« 昼のひと休憩-コメダ珈琲店にて | トップページ | 感染予防も大変 »

地域力-送迎フォローその後

先日、こんなことを書きましたが…。

友人が入院して既に10日ぐらい経ちました。現状ではあと1ヶ月近くかかる予定になっています。

一番のネックだった養護学校送迎問題は、地域力全開で、皆で協力してそれなりにどうにか回るようになってきました。自宅の事は全ておばあちゃんがやっているので、おばあちゃんが倒れないためにも、養護学校の送迎や保育園関係など、周りがフォローできるところは、「地域力」でカバーしていこう!と、皆の意識が同じなのが助かります。

(私の役割は、送迎の一端を担っているのもありますが、それよりも、先生方との連絡調整役が多いかもしれません。地域の方が送迎しても、直接学校の先生と接点が大きいのはやはり私なので、地域スタッフと先生方とのパイプ役として、皆が動きやすいように考えているところです。)

障がい児の送迎問題は、ちょっとどなたかに頼む…といっても、やはりそう簡単には行かないのが現実です。それが今回、伝手伝手で身近なメンバーでどうにか回せていることが、養護の親としては有難い限りであり、それをチャンス・チャレンジと捉えて動いてくださる地域の方々に感謝でいっぱいです。

メンバーの方々とは、元々、長男の小学校送迎関係で偶然お世話になっていたメンバーですが、そんなメンバーが今回、養護学校への送迎もやってみようと思ったのは、「私がいたから」と言われます。

…といっても、私は何もしていません。単に、次男が養護学校へ行っていただけ、今回入院したママとは付き合いが長く仲良くしていること、ぐらいです。

ただ、頼む側・頼まれる側双方に言われたのですが、「知っている方だから…」という安心感はあるようです。私は、PTAの関係含むあれこれで、人間関係が広い(少なくとも狭くはない)のは事実です。それが少しでも役立っているのなら、嬉しくもあり、でもやっぱり、それがきっかけであっても、養護学校送迎という分野にチャレンジしてくれた地域の方々には感謝の一言です。

私自身が送迎手伝いに入れることは少ないですが、私は、私なりの役割を果たせればいいかな、と試行錯誤しているところです。

« 昼のひと休憩-コメダ珈琲店にて | トップページ | 感染予防も大変 »

心と体」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

障がい・療育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 昼のひと休憩-コメダ珈琲店にて | トップページ | 感染予防も大変 »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31