« 気づいたら丸7年経過 | トップページ | 旦那帰国 »

小学校生活最後の授業参観

今日1月25日は、怪獣1号くんが通う小学校の全日公開(朝から帰りまで1日好きな時間に参観OK)でした

今年度最後の授業参観、すなわち、小6の怪獣1号くんにとっては、小学校生活最後の授業参観となりました。

今年度は、いわゆる授業参観の時間以外にも、個別に、月1回ペースで授業を観に行っていたので、今年度に限れば様々な科目を観てきました。それでも観ていなかった『英語』の授業が2時間目にあったので是非参観したかったのですが、兄弟児の都合で間に合わず、結局、3~4時間目・給食・昼休みの様子を観てきました。

3~4時間目は国語で、思い出や夢などの作文発表でした。本人が後半=4時間目というのは聞いていたので、3時間目は他の学年・クラスの授業を廊下から観ていました。

そして4時間目は予定どおり、怪獣1号本人のクラスへ行って、発表を観てきたわけです。本人が発表する内容は、事前に自宅で練習していたので知っていましたので、あとは本番にちゃんと話せるかだけですが、まあ、練習どおりちゃんと話せたかな、という感じです。(聴く態度には色々気になる事はありましたが。)元々発表というか、前に出て話すことは本人得意な方(少なくとも苦手ではない)ので、正直、心配はしていなかったのですが、やはり心配無用だったようです

内容は『僕の夢』だったかな?本人の文章によると、サッカーで試合に出られるようになりたいそうです。…って、別にどこかのチームに所属しているわけではないのですけど…。家族でたまに公園に行って、パスして遊んでいる程度なのですが、でも、体動かす事全般に苦手な1号くんにとって、それが「楽しい」と思えているなら、それはそれで喜ばしいことなのかな、と思っています。そういえば、いつの事だか忘れましたが、将来の夢に「サッカー選手」と書いていた事があったなぁ…なんて思い出していました。まあ、夢は大きくということで

1号くんのように夢を書いた子もいれば、小学校生活の思い出のような内容もあったり、まさに十人十色の内容でした。1号くんに限らず、クラス全員、『今』感じていること、今回書いて発表したことを胸に、中学生として羽ばたいていってほしいな、と思うばかりです

こうして、怪獣1号くんにとって、小学校生活最後の授業参観が終わりました。卒業式まであと2か月を切り、今まで当たり前のようにあった行事1つ1つが「小学校生活最後の…」となっていきます。卒業の実感がないような、それでいて寂しいような、でも1年空けば今度は怪獣3号が入学するしetc、親である私の心境も複雑なこの頃です。

小学校生活は6年もあるのに、修了が見えてくると、とても早く感じます。

« 気づいたら丸7年経過 | トップページ | 旦那帰国 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

家族(怪獣1号)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 気づいたら丸7年経過 | トップページ | 旦那帰国 »

2023年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30