« スマホが気になるものの | トップページ | 未知の道と河川敷(散策2/2) »

大倉山公園とブラームス(散策1/2)

最近、『1人で旅に出たい病』というか『1人気ままに散策したい病』になっています。今日、所用で大倉山駅(横浜市港北区)まで行ったので、帰りにふと思い立って、近隣にある『大倉山公園』へ行ってみました。大倉山駅の西側の坂を上りきったところにあり、丘全体が公園です。

http://www.natsuzora.com/may/park/okurayama.html

線路脇の結構急な坂を上りきり、左折すると、緩やかな坂になります。
(坂の部分は工事車両等あり撮影し損ねました。)

坂を上りきると公園入口
 

さらに進んでいくと正面に『大倉山記念館』が出てきます。横浜市の有形文化財です。左右は緑に囲まれています
  

周囲には花水木(ハナミズキ)がたくさんありました。ちなみに港北区の木です 

この記念館前の広場にあるベンチに腰かけて、緑を眺めながらしばらくホケーとしたり、本読んだりしていました。今日は曇っていたので肌寒いぐらいでしたが、木々に囲まれて気持ちいいです。

すぐ脇の広場で親子連れが遊んでいるのは見えたのですが、この正面の記念館に何人も出入りしていました。最初は気のせいだと思っていたのですが、気が付いたら中から発声練習が。気になって私も入ってみました。実は、公園自体は何度か来ていますが、この記念館に入ったのは初めてなのです

文化財というだけあって、古いけどしっかりした重厚な作り。横浜市内各区のホールで開催されているコンサート類のチラシも20種類以上置いてありましたので、どうやらそういう位置づけの活動場所のようです。展示会あり、歌のサークルあり(発生練習はこの部屋からでした)、(規模はわかりませんが)ホールという名の部屋からはピアノの演奏も

そ、そこで、鳥肌が立つことになるとは

実は、聴こえてきた曲が『ブラームスの2つのラプソディーop79-2ト短調』。かつてブログに書いたのですが、私が以前発表会で弾いた曲であり、今まで弾いた曲の中で一番ってぐらい重厚な曲なのです。まさか、そのブラームスが、この重厚な建物から、そして生で聴けるなんて…

演奏の上手下手ではなく、この場所でこの曲が…という事に鳥肌立ってしまったのです。それぐらい私にとって思い入れのある曲の1つということなのですが。誰が弾いていたのかわかりませんが、団体利用になっているのでホールに入っていくわけにもいかず、音が聞こえるところで演奏が終わるまで聴いてしまいました

単なる気分転換で来たつもりが、ブラームス登場とは、ビックリ通り越してなんと表現していいのかわからない状態でした

(つづく)

« スマホが気になるものの | トップページ | 未知の道と河川敷(散策2/2) »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

大倉山記念館、わたしはまだ行ったことないのですが
横浜市の有形文化財とは初めて知りました!

そこから聴こえてきた『ブラームスの2つのラプソディーop79-2ト短調』・・・
素敵だなぁ☆その場の雰囲気とか空気とか、
また、まんぼうのこの曲への思い入れなどを思ったら
本当に濃厚だったのではーーと思ってしまいました☆

私が行ったときも音楽が流れていました。

梅の季節もなかなかよいです。
http://www.rurubu.com/season/winter/ume/detail.aspx?sozaino=140019

うずまきちゃん>
音楽大好き&ブラームス演奏経験あるうずまきちゃんには一見の価値あり。駅からすぐだし公園散策だけでもgoodです!


ゆうさん>
梅林で有名なのに、肝心なその時期には行ったことないんです。近いのにこの公園に来たのが実は7年ぶりぐらいでして。(小6の怪獣が保育園児だった記憶が。)


その後ネットで調べたところ記念館の『水曜コンサート』は今年3月で終わってしまったそうです。ただ記念館のサイト見つけました。
http://o-kurayama.com/index.html

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« スマホが気になるものの | トップページ | 未知の道と河川敷(散策2/2) »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31