« 今年度も終わりに近づき | トップページ | ネット募金 »

計画停電の不公平感

「不公平だ」同グループ内でも停電頻度に差
http://www.yomiuri.co.jp/feature/20110316-866922/news/20110324-OYT1T00137.htm

これは東京23区内の話ですが、我家のある横浜市港北区でも同様の事が起こっています。正確には把握していませんが、区内半分近くの地域で対象外になっているような気がします。役所や消防・警察といった中枢機関があるところ『だけ』を対象外にしているのなら、仕方ないかな…と思う部分もあります。しかし、どう見ても住宅街っていう地域が対象外なのはどうしてなのか?その先に何か重要な施設があるのだろうか?とか考えてしまいます

我家は住所的には対象地域なのですが、何故か停電が起きていません。50m先が対象外地域なので、配線の都合なのかな、と解釈しています。ちなみにその対象外地域とは、避難拠点の学校があったり、広域避難場所になっている場所なのです

ただ、5分も歩けば停電地域ですし、実際、信号の点かない姿も見ています。チビの保育園、かかりつけ医、近隣の大型スーパー、その他利用機関も大半が停電地域。だから、自宅が停電しないからといって、停電と無関係な生活はできない状態です。当然、停電しないといっても、我家も節電はしっかりしているつもりです。不要な電気を消したり、着込んで暖房利用しなかったり、コンセントから抜いたりするのはもちろん、洗濯機等もピーク時間を外して回すようにして、できるだけ気をつけています。子供達がテレビをつけてしまうので、あとは、近隣の停電時間に合わせて自主的に自宅のブレーカーを落とすぐらいしか浮かびません

最近、停電する地域としない地域で、節電含め、震災への意識の差が既に出てきているように感じます。電車も平常運行に近づきつつある中、自宅が停電しないから仕方ない事なのでしょうか?まだ震災から2週間だというのに

計画停電も、何をもって『公平』と言うのか、難しい面もあるかもしれません。ただ、どの地域でも、住宅地だけを停電することはできないようです。地域で区切るのが難しいならば、公官庁などの機能も含め、どの地域でも全員が通常の5割しか電気が使えない…とすることはできないのだろうかと思います

停電しない地域でも、見た目にわかるようにしっかり節電していれば(特にお店のライトとかオフィスのライトとか、野球のナイター自粛要請とか)、誰も文句は言わないと思うのです。停電している地域がある反面、節電もせず電気をガンガン使っている地域があるからこそ、不公平感が生まれてくるのではないかと感じています

« 今年度も終わりに近づき | トップページ | ネット募金 »

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 今年度も終わりに近づき | トップページ | ネット募金 »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31