« 久々に家で飲みました~ | トップページ | …というわけで冬休みに突入です »

学級閉鎖による補講はないけれど

ネットのニュースを読んでいたら(←うち新聞とっていないものでcoldsweats01)、『新型インフルエンザで学級閉鎖したための補講』に関する記事が載っていました。

通常の授業を増やしたり、冬休みを短縮したりして、閉鎖分の授業数を確保している学校もあるようですschool

うちの怪獣1号も5日間の学級閉鎖、怪獣2号も5日間の学校閉鎖がありましたが、幸い、2人とも補講などの措置は特別ないようです。でも学年によっては、学級閉鎖と学年閉鎖で3回閉鎖になったクラスとかもあり、そうなると、欠席日数も当然増えるは授業はどうなる…っていうのは事実。現に、怪獣1号の学校では、元々授業が遅れ気味だったクラスが益々遅れた…という話は耳にしますwobbly

もともと『ゆとり教育撤廃』の影響なのか、怪獣1号の学校(横浜市立の小学校ですが)は今日まで登校日でしたが(2期制なので終業式とは言わない)直前の昨日まで給食あり6時間でしたし、最終日の今日も3時間目までは通常授業pencil。さすがに4時間目だけは学活だったようですが…。で、休み明けも、初日だけ4時間ですがうち3時間は通常授業pencil、翌日から給食あり6時間です。既にこんな状況なので、これ以上授業数を増やすとしたらあとは『登校日を増やすしかない』のはやむを得ない気はしますが…shock

元々、今年度から『朝学習15分×3日』で45分授業1回分を確保しているような状況なので、通常の状態でこれ以上授業数を確保するのははっきりいって限界。あとは7時間目やるか土曜日登校するか春休み潰すか…しか、マジでなさそうです。今のところ、そんな話は出ていないので、大丈夫なのでしょうが…。

小学校も年々授業数は増えるは、ギリギリまで給食とか、英語の授業が始まったり、なんだか大変だなぁ…と親ながらに思ってしまいます。

怪獣2号は養護学校なので、授業数とかもカウントが多少違うので、小学校ほどシビアではないようですが、それでも閉鎖3回目突入…みたいなクラスもあったらしく、最後は『苦肉の策』なのか、『新型に罹った子だけ登校』『罹っていない子だけ閉鎖』って状況だったそうです。うちの子の学年ではなかったので話で聞いただけですが、ちょっとビックリでした。でも確かに罹った子にしてみれば罹ったのに閉鎖何回もやられたのでは…って思いはわかりますが。うちも罹った側なのでcoldsweats01

何はともあれ『補講やってもいいけどいつやるの?』って思いがあったので、とりあえず冬休みにはなかったので、ホッとしています。うちの場合は、冬期講習とかではなく、単に帰省との関係だったんですけどねrvcar

« 久々に家で飲みました~ | トップページ | …というわけで冬休みに突入です »

ニュース」カテゴリの記事

家族(怪獣1号)」カテゴリの記事

家族(怪獣2号)」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 久々に家で飲みました~ | トップページ | …というわけで冬休みに突入です »

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30