« 冬至 | トップページ | 冬休みの宿題って »

病人が出ると気が重い

病人の怪獣3号くんが夕方から寝てしまい、かつ、上の二人が寝静まったので(小6なのに20時半~21時に寝るのです。その分朝早いですけどね。)、やっとフリーになりました。

結局、3号くん、熱も咳もなく、お腹空いたというので、ヨーグルト食べたり、うどん食べたり、多少は食事しました。ただ、いつも小6の兄ちゃん達と同じぐらい食べるつわものなので、それに比べたら、とんでもなく少ないです。またトイレでの様子も状況はそう悪くないので、流行りの『ウイルス性胃腸炎の軽度かな!?』と思ってみています。

ただ夕方から爆睡モード。既に4時間、ずっと寝ています。いつも服薬している喘息の予防薬に、整腸剤加えただけなので、眠くなるものは服薬していません。それでも寝ているところからすると、やはり怠いのでしょうね。もしかしたら単なる寝不足だったのかもしれません。

まあ、明日から3連休ですし、少しのんびりゆっくり過ごして、たくさん睡眠とって、復活してもらいたいものです。

上の子達が(最終日で)昼に帰宅して午後ずっと煩かったのもあると思うのですが、やはり、病人がいるというのは、なんとなく気が重くなりますね。チビがぺったりなので、こちらも作業できないですしね。

実際のお腹や腸の調子はわかりませんが、今日届いた生協宅配の荷物を見て、「クリスマスには○○と△△を食べて~」なぞ申しておりますので、ま、食に興味関心があるうちは復活早いかな?と勝手に期待しています。

« 冬至 | トップページ | 冬休みの宿題って »

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

家族(怪獣3号)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 冬至 | トップページ | 冬休みの宿題って »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31