« 入場制限していたが | トップページ | 心の健康管理 »

計画停電で左右されること

計画停電が始まって1週間が経ち、停電時間によって『店舗の営業時間が毎日変わる事』自体は周知のことになってきたように見える。停電有無は直前にならないとわからないので、最初から実施されると見込んで営業時間を決めるのは、店側の準備や人員配置上かまわないと思う。しかし、毎日停電時間がずれるので、おのずと営業時間もずれるわけで、店頭には貼りだしてあるけれど把握しきれていない。

保育園の給食提供が、計画停電の時間によって左右される。ようやく食材確保にメドが立ったのか、給食再開が見えてきたのだが、計画停電が昼食時にかかると(9:20~13:00)給食が提供されない。このままだと、計画停電が終わるまで週に1度はお弁当になるのだろうか?そもそもこのままでは計画停電がそう簡単に終わるとも思えないし、3号の保育園が計画停電実施地域だから関係することであって、停電対象外の地域の保育園には関係のない話だが。

既に年度内の給食は終わっているが、1号2号の学校はどちらも計画停電の対象外の地域なので、4月以降は予定どおり給食が開始されると聞いている。

あとは、病院含む利用施設かな。学童などの預かり施設等はプログラム変更はあっても利用できるが、個人病院や療育機関や施設の整ったところでの習い事(スイミング等)は、停電によって利用できない時間が出てくる。それが日替わりメニューだと開催有無がわからず組みにくい。

他にもあるのだろうけど、とりあえず身近に感じたことを書いてみた。

曜日ごとに停電時間が決 まっている方がスケジュール管理しやすいし、施設によっては『定休日が増えた』と思えばいい部分もある。しかし、その停電曜日時間に毎回該当する側が困るのも事実。そもそも停電も毎日必ず行われるわけでもない。このイレギュラーに慣れるしかないのだろうか。そもそも計画停電するしかないのだろうか。元々通常の照明等は控えめな我家。待機電力も抑えているし、不要なところはブレーカーから落としているし、ますます暗い中過ごしている気がする

« 入場制限していたが | トップページ | 心の健康管理 »

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 入場制限していたが | トップページ | 心の健康管理 »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31