« 結婚パーティーinお台場 | トップページ | 2か月ぶりの整体 »

予防接種第2弾

前回の日本脳炎の予防接種から2週間ちょっと。今日も怪獣どもを予防接種に連れて行きましたhospital

今回は、1号2号(小6)が二種混合Ⅱ期、3号(年中)が肺炎球菌ワクチンです。

二種混合は11歳~13歳未満に接種するものなので、11歳になってから(早生まれなので6年生になってから4月頃に)市から接種案内が届きましたpostoffice。学校行事が立て込んでいて接種できずにきましたが、日本脳炎との兼ね合いもあり、またこれ以上先延ばしにしても厄介なだけなので、この時期に接種しておくことにしました。幸い、日本脳炎も二種混合も1週間あければ次の接種ができるので、といっても、1週間ですぐというのも考えてしまい、日本脳炎Ⅰ期初回①(8月末接種)と日本脳炎Ⅰ期初回②(9月末接種予定)のちょうど中間に1回入れる事にしました。

肺炎球菌ワクチンは、任意接種のもので、生後2か月~9歳で接種可能なものです。2010年2月から接種が始まったもので、その時点で3号は既に3歳であったことや、接種料金が高かった(はっきり覚えていませんが1回の接種で7000円~1万円ぐらいだったような…)のもあり、接種せずにいました。最近、3号のクラスで同じく任意のヒブワクチンとこの肺炎球菌ワクチンを接種する子が続いたので聞いたところ、横浜市は2012年3月末まで、かつ5歳未満まで、ヒブワクチンと肺炎球菌ワクチンが無料で接種できるとのことでした。(ヒブの接種は元々5歳までです。)3号のクラスの子たちは、誕生日が来て5歳になるので、その前に駆け込み需要ならぬ駆け込みで接種する子たちが続いていたわけです。主治医に相談したところ、肺炎球菌ワクチンは元々9歳まで接種可能なもの、つまりまだ罹る可能性があるものなので、「無料のうちに接種した方がいいのでは」という話になり、今回接種することにしました。同じく5歳まで無料かつ接種期間も5歳までのヒブワクチンについては、まだ考え中です。主治医は、もうすぐ5歳なので無料といえども接種しなくてよいのでは、との意見でした。ヒブと肺炎球菌は同時接種も可能なのですが、本人が1度に2本の接種では痛いし辛いだろうということ、以前に同時接種での死亡事故が続いたことや、そもそも副作用があっても2種類同時ではどちらが原因かもわからないし、などなどで、今回は優先順位的に肺炎球菌ワクチンとなりました。

これで、予定どおり、約2週間後には日本脳炎Ⅰ期初回②、そこから2週間後頃にインフルエンザ予防接種1回目となりそうです。

今回お世話になっている小児科も、うちの事情を理解してくださり、一番最後の枠に入れて貰ったり、すぐ近所というのもあり順番直前に携帯に連絡貰ったり、スタッフが1人2号くんに付き添っていただいたりと、手がかかるなりにスタッフも慣れて?2号相手にお絵描きしてくださり、色々な面で手助けしていただけるようになった分、私自身も少しずつ楽になってきました。多分、うちが帰ると「嵐が去った」と思われていると思いますが。。。

« 結婚パーティーinお台場 | トップページ | 2か月ぶりの整体 »

家族(怪獣1号)」カテゴリの記事

家族(怪獣2号)」カテゴリの記事

家族(怪獣3号)」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 結婚パーティーinお台場 | トップページ | 2か月ぶりの整体 »

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30