« 高校生の自分の映像 | トップページ | お出かけ予習 »

客観的に観るピアノ発表会

既に2週間の事ですが、『ピアノの発表会』を観に行ってきました

今回は、自分の子供達が出るわけでなく、ピアノの先生である友人宅でレッスン受けている子供達の発表会。今回のような、『純粋に観るだけ聴くだけのために』発表会に行ったのは初めて。私自身が演奏する場合はもちろん、弟妹が演奏する場合でも、落ち着かないですし楽しめませんからね

今回行けたのは、時間場所が(その直前のスケジュールとの兼ね合いで)偶然ちょうどよかったのが一番大きいのですが、本来の目的は2つあって、1つが『ピアノの先生である友人の創る世界を見たい』、もう1つが『ピアノと客観的に向き合いたい』というものでした。色々なタイプのお子さんが創る世界、先生が創りたい世界に触れる事で、演奏技術の高低でなく見える世界があるような気がしたのです。一個人の先生が発表会を企画するとなると、何かしらのテーマなりカラーがあると思ったのです

人前で披露する機会が少ないのか、緊張している子が多いように感じました。多分、人前で披露すること自体が目的であるのだろうなぁと。また、子供のレベルなりに連弾を多く取り入れ、演奏を楽しく感じる工夫をしているのがよくわかりました

演奏した子と話していて真っ先に『間違えちゃった』というのを聞いて、私もそうだったな、と思い出していました。小学生の頃の私は、何故というぐらい本番に緊張するタイプで、発表会では毎回必ずぐらい間違え、そればかり気にしていたものです。親にも指摘されて更に落ち込む悪循環

でも、発表会は試験でもコンクールでもないのですから、別に間違えたっていいと思うのです。それよりも、皆の前で弾いて気持ちよかったとか、楽しかったとか、今度は(他の演奏者が弾いた)あの曲を弾いてみたいとか、そう思う事の方がよっぽど大事だと私は思うのです。

そして表現力より技術力という落とし穴。小学生の頃は、表現力<技術力と思っていましたね。指が早く動く曲の方が一見格好良く上手に見えてしまうのだけど、実は音が少なく表現力で勝負する曲の方が弾きこなすのはよっぽど難しい。

でも、それらに気付くのは時間が経ってからという現実

………そんなことを、今更ながら感じ取ってきました

« 高校生の自分の映像 | トップページ | お出かけ予習 »

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

記事にしていただいて、恐縮です。
まんぼうさんに見られてるというだけで、プレッシャー。。。ってことも
ないか。。。いつだってあの場はプレッシャーです。
特別な一年に一度の思いを込めての発表会。
今年は、本番中にアクシデントもあって。。。私の責任
終わってから、落ち込んでおりました。

でも。。。
まんぼうさんのおっしゃる様に、
「来年はあの曲を弾きたい。」とか「もう一度、来年も同じ曲でリベンジしていいですか?」などという声が聞かれ、
発表する意欲を持ってくれた生徒さんが何人も居ました。

また、おとなりの中学の合唱コンクールの伴奏者がこの小さな教室に
3人も居るんです^^
ブラバンに入部した子も数名居て、それも嬉しい限りです。

大した先生ではないですが、私なりに頑張ってよかったな~
とやっと立ち直って思っているところです。


また来てね。。。とは、お耳汚しで言えませんが
ハンディを持ったお子さんや、音楽を楽しみたい。。。という
生徒さんのニーズに応えるべく、これからも自分自身を磨きながら
頑張ります。


tantatta.さん>
私自身、ピアノ・吹奏楽・合唱と経験してきた中で、やはり、音を楽しんでこそ音楽という思いが強いのですね。上を目指す方にとっても、趣味で弾く方にとっても、それぞれのレベルなりの目標があって、それぞれのペースで進んでいくのが、本当の姿だと思っています。その意味で、tantatta.さんの頑張りというか姿勢は生徒さんたちに十分伝わっていると思いましたよ
ご存じのとおり、私はグループ個人併用だったので、両方の発表会を経験していますが、どちらでもない新鮮なものを聴かせてもらったと思っています。来年は管楽器演奏者がもっと増えるかな

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 高校生の自分の映像 | トップページ | お出かけ予習 »

2023年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30