« 春の選抜への思い | トップページ | 年度末と別れ »

初めて抱っこした日

タイトルのとおり、『怪獣1号2号を初めて抱っこした日』の話です。

既に何度か書いた事あると思いますが、彼らは今から11年前、2000年2月8日(火)に、650gずつの双子で生まれました。その後、大学病院のNICUでいろいろイロイロ色々な事がありました。そして、11年前の今日、2011年3月30日(木)、初めて子供達を抱っこすることができました。まだ呼吸管理が必要ですし、先生やスタッフに囲まれての抱っこです。

この時点で980g。まだ1000g未満。充分すぎる小ささ。それでも『我が子を初めて抱っこする』ということ、とんでもなく小さいのも加わって、すっごく嬉しい反面、すっごく緊張した記憶があります。当時の写真もありますが、感覚としても未だに覚えています。赤ちゃん抱っこしたことはあるけれど、とんでもなく小さいし、それが2人…全てが初めての世界って感じで、当時は普通にしていたつもりかもしれないけれど、今思えば、余裕なかったですねぇ。

ただ毎日少しずつ大きくなることだけを考えていた時期かもしれませんね…。

怪獣3号の時は、帝王切開にもかかわらず、手術室から病室に移動したら、すぐ赤ちゃん隣にやってきました。これもこれで逆の意味でビックリしましたが、私が動けないなりに、抱えたり触ったりできましたからねぇ。

« 春の選抜への思い | トップページ | 年度末と別れ »

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

家族(怪獣1号)」カテゴリの記事

家族(怪獣2号)」カテゴリの記事

家族(怪獣3号)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 春の選抜への思い | トップページ | 年度末と別れ »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31