の練習の成果的なものは大丈夫だったようです

試験の総評の時、試験官の先生が「この日を境に子供達は変わると思います」とハッキリ言っていました

皆の前で弾いて自信を得る…的な想像はついていたのですが、果たして何が変わるのか…と思っていたところ、なんと、まだ体調が万全でないのに、翌月曜から、保育園から帰宅すると自分で「ピアノ弾く!」と言うようになりました。そして昨日はグレードで練習していなかったテキストの曲を3曲練習し、今日も弾く!と言ったのですが今日は体調不良で保育園呼び出し帰宅だったのもあり「今日はゆっくりしていいよ」と練習お休みさせました。

あれだけ「練習~」と言ってもやらないのに、2日連続自主的に始めて、こちらがビックリです。本人に聞いたら、「大きいピアノすごくよかったよ。でも、うちには大きすぎて置けないね」と言われました。やはり、皆の前で弾いたことや、グランドピアノで弾いたことが、本人にとって何か影響を与えたのは事実のようです。

発表会まであと2週半、そして幼児科卒業まで5週間…。

彼なりにまた一歩成長した姿が見られることを楽しみに過ごしたいと思います

母の夢の1つである「怪獣3号と連弾をすること」にまた一歩近づいたかな

« 保育園卒園式を前に | トップページ | 気合いで臨んだ卒園式 »

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

家族(怪獣3号)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 保育園卒園式を前に | トップページ | 気合いで臨んだ卒園式 »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31