« 無事退院しました | トップページ | 夜な夜な片付けと縫い物と »

この10日間で感じたこと

この10日間の『パパの入院』。

『パパが家にいない』という意味では、出張だと思えば同じことなのですが、出張なら『面会』という作業は発生しなかったので、その辺が大きな違いでしょうか

子供達にとってはこの10日間はどう映っていたのだろうか

言葉では『お父さんは入院している』と言っているものの、それ自体はどこまで理解しているのかは少々不明。ただ、状況として『パパが朝も夜も家にいない』ということにはかわりないので、子供達なりに、『パパがいないから好き勝手できる』という部分、『パパがいないから自分でやろう』という部分、そして『パパがいないからママを助ける』という部分…とが混ざっていたのかな…と思います。テレビとかゲームとか好き勝手やっているなぁと思えば、自分の事を自分でやる姿があったり

上2人での留守番も、今回最長の4時間になってしまったことがあったり、初めて昼食をはさんでの留守番になったり…。でも、2人が食べやすいもの(調理パンやおにぎりなど)を用意しておけば、ちゃんと食べて過ごせていました。意外と頑張っていたのがチビだったかな。お茶碗にご飯をよそうとか、洗濯物を畳むとか…いろんな事を自分から手伝ってくれました。洗濯物なんて『半分…半分…終わり』なんだけど、その気持ちが嬉しくてたくさん褒めると、また翌日に手伝ってくれて。毎日やっているとこれが少しずつうまくなるというか

私にとっては『小学校と養護学校が夏休み』というのが誤算というか。まあ好んでこの期間に入院したわけではないので仕方ないのですが…。学校行っていれば、その間に面会やら買物やら動けたかな?子供達だけで留守番というのはもう少し少なくて済んだかな?という思いはありますね。週末は三者三様の子供達の予定に、旦那と分担してやっと回っている状態なので、週末に関しては今回同様、緊急一時預かりやヘルプを頼むしかなかったとは思いますが…。ただ、平日はチビが保育園だったこと、園長先生の計らいで利用時間を18時半まで延長できたことはとても大きかったです。面会時間が夕方だったり、乳幼児連れ禁止という状況だったので、この配慮がなかったら、面会に行くのも一苦労でしたからね。

まあ、『お父さんがいないと思って』という事も多々ありましたが、彼らなりに頑張ってくれたこともたくさんあるので、良かれ悪しかれ『いい機会だった』と総括するべきなんでしょうね。きっと。

« 無事退院しました | トップページ | 夜な夜な片付けと縫い物と »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

家族(怪獣1号)」カテゴリの記事

家族(怪獣2号)」カテゴリの記事

家族(怪獣3号)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 無事退院しました | トップページ | 夜な夜な片付けと縫い物と »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31